FC2ブログ

語り手は事実を語っているわけではない

2020-09-12
「事実」とことばで言うが
ある人の解釈に過ぎない
TVやWebの語り手を鵜呑みにしては・・・

2日前(9月10日付)小欄に、「ボトル内にワインが半分ある」という状況を、「まだ半分ある」と言うか、「もう半分しかない」と言うか、で「語り手」の心情が違うことについて書いた。ボトル内のワインに対する嗜好とか思想とか、その感じ方・考え方によって捉え方は変化する。もとより「ワインが半分ある」という前提となる言説そのものも怪しいかもしれない。「半分」と断言しているが、ワインボトルの形状によってもしかしたら「三分の二」に近いか「三分の一」に近いか?あくまで主観的な「語り手」の見方に過ぎないのではないか。こう考えると「事実」とは何か?と甚だ疑問になる。「話に尾鰭がつく」とはよく言われるが、人に伝える際に面白おかしく話題性を呼ぶために誇張気味に表現するのは、ある意味で文学的創造力なのである

似顔絵やアニメや絵本のファンタジーを考えてみよう。それぞれ「誇張」があるゆえに、子どもでも楽しく味わう根気が継続する。ドラマや映画でも「誇張」があって、それを「本当かよ?」と疑う心が観る意欲を増進させる。何らかの社会的事実を元にしたドラマなどでは、「事実はどうだったのだろう?」と「誇張」との差異が人を惹きつけているのである。「創作」と「事実」とをいかにひき比べるか、その隙間にこそ文学的創造力が潜んでいるものだ。こう考えると「文学を読む」ことは、「事実」と「創造」とを比較して自らを想像的舞台の上で試していくという、壮大で論理的に芝居を観る行為である。翻って、現代の「事実」について考えてみよう。メディアが報じることを鵜呑みにし即座に「事実」だと思い込むことが、いかに危ういことであるかがわかる。様々なメディアの背後には、悪意ある意志が働いていると思うことも昨今は多い。Webニュースの情報も然り、意図を持った「語り手」に語られている「事実」なのだということを意識して、注意深く拒むことを疎かにしてはならない。

ゆえに文学的想像や創造を欠いた教育は危うい
大人になっても絵本を楽しめるこころ
そこに「事実」を的確に捉える論理があることを知るべきである。


スポンサーサイト



tag :

重ねて調和するゆえに平和なり

2019-11-08
和漢混淆文の韻律ある音
「本歌取り」をした理由
中世の文学が受け取り引き継いだもの

島内景二の新刊『和歌の黄昏 短歌の夜明け』(2019年9月 花鳥社)には、実に目を開かされる文学史的指摘が豊富である。それは従来の「文学史」といった枠組みではなく、『源氏物語』研究に始発し前衛短歌の塚本邦雄にも師事した多彩な経歴を活かした画期的な筆運びが見える。一概に「和歌短歌」というが、現代短歌までを通底する「やまとうた史」が書ける研究者は、どこにでもいるわけではない。現代短歌の実作を考えるという視点は、まさに「うた」の1300年にわたる変容と共有に迫るものである。なぜ「五七五七七」の形式は守られてきているのか。この容易には答えられない命題に向き合うには、文化交流史的な視点や近現代とは何かという複眼的な視点が必要になる。

前掲島内の著書における藤原定家の「見渡せば花も紅葉も・・・」の和歌短歌史を通底する歌評に、「重ねの文化」という記述が見える。「三夕の歌」として有名なこの歌は、周知のように『源氏物語』明石の光源氏の視点を「重ねて」の詠歌である。武士の勢力が蠢き始め平安朝貴族文化が安閑としていられなくなった時、文化の粋を「重ね」合わせることで、和歌が育んできた文化の資質を接続することに成功したのである。考えてみれば、平家鎮魂のために語られた『平家物語』の文体の特徴とされる和漢混淆文も「重ね」の典型である。和歌の育んだ韻律に漢語を混ぜて語ることで、より生き生きとした日本語の文体が生じた。島内の著書は訴える、「重ねの文化」は「調和」であり、「調和」は「平和」を創る基本的な思考であると。混乱の時代に必要な複眼的で多面的な視野の広さ、「現代がいかなる時代か?」僕たちは果たしてどれほど知っているのだろうかと思う。

