fc2ブログ

転出超過の緩和ー宮崎県

2024-01-31
東京都は6万8285人の転入超過で一昨年の2倍
喉元過ぎればコロナ禍前の一極集中に逆戻り
されど宮崎県は1111人の転出超過で減少の緩和傾向が続く

知らぬ間に「感染拡大」が忘れ去られ、多くの人々が「普通の日常」を享受している日々に見える。昨年来、大規模会場ライブや忘年会新年会などの宴の復活、もちろん僕自身も東京への往来が増えた。今回、京都に行っても実感したが明らかな人の多さが都市部は顕著だ。総務省の調査の報道によれば、東京は冒頭に記したような「転入超過」でコロナ禍以前の水準に戻りつつあると云う。東日本大震災後もそうであったが、災禍があると一時的に都市部から人口が減少傾向になる。だがまさに喉元過ぎればで、現在の東京の高層オフィスビルやタワマンの乱立は目を覆うばかりだ。果たして真に首都直下大地震に、あの都市は耐え得るのだろうか?とつくづく思うのである。

一方で地方の「転出超過」傾向に拍車がかかる。九州でも長崎県6439人・大分県3108人・鹿児島県2752人と、一昨年からその幅が拡大していると云う。だが宮崎県は「転出超過」ではあるが、冒頭に記したように緩和傾向であり、近年で最も多かった2016年の3991人からすると、四分の一程度に減少しており隣県と異なる傾向を示している。報道では都城市が移住推進支援をしており、昨年の9ヶ月で1500人以上が移住したなどの要因を挙げている。また男性の転出超過が388人に対して女性は2倍近い723人が超過で大きな課題だと云う。今後もウイルスとの格闘は恒久的だろうが、世間がコロナを忘れ去っていく中でこの傾向は持続するのだろうか。まもなく宮崎ならではの温暖さを活かしたプロ野球キャンプも始まる時節、大切な県の未来への議論がここにある。

穏やかな時間、あたたかい人々
転出する意志に都市部でなければならない理由はあるのだろうか?
天気予報でも宮崎だけが晴れている日は少なくない。


スポンサーサイト



tag :

宮崎県出生数7000人割れ

2024-01-27
2012年に1万人を下回り減少傾向
1989年には1万2000人とのこと
共通テスト受験者数4000人割れ

標題の記事が、地元紙・宮崎日日新聞一面に掲載された。つい2週間前も、共通テストの県内受験生が4000人に満たないことを知りやや衝撃を受けた。大学受験生は県内出身者に限らないのだが、所属大学の4学年分程度の人数しか県内で共通テストを受験していないという事実が重い。となるとそう時間を要せず、18歳人口そのものが10000人を割り込むわけで、共通テスト受験者はさらに減少していくことだろう。連動して小中高の児童・生徒の数も減少していくことになり、学校の建物などの箱物から教員数まで大きな影響を受けることになる。新聞によれば「未婚・晩婚化」に起因するとしつつ、さらに「コロナ禍で出会いが減少し落ち込んだ」とあった。子どもが少ない社会に、僕たちは何をどうしていったらよいのだろう。

「1万人」というと、僕が大学を卒業した頃の母校の1学年の卒業者数であった。学部内でも1学年1000人、その多様性に魅せられ入学したがそれ相応の面白さと学びが大きかった。学校は「色々な人がいる」ことで学びが生まれると言ってよい。だがこれは単に人数の問題ではない。集団があれば、本来は個々に多様であるのだ。「一律」ではなく「多様」なことを前提に、指導者が心の余裕を持って柔軟に対応することが肝要だと考える。現在は「教員不足」が深刻だが、急場凌ぎではなく将来的にも多様に対応する豊かな教員を育てなければならないと痛感する。「国語」を専攻する学生でいえば、言葉に敏感で自身が豊かな生活を志向していることが求められるだろう。まずは牧水没後100年(2028年)を視野に、その頃の宮崎がどうなっているか?仕事上の教員養成と短歌県へのあり方と多様に融合して歩みたいと思っている。

県内外で活躍するゼミ生たち
なおも東京は人口が増え続けている矛盾
「日本は大丈夫か?」社会の様々な側面で既に警告が現れている。


tag :

通勤と意識しない

2024-01-20
自宅から徒歩10分以内で研究室へ
休日に読みたい本があってもすぐに
満員電車も車の渋滞もなく「通勤」と呼べないような快適さ

これまでの人生、「通学・通勤」に30分以上をかけたことがない。小学校は地元で徒歩10分、中高も徒歩20分、大学は自宅近くのバス停から乗れば30分、初任中高は自転車で30分、2校目も電車乗り換えはありながら30分という具合だ。大学非常勤講師時代に1時間半をかけて週1日だけ出校したことがあるが、やはり慣れた身体には混雑する小田急線は難行苦行であった。そして大学専任に採用されて宮崎へ移住、思い通りに自宅を定められたせいもあるが通勤は徒歩10分以内である。例えば毎日片道1時間半を通勤に費やせば計3時間、24時間の八分の一を通勤で失う計算になる。長い人生を考えるとこれは大きい。

