fc2ブログ

コンパクトな人とのつながりーみやざきの魅力として

2021-10-15
短歌関係の人々とも
美味しいお店の人々とも
顔と顔がお互い見えるつながり

「国文祭芸文祭みやざき2020」が早くも17日(日)で閉幕となる。7月3日開幕1週間後に本学附属図書館で「みやざき大歌会」を開催し、8月末には「吉田類トークショー」オンラインにコメンテーターとして参加させていただいた。「全国高校生みやざき短歌甲子園」をオンライン配信で観覧し「短歌展きらり」も現地で参観した。この間、常に考えて来たことは「みやざきの魅力とは何か?」ということだ。トークショーで自ら実際に口にしたり、また自然アートを日南南郷大島で観る機会もあった。もちろん自然の豊かさ、その恵みとしての食文化など風土や地理的なものも大きな魅力の基盤ではある。だが文化的祭典を通してみると、あらためてコンパクトな人とのつながりこそが「みやざきの魅力」ではないかと思っている。歌人の方々や短歌に勤しむ学生たち、県庁の実行委員会の方々、企画そのものを支えるスタッフの方々、大学職員の方々など、お互いに顔と顔が見えるつながりがあるのは貴重なことだ。

もちろん飲食店などについては、東京でも同様なつながりを持つのが信条ではあった。今でもつながるお店が何軒もあり、コロナ禍でいかに頑張っているかについて連絡を取る機会も少なくない。ここぞと惚れ込んだお店の常連になるのが趣味みたいなところもあるが、その濃密度が「みやざき」ではさらに高い気もする。ようやく感染は減少傾向ながら、この1年半ぐらい市内中心部の繁華街の馴染みのお店に伺えていないのが気がかりだ。諸々と考慮すると「お家ご飯」が基本的な習慣となってしまったコロナ禍は、人と人とのつながりを遠ざける不埒な悪行をしている。だがそれを超えてお店に足を運んだ時に、笑顔で話してくれる人々の寛大さにまた心を射抜かれる。食事中は憚られるが、マスクをして会計をする際にお店の奥からわざわざ店主が出て来て、あれこれ話してくれるありがたさをひしひしと感じる。ただ「美味しい」だけではない、そして決してファーストフードなど顔のない店舗にはない、店主とのコンパクトなつながりがいい。少なくとも、こんな人と人とがつながりを大切にする地方を支えてくれる政治家に、僕らは投票しなければならないだろう。

みやざきの密度
人の縁で豊かに生きられる場所
決して都会の真似事などしなくてよいのだ。


スポンサーサイト



tag :

通りすがりに挨拶のある

2021-10-12
街を歩けば出会う人々
高齢の方から小学生・幼児まで
例外なく挨拶を交わすこの街が好きだ

挨拶をどのようにするかは、その「社会の鏡」だと思うことは多い。例えば、東京で居住地域の街を散歩していて、見知らぬ人と挨拶を交わすことはほとんどなくなった。「なくなった」と書いたのは、僕が中高生ぐらいまでの東京下町では、少なくとも挨拶を交わす街の人々がいなかったわけではない。昭和が終焉し平成となった頃から、その人情味がたいそう怪しくなってしまった。大学は日本でも指折りのマンモス校であったせいか、ある意味で互いを牽制し合う風潮もあって誰彼構わず挨拶をする空気はなかった。教員になって運動部の強い勤務校は、校内ではほとんどの生徒たちが廊下ですれ違うと挨拶をした。当該校では教員仲間はもちろん明るく挨拶を交わしたが、二校目の勤務校では廊下で目を逸らす教員がいて驚いた記憶がある。現在の所属大学に赴任した際には、廊下で見知らぬ学生までもが挨拶をするので嬉しくなった。今も僕は学生にも教員にも大きな声で挨拶をする「宮崎スタイル」を励行している。

