fc2ブログ

「顔文一致」分裂的な盲信

2021-02-27
『檸檬』梶井基次郎
あなたは教科書で写真を見たことがありますか?
漱石・鷗外・芥川・太宰に牧水・啄木・・・

早稲田大学演劇博物館主催「逍遥祭 逍遥をかたる人々〜逍遥祭のあゆみ」というオンライン講演に参加した。演劇博物館副館長の児玉竜一氏により「逍遥祭」のあゆみを辿り、坪内逍遥を囲む人々について貴重な映像や音声も活用した講演であった。「逍遥祭」とは坪内逍遥が生前から「囲む会」が熱海などで開催され、没後は命日の2月28日に開催されてきたと云う。貴重な映像や音声の中には歌人「窪田空穂」が映るものや、演劇界からは「久保田万太郎」の肉声なども紹介され、早稲田大学の文学・演劇における研究の拡がりの要に坪内逍遥が大きな存在であったことをあらためて認識した。昨年から僕自身は、若山牧水が早稲田大学の学生だった頃、坪内逍遥博士の講義を聴きいたく刺激を受けた内容について評論を執筆した。掲載雑誌は近々刊行される運びとなるが、牧水の歌作にも逍遥先生の文学論が活きているといえるのだ。

さて、オンライン講演での映像や音声の紹介はさることながら、「顔文一致」という指摘には大変に興味を覚えた。冒頭に記した梶井基次郎の例で語られたのだが、みなさんも梶井の『檸檬』という繊細な小説を教科書などで読んで、その後に梶井の顔写真を見た際には、ある種の衝撃が走らなかっただろうか。小説内に描かれる人間の微細に揺れる心のあり方を思うに、やはり教科書に掲載される梶井の顔写真があまりにもイメージ的に分裂しているからである。(ぜひ「梶井基次郎」でWeb検索をしてみると理解しやすい)我々は近・現代作家に関しては漱石・鷗外をはじめ多くの肖像写真を知っている。僕などは研究室に若山牧水の肖像を掲げている。「あの顔」から「あの口」によって紡ぎ出される「短歌を読む」という意識がどこかで付き纏う。残念ながら肉声が遺らない牧水の場合、その「顔」と短歌の「文(体)」は一致していると思い込んでいる。だが古典和歌の歌人などの場合は、あくまで想像上の肖像画であることも多く、僕らは人麻呂・貫之の「顔文一致」を考えることは稀である。『平家物語』などを読むと、名の知られた「源義経」であっても敵方平家の武将たちは顔がわからず、良い鎧を着ているなどの状況で判断していたと記されている。Web検索が盛んな時代にあって「文学作品表現」と作家の「顔」、実は読者の中で分裂的に盲信したイメージが増幅していることも多いように思われた。

「作家」と「文学作品」との関係をどう読むか?
中学校・高等学校での「国語便覧」を読むのは楽しい
作家たちの顔に、身近な誰かを当て嵌めた経験があなたもあるのではないか。


スポンサーサイト



tag :

『宮崎文学の旅上下巻』刊行!

2021-02-26
宮崎県内にゆかりのある文学全集
構想から3年目、ようやく刊行へ
非売品で県内中学校高等学校や公立図書館へ寄贈

24日(水)に記者会見が行われ、『宮崎文学の旅上下巻』の刊行が発表された。構想からすればもう3年の月日を費やしたであろうか。企画当初から執筆者としてお声掛けをいただき、主に中古から近世の「古典」部分を担当した。完成して手に取ると感慨深いが、「古典」とはいえ専門とする平安時代和歌に関する題材は『枕草子』ぐらいで、説話・軍記・浄瑠璃・謡曲など多彩な作品をわかりやすくするために苦心した。それにしても、宮崎にゆかりのある文学が時代を超えて集約でき、僕自身としても大変勉強になった。また県内において古代から近現代までの文学研究者が揃っていることにも、新たな可能性を覚えた。

本書は非売品で、県内の全中学校・高等学校および公立図書館に寄贈される。制作費は、県内企業など各方面から手厚いご寄付をいただき、「文学」を県の地域資源として活かす姿勢が明確にできた。今後は中高生へ向けてのワークショップ活動や、一般の方へ向けての執筆者の講演活動などができたらと企画・編集委員会で提案している。僕自身としてまず手始めに、大学附属図書館で「宮崎文学の旅仮想ツアー」などが実現できたらと思う。新型コロナ禍で行動範囲が狭くなった今だからこそ、「文学」上の想像の旅が実に大切であると思う。もとより「郷土文学作品」による教育は、今後の重要な各地域の課題でもある。宮崎の学校で学んで「宮崎の文学」を知らないというのも、間が抜けた話である。この地を愛するゆえに、どんな文学の素材としていかに輝いているかを、多くの県民の皆さんに知っていただきたい。

