「くに」風土・文化を考えて

2017-11-24
鹿児島から都城経由で宮崎へ帰る
晴天のもとあれこれと考える
「くに」という語の使用もすっかり変化して

「くにはどこですか?」という問い掛けや「おくに自慢」という際の「くに」という語彙を使用しづらくなった、あるいは意味が通らなくなった、という意見をいくつか目にしたことがある。こういう場合の「くに」はもちろん、「生国・郷里・故郷」(『日本国語大辞典第二版』「くに」の項目9)という意味である。だがあらためて客観的に地域の風土・文化を眺めてみると、明治以降に作られてきた行政単位の「県」では収まらない「おくに事情」があるものだと思うことがある。昨日の小欄にも新幹線が通っているかどうか、ということで大きな違いがあることを記したが、それを利点とだけ捉えていいものかという疑問も生じるという趣旨を付け加えておきたい。特に幕末から明治維新の歴史を考えた時、薩摩の果たした役割は計り知れない。だがある意味で対局的に東の日向が存在していたことを、生活をしてみて実感するわけである。

鹿児島との往復は、好んで都城経由を選択している。ここのところ都城島津邸とのお付き合いも生じたので、尚一層その歴史が身近に感じられるようになった。現在の行政区画では「宮崎県」である都城市だが、文化的には薩摩との関係があまりにも深い。歴史上において「県」として独立しようとしていた時期もあったことが、十分に頷けるのである。それだけに都城で食事などをしてみると、宮崎市内とは異なる「味」に出会うこともしばしばである。もちろん宮崎県内でも、飫肥藩・高鍋藩・延岡藩と各地で風土と文化は違う。以前に親友の落語家さんと話していた際に、こうした藩単位での結束を重視した方が、緊急時などにも対応しやすいのではないかなどと話したことがある。「県」と大括りに考えがちであるが、「くに」という単位を活かしてこそ今後の少子高齢化社会には対応するのかもしれない。

あれこれと思索する一日
自らの「くに」意識はいかに?
相対化できる”ことば”を常に持ちたいものである。


スポンサーサイト
tag :

此処にしおればその顔のあるー月下の宵にて

2017-11-06
旧暦9月17日
食事に温泉そして月と語り合う
「此処」にいつもの友あたたかき

好天である週末など、いつ以来であろうか?昼は穏やかな快晴、そして3日文化の日が旧暦9月15日であるゆえ、3日間で望月・十六夜・立待が楽しめた。この3日間は歌会もあったが、この半年ほどの学会大会運営で疲弊しきった心身に、再び充電をするという目標を掲げていた。それをまさに、穏やかな天候が後押ししてくれたような気分であった。連休最終日の宵の口は、「ちびまる子ちゃん」を観てから、カレーが食べたくなって近所の馴染みになりつつあるお店へ。「此処」はゼミ生の1人がバイトをしていて、日によってはカウンター越しにその顔が覗かれる。接客をする奥様の笑顔にもまた、実に癒されるお店である。注文して待っていると、お店の書棚に嵐山光三郎『文人暴食』の文庫があるのを発見。手にとって「若山牧水」の項目を読み始めた。もちろん「暴食」というより「暴酒」のことが歌を引きながら書かれており、個々の事例は知っていることばかりながら、一般向けの文体でこれほど「酒」のことだけに絞って牧水の生涯が語られている視点に聊か触発された。

