fc2ブログ

時間をかければいいわけじゃない

2021-05-15
来年になればできる?
否、来年までに何をどうするか!である
時間への思考について

「思い立ったが吉日」と云う諺がある。手元の『故事俗信ことわざ大辞典』によれば、「何かをしようと思い立ったら、迷わず、すぐに取りかかるのがよい。吉日を選んで先延ばしにすると、その間に支障が生じ、実現できなくなることもあるから、思い立ったその日こそ吉日と考えて、ことを行なえ。思い立つ日を吉日。善は急げ。」とある。少なくとも平安朝頃から「暦によって事を行なう日を選ぶ風習」があることによる、生活の知恵を述べたものだ。あくまで「俗信」とは思いつつも、計画的な吉事の場合はやはり「日を選ぶ」のが人情である。これまでの僕の経験でも「自分の誕生日だから仏滅に納車」をした車は、大きな欠陥・故障に見舞われたことがある。その後、当該自動車メーカーの整備上の杜撰さが社会問題化したという事例であったが、僕自身が今でも「暦を選ぶ」一つの根拠にはなっている。

「暦を選ぶ」ことに問題があるわけではなく、「先延ばし」にすることに問題の核心はある。「先延ばし」や「問題の先送り」は、やるべき機会や時間を失って二度とできなくなることも少なくない。例えば、「忘れ物をする」ということは「思ったその時にその品物を鞄に入れなかった」からである。また「先延ばし」にしたから、「できる」保証はないことを僕たちは心得ておくべきだ。「時間をかけた」から物事が「改善」しているだろうと判断するのは、実に安易な思い込みに過ぎない。国語教育における思考の問題として、「日本人は時系列(ストーリー)」で考え、「欧米人は因果律(プロット)」で考える傾向があるという報告を学会で聞いたことがある。我々は無意識に「絵本」のように、「先送り」をすれば「ハッピーエンド」が待っているという幻想を信じていないか?まさに「今」を「なぜ?」と原因を考えて、即時に行動する思考に大きな遅れをとっているのではないだろうか。あらゆる面で昨年より今年が困難な国と、改善した国がある世界的な分布を見つめるべきだろう。

「今がその時」と思い立ち
「なぜ?」と問題解決の思考で行動する
時間が経過したことによる馴れ合いが一番怖い。


スポンサーサイト



tag :

身だしなみを気遣ってくれる人

2021-04-19
ネクタイでもベルトを通す穴でも
些細な身だしなみを気遣ってくれる人
当人の品格、伴侶の配慮

日米首脳会談が実施された模様が、映像で報道されていた。報じられた内容は、バイデン大統領と「初めて会談した他国の首脳」とか、「同盟関係が強固であることを確かめた」とか、「ワクチン会社のCEOに確約を得た」とか、成果があったとばかりが強調されている。東アジア・東シナ海をめぐって中国の進出も目立つ中、いかに平和を築くかが我が国に託されているとも思いたいが、どうもそれほどの懐の大きさを感じるには到底至らない。二人で居並ぶ外見上の雰囲気も、会見での発言の仕方も、質問への応じ方でもあまり対等な同盟関係とは思えぬものばかりが目立ってしまう。その拭えない印象の要因は何だろうか?

米国側が医療用の高性能マスク・N95を用意してくれたのだと報じられていた。会見で日本の首相は装着しているのだが、後頭部に回すゴム紐のつけ方が明らかに違っている。装着後には跡が残るほど顔面への圧着の強さがこのマスクの大きな特長であるが、そのためには後頭部方向に一本、耳を挟んで口の真後ろの頚部に一本と幅を広げて装着するのが基本である。それは製品を収納した袋に英語の説明書きが、図とともに明示されている。ところが首相は二本のゴムとも耳の下で、顎のあたりに隙間が空くように装着をしていた。本人が英語の説明書きを読まなかったとかいう問題よりも、側近たる人々がなぜ助言をしないのかが大変気になってしまった。側近たるや、まずは身だしなみを諌められずして何ができるのか?図らずもこの会見映像が全世界に流れることで、「マスクの誤った装着を見過ごす側近しかいない国」だということを広く曝してしまった。五輪開催国ながら国内の感染対応の遅速にもよく呼応したものとして、である。

出かける前の伴侶の一言は大切に
小さな身だしなみに気遣えるや否や
ささやかな配慮こそが国を救うのだと思う。


tag :