米国に行くと実感するのが、見知らぬ人と公共の場ですれ違うとかエレベータで接近した際の対応である。必ずこちらの視線を意識して、建前ながらニコッと微笑みを浮かべる。銃社会の問題など米国の課題は多いのだが、公共の場で見知らぬ人に「私はあなたの敵ではなく安全です」というサインを出す必要があるのだと聞いたことがある。ドアの双方からすれ違うときにも、ほとんど例外なく先に開けた側の人が、ドアを押さえ続けて反対側から通る人に配慮する。日本でも一部見られる光景であるが、その度合いがかなり徹底している。見知らぬ人の微笑みと口元から漏れる「ハイ!」の声は、社会を円滑にしているのだと思う。そんな社会性も思い出しつつ、いま宮崎で僕が居住する街を歩くと、例外なくすれ違う人々に挨拶をするようにしている。多くの人が応えてくれ、高校生が恥ずかしがってやや俯くぐらいの状況だ。8月の「吉田類トークショー」で「宮崎の魅力」を語った際に、横断歩道を渡る小学生の礼儀正しさに感激したことを述べた。自動車を停止させて待ってあげると、渡りきった後にこちらを振り返り声を出して「ありがとうございました」と礼を言う。幸福度上位、魅力度急上昇という宮崎県、こんな挨拶が健在なのが大きな要因ではないかと思うことが多い。

「袖すり合うも他生の縁」
歩く時間帯で馴染みになる人々も
豊かに生きられる街を選んで住むべきだろう。


tag :

「家学会」「家トレ」のありがたさ

2021-10-11
オンライン学会や歌会など
歩くことと筋トレをすること
意識をもった積み重ねを家で

「家」でできることが、すっかり多くなった。秋の研究学会シーズンになったが、今季も出張はなくすべてオンライン参加。本来ならば多くの研究仲間と会うことで、日常で忘れがちな刺激をもらう機会となる。それと引き換えにして、「家」で参加できる利点を獲得しているといえようか。出張となれば金曜の夕刻、または土曜の朝から航空機で移動し、土日と丸2日間は学会会場に通い机に座り、日曜日の夕刻にそのまま帰宅するか、はてまた月曜日まで滞在するかなど2日から最長4日がかりで出張していたわけである。このシーズンは複数の学会大会があるので、2週連続などというのも稀ではなかった。地方在住者にとって誠に体力と出張費を擦り減らす所業ではあった。こうした意味では地方在住研究者にとって、オンライン開催はハンディをなくす上で大変にありがたいことでもある。

「外」へ出向いていたことが「家」で行うようになったことは他にも少なくない。10年以上は会員であったトレーニングジムも退会したのだが、家での日常にトレーニングが定着した。朝のコアトレとウォーキング、大学へは自家用車を控えて徒歩で通勤し、夕食後には家庭用のトレーニング器具による筋トレか有酸素運動を一日おきに実施する。ほぼこれが生活上に定着した。街のトレーニングジムに行くには、片道30分往復1時間を要す。今はこの1時間が、自分のものになったことで読書の時間が拡がった。その流れもあって、「家」でする仕事も以前よりも増えた。このように通勤や移動時間がほとんどないのは、1年2年と積み重ねていくと何にも代え難い蓄積となるものだ。宮崎は全国的に「平均通勤時間が一番短い県」というデータを見たことがある。平均14分〜16分程度というから、僕もそれほど例外な存在ではないわけだ。公共交通機関が都市部ほど網羅的でないことが、むしろ通勤時間を短縮させるのであろう。この1年半、すっかり「家呑み」という語が定着した感があるが、「家学会」「家トレ」も僕の場合は盛んである。

居住空間に愛着が湧く
自分の中で意識をもった選択ができる
もはや地方生活こそ浪費が少ないともいえるかもしれない。


tag :

