「からくれなゐにみずくくるとは」よみの歴史を遡及する

2017-07-16
「ちはやぶる神世もきかず龍田河韓紅に水くくるとは」
(『古今和歌集』秋下・ニ九四番歌)
『百人一首』にも入る著名な歌の解釈と読み方のことなど

和歌文学会7月例会が、東京・品川の立正大学で開催された。いずれも興味深い発表が3本なされたが、特に冒頭の業平歌についての考察をされた森田直美氏の「水は括られたのかー在原業平『ちはやふる神世も聞かず』歌の再検討」には、自分の研究領域に近く様々な気づきを得た。現代においても、『百人一首』入集の著名な歌となると、その解釈なども定番となって疑う視点が少なくなるが、『古今和歌集』入集以来の長い注釈史・享受史を考えて再検討すべき点が多いことに気づかされる。当該歌も初句「ちはやぶる」と表記されがちだが、中古中世時代のことを考えると「ちはやふる」と濁音化しないで読むことが妥当という一説も紹介された。あらためて『古今和歌集』であれば、1100年以上の「よみ」を遡らねばならないことを念頭に置くべきであろう。

森田氏のご発表では、「水くくるとは」の「くくる」の解釈に注目し、現代において通行している「水をくくり染めにする」といった解釈に疑義を呈し、中世古註でなされていた「潜る(くくる)」という解釈へと再考すべきというものである。この歌の注釈史において近世になって賀茂真淵が「絞り染め」というよみを提出してから、一斉に解釈がこの方向性に偏ったことを指摘する。その要因として、「文悪意匠と小袖」のデザインが普及したという服飾環境の変化が作用したのではという興味深いものであった。このご発表に対して僕は、『古今和歌集』において素性法師の歌に続けて配置され、その詞書で「御屏風に龍田河に紅葉流れたる形をかけりけるを題にてよめる」を重視して、歌配列によめる当時の解釈についても考えれば、より一層「潜る」というよみの妥当性を補強できるのでは、という質問を投げかけた。さらに他の方の質問で、「なぜ『ちはやふる神世もきかず」と大仰な物言いをしているのかについても、下句との関係から考えるべきでは」といった方向性についても、あらためて考えさせられた。『古今和歌集』仮名序の業平評には「心あまりて詞足らず」とあるが、このよみを含めてまだまだ考えるべきでは点は多々ありそうである。

ひらがな表記ゆえの多様性をどう読むか
固着したよみから歌を常に開放し続けなければなるまい
近世・近現代と僕たちが生きている時代を俯瞰してみる必要もある。
スポンサーサイト
tag :

面白く読もう古典文学

2017-05-29
刺激的な読みと解釈
面白いと感ずる根源は何か
人が生きる奥底にあるものを読むこと

中古文学会2日目、『源氏物語』を中心に7本の研究発表が行われた。個々についての具体的なコメントを記すことはしないが、こうした場での「良い研究発表」とは何かと深く考えてみたくなる。素朴に述べるならば、刺激的で面白いと感じられる「読み」が提示されている発表ということに尽きるだろうか。あるいは発表者が信念を貫く如く調査に徹している姿勢の発表も、実に潔い印象を受け、聞いていて刺激的である。いずれもいずれも、発表者本人が「面白い」と感じていることが重要であり、「発表」のための「発表」といった作為が感じられないものが良いように思えて来る。

今回は「和歌」関係の研究発表がなかったので尚更、「和歌」の面白い読みを考えたくなる衝動に駆られた。昨日の小欄に記した「和漢の声」を考えた上で『千里集』(句題和歌)を読むと、どのように面白く読めるだろうかと、ついつい様々な折に触れて考え始めている。「翻案」なのか否や、「字音」「訓読」「やまとことば」の「声」による並列なのか、読みの新たな補助線がテクストに意外な新味を感じさせる。たぶん、こうしたまさに「主体的に読もう」とする姿勢こそが、高等学校の授業などでも次元は様々ながら、指導者が起動させたい「意欲」に他ならない。まさに「読む」とは「生きる」ことだと感じられるならば、「己」を起ち上げた「面白い」古典授業を創ることに導くだろう。