前述した嵐山の著作がなぜ飲食店にあるのか、その理由がわかった気がした。お店の計らいでゼミ生が配膳したカレーも食べ終わったが、その自らの身体がさらに飲食を吸収したいという衝動に駆られているのである。笑顔で会計を済ませて、その後は近所の温泉へと向かった。老年客の多いこの温泉では、夜7時以降の客は少なくなる。しかし僕自身がいつも閉館間際の時間帯に行くので、馴染みになった常連さんが必ず何人かいらっしゃる。その方々と挨拶を交わしたり、世間話をするだけで、身体のぬくもりとともに心のぬくもりが感じられる。まさに心身をあたためることは、健康にとって大変重要であると思う。その温泉のガラス越しから、ふとまた月がこちらを覗き見ている。軒の僅かな隙間ながら、湯船から見える稀少な角度がある。そのとき、ふと「月」もまた友であるという感覚になった。温泉を出て帰宅すれば、庭先に差し込む月光がやさしい。思わず「月下独酌」を決め込んで、日向の「あくがれ」をお湯で割って一献。肴は牧水の友たる「土岐善麿(哀果)」らの歌である。探さずしても、友は我のまわりにたくさんいるものである。

あの月に人はなぜ惹かれるのか?
美味しい食と酒と友と・・・
そしてまたWeb上のメッセージで友からの親愛なる言葉もあり。


tag :

日常から2020宮崎国民文化祭へ

2017-10-26
日常とはそして将来への希望とは
研究学会開催という大仕事を終えて
横に置いていた仕事に追われる日々

この数ヶ月が、誠に「非日常」であったことを痛感する日々が続いている。そしてまた、大会開催が終わったからといって、息つく暇があるわけでもない。その「非日常」の中で横に置いてしまっていた事に、今度は追われる日々となった。あまり気が抜けないように、などとも考えてこの週末には中古文学会で静岡大学まで行く予定にもしている。どうやら2週続けて台風が列島を睨んでいるらしい。10月としては異例のことであるようで、「日常」には程遠いことを演出されたりもする。大会開催校から参加者へ立場を反転するわけだが、開催校の立場となればやり切れない気持ちで進路予報を毎日眺めているであろう。

様々な仕事を急ピッチで進めながらもまた、諸々と将来構想に希望を見出したりもする。宮崎県では2020年に、国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭が開催される。「山の幸 海の幸 いざ神話の源流へ」が大会テーマであり、宮崎が誇る「食文化」と「神話」を融合した内容で県ならではの文化を発信する機会となる。その企画会議会長が、お世話になっている伊藤一彦先生。テーマに含まれる「いざ」は、やはり牧水の歌言葉を感じさせる。これからの3年間僕もまた、短歌を始めとして県の文化興隆も視野に入れて仕事をして行くことになる。今回の学会大会にて短縮版で上演された神楽なども、あらためて県内随所に観にいきたいという思いが募った。大学内でどのように仕事に関わり、そしてまた県内に地域貢献して行くか。そんな数年間の構想を考える宵の口であった。

大会開催を経て新たなる自分になった
今あらためて足元を見据えて歩み始める
日常を積み上げながら3年後の将来へ向けて


tag :

孤軍奮闘のち仲間あり

2017-10-16
毎度休日も研究学会準備
事務局の仲間と励まし合って
夜は若手の短歌仲間と出逢う

いつから落ち着ける休日がないであろうか?ゆっくり小欄を書いて、朝食を楽しみ海にでも散歩に行って、砂浜で歌集を読んだり自らの歌を詠んだり。好きな店で美味しいものを食べ、親友と語り合う。そんな理想的な休日が、もうすぐ戻るだろうか。休日の大学研究棟は人影も少なく、何やらの資格試験会場となっている講義棟から御手洗いを探しにき紛れ来た壮年男性に、場所を教える言葉を交わす程度である。ひとり研究室、ひとり印刷室にいると、大河ドラマの合戦シーンで孤軍奮闘する武将に自らを重ねてしまう。だが現代には戦国時代とは違って高度な通信手段がある。スマホを利用して学会の事務局長である盟友に疑問点を投げかければ、休日にも関わらずありがたい回答が寄せられる。彼もまた院生などの援助もなく、学会事務局の大役を2年間も背負っているのだ。それからすれば、僕などは季節ものに過ぎない。台風や噴火の不安なども付き纏うが「なるようになる」とお互いに励まし合っている。

