FC2ブログ

寿司とケーキを買って

2021-04-30
寿司を食べるという特別感
ケーキに蝋燭を灯す愉しみ
誕生日を大切にするようになった近代

一昨日は義母の誕生日で、妻とその甥っ子とともに実家でお祝いをした。その「ご馳走」としては寿司とケーキが食卓に並んだ。この二種類の食べ物の特別感というのは、どういう風に考えたらよいのだろう。「寿司」に関しては、昭和のように街のお寿司屋さんが出前をするという光景はかなりなくなったが、チェーン店系のお店がテイクアウトでそれなりのネタを提供してくれる時代になった。宮崎の地元に根づいたお店で、プラスチック製ながら大きめの寿司桶に握りや軍艦を並べた光景はよいものだ。また誕生日ケーキも必須、現代に家庭で「ケーキを買う日」というのも限られているだろう。とりわけ個々の小さなケーキではなく、大きくて蝋燭が立てられるケーキである。

明治時代以前、前近代的な世の中では、あまり誕生日を祝う風習は少なかったようだ。戸籍の問題だろうが、誕生日が記録されたり意識されることは少なく、誕生日がわからない人も少なくなかった。明治以前の歴史的に有名な人物の多くが「忌日」は記録されていることが多いが、誕生日は定かでない場合が多い。(明治初期生まれの文人でもあやしい者がいる)周知のように「数え年」となると、年越しをして新年を迎えれば一つ年齢が加算されたわけである。他に母体内にいる月日から「数えた歳」とする考え方もあるようだが、個々の誕生日が意識されない風習の名残であろう。近代的であれ「命をいただいた日」として、誕生日は祝いたいものである。やはり「寿司とケーキ」という和洋折衷の組み合わせも、近代以降を感じさせるのである。

人々が大切にする日
家族という存在の尊さ
美味しく団欒の時間を大切にしたい。


スポンサーサイト



tag :

音の記憶・声の記憶

2021-04-12
どこからか響く踏切の音
野球の練習や試合に臨む少年たちの声
鳥たちの声の中に豊かに生きる

宮崎に住むようになって、音に敏感になった。寝床に入った時にどんな音が聞こえて来るか?次第に外界の音を遮断して睡眠に入る際に、遠目から聞こえる潮騒の音を捉えることが多い。その声は季節によっても変化し、大仰にいえば地球の囁きを聞いているような気になる。特に耳障りであることもなく、意識もしないうちに睡眠に入っている感覚だ。人間が持つ波長と自然の波長が、徐々に合致するような心地よさがあるのはなぜだろう?それに混じり、踏切音が聞こえて来ることがある。宮崎の終電は早いので気になることもなく、あの人工的ながら脈打つようなリズムもまた、不思議な郷愁を誘うものがある。

季節柄、かわず(蛙)の声が聞こえて来る。今この小欄を書いている時も、どこからともなく独特な巻き付くような声が聞こえる。宮崎にはこうした季節の音もあり、その自然に囲まれて生きていることは尊い。かと思うと、日曜日の学校校庭から聞こえる少年野球の練習や試合の声もいい。ランニングを一斉にする声には「始動」する気持ちを刺激され、守備の際の声の掛け合いには、仲間たちとのチームワークを思い返させる。その競技独特な声の出し方に、自らの少年時代への郷愁が漂うのである。何より少年たちが健全に野球に取り組む姿はいいものだ。そんな日常の平和が、いつまでも続きますように。

雨垂れの音
季節の風が樹々を揺する音
人は自然の中で生かされている。


tag :

海をみているこころ

2021-04-11
眼に海が飛び込んできたとき
喩えようもない気持ちになるのはなぜか
遥かに遠望する日南海岸

かなり幼少時の記憶のことである。波間で下を向いて寄せては返すものをみていると、目が回るような感覚でそのまま顔から海に倒れ込んだことがある。あの吸い寄せられるような感覚は何だったのだろうか?それ以来、特に海が怖いと思うわけでもなく、むしろ海を見るのが大変に好きになった。東京では容易に海が見られるわけではなかったが、湘南あたりに行って鎌倉・江ノ島あたりの海を見るのが大好きであった。

今現在大好きな海は、青島から始まる日南海岸ロードパークである。その青さによる包容力、鬼の洗濯板に打ちつける迫力、されど優しく和んだ気持ちにさせてくれる海である。自家用車で海を見ながらの走行は、単なる往来のみではない豊かな感情が高まる時間である。あの幼少の頃に吸い込まれた海もこの海と繋がっており、どこか郷愁とか永遠といった感覚へ連なる詩的な連鎖を覚えるのである。