大学に近い分、宮崎市内中心部からは自宅は遠い。歌会や飲み方(宮崎で「飲み会」のことをこう呼ぶ)で街に赴くのは一苦労だ。だが最近は、限られたダイヤの電車やバスを有効に使用すればよいと心得て来た。昨今の運転手不足でタクシーを呼ぶ(ほとんど流しはいないので電話で呼ぶ)のも時間帯によっては、甚だ困難になった宮崎である。郊外に住むゆえにより自然が多く、空気の良い環境で生きている方がよいと思っている。あらためて歌人の伊藤一彦先生が、高校教員時代からほとんど自転車と徒歩で通勤や家庭訪問をこなしていたことが思われる。歩くゆえにいつも大きな声でお元気なのだと思いつつ、宮崎でさらなるECO生活を目指したいと思うところだ。

朝は街の中心部から大学キャンパスに
反対に街の中心部に向かう道は橋を通過するための渋滞が
通勤に使用しない時間を宮崎では短歌づくりに使えるのだ。


tag :

東京一極集中を考える

2023-12-11
人・人・人 喧騒の歩行者天国
行列ができるデパ地下の菓子店
次々と乱立する超高層ビルは、果たして大丈夫なの?

たいていの場所に5分以内の間隔で走る列車で移動することができ、どんな時間帯でもそれなりに乗車している人たちがいる。首都高速道路の朝夕は慢性的な渋滞が断続的に続き、昼夜を問わずそれなりの車が走行している。東京の中でも特に銀座・日本橋地区、新宿地区、渋谷地区、池袋地区などはターミナル駅を中心にして人が集まってきて、買物や飲食に遊興施設が溢れている。食欲を含めた物欲がいつでも簡単便利に叶えることができ、夢のような生活が実現できる都市である。さすがに新たな交通網の開発は落ち着いたように見えるが、高さを競うように高層ビルの開発は今も止まることを知らない。金欲や物欲が叶う反面、果たして基本的な生活は真に幸福をもたらすものになっているのであろうか?空がなく緑を失い続ける都市は、出生率の低下などこの国が抱える大問題においても巨大な温床になってやしないか。

「樹は妙に草うるはしき青の国」牧水がこのように歌に詠んだ宮崎。日常生活の中で樹々の呼吸を感じることができ、まさに草の芳香に包まれながらこの星が持つ美しさを実感しながら生きることができる。人は自然の一部であると牧水の歌から再認識することは多いが、近現代150年以上の歴史で人々が失ってしまった大切な感覚である。青の国では汚れた空気で呼吸器官を汚すことなく、無益な争いをすることもない。「いっちゃが」とお互いに寛容で人に優しく生きることができる。ちょっと物を買うにも行列に並ばねばならず、「横入り」だ何だとお互いを牽制し合い苛立ちと憎悪ばかりが増殖する大都市はとかく住みにくいと考えてしまう。穏やかに心が通じ合える自然豊かな生活環境を、手離した物欲ばかりの喧騒と引き換えに僕は確実に手にしている。またまた永田町の心臓部で、欲に蠢く裏金の事実が明るみに出ようとしている。まさに都市が生み出した妖怪、とさえ思えてくるのだが。

大地に沁み込む雨の音が聞こえる
草うるはしき自然の中をあゆむ
東京に住まなくなって10年以上が経った男の独り言


tag :

より安全な車で

2023-11-27
運転時の視界が広く
車体の剛性にも優れている
車にも目があって危険を回避してくれる

現在愛用している自家用車が、来月10日に満期を迎えるので車検を受けた。コロナ禍であったせいか、この3年間は殊に早かったような気がする。納車されたまま宮崎神宮で交通安全祈願をして、その足で「牧水研究会」へと足を運んだ縁起のよい車である。宮崎に来てから使用していたメーカーから転じて、この時から新たなメーカーの一車にした。その大きな理由は当該メーカーもCMでアピールしているように、高い安全性である。自動車メーカーの販売戦略も一様ではなく、ハイブリッドを売り物に軽量化を図るとか、電動化を進めるために「先進」を標榜するとか方針がある。そんな中で「死亡事故ゼロ」を目指し、安全回避装置と車体剛性を高めている方針の当該メーカーを選択するようになった。何より企業側の事情ではなく、使用者の安全と立場を考慮した方針であるからだ。