身体は嘘をつかない

2021-01-28
健診結果にみる思い当たること
日常の習慣がそのまま反映する
身体は正直で嘘をつかないものである

世界中で、主に政治家の言葉に注目が集まっている。新型コロナが地球を席巻する渦中で、どれほどのメッセージを国民に訴えられるかが大変に重要であるからだ。感染対策に成功しているとされる国、例えばニュージーランドや台湾の指導的立場が語る言葉は正直で素直である。正反対にフェイクニュースを連発する大統領は論外であるが、強権的に虚飾な言葉を連ねている指導者も散見される。「・・・している」や「・・・を検討する」という響きは、誠に頼りない限りである。あらためて自分の生活を預けている「国」への信頼について、ウイルスは僕らに深く考えさせる機会を与えた。正直に嘘をつかないことの尊さを、見せつけているようだ。

さて、10日ほど前に受診した健診結果が自宅に郵送されて来た。特にさらなる精密検査を要求される項目はなかったが、率直な感想は「身体は嘘をつかない」ということ。数値が基準値を外れているものに関しては、あれこれ自らの生活を振り返ってみた。すると「これか」「あれか」と思い当たる節がある。主に日常的な食生活で習慣的に実行してしまっていたことにおいて、その影響が正直に反映されている。人は必ず「間違う」ものとも云われる。「間違いを間違いのままにしておくのが、本当の誤ちである」とも云う。自らの行動には客観的に示唆を与えてくれる、「通信簿」=「科学的データ」が必要である。振り返りをして、いかに改善していくか。歩く習慣をつけたことで、昨年よりは改善された数値も少なくない。その成果を思い、来年に向けて今日の生活がある。

年代とともに身体に変化が
小さな習慣の積み重ねが怖い
自国の国民を、そして自分の身体を、誤魔化していては未来は見えない。


tag :

口コミや評点をどう扱うか

2021-01-17
デジタルMAP上の口コミ
先日、ある会社のものに投稿してみたが
食べ物屋さんを中心に評点を参考にすることも多く

近所で足繁く買物に行っていたスーパーが、改修工事に入り半年以上の閉店となってしまった。野菜・果物・豆腐類に卵、魚介類と肉類、最後にお菓子など、概ね買物する棚の状況がほぼ把握できていた。よって、その日の鮮度や質感の優劣などを十分に気にすることができて便利であった。さて困ったのは、この半年の買物先である。「隣町」というほどの距離にある同系列の店舗が、まずは候補となった。ほぼほぼ揃えられている商品が同じようでもあり、魚介や肉類の鮮度や質感もほぼ同等であった。ただ何がとは言い切れないのだが、感覚が違うような意識が抜けきれない。しかし、地元農協系が経営する系列店ゆえに、野菜や魚介・肉の鮮度が高いのはありがたい。

さて新たなお店に行こうとするとき、あなたは何を指標に選択していますか?最近はスマホでMAPアプリを起動すれば、各店舗の位置はもちろん「評点(5段階)・口コミ」までを読むことができる。食べ物屋さんの場合に僕も、よくこの「口コミ投稿」で判断することも多いので大変に重要な宣伝効果であると思われる。先日はあるお世話になった会社について、口コミ投稿を初めて実行してみた。すると会社の担当者からお礼の電話があって、口コミ欄にも会社返信が書き込まれた。今や「お客様を大切にする姿勢」というのは、こうしたデジタル上で可視化できるようになっている。中には心無い「口コミ」もあるのだが、それを含めて利用者の理性とモラルが問われている社会でもある。

評点4点台ならかなり優秀
コロナ禍で飲食店や宿など厳しい現実にあるところも
「口コミ」のみならず具体的に支援をすることが大切な時代になった。


tag :

人につられず我が道を行け

2020-12-21
信号機は「サイン」に過ぎない
「赤」ならば必ず車が来ないとは限らず
自らの目と耳だけが信じられる

妻の運転で助手席に乗っていて、信号待ちで停止した。左横の車がまだ信号機が「赤」であるにも関わらず発進し、前方の交差点を突っ切った。右側から1台の車が、交差点をクラクションを鳴らしながら進入した。かろうじて僕らの左横から信号無視をして進入した車がすり抜けた後であったゆえ、衝突は避けられた。ここまで、やや冷やっとする光景を眼前で見たという内容である。だが怖かったのは、左横の車に追従して妻が発進しようとしたことである。すぐに気がついて停止したゆえ、僕が前述の光景を見るだけで止まった。しかし、もしそのまま前進しているとタイミング的にはかなり危険であっただろう。

歩行者として横断歩道を渡る際などにも良く見る光景だが(特に待機時にスマホなどを見ている人は)、自ら信号を確かめずましてや左右から車が来るや否やを自らの眼で確かめていない。誰かが歩み出せば、それにつられて「命」を交差点の危険に曝す。嘗てサッカー日本代表を務めたフランス出身のトルシエ氏は、「日本人は信号にだけ従うが、自らの判断で交差点を渡ることはしない」と日本選手の自己判断力の無さを批判した言葉が思い返される。公的な信号機の「色」は、それほどに信用できるものなのであろうか。肝心なのは信号の「色」なのではなく、自らが安全に交差点を渡り切れるか否かの判断力である。世情として「公的」なものの信頼が失墜する現在、何事においても「自らの眼」こそが、唯一自らの護る砦であること肝に命じたいものである。

