怒りは己を貶めるー「癇癪考」

2018-02-18
どこかに潜む「癇癪の虫」
怒りや憎悪からは何も生まれない
怒れば顔は歪み、和めば顔は微笑み幸せを呼ぶ

漱石が「癇癪もち」であったのは有名な話であるが、それでもなお近代的自我の問題と格闘しながら、近代的小説を切り拓く道を先導した客観的な文体・筆致を確立したのはなぜだろうかなどとも考える。「癇癪持ち」とは辞書によれば、「ちょっとしたことでも激怒しやすい性質。怒りやすい性質。また、その発作。現代では多く『癇癪を起こす」という形で用いられる。」(『日本国語大辞典第二版』)とある。思うに漱石などは、外に向かって「怒り」を差し向けることで、自己矛盾の渦中に自らを陥れ、その喩えようのない自己嫌悪感を元に客観的な文章を書く原動力を醸成していたのかもしれないなどと勝手な予想もする。もしこの仮説がある程度妥当であるなら、「癇癪」」を好転させる”使い方”として価値のあることなのかもしれないなどとも考えた。

世間は「怒り」が大きく渦巻く「クレーム社会」となってしまった。些細なことにも腹を立て、企業にも学校にも病院にも「クレーム」が容赦なくぶつけられる。近現代的「自我」はその内実がかなり変容し、「怒り」を好転させることもできず「負の連鎖」しか導かない暗澹たる社会に向かってしまっているようで、情けない思いを抱くことを禁じ得ない。考えてみれば、一流アーチストやスポーツ選手は、「怒る」ことが自分にとって損であることを知っているように思う。言い訳なしの「一流」の境地では、「怒り」を顕にせず好転させる吸収消化活動が実に上手く作用しているのではないだろうか。たぶん彼らは「自己」への「怒り」を人一倍持っており、他者への「怒り」は目を瞑る寛大さがあるのではないだろうか。などと考えて、自らも終始「怒る」のはやめようなどと考える日々であった。

「馬鹿って言ったら自分が馬鹿」
小学校時代に流行った名言が思い返される
なごみまろびひろきそらとうみのごとくに。


スポンサーサイト
tag :

「充実」とはこれか!

2018-02-13
「中にすきまなく一杯に満ちること。
 内容が十分備わって豊かなこと。」
(『日本国語大辞典第二版』より)

「充実してました」などと平然と日常的に使用する語彙であるが、果たしてどんな基準で「充実」と言えるのであろうか?そんなことを考えた。例えば、1日にどれだけのことができるかと、朝方に予定を立てる。それは「できるか」ではなく、往々にして「したいか」であったりする。時にその「したいか」を盛り過ぎて、結局はできるものもできなくなったりする場合が多い。この日は、まず「最低限これをやろう」という内容を決めて、しかもそれを午前中に終わらせると自らに〆切を課した。単なる〆切ではなく、終えたら次なる目標をこなす「ご褒美付き」にしたことが良かった。やや説明的に記したが、午前中に喫緊の仕事を研究室でこなし、昼過ぎから祝日スケジュールのジムのトレーニングに赴いたのだ。時間はこのように使うべきだと、自らが自らに見本を示したような感覚であった。

ジムの後もその足で、夕食の素材を買いに産直市場へ。先日、日向市で購入した「へべす餃子」を、野菜とともに鍋にしようという算段である。帰宅して出汁を鍋に仕込み、白米の炊飯をセットする。自家用車のガソリンがなくなりかけていたので、休日特売日であるガソリンスタンドへ。ついでにキャンペーン期間であったので、高価な撥水洗車を半額以下で実行。寒さに手がかじかみながらも、自家用車を綺麗に拭き上げる。その足でホームセンターへ行き、歯磨き用品などを買い足し帰宅。あとは野菜を切って鍋で餃子とともに煮込むだけである。まだ早い宵の口、寒さにはやはり温泉がいいと、いつもの処へと向かって温もる。帰宅して寝床に入り、歌集を読みながら就寝という幸せな時間が流れた。こうして書き連ねても、自らの充実度が反芻される。