この日は本来、市内の「歌碑巡りの旅」に参加する予定であった。若手を中心とする「とくとく短歌会」が主催で、宮崎大学短歌会のメンバーも「若手歌人」として解説者に名を連ねていた。彼らの奮闘ぶりとともに、より広く短歌を愛好する方々と出会えればと思い楽しみにしていた。何とか前日14日に学会準備の目処をつけて参加したいと思っていた。何よりそれこそお忙しい伊藤一彦先生も、ご参加されるわけである。だがしかし、前述のようにこの日も準備作業をしなければ、学会当日までの予定を消化することができないと判断し、前日の夜に歌碑巡りは断念した。せめて企画に尽力した方々を労いつつ学生たちの参加の様子を知りたいと思い、夕刻から打ち上げ会場へと向かった。其処では宮崎での短歌活動を、いかに学生たちの世代に引き継いでいくかという意味深い話題が展開し、3年後の国民文化祭に向けて様々な夢構想が思い描かれる開かれた豊かな仲間の集まりであった。こうした話題に再び勇気が溢れ、1週間後へ向けて英気を養うことができた。

宮崎のよさを挙げるならば
自然でも食材でも伝統文化でもなく
まずは何より「人」を筆頭に挙げるべきという思いを新たにした。


tag :

忘るるなこの海原に抱かれゐて

2017-10-09
宮崎に生きること
身近な自然と対話できること
喧騒に忘れかけていた大らかさを取り戻すこと

宮崎での就職が決まって移住してきた頃、よく「なんで宮崎なんかに来てしまったのですか?」という問いかけを多くの方にされた。どちらかというと大変喜んで、宮崎が好きで移住してきただけに、むしろこの地に住む方々にそのよさをこちらから語る機会が多かった。先日も地元MRT宮崎放送の「明日が見えるラジオ」という番組に生出演させていただいたが、「4年間を過ごして宮崎はどうですか?」と問われ、やはり「食材に恵まれた自然の豊かさが素晴らしい」と返答し、さらには「宮崎には短歌があります」と牧水のことや短歌活動の充実度の話に持っていく流れとなった。「自然と牧水」を身近に考えられることは、やはり僕自身にとっての大きな宮崎の魅力なのであり、年々それが今後のライフワークではないかと思うようになって来た。

そんな宮崎の地で、長年お世話になって来た和歌文学会の大会が開催できることは、学会や恩師への恩返しの意味が個人的には大きい。そんな気持ちで自らを支えて、約2年ほど前から計画を練り始め、この数ヶ月間は自らの労力の大半を大会運営に傾けて来た。夏季休暇中もほとんど休むことなく、途中で何度も息切れしそうにもなった。いざ実際の運営となると思うようにいかないことも多く、落胆した気持ちを再び擡げるには大きな力を要することも実感した。その大会もいよいよ2週間前となった。相変わらずこの連休も大会運営事務に時間を費やすが、その一つ一つが「おもてなし」に関わると思い細部に神経を行き届かせている。ふと精神の飽和状態を感じ取ったので、夕刻に近い時間になったが青島の海に車を走らせた。先月の台風による流木が未だ放置された海岸であるが、その海風に吹かれ荒波を見つめると再び身体の奥に力が湧いて来た。そのまま親友の店先に顔を出し、美味い魚を食べようという話になり、まさしく「海の命」をいただいて明日への英気を養った。

牧水恃みし檳榔樹の蔭
青島はやはり不思議な力を持っている
海あり美味ありよき友のあり


tag :