あらためてご寄附にご協力いただいた皆様と
企画・構想をまとめていただいた方々に感謝
「文学」を重要視する他県にない輝きを放ちたい。


tag :

予定調和な『ごんぎつね』の話し合いのこと

2020-11-27
授業者が持つ「正解」のような結論に誘導する
気持ちや心情は二項対立では語れない多面性がある
着地点を求めるのではなくそこから創り出すということ

今週の水曜日に共同研究の一環として、附属小学校で「ごんぎつね」の研究授業が行われた。言わずとしれた小学校4年生の定番教材であり、これまでにも多くの授業実践の蓄積が成されている。また学部の教育実習生が扱う機会も多く、僕自身も教科教育科目を担当している際は、よく学生とともに学習指導案の検討などをする機会も多かった。ある時、ゼミで「ごんぎつね」の「自由読み」という機会を持ったことがある。その際にゼミ生とこれでもかと多様な読みを探った結果、僕自身は「ごんは死んでいないのではないか?」という思いに強く至った。物語の最後の場面で「火縄銃」で「いたずら狐」として「兵十(ひょうじゅう)」に撃たれてしまう「ごん」だが、「火縄銃をパタリと落とした」とする「兵十」が「ごん」に駆け寄り語りかけると目を閉じて頷く「ごん」が語られている。「火縄銃の口からは青い煙」が立ち上っているとの語りもあるが、これだけで「死んでしまった」と言い切るのは思い込みに過ぎないのではないかと思ったのである。

これを考え始めてから「ごんぎつね」の読みが膠着せず実に多様になった。その後の経過で「ごん」は死んでしまったとしても、手当などの期間があり「兵十」は償いの言葉や行為を繰り返すのではないか?物語は終幕を迎えたことで、「兵十の償い物語」が始動するのに他ならない。それが冒頭にある「村の茂兵というじいさん」から伝え聞かされた「ごんの鎮魂物語」として伝承している語りに回帰していくことで初めてこの物語の語り構造が暴けたことになるのではないかということである。ゆえに「ごんは撃たれて死んだ」ことや、その時に「兵十は悲しかった」ことを既定路線として授業を構成するのは読みの多様性に反するものではないかと考えている。講演やシンポジウムもそうであるが、「結論ありき」でそこに「持っていく」ためのやりとりを重ねていく「予定調和」が果たして何を生み出すのかと痛切に思う。「結論ありき」に慣れてしまった国民は、その路線の政治的な見世物を見せられても疑問を持つことすらなくなってしまう。「国語」では決してそんな陳腐で軽薄な思考力を育てているわけではない。いつでも「正解」や「着地点」は見えないままに探るのが、学習のダイナミックな面白さではないのだろうか。

何かがその場で初めて生み出されてこその対話
「結論ありき」の「国語」の問いにワクワク感はなし
既存の価値を超えていくことで僕たちはこの時代を生き抜こうとしている。


tag :

文学はわかりやすいものか?

2020-10-09
説明的に整序された文章
実用的説明文などと文学の文体
そして短歌も「わかりやすい」と「説明的」は違う

新学習指導要領「国語」に記された「言語活動」には、校種を問わず文芸的な創作の実践を提起するものが多い。「短歌・俳句・詩・物語」等を創作することによって、「書く」意欲や思考・想像・表現力の開拓を図ろうという訳である。しかし、学校現場ではなかなかその指導は難しいという声を多く耳にする。教員免許更新講習などで「短歌」に関連した講座を実施すると、「児童生徒の作品を添削できるようになるコツを教えて欲しい」という要望が寄せられる。それに対して「コツなどはない」と応えて、「先生方ご自身が詩歌を嗜もうとする意欲」が必要であると説く。また以前に古典の研究学会で「(大学生に)和歌を創作させるのはハードルが高いので、散文(説明文的な)を創らせている」という意見に「ハードルが高い」という認識そのものが違うのではないか?という質問をしたことがある。「和歌」というものへの大きな誤解が、研究者であってもあるということに気づかされた。