大学の自販機でミネラルウォーターを買えば
スロット番号が4桁揃ってもう1本の幸運もあり
眼前のことに集中すれば自ずと幸運はやって来るものである。


tag :

確かな3000歩になったのか?いま・・・

2018-01-24
小欄本日で3000回更新
8年と4ヶ月の積み重ねによるもの
「小さな1歩」から思えば遠くへ来たもんだ

本日で小欄の更新回数が、3000回となった。8年と4ヶ月の日々、ほぼ毎日更新を続けて来た。その初回である2009年9月25日をあらためて閲覧してみると、イチローがMLBで9年連続200本安打を達成した際のコメント「確かな1歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない」が記されている。日々の「確かな1歩」をまさしく「確かに」するために、先入観を排除して「自己」を客観視するために、文章化という術を絶やすことなく積み重ねて来た自分がいる。イチローの9年連続の偉大さに比べれば何ということもないが、健康を確実に維持しながら毎朝の習慣として書き綴って来られたことは、ある意味で大きな自信にもなるものだ。

あの日、今日の3000回などを想像していただろうか?その時に宮崎にいて大学教員であることを予想しただろうか?いま「此処」にいる自分はやはり、この3000歩の蓄積に支えられており、その日々においては様々に僕を支えてくれた人々が登場する。書き綴る「いま」は、「過去」でもあり「未来」でもある。「分裂体」たる自己が、希望を持ちつつも踠き苦しむことの繰り返しでもある。この3000回をにわかにすべて振り返ることはできない。また書き綴ってそれをどうしようというわけでもない。これからどこまでいくのだろう?とも特段深く考えているわけでもない。ただただ「いま」がある以上、その「自己」を見つめるために更新を続けるだろう。こうして方針も曖昧ながら、日々お付き合いいただいている方々には心より感謝申し上げたい。

「いま」の10年は次の10年に連なる
「生きる」ことは「刻むこと」
また新しい朝が来るのである・・・・・


tag :

らっきょうの皮剥きふたたび

2018-01-23
社会的な自己・家族としての自己
あらゆる皮を剥き切ったらどんな自己があるか?
素の自我とは何であろうか?

東京では「大雪」が警戒されてTV番組などでも、「降り出した」「積もった」と芸能レポーター的な言説によって、この自然天象の止め難い事実に翻弄されることに酔うような映像が喧しく伝えられている。東京在住時の僕自身は、こうした「平和ボケ」のような喧伝を嫌悪しながら「自然への向き合い方」を考えていたなどと回想する機会にもなった。宮崎に住むようになって5年間で、雪を踏みしめる「自己」はもういないからでもある。教材研究を進めるための「文学理論」を講ずる時間に、「らっきょうの皮剥き」の話をする。社会的に様々な「自己」があって、その「皮」を1枚1枚と剥いでいくと何が残るのか?残った最終形が「素の自己」なのか?漱石などの小説に盛んに描かれる「近代的自我」の問題は、文学のための文学なのではなく、今もなお僕たちの中で燻り続けているようだ。

「素でありたい」とは思いながら、それがなかなか難しいのを悟ることがある。たぶん間違いなく、「素」の自己が自分でも好きだ。と記せばまた「自己」と「自分」との断層が垣間見えてしまうようで、どこが「素」なのかがわからなくなってしまう。「らっきょう」の場合は、剥き切ったらそれは空洞であって、その「皮」そのものに「本質」が貼りめぐらされているわけである。実は人間も「表皮」の複合体なのであり、「本質」などという語彙ほど嘘くさいものはないのかもしれない。ただ確実に「自分」でも好きな「自己」があるのは、機会によって確かめられることがある。何も構えずにただの人でありたい、そしてそれを表出できる相手というのは限られる。それだけに人として生きるのも面白いのだろう。

この記事の「本質」は何か?
自問自答の大切さ
また新しい明日が始まる・・・


tag :