四方山話に救われもする

2017-09-29
学会大会準備による気疲れ
先がまったく見えなくなった日本社会
閉じこもらずに四方山話に大きな効用あり

大学夏期休暇期間も間もなく終わろうとしているが、この約2ヶ月間の多くの時間を来月の和歌文学会大会準備に費やして来た。研究者人生の中で何度も巡り来るわけではないこの仕事は、もちろん初体験ゆえに、先を簡単に見通すことはできない。まさにこうした際に大切なのは想像力であり、過去に自らが学会大会に参加した諸々の経験を材料にあれこれと想定を立てる。だが、想像力を働かせれば働かせるほど、不安も大きくなり過去の他大学で実施した大会の状況と比較し始め、自らの運営が劣るのではないかと負の面ばかりを考えてしまう。”おまけ”に大会当日(2日目)が急に「選挙」ということになってしまい、会場の市民用駐車場が使用できないとか、お願いしていたことがその通りにできないなど、その想像力を踏み躙るような情勢に見舞われたりもする。時に想像力は独善的でもあり、我が身勝手なものばかりを描きがちである。それだけに、「ガス抜き」のような行為が求められる。

研究学会事務局代表の先生は、同窓の大学出身で指導教授も同じくする気の合う仲間である。何らかの不安があるとすぐにメッセージをするが、たいていすぐに疑問に応えてくれ、そのことばに甚だ励まされる。こうして仕事の内容に即した人との会話が、まずはとても大切である。この場合はメールやSNSメッセージなどを介してのやりとりであるが、「話す」ことがまた大切である。特段の用件はなくとも在京の母との電話で四方山話をすることが、一つの大きな支えになる。これもまだ「対面」というわけにはいかない。あとは地元で食事をとる飲食店で「話す」という「策」がある。この日もゼミ生がバイトでお世話になっている店舗へ。店の奥様にその件を話すと笑顔で応対してくれて、聊かな会話ながら大変癒された。そして1日の最後は温泉談義。同時間帯に来ている方々はほぼ固定していて、身体を温めながら僕が学会大会を抱えていることなど服を脱いでしまっているのと同様に、まったく関係のない四方山話に興じる。せめてこんな時間に、癒されて日々を先に進めている。

過去に体験したどうしようもない困難
それからすればこんなに幸せな今を前に進めること
「公約」通り想像した通りの研究学会大会を必ず成し遂げてみせる。


tag :

自然と対話するこころ

2017-09-17
増水し文明の象徴たる車を呑み込まんとす
「現代」がなんでもかんでも万能だと思う傲り
南国で台風に直面してわかったこと

台風18号が接近している。台風本体の接近以前に、太平洋上の秋雨前線が極度に刺激され、16日の未明から朝にかけての降雨は経験したことのないほど激しかった。自宅前の道路は冠水し駐車場にも水が流れ込んだ。幸い自宅駐車場は、基礎部分ほどの高さの傾斜を経て庭に連なるゆえ、その最高位まで車を上げて庭へ尻を入れる形にしておいたので難を逃れた。昼前に風雨も小康状態になったので街へと用を済ませに行くと、道路端で水を被り動けなくなった車を何台か目にした。明日は我が身と警戒を強め自然の「水」と、どう付き合うかという点をあれこれと思案した。ここのところ都市部での短時間豪雨などのニュースをはじめとして、人間の「水」に対する傲慢さがむしろ危うさを招いているような気もする。洪水・土砂崩れなどは我々に大きな警告をしているのだろう。しっかりと「自然」と対話するこころを持つべきである。

夜は近所の親友宅にお招きいただいて、美味しい料理をいただきながらしばし楽しく過ごした。親友は「うちは避難所やから」などと笑って、彼の友だち夫妻や子どもたちも集まっていた。子どもたちの無邪気な笑顔や美味しく食べる姿を見ていてすっかり癒されつつも、今朝方の増水について各人が体験した状況などを紹介しあった。通常では平然と走っている道路が通れなかったこと、近所の河が氾濫危険水域を超えた等々、やはり地元の方々との情報交換は貴重である。何よりこうした際には、助け合える「仲間」がいるかいないかが大変重要であろう。「台風はまだ接近してこないのか」などと次第に気勢も上がり、やはり食事と酒の力の偉大さを思う宵の口であった。