ゼミ生が先月の附属中学校での教育実習で和歌を素材として「歌物語を創る」という実践をした。研究授業はその作品を「推敲してわかりやすいものにする」という(授業)過程であった。単元計画や授業そのものは、実習生としては大変に秀逸なものであった。だが事後研究会での助言で僕が問題提起したことは、この生徒らの「歌物語」はむしろ「解釈説明文」ではないかということ。誰にもわかりやすく教科書にある和歌教材の解釈を「いつどこでだれが」を明確にして、「五感で捉えた素材で揺れた心を言語化」するかという背景を文章にしている訳である。「物語」というのであれば、謎めいていたり、一読して不可解であったり、大どんでん返しなど錯綜的なレトリックがあってもよいはずである。我々は映画やドラマには、むしろそんな予想だにしない展開を期待しているであろう。巷間では「わかりやすいもの」「便利なもの」を求める傾向にあって、「謎めいたり」「分かりにくい」ものを忌避する傾向が顕著である。などという議論を、あらためてオンラインゼミで実施した。翻って一例として俵万智さんの短歌を考えてみた。それは『サラダ記念日』から今回出版された『未来のサイズ』まで一貫して誠に「わかりやすい」のであるが、誠に「奥深い」のも確かである。井上ひさしさんがよく語っていた「ふかいことをおもしろく」に通ずる文学的境地が、そこにはあるようだ。

文芸創作の豊かな世界
手軽に身近に自分を言葉にしていく
深くて面白く、社会を批評していく心構えを学びたい。


tag :

語り手は事実を語っているわけではない

2020-09-12
「事実」とことばで言うが
ある人の解釈に過ぎない
TVやWebの語り手を鵜呑みにしては・・・

2日前(9月10日付)小欄に、「ボトル内にワインが半分ある」という状況を、「まだ半分ある」と言うか、「もう半分しかない」と言うか、で「語り手」の心情が違うことについて書いた。ボトル内のワインに対する嗜好とか思想とか、その感じ方・考え方によって捉え方は変化する。もとより「ワインが半分ある」という前提となる言説そのものも怪しいかもしれない。「半分」と断言しているが、ワインボトルの形状によってもしかしたら「三分の二」に近いか「三分の一」に近いか?あくまで主観的な「語り手」の見方に過ぎないのではないか。こう考えると「事実」とは何か?と甚だ疑問になる。「話に尾鰭がつく」とはよく言われるが、人に伝える際に面白おかしく話題性を呼ぶために誇張気味に表現するのは、ある意味で文学的創造力なのである

似顔絵やアニメや絵本のファンタジーを考えてみよう。それぞれ「誇張」があるゆえに、子どもでも楽しく味わう根気が継続する。ドラマや映画でも「誇張」があって、それを「本当かよ?」と疑う心が観る意欲を増進させる。何らかの社会的事実を元にしたドラマなどでは、「事実はどうだったのだろう?」と「誇張」との差異が人を惹きつけているのである。「創作」と「事実」とをいかにひき比べるか、その隙間にこそ文学的創造力が潜んでいるものだ。こう考えると「文学を読む」ことは、「事実」と「創造」とを比較して自らを想像的舞台の上で試していくという、壮大で論理的に芝居を観る行為である。翻って、現代の「事実」について考えてみよう。メディアが報じることを鵜呑みにし即座に「事実」だと思い込むことが、いかに危ういことであるかがわかる。様々なメディアの背後には、悪意ある意志が働いていると思うことも昨今は多い。Webニュースの情報も然り、意図を持った「語り手」に語られている「事実」なのだということを意識して、注意深く拒むことを疎かにしてはならない。

ゆえに文学的想像や創造を欠いた教育は危うい
大人になっても絵本を楽しめるこころ
そこに「事実」を的確に捉える論理があることを知るべきである。


tag :

重ねて調和するゆえに平和なり

2019-11-08
和漢混淆文の韻律ある音
「本歌取り」をした理由
中世の文学が受け取り引き継いだもの

島内景二の新刊『和歌の黄昏 短歌の夜明け』(2019年9月 花鳥社)には、実に目を開かされる文学史的指摘が豊富である。それは従来の「文学史」といった枠組みではなく、『源氏物語』研究に始発し前衛短歌の塚本邦雄にも師事した多彩な経歴を活かした画期的な筆運びが見える。一概に「和歌短歌」というが、現代短歌までを通底する「やまとうた史」が書ける研究者は、どこにでもいるわけではない。現代短歌の実作を考えるという視点は、まさに「うた」の1300年にわたる変容と共有に迫るものである。なぜ「五七五七七」の形式は守られてきているのか。この容易には答えられない命題に向き合うには、文化交流史的な視点や近現代とは何かという複眼的な視点が必要になる。