「読む」ことの面白さ
混乱し苦悩することの大切さ
「生きる」とは、そう簡単にはわからないゆえの深さ
tag :

並立する和と漢の声

2017-05-28

「漢詩(からうた)、声をあげていひけり。
和歌(やまとうた)主も客人も、こと人もいひあへりけり。」
(『土佐日記』承平四年十二月二十六日 より)

中古文学会春季大会にて、初日シンポジウム「平安文学における〈漢〉の受容ーその日本化の様相ー」を拝聴した。以前からその御著書に啓発され、SNSでもやりとりをしたことがあった東大教授の齋藤希史氏による「〈漢〉の声ー吟詠される詩文」は、誠に刺激的なパネル報告であった。冒頭に示した『土佐日記』の記述に見られるように、十世紀の日本では「漢詩が吟詠」されていることがわかる。もとより中国でも「学問」と「隠逸」における諸場面で「吟詠」されていたことが資料により提示される。文字が存在するのみならず、それを「よむ人」が存在すれば「声(音)」がともに並び立つということになる。日本ではさらに「訓読」という方法が開発されることでその吟詠と、仏教などにおいては「(中国音)直読」が並立し、まさに「和漢の声」による詩文の「よみ」が存在していたことを考えるべきではないかということである。

齋藤氏は、「漢字を真ん中に置いて、字音と訓読という左右を楽しむ」といった享受の方法があったのではないかと提示し、特に『千里集』(句題和歌)が「意味」と同時に「音」としての転換であったという見方を示したことは、様々に検討する余地はありながらも、新知見として深く考えさせられた。「偸閑何處共尋春」の句題に対して「しづかなるときをもとめていづこにか花のありかをともにたずねむ」(『千里集』春三)や「落尽閑花不見人」に対して「あとたえてしづけき山にさく花のちりはつるまでみる人もなし」(『千里集』春十一)などは従来、「漢詩句」の「和歌による翻案」という見方で済まされていたが、そこに「声(音)」の並立があったとすれば、「字音」かあるいは「訓読」という「漢」の「声」と、「やまとことば」による「和」の「声」を並立させ対峙させることを意識するという、時代の要請による作品であると捉えることができる。「音」は「文字」と違って、特に古代であれば保存することが不可能なわけで、となると必ずこうした並立の場が必要になる。宮廷儀礼を始め「和漢の声」が並立する場を想定すべきであり、そうした場で「和漢」相互の「声」が意識され享受されることで、「字音」「訓読」「和文」が相互に刺激し合い、あらたな日本語の文体を成長させたともいえるだろう。また、江戸中期以降明治時代の漢詩文享受の状況が、近代日本語の形成に大きく関与したことは既に齋藤氏の御著書『漢文脈と近代日本』(NHKブックス2007)で示されている。その延長上に和語の使用率の高い若山牧水の短歌などを置いたとき、この時代なりの「和漢の声」の交錯があって、明治のあらたな時代の短歌の生成についても、こうした観点から考えてみるべきだという視点を個人的にはもった。もちろん平安朝と明治とはまったく同列には扱えないことは自明であるが、「漢」が重視されたことから生成される「和」という意味で、両時代を相対化してに考えることが有効であることに気付かせてもらった。

「声」を失った時代から考える
「和漢」の「声」の並立による日本化
懇親会での会話を含め齋藤氏から多くを学んだ一日であった。

tag :

国文学の道・目指したき先輩

2016-12-04
「国文学」と出逢ったところ
多くの先輩と後輩を見回して
新たに起動する研究への野心

中学校や高校の頃からとりわけ詩歌が好きで、和歌・短歌はもちろん俳句に漢詩まで主に短詩系文学をよく読んでいた。高校3年次に大学受験講習会に通うと早稲田大学出身の英語の著名な先生に出逢い、一時は「英語学」を志そうかとも考えた。だがその先生と話すうちに「比較文学」の立場から詩歌を研究する視点を得て、やはり「国文学」を専攻とすべきと考えた。どうやらその英語の先生も学生時代に国文学か英語学かと考えた結果、後者の道を選んだのだと知った。大先輩・若山牧水がそうであるが、明治期の著作者には「英語・英文学」の出身者も少なくない。早稲田大学では「国文学」以外から優秀な著述家もたくさん輩出されている。だがやはり「早稲田の国文学」ここにあり、とあらためて思うような先輩たちに多く出逢い僕も今日まで歩んで来ている。