なぜ人は海が見たくなるのだろう
海を見れば何かを待つような構えができる
人の命の根源として


tag :

短歌も餃子も日本一を目指す

2021-03-29
「短歌」日本一の県を目指し
「餃子売上」日本一の市を目指す
ともに大好きなひとりとして

休日ということもあって、妻とともに手作り餃子を皮に包んだ。いざ焼いてみると粉か油が足りなかったのか、フライパンにくっついてよく焼けなかった。それでも自分たちで作ったことそのものが楽しく、餡はなかなか美味しく食べることができた。市販の餃子を購入してくると、それなりに上手く焼くことができる。売られるパックが粉まみれであったり、皮に秘密があったり、餃子一つにも奥が深い。市内県内には、贔屓にする餃子店が何軒かある。コロナ禍で外食を控える中、なかなか足を運べないでいる。中には往年のプロ野球選手と、いいご縁をいただいたお店もあるのだが。

県ではなく「宮崎市」が、宇都宮市・浜松市をライバルに餃子購入額日本一を目指している。知人がそれを支援する協会で頑張っているので、一度イベントにも足を運んだ。昨年の前期に限っては「購入額日本一」となったが、通年ではライバルに及ばなかった。そんな意味では日常からなるべく餃子を購入して貢献したいという気持ちが強い。この場合は、やはり手作りより購入した方が貢献できるのだろう。次回からは贔屓店での購入を選択すべきかと思った。しかし、何事も「日本一」を目指そうという心意気は爽快なものだ。「短歌県」ともども、宮崎の志を支援したいと思う。

昔から大好きな餃子
簡単に食べられ栄養価も高い
短歌と餃子のコラボ企画もやってみたい!



tag :

生まれ変わった8年間

2021-03-26
宮崎に移住して8年目
日々を小欄に綴る意義
新しい明日が始まるために!

昨日3月25日は諸々の思い出深い日付である。母校では必ずこの日付に、学位記授与式が挙行される。この日も先輩のご子息が母校を卒業したようで、感染対策を取りつつながらキャンパスの光景を写真で目にすることができた。学部卒業も思い出深いが、博士の学位記授与を受けたのが11年前、やはりこの日は先輩教授の研究室から和歌分野の若き研究者3名が「博士」の学位を受けたと聞いた。いつもこの日を区切りとして、新しい旅が始まる。学部卒で研究生・高校非常勤に踏み出した時、修士を修了し研究の「真似事」ができるようになり1年後に勤務校を移った時、博士学位取得後は本格的に大学教員の公募に無我夢中に挑戦し始めた。いずれも鮮明な記憶があるが、知人の方曰く「経験は書かないと記憶から消えていきます。」ということ。「今」を記し続けることには、「自分でもわからない」変わりゆく「自己」を記すことになる。

8年前の3月25日、東京羽田空港は爽やかな晴天であった。直前の22日、非常勤先の中高で修了式が挙行され壇上で挨拶、離任することを惜しむ生徒らから声が掛かり、その後講師室前にほぼ担当クラス全員が押しかけてくれた。23日、馴染みの洋食店で「いってらっしゃい」の心を込めたステーキをご馳走になり、24日はやはり馴染みのバーの常連仲間が温かい心で僕のはなむけの会を実施してくれた。この2軒のお店には宮崎移住後も東京へ赴くたびに必ず顔を出すようにしてきたが、この1年のコロナ禍でそれもできなくなった。365日として2920日、閏年が2回あるゆえ2922日、僕にとってこの上ない人生の邂逅が宮崎に待っていた。8年前の志は変わらないが、僕自身は大きく変わった。宮崎での日々は毎朝が「新しい明日」であったからだ。今日もまた新しい「2923日目」の朝陽が昇った。

人間の細胞は日々、新陳代謝を繰り返す
8年の蓄積で何ができたのか?
論文に記し短歌に刻み妻と歩む日々が愛しい。


tag :

町内花だよりを歩く

2021-03-19
遊歩道の桜は場所によって
花の咲き具合が違い
あの家この家に咲く花たち

桜のたよりも聞かれる時節となったが、今年もコロナ禍で「花見自粛」は変わらないようである。しかし、特に桜の樹の下で宴席を持たずとも、桜を存分に味わえると思う。中世の兼好法師『徒然草』に記された有名な章段「花は盛りに」では、桜の花は満開の時だけ見るものか?いやそうではないと説く。咲き始める前の蕾を眺めて咲く時を想像したり、散り萎れた後に余韻を楽しむのもよいと語っている。「心なき人」こそが満開だけを讃え、下品な行動で花見に及ぶのだと批判もする。現代でも花見に人が集中するというのは「満開」だけを讃えるからであり、先人の声に今一度耳を傾けるべきと思う。