前掲島内の著書における藤原定家の「見渡せば花も紅葉も・・・」の和歌短歌史を通底する歌評に、「重ねの文化」という記述が見える。「三夕の歌」として有名なこの歌は、周知のように『源氏物語』明石の光源氏の視点を「重ねて」の詠歌である。武士の勢力が蠢き始め平安朝貴族文化が安閑としていられなくなった時、文化の粋を「重ね」合わせることで、和歌が育んできた文化の資質を接続することに成功したのである。考えてみれば、平家鎮魂のために語られた『平家物語』の文体の特徴とされる和漢混淆文も「重ね」の典型である。和歌の育んだ韻律に漢語を混ぜて語ることで、より生き生きとした日本語の文体が生じた。島内の著書は訴える、「重ねの文化」は「調和」であり、「調和」は「平和」を創る基本的な思考であると。混乱の時代に必要な複眼的で多面的な視野の広さ、「現代がいかなる時代か?」僕たちは果たしてどれほど知っているのだろうかと思う。

古典文学史は今を考える視点から
この混迷の時代に僕らはなにを「重ね」ればいいのだろうか
中世が優しく僕らに語りかけている。


tag :

「遠くから来た先生」和歌文学会例会・新年会

2019-01-13

基礎研究の大切さ
「平成最後」の和歌文学会例会
新年会でのスピーチなども・・・

年末年始は宮崎で過ごしたので、この週末は和歌文学会例会があるのと、実家に帰省を兼ねて上京した。会場は箱根駅伝準優勝の青山学院大学、門を入ると「準優勝」部分が上から貼り付けられている垂れ幕がお出迎えしてくれた。この日の例会は奇しくも「私撰集」特集の様相、お三方の発表内容から具体的に学ぶことも多かったが、あらためて基礎研究に取り組む姿勢を考えさせられた。『和歌文学大辞典』にある項目の妥当性の検証とともに、新知見をどれほど提供できるか。古典研究そのものの現代的社会的価値が問われる中で、基礎資料を研究することの文化的意義に思いを馳せた。

さて例会後は恒例の新年懇親会、重鎮の先生方のご挨拶や乾杯の音頭で始まり、発表者のスピーチなどが続く。僕は最近、もっぱらこうした場で「遠くから来た先生」というコーナーでスピーチすることが多くなった。和歌文学会の大会は隔年で地方開催なので、今年の10月は奈良での開催が決定している。今年秋の担当の先生がスピーチの後、僕の順番となった。一昨年の大会から「その後の宮崎」というテーマで三点の話題を提供した。大会懇親会に参加してくれた河野県知事が昨年12月に再選されたこと。牧水の未発表歌が新聞一面を飾ったが、その翻字が一部誤っており僕が指摘したこと。2020年の国民文化祭・障害者芸術祭に向けて、『みやざき文学全集』(仮称)を編集することなどを語った。和歌の各時代を研究している先生方から、「みやざき」が詠まれた資料などお知りの方から、情報をいただけたらという意図も込めて。

あらためて和歌研究元年に
「平成最後の」例会がゆく
古典和歌研究の社会的価値をさらに拡めるためにも。


tag :

国文学者はいかに生きるか?

2018-11-03
人文学軽視の世情にありながら
国文学者はいかに生きるか?
ある先生との出逢いに大きなヒントが

11月1日は「古典の日」ではあるが、メディアも世間でもほとんど意識されることはない。僕の自家用車のナビゲーションは、毎日最初に起動した際に「今日は・・・の日です。」と告げるのだが、7月6日の「サラダ記念日」は告げるが、11月1日の「古典の日」を告げることはない。抑もなぜ「古典の日」なのかと言うと、『紫式部日記』の中で『源氏物語』の存在が確認できる日付なのであるが、「記念日」として人口に膾炙する理由としては薄いということなのだろうか。いずれにしても「古典の日」を意識するのは、まさに「国文学者」の部類に入る者だけであるような悲しい状況である。さらに言えば、昨今は「文化的」な意味を意識する祝日なども少なくなり、むしろ「ハロウィン」狂騒曲などが喧しい。

東京からいらしたある国文学者の先生と再会した。先生は『源氏物語』の研究者であるが、同時に近現代短歌に関する評者としても多くの業績を持つ。そのお仕事から学ぶことは多いが、「近現代」と言われる中にも必ず「古典性」が発見できるという鋭い姿勢を見習いたいと常々思っている。反転して述べるならば、現代に古典を生きたものにする継承者であるように思う。少なくとも牧水を始めとする明治の歌人たちは、現在以上に「古典」への意識が高かったのは確かであろう。となれば、現在の薄れた考え方では牧水の歌をも読めないということになる。「文学」とは元来、それまでにある威光を踏まえて表現するという作用があるものだ。初めて読んだものにも、「どこかで出逢ったことがある」ものを想起する懐旧の念が湧くのは、そういうことである。人も決して「今」を一人で生きているわけではない。自らが存在するのは、数多くの先祖の生きたことばがあったゆえである。