「早稲田大学国文学会秋季大会」に久方ぶりに出席した。僕は学部生の頃から万葉集研究会の院生である先輩たちに混じりよく出席していた。その当時、懇親会などを通じて出逢い印象深い先生・先輩として、神野藤昭夫先生がいらっしゃる。今回はその神野藤先生の「晶子・源氏・パリ」と題する御講演があるというのも、出席した大きな動機である。神野藤先生は言わずと知れた平安朝物語文学の著名な研究者であるが、与謝野晶子に関する研究でも奥が深いものがある。御講演では晶子の「パリ体験」を具体的な資料を存分に活用して再現され、『新訳源氏物語』への影響について執筆事情の検討を精密に検討されていて大変面白く拝聴した。近現代作家が古典文学とどのように通底しているかを考えるのは、我々の「古典への視座」を確認する上でも大変重要な仕事であるとあらためて認識した次第である。こうした神野藤先生の研究は、まさに今現在の僕自身の新たなる方向性の理想的なモデルでもある。今後、僕が研究対象としたいと考える若山牧水も、晶子の影響が指摘されていることや、明治期の新たな短歌に多大な影響を及ぼした晶子の時代については、古典和歌との関連から研究を進めたいと思っている。御講演の上品かつ洒落のきいたお話しぶりなども含めて、また国文学会という場で見習いたい先輩として出逢い直した感慨を覚えた。

文学と向き合う
その価値を決して僕たちが諦めないこと
様々に越境した新たなる国文学を目指して挑戦を続けよう。

tag :

中古文学会創立50周年記念行事

2016-10-23
「今よりは風にまかせむ桜花散るこのもとに君とまりけり」(後撰集・105)
「散る木の下に君とまりけり」
「子の許に君とまりけり」

中古文学会創立50周年記念行事が大阪大学で開催された。ひとえに50年ということであるが、長きにわたる研究の積み重ねによって、雅やかな王朝文学の粋が解明されてきた。その継続と蓄積によって、「古典文学」というものが現代においてどのような意味を持つかということも、多くの人々に伝わるようになった筈である。『源氏物語』『枕草子』を中心とする女流散文作品とともに、王朝文学の中心となったのは和歌である。記念講演においては平野由紀子先生による「中古文学と女性ー層をなす書き手」と伊井春樹先生による「桐壺院の贖罪」と題する2講演に引き続き、雅楽の演奏と舞楽が披露され、その後も多くの研究者の先生方とともに50周年を賑々しく祝う宴まで、記念すべき時間が続いた。

冒頭に記したのは平野由紀子先生の講演資料に引用された後撰集の和歌である。下に二通りの意味を記したように掛詞が施されていて、「かな書きすると同じ連なり」となる「二つの文脈」が一首に詠み込まれている。中古文学の雅の開花は、まさに「かな書き」が発明されたことによる成果であり、女性が自由に和文脈を構成できるようになったことが大きな原動力となった。中でも和歌における「掛詞」という技巧は、和語における同音異義語によってユーモアを交えて相手に真意を伝えようとする表現行為である。三十一文字(みそひともじ)の限られた中で、「他の語と呼応して二つの文脈を作る」ということになる。後の時代となれば落語の「下げ(オチ)」や洒落に通ずるものでもある。さて平野先生は講演の中で、冒頭の歌について「会場の皆さんで声に出して2度読んでください」と促した。同様のことを海外での講演でも実施したことがあるそうだが、昨日の大阪大学では会場に起こった声は実に残念なものであった。平野先生ご自身も、「海外の方が大きな声が出てました」と語っていらした。その後の休憩時間に平野先生と話す機会を得たが、先生は僕が「朗読」の研究をしていることも覚えていてくださり、「何であそこでみなさんは声を出さないのでしょう?」と一言疑問を呈されていた。あらためて「音読」の位置付けが「大人」になればなるほど避ける傾向にあり、多くの研究者が「黙読」主義なのであることが浮き彫りになったと僕は思った。だがしかし特に和歌の掛詞の場合は、「音による享受」が体感できてこそ使用された深みもわかるというもの。その後の伊井先生の『源氏物語』に関する講演での原文音読を交えた内容は実に聞き応えがあっただけに、年代によって「音読」への意識も違うようにも感じられた。今後も中古文学研究を担う者としてやや構えたことを記しておくが、享受者として内に沈潜させていく研究も必要であるが、更に広く社会に訴える「表現する古典研究」も必要ではないかと思った次第である。時流となってしまった「人文学軽視」という逆風を何とか逆手にとり、むしろ教育現場では「伝統的言語文化」などと重視されている現状に、何らかで僕ら研究者が「表現して」斬り込みを掛けるしかないのではないかと思った次第である。