古典文学史は今を考える視点から
この混迷の時代に僕らはなにを「重ね」ればいいのだろうか
中世が優しく僕らに語りかけている。


tag :

「遠くから来た先生」和歌文学会例会・新年会

2019-01-13

基礎研究の大切さ
「平成最後」の和歌文学会例会
新年会でのスピーチなども・・・

年末年始は宮崎で過ごしたので、この週末は和歌文学会例会があるのと、実家に帰省を兼ねて上京した。会場は箱根駅伝準優勝の青山学院大学、門を入ると「準優勝」部分が上から貼り付けられている垂れ幕がお出迎えしてくれた。この日の例会は奇しくも「私撰集」特集の様相、お三方の発表内容から具体的に学ぶことも多かったが、あらためて基礎研究に取り組む姿勢を考えさせられた。『和歌文学大辞典』にある項目の妥当性の検証とともに、新知見をどれほど提供できるか。古典研究そのものの現代的社会的価値が問われる中で、基礎資料を研究することの文化的意義に思いを馳せた。

さて例会後は恒例の新年懇親会、重鎮の先生方のご挨拶や乾杯の音頭で始まり、発表者のスピーチなどが続く。僕は最近、もっぱらこうした場で「遠くから来た先生」というコーナーでスピーチすることが多くなった。和歌文学会の大会は隔年で地方開催なので、今年の10月は奈良での開催が決定している。今年秋の担当の先生がスピーチの後、僕の順番となった。一昨年の大会から「その後の宮崎」というテーマで三点の話題を提供した。大会懇親会に参加してくれた河野県知事が昨年12月に再選されたこと。牧水の未発表歌が新聞一面を飾ったが、その翻字が一部誤っており僕が指摘したこと。2020年の国民文化祭・障害者芸術祭に向けて、『みやざき文学全集』(仮称)を編集することなどを語った。和歌の各時代を研究している先生方から、「みやざき」が詠まれた資料などお知りの方から、情報をいただけたらという意図も込めて。

あらためて和歌研究元年に
「平成最後の」例会がゆく
古典和歌研究の社会的価値をさらに拡めるためにも。


tag :

国文学者はいかに生きるか?

2018-11-03
人文学軽視の世情にありながら
国文学者はいかに生きるか?
ある先生との出逢いに大きなヒントが

11月1日は「古典の日」ではあるが、メディアも世間でもほとんど意識されることはない。僕の自家用車のナビゲーションは、毎日最初に起動した際に「今日は・・・の日です。」と告げるのだが、7月6日の「サラダ記念日」は告げるが、11月1日の「古典の日」を告げることはない。抑もなぜ「古典の日」なのかと言うと、『紫式部日記』の中で『源氏物語』の存在が確認できる日付なのであるが、「記念日」として人口に膾炙する理由としては薄いということなのだろうか。いずれにしても「古典の日」を意識するのは、まさに「国文学者」の部類に入る者だけであるような悲しい状況である。さらに言えば、昨今は「文化的」な意味を意識する祝日なども少なくなり、むしろ「ハロウィン」狂騒曲などが喧しい。

東京からいらしたある国文学者の先生と再会した。先生は『源氏物語』の研究者であるが、同時に近現代短歌に関する評者としても多くの業績を持つ。そのお仕事から学ぶことは多いが、「近現代」と言われる中にも必ず「古典性」が発見できるという鋭い姿勢を見習いたいと常々思っている。反転して述べるならば、現代に古典を生きたものにする継承者であるように思う。少なくとも牧水を始めとする明治の歌人たちは、現在以上に「古典」への意識が高かったのは確かであろう。となれば、現在の薄れた考え方では牧水の歌をも読めないということになる。「文学」とは元来、それまでにある威光を踏まえて表現するという作用があるものだ。初めて読んだものにも、「どこかで出逢ったことがある」ものを想起する懐旧の念が湧くのは、そういうことである。人も決して「今」を一人で生きているわけではない。自らが存在するのは、数多くの先祖の生きたことばがあったゆえである。

そしてまた近現代の陰にある歌人に
光を当てるお仕事も尊いものがある
国文学者は個々にそれなりの個性をもって生きていくべきと教わるのである。


tag :