日南海老と坂本棚田

2021-09-24
「伊勢海老」と云う名を変えてみては?
お彼岸に日南南郷のお日和もよく
坂本棚田の彼岸花と蜻蛉と

これもまた、先月の「吉田類トークショー」での話題。僕が宮崎の海産物の素晴らしさを話題にすると、伊藤一彦さんが「伊勢海老という呼び名を変えられないものか」と言った。確かに全国的に通行する呼び名は「伊勢」であるが、今やその水揚げなどからすると宮崎の名産といって過言ではない。宮崎から名称由来の「伊勢」へ向けて「供給」さえもしていると聞いたことがある。宮崎の中でも特に日南方面、油津・大堂津・目井津の漁港周辺では「伊勢海老祭り」なども開催されている。解禁日は9月1日であるが、先日の台風の余波による豪雨で「日南海岸ロードパーク」の内海付近で大規模な土砂崩れが発生し、宮崎市内から日南方面への海岸ルートが寸断されてしまった。ただでさえ「コロナ禍」で経営に影響ある飲食店であるが、この「海老」の稼ぎどきにルートの寸断による来客現象は痛いところだろう。話題を元に戻すが、ならば「日南海老」とか「目井津海老」などの呼称も考えたいところだが、「伊勢海老」の「いせえび」という各一文字音韻と(「いせ」が一字一音であるということ)「えび」の終末が「び」という濁音であることの響きを、なかなか超えられないという言語名称上の理由も作用しているように思う。

この日は妻と僕の両親を伴い、迂回路である山間ルートを通り妻の実家に向かった。開店早々から義母に「めいつ港の駅」のレストランに名前を書いてもらい、この時季ならではの御膳をいただく計画。地漁れの新鮮な刺身とともに、伊勢(日南)海老味噌汁に舌鼓を打った。小ぢんまりとした漁港に秋晴れの空が映える、やはり季節のものを新鮮に漁獲産地でいただくのは何にも代え難い美味しさに出逢える。海の幸のちからをありがたくいただき、僕らもまた明日への力を養う。この目井津漁港からほど近い所が妻の実家であるのは、海の幸への愛着をさらに深めたといえるだろう。食後は実家でゆったりとした時間を過ごす、時間にとらわれず自由な話題で話す時間は大変に貴重である。こうした「ゆったり」した時間こそが、宮崎でこそ味わえる「豊かさ」なのである。帰路もまた山間ルートとなるので、途中で「彼岸花」が綺麗に咲くという「坂本棚田」に立ち寄ることにした。かなり細い山道へ向けて「展望台」の表示がある。それに従い可能なかぎり自動車で奥まで分け入ったが、その道の険しさに「展望台」まで行くのは断念。細い道をバックで引き返し、棚田そのものの高さにある駐車場へと辿り着いた。彼岸花はやや盛りを過ぎていたが、実る田と秋晴れに蜻蛉たちが気持ち良さそうに出迎えてくれた。この棚田に流れる水が山から渓谷を下り、やがて海に養分をもたらせる。それが「日南海老」を大きく育てるものかと、「山の幸・海の幸」を実感する秋分の日となった。

「みやざき」を味わい尽くす
ありがたき時間・ありがたきご縁
「日南海老」せめて僕だけでもそう呼んでおこうではないか。


tag :

仲秋の名月への道

2021-09-22
旧暦8月15日十五夜
満月であるのは8年ぶりとか
宮崎でこそ見える海上の「月の道」へ

3年前のことだ、宮崎港を臨むある見晴台で人生でこれ以上ないと思える月を見た。宮崎は海岸線が全て真東に面しているゆえ、海上に昇る月が大変に綺麗である。もちろん旧国名「日向(ひむか)」というように昇りくる太陽にも向き合うわけだが、それ以上に月が似合うような気がする。都会が太陽ギラギラで燃え尽きようとするのなら、宮崎は太陽の光を反対側からいただきながら自らの存在を輝かせつつあくまで穏やかに和やかに語りかける柔和さが特長である。3年前の月が心に焼き付いたのは、たぶんこうした宮崎の土地柄を象徴するような感覚を抱いたからである。月は水平線から海上に昇るため、雲がなければ海上には月に向かって月灯りで照らされた「月の道」ができる。波穏やかな港の海面にできる一筋の道、まさに月に向かってその道を歩いて行きたいような幻想的な気にさせてくれる。