中古文学の素晴らしさ
実はそれが讃えられ表舞台にあった50年でもあった
あらためて文学研究とは何かと自問自答し、己の仕事を自覚する記念行事であった。
tag :

「ありのすさび」和語表現力を考える

2016-10-09
「あるときはありのすさびに憎かりきなくてぞ人は恋しかりける」(伊行釈)
「あるときはありのすさみに憎かりき忘られがたくなりし歌かな」(牧水『独り歌へる』)
「ある(生きている)状態にまかせていること。」(『日本国語大辞典第二版』)

「ありのすさび」という語彙がやたらと耳につき好奇心を揺さぶり、そして追究したいという欲望でいっぱいになった。冒頭で引用したのは、『源氏物語』桐壺巻の「引歌」とされる和歌、そしてまた若山牧水が歌に詠んでいるということである。『日本国語大辞典第二版』によれば冒頭の引用に引き続き「あるにまかせてすること。生きているのに慣れて、何とも思わないこと。いいかげんに過ごすこと。」とある。「すさぶ」は「こころのおもむくままにまかせること。」の意味で、「口ずさむ」などの語彙が同類の意味を持つ。『日国』では用例として『古今和歌六帖第五 ものがたり』の「ある時はありのすさびに語らはで恋しきものと別れてぞ知る」という歌が掲げられている。歌の意味としては「生きている時は慣れてしまい何とも思わず親密に語らうこともしないでいたのだが、その人が恋しいものとは死して別れて初めて知るものであるなあ」というほどか。身近な親愛なる人に対して、人は怠慢に横柄になりいつしか愛情を忘れてしまうが、その人を失って初めて愛に気付くという、生きる上での皮肉が集約的に述べられている語彙ということができる。


和歌文学会第62回大会に参加し、初日の公開講演にて東京大学教授の藤原克己先生の話された内容から、特に興味深かった語彙について前述した。講演の冒頭でも藤原氏は、三好達治『浅春偶語』から「詩(うた)のさかえぬ国にあって われらながく貧しい詩を書きつづけた」を引き、「日本語の単語は概して音節数が多く、また抽象的な概念は漢語によらざるをえない。」という点を問題意識として指摘された。「詩が発達しないから、散文が成長した。」というわけで、「白居易『諷諭詩』のような詩を和歌で歌うことができていたら、『源氏物語』は生まれなかったのではないか。」ということを主張された。ある意味で逆説的に日本の散文の存在価値を論じながら、和歌の表現特性を炙り出す指摘として、大変興味を覚えた。その上で前半に記した「ありのすさび」という語彙については格段なる表現性を備えたものであるとされ、「個人的な背景・事情を捨象して、普遍的な心理の型として結晶化できたこと、こうした和歌の堆積が『源氏物語』の母胎ともなった。」として講演が締め括られた。

牧水は「歌」に対しての心境を詠む
「こころのおもむくまま」でも愛情深い関係を保つには
やはり歌は、人が生きる上で欠くべからざるものが「結晶化」しているということ。
tag :

耳の文学・目の文学

2016-06-07
「宮沢賢治は耳の文学
 三島由紀夫は目の文学」
(『身体の文学史』養老孟司氏著より)