さて、自宅近所の住宅街を望む高台にある公園までのウォーキングが日課である。この時期は、各住宅の庭先にどんな花が咲いているかも実に楽しみである。前述した『徒然草』では「その家に植えてある樹木のあり方で住む人の心が知れる」といった趣旨の章段もあった。かくいう僕自身はなかなか庭木の整備に着手できないのがお恥ずかしいばかりだが、見事に花をつけた庭木がある家を見ると憧れの心が蠢くのである。高台の公園では桜の樹が少しづつ蕾を膨らませ、枝先で気の早い花が咲き始めている。枝の形状や伸び具合を見つつ、冬を越えてきた裸で立っている個々の桜の樹に愛着が湧く。特に遠望として青島が眺められる樹の元で、いつも海に向かって祈りを捧げている。

樹木には多くの鳥たちが遊ぶ
植物の呼吸による美味しい空気を吸いながら
けふもまた町内花だよりを自らの心に刻む。


tag :

春雨じゃ濡れていこう

2021-03-02
気まぐれな雨を受けて
出るときに降ってなければ傘は持たず
夏の豪雨の降り方ではできぬわざ

一雨ごとに春本番が近づいているのだろう、樹々も山々も動物や虫たちもこの雨によって次の季節への準備をしているはずだ。「春雨じゃ濡れていこう」というのは行友李風(ゆきともりふう)作の新国劇『月形半平太』で、主人公・半平太が舞妓に傘を差し掛ける際の著名な台詞である。僕らが子どもの頃はどこからともなくこんな「声」を耳にしたものだが、今や「声の伝承」も稀になった寂しい時代である。たぶん「学校では観てはいけない」などとされたザ・ドリフターズも、よくこんなネタでパロディコントをやっていた。芝居や映画の著名な場面をコントにすることは、原典との差に思わず笑ってしまう高尚なものであると思う。

さて、乾燥ばかりから雨が多い季節を迎えたが、傘の出番である。この時期は気まぐれな雨も多く、歩数で1日の目標を定めトレーニング化している身としては悩ましい。空模様を眺めつつ、傘の持参について決断が迫られる。しかし、原則は屋内から出る際に降っていけなれば傘は持たない主義だ。特に春先はそれが許されるのがいい、前述した「春雨じゃ・・・」でも口ずさみ柔らかい降りに身を曝すのも気持ちがいいものだ。これも雨の成分が、あまり大気汚染を受けていない宮崎でこそと思う。幼少の頃から東京では、「雨に濡れると禿げるよ」などとまことしやかに言われていた。温暖化を始め自然環境に対して待った無しの地球である。まさか雨に「マイクロプラスチック」などは混じっていないだろうか?

「濡れていこう」を許す地球でないと
季節は静かに進行している
弥生三月始動!「春雨じゃ」!


tag :

お昼に楽しみを置いて

2021-02-20
昼食+散歩とか
午前の歩みを讃え午後に英気を養う
人生にもそんなギアチェンジが必要

先日、同僚から借り受けたDVDにて、マイケル・ムーア監督『世界侵略のススメ』を観た。そこに映し出されていたのは例えば、「イタリアの会社での昼休みは2時間」といったドキュメンタリータッチの映像であり、2時間もの昼休みに多くの社員は帰宅して自作の昼食を楽しむのだそうだ。かなり以前からこの手の話は聞いたことがあったが、現実の映像で人々の陽気な姿を観るとあれこれと考えさせられる。現状の我が国では、多くの人々がコンビニ弁当を最小の時間で掻き込んで、眠気に襲われながらも午後の仕事にしがみつくのがいいところだろう。欧州でも陽気な人々の多いイタリアの料理もワインも、僕は個人的に好みであるが、それは風土が生んだ思考が詰め込まれているのかもしれない。