天気予報では曇り、しかし18時台までは「晴れマーク」早く現地に向かえば可能性がある。妻を早々に職場まで迎えに行き、その後の所用へ赴き、早々に普段は食べないハンバーガーを買い込んで3年前の見晴台に向かった。自ずと自動車の向かう方向が東となり、助手席の妻が月の出を発見した。建物の間にある月は、比率の上で大きな顔に見える。誠に鮮やかな「仲秋の名月」である。見晴台に着くと津波避難場所とされる防潮堤がこの3年の間に整備されており、港を眺める趣がやや変化してしまっていた。しかし、3年前に妻とともに見た見晴台は健在、階段を駆け上がると数組の人々がすでに名月を写真に収めていた。しばらくすると、出航したばかりの神戸行フェリーが「月の道」を右側から左側へと横切って行く。これもまた3年前と同じ、要は同じ季節の同じ時間でないと海上に月の道はできず、フェリーの航行時間も1日1便ゆえにそうそう変わるものではない。現在の世情、何事にも「希望」が欲しい。「太陽」というあまりにも高温なものではなく、柔和な月の表情が僕たちをいつまでも「希望」の未来へと導いてくれているかのようだった。

海の水そして地球の惑星としての月
この光景は時代を超えて人間の心を癒してきた
ギラギラ燃えるのではない、穏やかな月灯りに照らされる宮崎が好きだ。


tag :

新鮮な食材がいつも其処に

2021-09-05
山積みの卵
一番上を掴んだら
宮崎の新鮮を信じているゆえに

ワクチンの副反応からもだいぶ回復して来たので、妻と母と買い物に出かけた。土日恒例のことだが、前日からの流れがあるためかこの日は違う雰囲気。開店10時からまだ10分後ぐらいであるが、多くの車が駐車場のスペースを埋めている。先日の「吉田類だれやみトーク」で俵万智さんが語っていたが、宮崎は日常からどんな食材でも優れている。野菜・肉類・魚介類に果物、どれを取っても地産地消で容易に手に入るのである。その幸福を、こうして土曜日の朝から多くの人々が享受している。何より食材の新鮮度が、都市部とは格段の差である。スーパーとはいえ、地元産の野菜などが置いてあるコーナーもあり、値札には生産者の名前が記されている。生産品によっては「・・さんの」という枕詞が付き、「美味しい」という評判が地元固有の口コミとなっている場合もある。さらには、かなり買ったと思っても東京の感覚からすると三分の二程度。ほぼ1週間の食材を想定して買うのだが、この日も7000円台で収まった。

養鶏も宮崎の大きな農産業の一つ、時節によっては鳥インフルエンザなどが心配されるほどに盛んだ。毎回、新鮮な鶏卵を買うことを欠かさないが、次第に好きな養鶏場の品種が定まってくる。白身や黄身の具合、殻の硬さ、賞味期限の長短など、目玉焼きなどを作るとわかる要素も少なくない。この日も、養鶏場を目当てに好みのものを選んで何ら不安も抱くことはなかった。帰宅して妻が冷蔵庫に入れる際に、「卵の賞味期限が今日までだ!」と気づいた。そういえば売り場で一番上に重ねられた商品を無造作に手に取り、「賞味期限」の確認を怠ったことを思い出した。それほど宮崎のスーパーの売り場の新鮮度には、信頼を置いていたということでもある。後回しにせすぐさま僕が一人でスーパーへとんぼ返り、サービスコーナーにいる馴染みの店員さんに事情を話した。もちろん「すいません」と9月20日までの商品を売り場から持って来て交換してくれた。それにしても商品管理上、なぜこの日が賞味期限の鶏卵が売り場にあったかは疑問だという様子。業者を含めて確認しますと真摯な対応には頭が下がる。こうした馴染みの店員さんの対応があるのも、宮崎の大きな特長である。

レジからお惣菜担当になった馴染みの方も
「目井津漁れ」魚介類なども豊富に
この暮らしやすさこそ、輸送費をかけないSDGsな社会が目指す見本ではないのか。


tag :