車検は朝一番で入庫させ夕方4時には戻せると云う。その間、ワンボックス型の軽自動車を代車としてお借りした。それはそれで買い物には便利であり、燃料消費量も大変に軽減される。日常使いならこの程度でも十分とは思いながら、やはり安全性を考えると不安がないわけではない。もちろん軽自動車とて安全性を高める装置は備わっているが、車体剛性などの意味で不安も大きい。車体価格など経済的にも軽自動車はありがたいのだが、やはり剛性を売り物にしたSUVの普通車を愛用する意味があらためて確認できた。近い将来、ガソリン車も無くなってゆくことになるのだろうが、その転換を含めて「安全性」に妥協しないメーカーコンセプトを支持したい。自動車というのは、僕らにとって何なんだろう?最近は敢えて公共交通機関を使用し宮崎での生活のあり方も考えている。

新しいタイプの車にも試乗を
車と僕たちの未来はどんなことになるのか?
宮崎の未来も考えながら


tag :

青島の海で心を開いて

2023-11-24
休日に心を休ませるためには
やりたいことは色々あるが
まずは海を見てみることにしよう

昨日は勤労感謝の日であったが、どんな思いを抱けばよいのだろう。妻にとっては両親の結婚記念日だと、くり返し僕に伝えてくれた。子どもにとってそれは自らの存在の出発点として、大切な日付であるように思う。出発点という意味では、僕にとっては11年前のこの日、現勤務校の採用面接を受けに東京より前泊して宮崎を訪れた日であった。あの日があったから、今がある。ちょうど面接を受けている時間帯になって、この日はそんなことを考えた。11月23日をもって宮崎のあらゆる縁が始まったといってよい。

既に小欄で何度も書いているが、宮崎への扉を開く縁結び的な地が青島である。面接の前泊の地であり、英気を養ったマグロ丼を食べた店のある地だ。そんな深層的な思いからか、この日も青島まで車を走らせた。いつもとは違った場所から島を眺め、漁港周辺を散策した。檳榔樹の色が季節ごとに微妙な変化を見せ、まさに神の島と思えるような様相をこの日も呈していた。人は海を見ると心が開けてくる。それはやはり生命の根源、自らの存在の出発点が其処だからなのではないだろうか。穏やかに懐かしく感じながら、次第に心が開いていくのである。

青島に来れば
あらゆることが新たに出発できそうな
そして宮崎に赴任できたあらゆることに感謝。


tag :

リゾートキャンパスー青島の海とプロキャンプ

2023-11-08
不思議な神の島に牧水も恋の成就を祈り
秋季キャンプは巨人軍に日本代表
憧れの地にあるキャンパスとして

この地に住むことになるとは、僕自身もまったく予想をしていなかった。あれは今から14年前、第2回WBC大会(2009)に向けての日本代表宮崎キャンプを観るため僕は初めて宮崎の地を踏んだ。イチロー・川﨑宗・ダルビッシュ・松坂など錚々たるメンバーが集結する夢のようなキャンプ、中高教員だった僕は平日に有休を取ってどうしても初日から宮崎に来たかった。球場最寄りの木花駅からサンマリンスタジアムへの道順などを綿密に調べ、スタジアムの先には美しい海があることも事前調査していた。今思えばこの地域に居住し大学教員ができきるなんて、まさに夢のまた夢であったと振り返ることができる。僕の宮崎との縁は、WBC日本代表をイチローさんが牽引していた頃のチームに由来するのだ。

自宅や大学から青島までは10分少々あれば行くことができる。海の近くに住むこと、そしてまたこの上ない綺麗な海。さらには山幸彦と豊玉姫の神話にゆかりの地、若山牧水も「檳榔樹の古樹を想へその葉陰海みて石に似る男をも」と東京にいる恋人へその恋を願掛けのように歌に詠んだ。小欄執筆後に毎朝のウォーキングに行くが、自宅近くの小高い丘からその青島に向けて毎日のように日々の安寧を祈っている。野球と青島と若山牧水、この10年間の宮崎生活でこの三者が心地よいバランスで結びついている。ゆえに現在もまた巨人軍と日本代表(今回は2月にオリックスバッファローズが使用する球場施設)がキャンプを張る中で、青島から素敵なご縁も舞い込んで来る。僕は実に素晴らしい地に住んでいるのだと、あらためて幸せを実感している。

野球に対する心の底からの愛好
青島は僕と一番大切な人と宮崎と短歌を結んでくれた
あらためて「今此処」を大切に生きようと思う。


tag :

長い週末

2023-11-04
今しかない週末
長く感じるための質
時間に追われない心の余裕

三連休初日は「文化の日」、昨年は仙台へ向かう日であったし、かつての学生時代は大学祭に明け暮れていた日である。そんな過去とひき比べると明らかに気温が高いのではないかと、大袈裟に地球温暖化を意識してしまう。日中は半袖で過ごすのが適当だが、朝晩との気温の差にも注意しなければならない。平日の疲れを癒しながらも、朝風呂の延長で床面の掃除をする。家の中が自らの手で綺麗になるのは、誠に気持ちが良いのと同時に「休日の達成感」として大切にしたい。「何かをした」という確実な足跡、成果がその先の生活の気分も良くする好循環な行動だ。