棲家に宿る縁とあくがれ

2018-01-21
若山牧水の「あくがれ」
「在処(あく)」「離れ(がれ)」て行く
今あるところ棲家とは何か・・・

人は一生で何軒の家に住むのだろうか?生涯を通して同じ家を棲家とする人もいるだろうが、時代とともにマンション建築なども進み、都会では多様な棲家があるように思う。松尾芭蕉が『おくのほそ道』冒頭に記しているように、人生そのものが「旅」であり詩歌に関わる「古人も多く」旅に身を置いてその詩心を研ぎ澄ました。芭蕉が意識しているのは、日本では西行や宗祇、中国の李白や杜甫である。かの詩人たちも、最初は武士や官僚としての定住生活があるが、その詩を開花させるには「旅」に身を置いたわけである。こうした意味で棲家と詩心・歌心というのは重要な関係があるように思われる。

東京は下町の香りのする街で育った僕は、そこを寓居としていた芥川龍之介をはじめとする「文士」たちを、小学生の頃から意識していた。他にも萩原朔太郎・菊池寛や陶芸家・板谷波山なども窯を持っていた文士村が僕の生まれた田端の街である。とりわけ牧水との縁を感じるのは、実家の近くに歌人・太田水穂が居を構えていたこと。牧水の妻・喜志子は長野から東京に出て来た際に瑞穂の宅におり、そこを牧水が訪ねて一目惚れしたと云う。少なからず僕自身が牧水研究をする一つの縁は、この出生地における土地の縁であると今にして強く思うのである。牧水や啄木の随想を読めば、その街並みが結構リアルに想像できるのが僕の大きな文筆の武器かもしれない。

土地と棲家と人生の縁
なぜその土地で生きるのかという必然性
宮崎〜東京・・・東郷〜田端


tag :

人生は1日で決まらず

2018-01-15
たった1日の試験が人生を決めるのか?
否、そこに至るまでの過程とその先をどう生きるのか
足りないものを取り返すことこそ人生さ

日本の入試制度に関しては、その渦中を生きてきた一人として様々な問題を孕んでいると常に考えて生きてきた。小学校6年生の時に、私立中学校をブームのように受験したことで、自らの最初の岐路があったように思う。その受験は子どもながらも上手くいったとはいえず、以後の中高6年間を通じて、その「借り」を返すような夢を常に抱いて自らを奮い立てた覚えがある。そうした意味では、「つまづく」ことは決してマイナスなのではなく、人が前進する大きな力を生み出してくれる。そして大学に入学したら入学したで、自らの力が甚だ足りないことに自覚的になり、中高教員に就職したらしたで、このままでいいのかと常に問題意識を持ち続けてきた。

前述のような意味では僕の場合、常に「取り返す」人生を今まで歩んできた。研究者としても学部卒でそのまま大学院へ進んでいれば、10年間は早くこの道に就くことができただろう。だがしかし、現職中高教員を20年以上に及んで経験したことが、今のポストに就くにあたり大きな武器となっている。大学入試の光景を「人生を賭けた春」などと巷間では表現することがあるが、真に「賭ける」には賭けるなりの脈絡があるのだと思うのである。高校で進路指導に携わっていた際も、常にこのことを念頭に置いていた。長い人生の中で、この「選択」がどういう意味を持つのか?という問題意識。入れる大学ではなく、入りたい大学。制度を云々する前に、まず自らが「生きる」べきだと思うのである。

就職10年後の大学院進学
今までやってなかったことなら今始めればいい
日々を大切にするゆえ、人生は1日で決まらず。


tag :

第2の誕生自ら生るる

2018-01-14
自力で生命を獲得した感覚
集中した異次元の時間
トイレに立って確信する来し方行く末

自分の中で実際の誕生日に続く、第2の誕生日がある。それは志望大学の受験と合格発表の日であり、その際の受験番号を今でも「ラッキーナンバー」として大切にしている。それは「どうしてもその大学にしか行きたくない」という固い意志を、現実に掴み取るための時間であった。長年、現職高校教員を勤めてきたが、自分と同等の固い意志を持った生徒に出会ったのは片手の指に収まるほどの人数であろうか。思い返すに高校の担任の先生にとって僕は、頑固で扱いづらい生徒であったに違いない。受験校を決定する際にも、ほとんど「滑り止め」はなし。その担任の母校をかろうじて受験はしたが、入試の際はほとんど集中できず「やる気がない」ような状態であった。それに比べて「どうしても行きたい」と誓った大学の受験日は、精神の立ち方が明らかに違っていた。