SNS上で先輩たる大学教授が、冒頭に記した書物の記述において過去に「得心した」といった趣旨のことを書き込んでいた。その上で、和歌は「耳が優位」であろうとしながらも、書写に重点を置いた活動をした藤原定家はやはり「目の文学」ではないかとしていた。記録や校合(写本などの文字の違いを、他の本と照らし合わせて記録すること)に重点を置けば、自ずと「目」が優位になるのも必然であろう。先日の公開講座で『伊勢物語』を読めばやはり、朗読をして声にすることで初めて理解できる文体や語彙の魅力があることを、受講者の方々ともども再発見することができた。時代やテキストの性質にもよるが、古典は概ね「耳」が優位であると考えたほうが味わいが深いのは確実だと思われる。その上で現代という時代は「目」が過剰に優位になってしまい、多くの人々が「耳」を働かせる感覚を退化させてしまったように思えてならない。

例えば賢治の『風の又三郎』冒頭を読むにあたり、その擬音語を目だけで追っていてもなかなか理解しがたいものがあるだろう。以前に大学生の朗読発表会でこの部分を扱った学生がいて、リズムなしに字面だけを追ったような読み方をして、自らの朗読表現に納得がいかない様子であることが印象的であった。「どっどと どどうど どどうど どどう」は仮に「文字化」されているのであって、ほとんど「音」に他ならない。また賢治の詩を読んでも随所に「声」に対する意識が鮮明であることがわかる。明治・大正・昭和と生きた宮沢賢治と、昭和を生きた三島由紀夫では、やはり時代相の影響も少なからずあるはずだ。三島は「声」にならない「私」の苦悩を、その小説世界の中に展開したといってよいだろう。こうした文学の身体性に無頓着ではやはり、教材として作品を学ぶ「国語」においても、適切な学習方法を設定することはできないはずだ。「耳」で読むか、「目」で読むか、「音読」と「黙読」の意識化が不可欠のように思えてくる。

古典と現代をつなぐ明治という時代
「国語」の成立とともに考えねばならないこと
杓子定規な「授業」では、教材に適わない学習を強いることになる。
tag :

加工再生産的創造

2016-05-22
平安朝文学に大きな影響を与えた白居易
中国では評価の低いこの詩人が流行したのはなぜか?
加工し再生産しあらたな価値を創造する文化的特徴なのか・・・

中古文学会春季大会に参加した。ここ数回ほどこの学会は、国語教育系の学会と重なり参加できていなかったが、今回は1週間ほど期間が前後した。しかも母校が会場とあって、懇意にする先生方が大会運営に尽力し、来場者も大変多く盛大な会が催された。学部同期の親友が開催学部の長を務めており、彼の挨拶から学会は開幕した。自分の年齢はもはや、そのような役職を担う境地になったかと聊か個人的に感慨深い挨拶であった。その後は、「平安朝文学と白氏文集」のシンポジウムへ。普段から親しい和漢比較文学会の先生方のパネリストに加え、中国文学研究者で『白楽天ー官と隠のはざまで』(岩波新書2010)の著者である川合康三氏の基調講演が行われた。このシンポジウムを通してあらためて、源氏物語の背景にある濃厚な白居易詩の影響、日本漢詩そのものが白居易を範として成長したこと、また渤海使の存在が日本と唐の文化の架け橋となっていたことなどが再認識される内容であった。

詩は「抒情」を根源に成立するというのは、日中に共通した詩論である。川合氏のご講演に拠ると、白居易の文学は「諷諭」と「閑適」を柱とし「公と私」「仕官と隠棲」を並列させたことに大きな意義が見出せると云う。私的個人生活を表現したものが詩になることは、「何が文学たり得るか」という、普遍性を考える上で重要な視点である。また過去に蓄積されて来た作品を基盤に据えつつ、如何にそこから「ズラした表現をするか」ということも白居易の成した文学を考える上で重要であることが知られた。「悲しみ」のみならず「歓び」も並列し、唐では「素人好み」であった白居易詩のあり方は、まさにその文学的特徴そのものが平安朝の文学創作者が好む性質を持っていたということであろう。最近、明治という新たな時代が「国語」(日本語)をどのように「創って」行ったかという点に個人的に興味がある。それはあらためて仮名文字の発明・使用・発達・展開を成した、平安朝と通ずる興味なのだと、この日のシンポジウムを通して理解することができた。