16時からは「FM FESTIVAL2023 『サザンとわたし』スペシャル」の3時間放送。視聴者からのサザンに関する思い出と曲とともに、桑田さんのロングインタビューがオンエアされた。中でも「曲作り」に関してパーソナリティの住吉美紀さんが質問する内容は聴き応えがあった。「曲と詞」の微妙な制作過程には、どこか詩歌の根源的なあり方に通じるものがある。夕食は鶏つみれと湯豆腐鍋、たっぷりな野菜とともに栄養も充実させる時間だ。この日は日本シリーズもないので、夕食後は妻ともども30分の散歩、さらにその後は映画を1本、週末の始まりに大変に長さを実感できる質の高さがあった。

家族とのかけがえのない時間を大切に
休日を存分に楽しむための行動
長い週末はまだまだ続く・・・


tag :

食事を楽しみに頑張れる

2023-11-03
妻と見つけた徒歩で行ける店
夕食を目指して1日の仕事を頑張る
爽やかなワインとイタリア料理に癒されて

食事と睡眠は、生きるために欠かせない本能的・生理的なものである。ゆえに嫌が上にも摂取し貪り、身体の恒常性を保ち日々を生きている。だが何を食べてもどんな寝方をしてよい訳ではなく、いかに美味しいく楽しく食べ、快適に心地よく寝るかで人生そのものが変わるのではないかと思う。食事は1日3回あり睡眠は1日の三分の一を占め、決して疎かにできない。ゆえに食事や睡眠をいい加減にすると、人生の半分は損をすることになる。栄養が満たされ眠さが解消するのみならず、何か楽しみになるような食事や睡眠を求めたい。

連休前ということもあり、前の晩から妻と外食を決め込んんでいた。僕にとっては、1日3コマの講義があるハードワークな1日である。それでも現職院生との現場での授業のあり方についての対話は大変に充実し、学部学生たちが藤原定家『近代秀歌』を読み解く姿に未来への光を見出す。さらに演習での学生発表では明らかに「未来の先生」への芽生えが伺え、担当者として喜ばしい時間となる。その充実に使用したエネルギーを妻とともに、夕食で美味しく補える幸せ。先月来、近所にあるお店が大変に美味しくリーズナブルに過ごせることを再発見した。あらためて夕食に力をいただき、連休へ身体を充実させていく。やや気になるのは日本シリーズであるがスマホで情報を得ながら、店内には「ローマの休日」の映像が流れていた。

美味しくで人生を楽しもう!
「いま」を大切にできる食事の時間
ただただ時間に身を委ねるのもいい。


tag :

闇と照明のことなど

2023-10-29
ただ明るければいいのだろうか?
夜は闇に考え過ごす時間があってもいい
生きるために適切な明るさとは・・・

宮崎に移住した10年前、自宅や大学周辺の夜の暗さにいささか戸惑った。街灯や建物からの灯りも少なく、歩みゆく道に不安を抱くことさえあった。その2年前、東日本大震災で東京の街が計画停電などで街灯などの明るさをだいぶ節約したことがあった。その際に僕らはあまりにも「明る過ぎる環境」に居住しているのだと考えさせられた。今は電気料金の高騰とは言いつつ何も省みられず、東京は再び過剰なエネルギー消費地である。宮崎が月も星も綺麗なのは、明らかに街全体の照明が少なく夜空をくっきり浮かび上がらせるからだ。羽田から夜間に飛び立つ航空機の窓からは明らかに過剰な光の街を見ながら、宮崎に着陸する際の街の明るさにホッとするものだ。

自宅ダイニングの照明器具を、一部改装してもらった。蛍光灯だけ本数の多い旧式のものから、白色と暖色に切り替えが可能なダウンライトを天井に埋め込んでもらった。イメージをするならば、「白色=朝の光」「暖色=夜の光」ということになるだろう。ということは今までは夜も「朝」のような光を浴びて過ごしていたと言えるのかもしれない。照明がLED化してから多様な光が選択できるようになり、室内の光を演出できるようになった。夜に適した光を灯すと、TVの日本シリーズ中継もくっきり見えるように思えてくる。同時に昨日も書いたように月の出から宵のうちの十四日の月が大変に気になる。本来は「月明かり」にありがたさを感じて生きるのが、人間の本能なのかもしれない。1日の中の「光と闇」について、もっと敏感に読み取って過ごしたいものだ。

料理もどんな環境で食べるか?
そして今日も日の出と月の出を待っている
闇を大切にしてこそわかることがある。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>