ふるさとの〜ああ宮崎やみやざきや

2021-07-19
「宮崎のワイン豊かに酌みゆけば土地の縁とは人の縁なり」
(『みやざき百人一首』より)
この素晴らしき土地の縁

国文祭・芸文祭みやざき2020の開会式の冒頭で、『みやざき百人一首』の短歌を高校生が朗読する場面があった。短歌朗読のあり方を再考させられるとともに、「ふるさとみやざき」を声から実感でき豊かな気持ちになれる機会でもあった。人にとって「ふるさと」とは何であろうか?単に生まれ育った土地のことだろうか?愛すべき土地を人はいくつ持てるのだろうか?若山牧水は、生まれ育った日向市東郷村(現東郷町)坪谷についても「ふるさと」として歌に詠むが、青春時代を過ごした延岡、短歌創作活動に励んだ東京、終の住処と定めた静岡県沼津、とそれぞれ土地にそれぞれの愛着を持っていた生涯であった。僕の場合は、生まれてから疑いもなく東京で育ち、東京で学び、東京で仕事に就いていた。大学教員になるにも受け皿の上で多数が存在する東京が一番いいものかと思っていたが、公募による縁で着任した「みやざき」であまりにもよき出逢いに恵まれている。あらためて冒頭に記した俵万智さんの短歌が、ワインのごとく身に沁みる日々である。

「人の縁」のうちでも、学生たちとの出逢いは貴重である。学生らの出身地は宮崎とその隣県が多いが、学生時代を過ごすことで「みやざき」への愛着が増す者も少なくない。隣県出身者が宮崎県教員採用試験を受験して教師になってくれる場合があるが、指導教員として大変にありがたい気持ちになる。さらには県内出身者にも「みやざき」の魅力や「人の縁」を再発見してもらうことまでが指導教員の責務ではないかと思うことがある。生まれも育ちもという場合、意外とその土地の魅力に気づかないことが少なくない。だが真に「人の縁」を結んだ時に、「ふるさと」は包容力も豊かにその「ひとり」を虜にするものだ。此処で出逢えるという「奇跡」に、自らの魂が共鳴しているとでも言えばよいのだろうか。そんな濃密な「人の縁」を結んだ時に、人は初めて「ふるさと」を自覚できるのかもしれない。仕事や家庭や趣味など、その土地に住む理由も人それぞれであるはずだ。ゆえに一人ひとりが胸の奥で考えてみよう、「わたしのふるさとはどこだろう?」と。笑顔で待っている人が思い浮かぶ場所、それがあなたの「ふるさと」であり、それはいくつあってもよいのだ。

「人は誰も愛求めて 闇に漂う運命(さだめ)」
(サザンオールスターズ『TSUNAMI』より)
人の縁であなたを包み込む場所はいつも此処にある。


tag :

この地でしかできないこと

2021-06-07
地元産の野菜・肉・魚
この人口密度でこの空気で
そして心を支えてくれる人の存在

土日いずれかで、1週間を過ごせる食材の調達のために買物に出向く。地元のJA系COOPに妻と母を伴って行くことが恒例となっている。次第に慣れてしまうと当然のように思うのだが、食材の新鮮度と価格の安さは、宮崎に居住している大きな恩恵だとあらためて思う。野菜も地域の生産者のものが名前付きで置かれており、その質が極めて高い。キュウリは全国で1位・2位を争う生産量と聞き、幼少の頃から大好きな身としては誠にありがたい。トマトにきのこ類を含めてこの「地産地消コーナー」での収穫は多い。豆腐類もなるべく地元の豆腐店のものを選び、大量生産ではない大豆の味を好む。意外にも鮮魚コーナーも充実しており、県内漁れの刺身にはいつも納得している。もちろん肉類はいうまでもなく、宮崎牛のみならず豚肉や鶏肉のどれをとっても新鮮で質が高い。概ね1週間分で1万円に至らず、夫婦二人で1日1000円ほどの計算である。

新型コロナの感染者数も、ここのところ「0」が二日ほど続いた。「国文祭・芸文祭2020みやざき」まで1ヶ月を切ったゆえに、誠にありがたい状況だ。もちろん気を緩めることはできないが、65歳以上のワクチン接種率(1回目)も全国で7位(30.20%)と健闘している。当然ながら都会と違い低い人口密度が成せる業という点もあるだろう。しかし、それこそが人間が人間らしく生きる土地である証拠でもある。もちろん空気も水も澄んでいて、日常生活からして新鮮さの恩恵を被っているように思う。新型コロナで明らかになったことは、都会的密集がいかにも不自然で人間が生きる環境でなかったということ。産業や経済優先の発想そのものが、もはや過去のものになりつつある。そして宮崎には、何よりも心を支えてくれる人の存在がある。新刊書の原稿を整えつつ、最近はそのことにあらためて感謝している次第だ。