古典の危機的「発信」を考える

2018-10-21
文学・文化・文化財
社会にいかに「発信」するか
こうした分野を大切にしない国は・・・

中古文学会秋季大会は、岡山のノートルダム清心女子大学で開催されている。午前中は大会共催企画で市内の林原美術館特別展「王朝文学への憧れー歌・物語に染まる、もののあはれ」を展観した。旧岡山藩主・池田家に伝わる豊富で保存状態のよい和歌資料の数々は、誠に見応えがあった。地域の政を司る藩主がいかに王朝文学に憧れを抱き、和歌などの文学を大切にしていたかが思い知られ、時折熱い思いがこみ上げてきた。初代光政・二代綱政・三代継政らが自ら書写した写本、藩の政とともに、いかなる思いで和歌の一字一句を書き写したのか。江戸時代の文化水準の高さがひしひしと伝わって来た。その藩政の影響か、岡山の街を歩くと150年が経過した今も文化の香りがする上品さが漂うかのようである。

こんな思いを抱きながら、午後のシンポジウムへ。テーマは「古典をいかに『発信』するか」である。江戸時代と比べると様々な点で社会そのものの利便性が高まったが、それだけに為政者も一般庶民も「文化」への眼差しが褪せたような気になる。今後、文化財や書誌学的な分野をどう護っていくのか?社会そのものの価値が問われているといっても過言ではない。シンポで一番
気になったテーマは大学での講義などでいかに学生たちに「和歌を『近づける』」かという話題。パネリストの報告の後、自らの問題意識で質問にも立った。私見をあらためて覚書しておくならば、学生たちにとって「和歌・短歌」は決して「遠い」存在ではないということ。SNSなどでの短いコメントを大変好む実情がある。むしろ我々研究者が「和歌は高尚なもの」と捉え過ぎて、学生たちの生の「ことば」を押さえ込んでいないだろうか?高等学校などで「古典嫌い」を醸成してしまう実情も、やはり教師自身の「文化発信力」の未熟さが作用しているような気がしてならない。

懇親会では小欄をお読みいただいているという声も
みんなで「古典」を我らが手に取り戻すのだ
社会の潮流に抗うことこそ「文学」の生きる道なのだろう


tag :

「時代」は川の流れのように

2018-10-12
時代は何で始まり何で終わるのか?
区切られると同時に常に流れゆくもの
「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

後期が始まって2回目の講義、初回は「授業ガイダンス」のような内容で講義の要点と問題意識の提示に終わった。今週から本格的な内容に入るのだが、特に「国文学史Ⅲ」を展開するにあたり一つの考え方を提示したくなった。「時代」とは何によって区切られるのか?ということである。今年は何かにつけて、「平成最後の」と語られることも多い。僕にとっては人生2度目の改元、学生にとっては初めての経験となる。少なくとも「昭和生まれ」の人々にとっては、3つの元号を跨いで人生を歩むことになる。僕自身の祖母などが「明治・大正・昭和」を跨いだ人生だったのだと子どもの頃に感じた際には、誠に歴史の上を生きているようだというある種の感慨を持った。今後は多くの昭和生まれの人々もまた、歴史を跨いで生きることになる。

だが果たして、改元によって何が変わるのだろうか?歴史はいつも川の流れのようであり、「いまここ」にあるものが絶えず継続して流れて行くのが必然である。国文学史を「中世」から講ずる際にも、やはり平安朝の和歌の流れを忘れることはできない。先日の和歌文学会大会の講演で『平家物語』と『新古今和歌集』を並立したものとして捉える視点(小欄2018年10月7日付記事参照)に、あらためて啓発された。「中世的無常観」の上に成り立つ『平家物語』の文体・表現は、和歌的(語り的)要素と文字表現(読み本系)の要素が相互扶助する形で、作品として成長したと云う。いわば「平安朝和歌」という大河の流れは、止まることなく中世以降も流れているのである。社会体制が変わって断絶するものもあるが、決して途切れることなく継続する力がある。日本文学史を通底して観ようとするとき、決して忘れられないのが「歌」の潮流ということである。

1300年の流れの上に身を置く
「いまここ」を見定めるためにも
「時代」を生きる意識を持つべき節目がやって来ているのだろうか・・・


tag :