もちろん台風本体はこれから
牧水祭は18日に延期となって
伊藤一彦さんそして牧水のお孫さんらとともに歌碑祭に出席する。


tag :

宮崎牛の栄誉ー3連続日本一に寄せて

2017-09-12
肉牛の部8区で内閣総理大臣賞受賞
優等主席は9区分中3区分で獲得
県の悲願ー3大会連続日本一の称号

地元紙・宮崎日日新聞が号外を出した。「宮崎牛 肉牛日本一」の大きな見出しが紙面に踊る。「肉質 最高級の証し」そして「和牛五輪 3連続総理大臣賞」と、見出しを見るだけで県民にとって大変重要なニュースだということがわかる。先週から宮城で開催されていた「全国和牛能力共進会」での成果である。この大会は5年に一度開催されるようで前回は2012年、となると小生が宮崎に赴任してからは、初の受賞の時が来たということになる。その報を目にした時、泣き上戸なこともあるが、思わず熱いものが心の底から湧き上がり涙腺が緩んだ。畜産王国として従事する方々の絶え間ない努力、特に口蹄疫からの復興には想像を絶する困難があったことを思えばである。いずれにしても「宮崎」の「生き方」が全国的に評価されるのは、心から嬉しいと感じる自分を発見できた。

宮崎に来てからというもの、両親が来訪した折などに宮崎牛の店に足を運んだ。受賞とともにお値段も高額になるようだが確かに美味しい。また高級店ならずとも、COOPでは毎月「29日」に特売を開催しており、「宮崎牛5等級」であっても東京などからすると信じ難い値段で手に入れることができる。また近所の馴染みの焼肉店でも、実に手頃に「宮崎牛」を堪能することができる。こうなると県内では「裾野が広い」ということになるのだろうか、探せば実にリーズナブルな値段で美味しい肉を提供してくれる隠れ家的なお店も少なくない。巷間のグルメブームに乗って、こうした食材への注目が集まる一方で、一次産業を含めたフードビジネスの活性化が県全体においても今後の生きる道の鍵となるだろう。もちろん和牛に限るものではない、豚肉も鶏肉もかなりの上質なものが流通する。また野菜の地産地消としての新鮮さも、どの土地にも負けないほどであろう。もちろん黒潮にのって日向灘で漁れる魚も見逃せない。

我々の食はいかに支えられているのか
都会ではほとんど考えに至らないこと
「食」を含めた宮崎の文化興隆に貢献していきたい思いあらた

tag :

閉店間際が重なって

2017-08-27
営業時間とラストーオーダー
偶然ながら2軒の店で似たような状況に
さてお店はいかに対応してくれたか・・・

前日が休館日で実行したいプログラムを消化できなかったので、珍しく午前中からジムへ。ストレッチで関節の可動域を広げ、筋トレで各部筋肉を刺激することで、心身全体のバランスを保つことができる。これに加えて水泳など有酸素運動が加われば、さらに脳は活性化する。運動はすでに生活の一部である。運動に連動して意識したいのが食事で、筋トレをすれば良質なタンパク質の補給が不可欠。最近は自然にタンパク質を身体が欲するようで、比較的自らの身体の欲求に任せているところもある。通常は夜のトレーニングゆえ、食事は事前に済ませる。だが昼となると前述したように、身体が食事を求める状況になる。