日本人の横並び思考
みんなが行けばついてゆく?
身を護るためには自己判断力が不可欠である。


tag :

まずは検温を習慣に

2020-04-02
朝起きると検温を
最近は「15秒」という素早い体温計も
この世界を生き抜く習慣

小欄を記すまでに実行する習慣は、秋冬からこの時季までは服を重ね着し珈琲を淹れることぐらいであった。それに口内洗浄や目薬などを加えて、PCのある書斎の椅子に座る。ほぼ絵に描いたように、ここまでの時間が進行する。そして起床時間を手帳に記すのだが、新たに記録する一つの習慣を加えることにした。それが検温、起きてすぐまだ蒲団の中でベッド脇に置いてある体温計を使用する。昨今はマスクや消毒液の品薄状態が続いているが、体温計もその類に加わっている。先日、妻と何軒かのドラッグストアを尋ねて、ようやく一本のみ在庫があった新しい体温計を購入した。(既に旧式のものが家にもあったが)それなりの値段であったが、約15秒で検温できるという優れた代物であった。

なぜ僅か約15秒で計測できるのか?と思うと、説明書に「予測体温」が表示されるのだとあった。従来の体温計(現在もそのような基本的な機種も少なくないが)であると、概ね3分から5分程度は計測に時間を要した。この新しい機種も「予測体温」でなければ、「10分」ほどを要するとされている。僕らが子どもの頃の、まさに水銀が入っていて赤い色が目盛りの脇を上昇する機種が懐かしい。脇に挟んで15秒間の体温上昇値からその後を予測計算するのが、手に入れた体温計の基本原理である。ここ数日の検温状況から、ほぼ正確に僕の体温を計測した数値でブレも少ない。年齢とともに衰える筋肉量の維持に努めているので、一定の体温が保たれている。それは免疫力にも通じ、細胞の活性化にも必要な温度であると認識する。いずれにしても起床時に自らの体温を知り倦怠感や喉の痛みなどがないか点検する習慣は、誰彼問わず今後の世の中を生き抜く上で必須の生活要件ではないだろうか。

10年前の新型インフルエンザの際の生活習慣
自らの身体を数値で捉え1日を生きる
僕らは無頓着であると自らの身体のことも知ることはできない。


tag :

前提たる理解なき無惨

2020-03-14
「仏語。罪を犯しながら、みずからを省みて恥じないこと。
 後世、多く『破戒無慙』『放免無慙』などと熟し用いる。むぞう。」
(『日本国語大辞典第二版』「むざん」の見出し(1)より)

先が読めない事態にあって、情報を収集し精査し適切に理解して判断し行動するのが知性ある態度であろう。翻って真逆を考えてみると、証拠なき出所もわからぬ情報を文脈や誰に向けた発言であるかも吟味し想像もせず、自分勝手な解釈を施し恣意的な判断を下して安易に行動してしまうことを、何と呼べばいのだろうか?新型コロナ感染拡大で様々なニュースが報道される中、「ばらまいてやる」と家族に言い放ち飲食店を複数渡り歩いて濃厚接触的な行為を平然か意図的にか行なっていた陽性患者、その映像までもがメディアで公開されていた。飲食店の店員1名が感染してしまい、店舗側は警察に被害届を提出するらしい。まさに「破戒無慙」、戒律を破っても心に恥じない所業である。

本当に理解ができていないのか?それとも拡散を意図していたのか?いずれにしてもこの社会全体が不安の渦中にある中で、常識人には理解できない愚行である。あらためて「理解」とは何か?を深く考えさせられる事例でもあった。常識として現況の社会状況ならば、最低限の範囲の「理解」があり、自らの言動を律するのが普通であろう。こう書くと「常識」や「普通」も、大変に気になってくる。もとより「常識」の尺度が違えば、当人にとって「愚行」ではない。前述した事例のみならず、社会を構成している人々の中で共有されるべき「常識」「普通」「理解」の紐がほつれてしまうような事例が多き世の中になってはいないか。特に「知性」はあるはずだ、と思っている輩の愚行には唖然以上の無惨を覚え、表現する言葉を僕は知らない。

「無残」「無惨」ー「残酷であること」で使用されることが多いが
まさに仏語としての原義を思う
「理解力」「想像力」小学生でも身につけるべき力である。


tag :