「語り本系」と「読み本系」の交響曲

2018-10-07
旅はうたごころを掻き立てる
物語諸本は推敲されていく
声の本と文字の本の並列が作品世界を跳梁させる

和歌文学会第64回大会に参加した。昨年は自らが開催校として台風に見舞われながら、ご来場の方々に最大限のおもてなしを施せたことが既に懐かしい。今年も事務局の同窓の仲間の研究者たちに支えられ、会場校の担当の先生が奮闘していた。一度でも「当事者」になるということは、自らが参加するに際して、優しい気持ちで会場に出向くことができるものだ。世間は甚だしいクレーム社会であるが、それだけに多くの人々が逆の立場の「当事者」を経験する機会を持てる社会が望まれているのかもしれない。さて大会初日は講演で、辻勝美先生「鴨長明の旅と和歌」豊島秀範先生「物語中和歌の増減と表現の異同ー狭衣物語を中心にー」松尾葦江先生「『平家物語』の表現ー「叙事に泣く」ということー」の3本であった。

いずれも学ぶ点の多いご講演であったが、僕自身としては松尾先生の『平家物語』の表現についてのご発表が一番印象に残った。『平家物語』は語り物としての「声の文学」であると一元的に今まで考えていたが、実際は「読み本系」と「語り本系」が相互に補完し合って、現代に伝わる『平家』が形成されているというもの。文体の中には「歌枕」「和歌的表現」「漢文的表現」「感情表現」などの要素が散りばめられ、その交響によってリズミカルな文体が構成されている。「語り本系」では、作中人物と語り手の一体化が読め、「読み本系」では作中人物に批評的な視点が読めるということだ。和歌は「感情の明確化」に寄与しており、むしろ「高級な読者は『叙事に泣く』のだ」ということを、『平家』の文体に即して語る松尾先生の語り口そのものに、文学の読み手としての底知れぬ迫力を覚えた。

懇親会では司会役を引き受けた
ご講演の先生や明日の発表者の方々の語りが響く
僕自身もあれこれ思い出深い國學院大学のキャンパスにて。


tag :

「中古文学」とは?を問い続けて

2018-05-27

人文科学の厳しい環境
研究の細分化と自閉化
「中古文学」そのものが一つの「解釈」ではないか?

平成30年度中古文学会春季大会が、日本大学文理学部にて開催された。初日はシンポジウムでメイントーマは「これからの中古文学のために」であり、さらに2つの細分化されたミニシンポジムが設定された。一つは「韻文と散文、和と漢の交通」で、二つ目が「時空を越える中古文学ーその普遍性を探るー」である。いずれも閉塞的な状況に置かれた古典文学研究において、巨視的な視座で未来へ向けて発信できる研究の価値を語り、その魅力を再発見することで、少しでも危機感に対する新たな意識を会員が持つ契機となるような内容であった。ジャンルや作品を超えた「学的な対話さえおぼつかない」という状況そのものが、この学会の現状であるとともに、ともすると自壊へと進みかねない、危機的な状況であると認識すべきであろう。「韻文と散文」といった対立軸で述べることそのものが含み込む「分断」は、このシンポジウムのパネリストの構成そのものにも表れているやに思われた。

そもそも「中古文学の普遍性」とは何だろう?シンポジウムの最後の方で鮮烈に提示されたこの問題意識、まずは「ここ」から始めなければならなかったのではないか?僕自身としても、今年度からあらためて「国文学史」や「国文学講義」を担当するようになって、考えていたことでもある。「文学史」という機軸の中の一定の評価そのものが、誠に近現代的な視座からのものであり、その「近現代」そのものを問うことなくして、「文学史」そのものが成り立たないのではないかなどということを考えている最中であった。ちょうど「大学教育入門セミナー」という初年次基礎科目も複数人で担当しているが、そこで学生から出た質問として「定説と自分の考え方をどのようにレポートに示せばよいか?」というものがあった。「定説」とはいえそれもまた人文学では「一解釈」であり、そこに批評的に自己はどのような立場を取り、どのように評価するかを示すべきではないか、といった趣旨の回答を教室では行なった。まさに知的であるということは、こうして「普遍性」などという喧伝に溺れないことではないか。と考えつつ、今日もまた「中古文学会」の研究発表に僕自身は向かうのである。