そしてまた近現代の陰にある歌人に
光を当てるお仕事も尊いものがある
国文学者は個々にそれなりの個性をもって生きていくべきと教わるのである。


tag :

古典の危機的「発信」を考える

2018-10-21
文学・文化・文化財
社会にいかに「発信」するか
こうした分野を大切にしない国は・・・

中古文学会秋季大会は、岡山のノートルダム清心女子大学で開催されている。午前中は大会共催企画で市内の林原美術館特別展「王朝文学への憧れー歌・物語に染まる、もののあはれ」を展観した。旧岡山藩主・池田家に伝わる豊富で保存状態のよい和歌資料の数々は、誠に見応えがあった。地域の政を司る藩主がいかに王朝文学に憧れを抱き、和歌などの文学を大切にしていたかが思い知られ、時折熱い思いがこみ上げてきた。初代光政・二代綱政・三代継政らが自ら書写した写本、藩の政とともに、いかなる思いで和歌の一字一句を書き写したのか。江戸時代の文化水準の高さがひしひしと伝わって来た。その藩政の影響か、岡山の街を歩くと150年が経過した今も文化の香りがする上品さが漂うかのようである。

こんな思いを抱きながら、午後のシンポジウムへ。テーマは「古典をいかに『発信』するか」である。江戸時代と比べると様々な点で社会そのものの利便性が高まったが、それだけに為政者も一般庶民も「文化」への眼差しが褪せたような気になる。今後、文化財や書誌学的な分野をどう護っていくのか?社会そのものの価値が問われているといっても過言ではない。シンポで一番
気になったテーマは大学での講義などでいかに学生たちに「和歌を『近づける』」かという話題。パネリストの報告の後、自らの問題意識で質問にも立った。私見をあらためて覚書しておくならば、学生たちにとって「和歌・短歌」は決して「遠い」存在ではないということ。SNSなどでの短いコメントを大変好む実情がある。むしろ我々研究者が「和歌は高尚なもの」と捉え過ぎて、学生たちの生の「ことば」を押さえ込んでいないだろうか?高等学校などで「古典嫌い」を醸成してしまう実情も、やはり教師自身の「文化発信力」の未熟さが作用しているような気がしてならない。

懇親会では小欄をお読みいただいているという声も
みんなで「古典」を我らが手に取り戻すのだ
社会の潮流に抗うことこそ「文学」の生きる道なのだろう


tag :

「時代」は川の流れのように

2018-10-12
時代は何で始まり何で終わるのか?
区切られると同時に常に流れゆくもの
「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

後期が始まって2回目の講義、初回は「授業ガイダンス」のような内容で講義の要点と問題意識の提示に終わった。今週から本格的な内容に入るのだが、特に「国文学史Ⅲ」を展開するにあたり一つの考え方を提示したくなった。「時代」とは何によって区切られるのか?ということである。今年は何かにつけて、「平成最後の」と語られることも多い。僕にとっては人生2度目の改元、学生にとっては初めての経験となる。少なくとも「昭和生まれ」の人々にとっては、3つの元号を跨いで人生を歩むことになる。僕自身の祖母などが「明治・大正・昭和」を跨いだ人生だったのだと子どもの頃に感じた際には、誠に歴史の上を生きているようだというある種の感慨を持った。今後は多くの昭和生まれの人々もまた、歴史を跨いで生きることになる。

だが果たして、改元によって何が変わるのだろうか?歴史はいつも川の流れのようであり、「いまここ」にあるものが絶えず継続して流れて行くのが必然である。国文学史を「中世」から講ずる際にも、やはり平安朝の和歌の流れを忘れることはできない。先日の和歌文学会大会の講演で『平家物語』と『新古今和歌集』を並立したものとして捉える視点(小欄2018年10月7日付記事参照)に、あらためて啓発された。「中世的無常観」の上に成り立つ『平家物語』の文体・表現は、和歌的(語り的)要素と文字表現(読み本系)の要素が相互扶助する形で、作品として成長したと云う。いわば「平安朝和歌」という大河の流れは、止まることなく中世以降も流れているのである。社会体制が変わって断絶するものもあるが、決して途切れることなく継続する力がある。日本文学史を通底して観ようとするとき、決して忘れられないのが「歌」の潮流ということである。

1300年の流れの上に身を置く
「いまここ」を見定めるためにも
「時代」を生きる意識を持つべき節目がやって来ているのだろうか・・・


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>