さあ、「安心安全」なのは宮崎である
人の心が豊かになる文学・文化に胸を張ろう
この地でしかできないことに向き合う天命があったのだと思う。


tag :

寿司とケーキを買って

2021-04-30
寿司を食べるという特別感
ケーキに蝋燭を灯す愉しみ
誕生日を大切にするようになった近代

一昨日は義母の誕生日で、妻とその甥っ子とともに実家でお祝いをした。その「ご馳走」としては寿司とケーキが食卓に並んだ。この二種類の食べ物の特別感というのは、どういう風に考えたらよいのだろう。「寿司」に関しては、昭和のように街のお寿司屋さんが出前をするという光景はかなりなくなったが、チェーン店系のお店がテイクアウトでそれなりのネタを提供してくれる時代になった。宮崎の地元に根づいたお店で、プラスチック製ながら大きめの寿司桶に握りや軍艦を並べた光景はよいものだ。また誕生日ケーキも必須、現代に家庭で「ケーキを買う日」というのも限られているだろう。とりわけ個々の小さなケーキではなく、大きくて蝋燭が立てられるケーキである。

明治時代以前、前近代的な世の中では、あまり誕生日を祝う風習は少なかったようだ。戸籍の問題だろうが、誕生日が記録されたり意識されることは少なく、誕生日がわからない人も少なくなかった。明治以前の歴史的に有名な人物の多くが「忌日」は記録されていることが多いが、誕生日は定かでない場合が多い。(明治初期生まれの文人でもあやしい者がいる)周知のように「数え年」となると、年越しをして新年を迎えれば一つ年齢が加算されたわけである。他に母体内にいる月日から「数えた歳」とする考え方もあるようだが、個々の誕生日が意識されない風習の名残であろう。近代的であれ「命をいただいた日」として、誕生日は祝いたいものである。やはり「寿司とケーキ」という和洋折衷の組み合わせも、近代以降を感じさせるのである。

人々が大切にする日
家族という存在の尊さ
美味しく団欒の時間を大切にしたい。


tag :

音の記憶・声の記憶

2021-04-12
どこからか響く踏切の音
野球の練習や試合に臨む少年たちの声
鳥たちの声の中に豊かに生きる

宮崎に住むようになって、音に敏感になった。寝床に入った時にどんな音が聞こえて来るか?次第に外界の音を遮断して睡眠に入る際に、遠目から聞こえる潮騒の音を捉えることが多い。その声は季節によっても変化し、大仰にいえば地球の囁きを聞いているような気になる。特に耳障りであることもなく、意識もしないうちに睡眠に入っている感覚だ。人間が持つ波長と自然の波長が、徐々に合致するような心地よさがあるのはなぜだろう?それに混じり、踏切音が聞こえて来ることがある。宮崎の終電は早いので気になることもなく、あの人工的ながら脈打つようなリズムもまた、不思議な郷愁を誘うものがある。

季節柄、かわず(蛙)の声が聞こえて来る。今この小欄を書いている時も、どこからともなく独特な巻き付くような声が聞こえる。宮崎にはこうした季節の音もあり、その自然に囲まれて生きていることは尊い。かと思うと、日曜日の学校校庭から聞こえる少年野球の練習や試合の声もいい。ランニングを一斉にする声には「始動」する気持ちを刺激され、守備の際の声の掛け合いには、仲間たちとのチームワークを思い返させる。その競技独特な声の出し方に、自らの少年時代への郷愁が漂うのである。何より少年たちが健全に野球に取り組む姿はいいものだ。そんな日常の平和が、いつまでも続きますように。

雨垂れの音
季節の風が樹々を揺する音
人は自然の中で生かされている。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>