作歌の上での文語と口語の表現性のこと
いま現在を生きる僕たちにとって和歌や物語は何なのか?
明治・大正・昭和・平成の150年間が包み込んで来たものを解放すべきときなのだろう。


tag :

万葉仮名「孤悲」の表記に思う

2018-04-29
「人はなぜ戯れに叶わぬ恋に身悶えて
せつなさと悲しさに心を乱すのでしょう」
桑田佳祐「杜鵑草」より

今年度から「国文学講義」で『伊勢物語』を、また「国文学史」で上中古文学を扱うようになり、あらためて和歌をはじめとする文学の根源に「恋」というテーマが深く関わっていることを痛感している。上代の歌垣の存在や歌謡に見られる相聞の原点、そして平安朝の懸想や失恋を描き出す歌語りを学生に講義する視点で咀嚼し直すことが、あらためて自分自身がこれらの文学に出逢い直す大きな契機となっていることを痛感する。また『源氏物語』が典型なように、「愛」と「死」というのは表裏一体であり、「死」の恐怖を回避したいがために人は「愛」を求め続ける存在なのである。


『日本国語大辞典第二版』の「恋」の項目に次のような「語誌」が掲載されているので引用する。
「目の前にない対象を求め慕う心情をいうが、その気持の裏側には、求める対象と共にいないことの悲しさや一人でいることの寂しさがある。その点、「万葉」で多用された「孤悲」という表記は漢籍の影響も指摘されてはいるが、当時の解釈をよく表わしている。」

冒頭に記した桑田さんの曲「杜鵑草」にも通ずる、この「恋」に対する考え方。GWとなり間もなく「皐月」となるが、この時季になればやはり次の『古今集』恋部巻頭歌を思わないではいられない。

「ほととぎす鳴くやさつきのあやめ草あやめもしらぬ恋もするかな」

新緑美しき中での語らい
相手のことばを聞き己の心を知る時間
「孤悲」と時空と自分なりの生き方を考えている。


tag :

「人は正しさに説得されない」ー底まで行った人に

2018-02-26
石牟礼道子さんの追悼番組にて
高橋源一郎さんの弁から
短歌でも学校でも生きる上でも・・・

石牟礼道子さんの訃報に様々な思いを抱いていたが、小欄でなかなか取り上げることができないでいた。ちょうど宮崎に赴任する前の夏のこと、福岡空港から三池・長崎・天草・水俣・吉野ヶ里・大宰府といったツアーを懇意にする大学教授らと周遊した。なかでも水俣では「水俣病センター相思社」に宿泊し、市内の各所を訪問しまさに現場を体験した思いであった。それ以前に同行した教授の企画で、石牟礼道子さんの『苦海浄土』の朗読などを聞く機会もあり、作品として自分なりに受け止めてもいた。その文体で描かれた世界観とともに、水俣での現実を見聞するフィールドワークが巧妙に重なり、ある種数奇な文学体験をした経験となった。この時の九州ツアーによって、僕自身は「九州の神」と相思相愛になったようにも思っている。

休日業務の出勤前、TVでは石牟礼道子さんの追悼番組を放映していた。彼女の作品を日本から唯一「世界文学」に選定した池澤夏樹さんや、高橋源一郎さんがコメントを寄せていた。その中で高橋さんが次のような趣旨のことを語った。「人は正しさに説得されない。底まで行った人に説得される。」と云う、実に的を射た文学評である。これは短歌を創っていてもまったく同じことに気づかされる。詳細に意味を詰め込みすぎて「(正しく)説明」した短歌は、まったく説得力がない。なかなか凡人は「底まで行く」ことはできないが、そこに文学の機微があろう。また学校の国語の授業で扱う「説明文」は、正直言ってつまらない。「論理的思考」などという欺瞞で覆い隠しその学習内容が増量される傾向にあるが、それで学習者は決して「論理的」にはなれない。また石牟礼さんの文学からは「音」によって説得されるという音楽家や翻訳家の弁も、番組では紹介されていた。文体のもつ「音」、これまた短歌と共通する要素だ。人の中に「落ちる」ためには「意味」よりも「音」の要素が大切なのである。

「正しさ」だけを振り翳す学校
「音読」も「作文」も「読解」も「正しく」なければならない
ゆえに「国語」には説得されないということを、石牟礼文学は教えてくれるのである。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>