「国語」を考えるならまず平安朝文学から
自らの敷衍した研究分野をつなげる糸
加工再生産的創造を和歌・短歌を通して考えること。
tag :

文士たちの郊外「田端」

2016-05-04
小説や随筆の舞台
僕の育った街ゆえの想像
文士たちはそれを「郊外」と呼んでいたようだが・・・

興味があって明治時代から大正・昭和にかけての文士たちの足跡や、「国語」という学制における教科の制定についての資料を読んでいる。現代における「国語」教育の矛盾や問題点、また古典享受のあり方など、明治期に立ち返ってこそ解明できそうなことが多いからだ。もちろん明治期は江戸期に連なり、「読書」や「学問」のあり方はそのあたりに淵源を見出すことができる。昨今注目されている「協働活動型」の学びは、江戸から明治期には必然の成り行きで、その中で「音読」という方法の占める位置も極めて大きい。このような趣旨の「問題提起」を、今月号『月刊国語教育研究』(日本国語教育学会)の巻頭に知人である筑波大学の先生が執筆されていた。

誌面では、正岡子規が妹とともに句を音読しながら語り合っていたことが紹介されている。句会や歌会などを中心にして、文士たちが集い句や歌を語り合うという「協働の場」が、彼らの文学への批評性や作品の質を高めていたことは想像に難くない。根岸の子規庵あたりは、僕の実家からもそう遠くない地域である。実家のある「田端」という街は、山手線内で断然知られていない、降りたことのない駅として、反動的に有名になったようでもある。だが上野・東京や池袋・新宿へはほぼ等距離で、京浜東北線との分岐でもあり、実に居住するのに便利な土地である。この街に芥川龍之介や萩原朔太郎など、著名な文士たちがこぞって居住していた。同じ地に集まるということは、前述した「協働活動」を実施しやすい環境が醸成される。もちろん最高学府たる、東京大学や東京芸術大学にもほど近い。文士たちの小説や随筆の一場面は、この街とその周辺を題材として創作・描写されていることも多い。僕は「あの辺りの光景」を具体的に思い浮かべながら、そうした紙面と語り合うことで、さながら文士たちと「協働活動」をしているような気になるのである。

小学生の頃からの興味が
今、何らかの線で繋がり始めている
文士たちはこの地域を「郊外」と記していたことに、一興を覚えながら。

tag :

古典本文の一文字

2016-03-03
一文字で和歌が変わる
いにしへに書写された文字
どう詠まれどう読みどう詠むか・・・

短歌を創り始めてからというもの、一文字の重さを実感している。品詞でいえば多くは「助詞」に該当するが、和歌を生かすも殺すもその使い方次第という域がある。「てにをは」とはよくいったもので、日本語を成立させる重要な要素である。そして文字の面から考えるならば、「かな」の発明・汎用と不可分な問題でもあろう。同時に漢文訓読の「送り仮名」の問題とも連動し、誠に「一文字」へのこだわりから文学の彩を読み解く作業は面白い。和歌・短歌の場合は、総数三十一文字という短さの中での表現勝負であるゆえ、自ずとその濃度も高いということになる。それこそが言語表現美にこだわるということである。

必要あって久しぶりに、古典の写本に関する論文を数本ほど読んだ。古典の書写に関する問題は、我々が古典本文と向き合う上での基本中の基本でもある。「書写」という作業でしかその本文を、手許に残すことも後代に伝えることもできなかった時代のこと。「誤写」はもとより、親本を複数校合することや、書写する者の和歌に対する考え方が反映し、本文は意図的に「校訂」されていくこともある。文献を読む側であっても、能動的に本文に関わる場合と、無意識に誤ってしまう場合など、自ずと複数の享受態度がある。そのような古典伝承の地層を、一つ一つ丹念に読み解く作業でしか原典を目指す道はない。学部時代に文献研究を担当されていた橋本不美男先生の厳しいお声が、こうした論文を読むと聞こえてくるような気がする。

精緻な日本語
その彩の美しさ
今一度、「原典を目指して」という姿勢に立ち返る。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>