気にするかしないかー花粉症とホワイトデー

2019-03-15
花粉症が今年は少し
気にすることあれこれ
すべて温泉に流したいものだが

「宮崎に住むようになって花粉症が治った」と自覚しているが、今年は花粉量が例年よりも多いようだ。時折、くしゃみが出て目の痒みに聊か悩まされている。だが特段何らかの治療を施そうとは思わない、何より自然に抗うより融け合うことが肝要だと思うゆえである。現代社会は「気にすれば気になる」ことがかなり増量してしまったが、「気にしなければそれで済む」ものも実際は多いのではないだろうか。「社会」が作り上げた風潮に動かされて右往左往することが、この国には特に多いような気がする。

ホワイトデーであったが、前日の夕刻に宮崎市中心部のデパ地下に行って少々驚いた。普段は客足も多くないであろう洋菓子売り場に、スーツ姿の男たちが殺到している。もちろんこの事実を知ったことは僕自身もその一人であったからに他ならない。だが大きく違うのは、比較的安目の小箱を大量に買うか否かという点である。多くの男たちは、日本的慣習と云われる「義理チョコ」の準備に躍起になっているのだ。人気店の洋菓子は最低でも1箱1000円はする、それを10個以上も買う光景を目の当たりにした。僕はただ、その類と差別化できる商品をたった一つだけ購入したのだ。

大学ではこの風潮がないのがよい
友人も務める人気店は確かに美味しい
それにしても気にするかしないかということがここにも。


tag :

義理ってなんだろう?

2019-02-15
日本だけの風習?「義理チョコ」
Xマスやハロウィンの異常な喧騒に同じ
何のために?そして様々な弊害も・・・

Web記事に掲載された情報なので確証はないが、「義理チョコ」というのは日本ならではの社会的慣習なのだと云う。主に職場などで「バレンタインデー」の本来の趣旨には適わない人にも、「義理」を通してチョコを贈るということである。社内の状況によっては、かなりエスカレートした状況もあると聞く。確かに僕が小中一貫女子校の教員だった頃は、その日だけ校則である「お菓子持ち込み禁止」が解かれ、競って手作りチョコを持った生徒たちが、職員室に押しかけたことが思い返される。経済効果の上ではそれなりな事態ではあろうが、この狂騒曲のごとき乱舞には聊か眉を顰めたくもなる。本当に大切に思う人に日常の感謝の心を込めてと、せめてこのくらいの密度を持って楽しみたいと思う。

「義理」とは『日本国語大辞典第二版』によれば、「1、物事の正しい道筋。道理。」「2、体面・面目」「3、つきあいや社交の場でのべる口上や挨拶。」「4、特に世間的なつきあいの上で、仕方なしにする行為やことば。」「5、血縁以外の者が血縁と同じ関係を結ぶこと。また、その関係。」「6、わけ。意味。字句の内容。」「7、(能で)劇としての筋、内容。またその面白さ。」などと多岐にわたる。主に1、2、6あたりの意味で古来は使用されていたものが、江戸期以降に4、5などの意味を生じたように用例を見る限りでは思える。こうした語誌から考えるに、「仕方なし」という負の心を背負いながらも、「道理・面目」といった日本で「しがらみ」の原因になるような体面に拘束される精神的図式のように思う。

漱石『草枕』冒頭に曰く
「義理を通せば窮屈だ」
講義のないこの時期の大学は、静かでとても過ごしやすい。


tag :

言葉の使い方を知れ

2018-11-17

「そこ邪魔なんですけど」
と商品を棚に並べる店員をどける
「言葉」「ことば」「こころ」

つい今しがたのことである。東京駅構内のパン屋さんで、自らトレイでパンを選んでいた。休日の朝はサンドイッチが頻繁に売れるらしく、店員さんが新しい商品を棚に供給していた。すると僕の後ろで「すいません、そこ邪魔なんですけど」という女性の声がした。最初は僕が言われたのかと振り返ると、まさかとは思ったがその声は商品を棚に並べる作業をしている店員さんに向けられていた。やや唖然としてその場で立ち尽くしていると、女性はそそくさとサンドイッチを選んで僕よりも早くレジに並んだ。店員さんはむしろ僕に対して「すいません」と言葉を発した。という「事実」だけを、まずは記したくなってしまった。

昨晩は東京の馴染みの店のカウンターで1人の常連仲間と話していると、初めて来店されたという女性が「言葉」に興味があるとおっしゃって、僕らの話題に加わってくれた。最近は組織内や世間で「文脈の分からない人」が多いという話題である。「言葉」は断片的ではなく必ず「文脈」の中で意味をなす。それがLINEなどの使用によって断片的・単純発語的になってしまっていて、「社会生活上の文脈」も読めなくなってしまっているようだという仮説で盛り上がった。一語の影響力、その「言葉」の重み。「邪魔」という「言葉」の卑劣さを僕は朝から感じ取った。

また今僕の向かいの席にある女性が
「ここいるね!」と言うとその席を一時空けていた女性がすぐさま退散した
「言葉」ではなく「ことば」から「こころ」を考える人でありたい。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>