他にも「学力が世界でもNo1のフィンランドでは宿題がない」など、話題として追究してみたい内容が満載であった。小さな日々の習慣が違うことで、広く人生そのものの豊かさも違うのではないかとさえ思う。日本の子どもたちは過重な宿題に悩み、その上で塾通いなどを親が課し土日も遊ばず余裕のない日々を過ごしている者も少なくない。最近は「オンライン塾」が「学校」などと名乗って、TVのCMがつまらない生活の入口に誘っているかのようだ。個人で生活がシフトできるならば、他国の良い点はマネび(「学び」は「真似び」であるという掛詞的な造語)て良いのではと思う。まず手軽にできることとしてランチタイムの見直し。午前中の集中力が原稿などに向かう勝負であると僕は考えるが、昼食に楽しい目標があれば、さらに充実するのではないかと考えた。ご褒美の温かいランチに、自然豊かな環境の中で散歩を楽しんだり花を観に行ったり。人生そのもののを、あくせくとつまらないものにしてはいけない。勤勉なのは我が国の大きな美徳であろうが、生活を楽しむことを忘れてはならないだろう。

大学キャンパス内でも自然豊かに
職場が自宅へ簡単に帰れる距離にあることも
宮崎は日本のイタリアかハワイになれるかもしれない。


tag :

花を思ひて妻と親しむ

2021-02-15
「みやざき花いっぱいプロジョエクト」
新しいスイートピーの品種なども
飲食ばかりではない花屋さんも応援を

東北の最大震度6強の地震から一夜が明け、研究者仲間のSNSには研究室の惨状が投稿されていた。本棚から多くの書籍が飛び出し散乱し、机上のPCモニターなどを薙ぎ倒し、言葉にならない様子にお見舞いのメッセージをお送りした。思い返せば10年前、東京のマンション12階に住んでいた僕は、書斎が前述したような状態となり本箱やPC・プリンタの損壊で地震保険が支払われるに至った。復旧には余震に悩まされながらということもあり、約1ヶ月を要した。それを思うに仲間の今後の時間が想像された。さらには僕自身の研究室も、書棚の上に物を載せたりPCや機械類を置く位置には十分な配慮が必要だと新たな整理が必要だと悟った。あらためて東北地方の多くの方々に、心よりお見舞いを申し上げたい。

気が滅入る事ばかりの世の中に、せめて心が明るくなるのが花である。先日、妻が立春ということもあって、ミモザが散りばめられたリースを買って来た。深緑の円環に細かい黄色が映え、玄関に春を呼び込んでくれるようだ。また先月の誕生日に義母からいただいたベゴニアの鉢植えが、リビングには色鮮やかに飾ってある。一昨日に地元放送局の番組で「みやざき花いっぱいプロジェクト」が特集され、妻の懇意にする花屋さんが取材に応じていた。どうやら新型コロナ禍で県内の花農家や花屋さんの売り上げが激減したのを、県が支援するために県庁など公共な場所にも多く花を飾ろうという企画であるらしい。飲食店の方々の苦労もいかばかりかと思うが、そればかりではなく広い社会全体での支え合いが今は必要なのだろう。荒んだ心を和ましてくれるお花、宮崎ならではの心温める支援である。

雨の休日は一歩も外に出ず
zoom歌会でせめて短歌を語り合う
もちろん花を詠んだ歌を出詠した。


tag :

青島に祈りを込めて

2021-02-01
147段の石段を登る脚力
遥か海上に見える青島の美しさ
1日も欠かさず祈りを捧げる

1月尽日を迎えたが、新年の空気をよそに新型コロナに更に翻弄された1ヶ月であった。年末年始からのこの時期、例年は「早い」と感じるのであるが、今年は意外と「長い」と感じてしまった。時間意識は人によってそれぞれであるが、「短い」が良い場合もあれば、「長い」が良い場合もある。同時に全く反転した意識もあり、要はいかなるものに自己が向き合って生きているかが肝要と思う。僕の場合、この1月が「長く」感じられたのは、論文を2本執筆でき、さらなる次の原稿への構想が固まったからだろう。日々を「生きた」ものにするために犠牲になるものもあるのだが、トータルして均衡を保った過ごし方をすれば、自ずと「実が詰まった」時間と思うことができる。

この1ヶ月欠かさず実行してきたことは、近所の高台公園に登り青島に祈りを捧げてきたことだ。147段の石段を登ることも習慣とすれば、特に苦しいこともない。もしその習慣がなければ、それだけ足腰が衰えることになる。高台から見える青島は、なぜか海面から特段な隆起をして浮き上がって見える。その姿の美しさから、祈りを捧げれば必ず願いが叶いそうな気がする。実際にこの1ヶ月で、ありがたい話がいくつか舞い込んだ。青島神社の存在もあるが、日々の中で自然に祈る気持ちは精神の安定をもたらせてくれる。自然の中で「生かされている」ということ。何も力をも入れず、冷静に自己を内観する時間が貴重だ。

自らの脚で歩むちから
様々な人々が寄り添ってくれる幸せ
今日もまた青島に祈りを込めて。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>