ジムの帰り道に以前から気になっていた焼肉店がある。「ランチ大満足890円」という看板に誘われ初挑戦となった。店の戸を開けると「2時ラストオーダーですが」と若い女性店員さんが言い、その時点であと15分ほどしか時間はない。雰囲気としては「もうランチ営業は終わり」といった「意思」が口調から感じられた。こうした際に大切なのは「鈍感力」ではないか、平然と「いいですよ」とか言って店内に進むのである。注文は「良質の」にこだわり、脂の少ない「ランチ・ハラミ定食」(1200円)とした。もちろん裕に2時は過ぎたが、ご飯を半分お代わり。店を出る頃にはあの若い女性店員さんは、「まかない」作りに勤しんでいた。その後、しばし研究室で仕事。この日は休もうと思いきや、やはりやっておくべきことがある。昼は重量級の食事だったので、夕食は軽めといつも昼に行く茶屋で蕎麦を。ところが戸を開けて店内に入ると、「外の看板に書いてありますが7時半でラストオーダーです」と言われた。「あっ!知らなかった」とこれは本当に外の看板を読んでいなかったのだが、困惑していると厨房の奥から「じゃあ、特別にやりましょう。他の人に言わないでくださいね」との図らい。それを小欄に書くのも約束を違えるようだが、こうしたお役所的ではないこころが嬉しい。この両店とも、ラストーオーダーの頃合いも分かったので、次回からはお店のことも考えた時間に行くことにしよう。

”のんびり”時間に縛られず
公共温泉でも閉館時間直前まで湯に浸かる
元来は”おっとり”である自分を発見したりしている。
tag :

つなぐ人つながる歌

2017-08-26
郷里・土地・人とのつながり
縁ある機会には時間を惜しまず
やまとうた1300年に通ずるこころ

朝10時に印刷業社の方が、校正原稿を研究室に取りにいらっしゃる。ということもあって、早朝から切迫感を持ちながら原稿に向き合った。〆切があるということは厳しい反面、妙な集中力を生むものである。その後も研究室で諸々の仕事をしようと思うと、ある短歌関係の方からメッセージをいただいた。いささかの問い合わせ的な内容であったが、そのことばにある「人をつなぐ」という文面にこころが動き、午後から実施される伊藤一彦先生の講演へと出向くことにした。「西日本地区国語問題研究協議会」の締め括りが伊藤先生の「短歌の世界」の御講演である。もちろん伊藤先生のお話から学びたいという思いが強かったが、同時にこの協議会に参加している大学の先輩を「伊藤先生に紹介したい」という気持ちがとても大きくなっての行動である。昨晩交わした先輩との「歌談義」に加えて、伊藤先生の御講演がまた新たな意識を醸成してくれる。

御講演の内容は、奇遇にも先輩と共有していた問題意識に通ずる内容であった。長年、学校現場でカウンセラーの御経験もある伊藤先生、「相手の言動には必ず理由がある」という立場で「午後は誰しも眠くなる時間、それはこの協議会で皆さんが頑張った証拠」と、聴衆を掴む話ぶりにも温厚なお人柄が溢れている。1000年にも通底する「形式」とは?という問い掛けに始まり、茂吉と方言について(この協議会でも方言についての議論があったゆえ)。上京しても「大切なもの」として方言を直したくなかった茂吉は、「話し言葉が思うようにならないゆえ、書き言葉に傾斜した」という指摘も紹介し、歌とことばと風土を考えさせられる内容であった。その後はもちろん牧水の話題へ。五七調を万葉集などの古典和歌に学び、「やまとことば」の使用率が高いことなどを挙げて、特に二句四句で切れる歌の韻律を万葉集などの歌を含めて紹介。自分自身では体内を通って自分の声が聞こえているので、他人が聞く声と自分自身の認識は違う」という生理的心理的な点を指摘。「こうして話している僕の声はみなさんの身体の中に入る。身体の一部が他人の身体の中に入る。凄いことではないですか」というお話には実に共感した。さらには俵万智さんの歌の魅力、学校で行いたい短歌活動などの紹介もあって、聴衆は眠くなるはずもなく90分間があっという間であった。

御講演後に先輩とともに楽屋へ
先輩の娘さんは俳人であることもお伝えする
空港まで先輩を見送り、あらためて「宮崎・人・縁」に感謝した1日となった。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>