早朝5時に起床した際の、寒いながら冴えた空気感。母も同様に早く起きて、好物のハンバーグを入れた弁当作りに勤しんでいた。そして茶の間では「テレビ予備校」なるものの早朝放映が流れていて、母親の細かな配慮が身に沁みた朝であった。受験会場たるキャンパスには開門15分前には到着して、来るべき時間を待った。不思議と寒さも感じず、根拠のない自信に満ちていたように今にして思う。それは尊敬していた全国的に著名な英語講師の先生の講座を講習会で受講していたが、その先生はいつも「これだけのことをやっておけば、落ちようとして落ちることはできない」と合格水準の英語レベルをいつも明確に示してくれていた。その言葉が、自らの脳裏に焼き付いていたからでもある。その流れの通りに最初の英語の試験、次の国語の試験と進み、休憩時にトイレに行くと再び確信が深まった覚えがある。だが最後の日本史の試験の際は、やや危うさを感じてしまった。それゆえに本当に合格するかは「神のみぞ知る」ではあったが、女神は僕に味方してくれた。こんなことを、またこの日に思い出した。

あの日も見守ってくれていた母
そして僕を送り出してくれた自宅
第2の誕生日の意味を、生かすも殺すも僕のその後の生き方次第だった。


tag :

過去を未来に繋ぐ語りに

2018-01-13
母親との会話の妙
深夜まで及び新たな発見も
その年代ごとの親との関係性

約10日間にわたって滞在していた両親が、帰京の途についた。前夜は地元の親友夫妻も交えて、近所の馴染みの焼肉店へ。この宮崎で過ぎた5年という時間を遡求したり、現在の社会情勢に話が及んだり、互いの宮崎での将来について自由な放談ができて実に楽しかった。「語り合う」という行為は、間違いなく思考を活性化させる。年齢を感じさせない母の活発な発言は、逞しささえ感じつつも時に「3倍盛り」になることもあり、酒宴の場(母自身は現在酒を飲まないが、ほとんど飲んだ状態に近いと親友の弁)にさらなる活気を誘発する。「ことば」はある時は「架空」であったり、「理想」であったり、「戯言」であったりもする。だがそのすべてが自らの現在過去未来を引き連れている。

焼肉店から帰宅して、食卓にて深夜に及び母とさらに諸々と話を交わした。この年代になってあらためて発見するのは、自らの様々な思考・言動癖が母のそれと一致することだ。もちろん良い面もあれば改善すべき点もあり、これまでの研究者生活で自らの思考癖を客観視した中で修正してきた点が多々あって興味深い。DNAというのは身体的に表面化しているものばかりではなく、内在してある契機なくして表に出ないものもある。さらには自らが母のお腹の中にいた際に、どんな出来事があったのかなどという過去の話を聞くと、なぜか必然性を持って聞こえるのは気のせいであろうか。胎児であった僕自身の時間というのも、それは「過去」と呼べるのであろうか。まさに水から生まれる命のみなもとを感じつつ、貴重な時間を持つことができた。

語り合いて命の意味を考える
親と過ごせる時間のありがたさ
過去を未来に繋ぐ現在を大切にする。


tag :

夢を叶えてイルカ反り立つ

2018-01-08
夢を職業にした姪っ子
諦めず一途に向かう人生の道
2頭のイルカが既に家族のように

もう3年前の今時分のことである。宮崎県内にあるイルカランドを見学に行きたいと、姪っ子が東京からやって来た。県内とはいえ鹿児島県境に近いその場所までは、車で1時間半ほど。その当日は海風が強く吹き、当地はだいぶ寒かった記憶ばかりが強く残っている。当時、姪っ子はイルカトレーナーを目指す専門学校生で、全国でも限定される就職先の候補としてこの宮崎の地を選んでいた訳である。折しも、世界的に日本のイルカ乱獲などが問題視され、こうしたイルカ施設への個体供給などに支障が懸念される時勢でもあった。それゆえ僕自身は、姪っ子が専門学校へ進むことには反対であった。まずは海洋系とか水産系の大学に進んでから、その道の問題意識も深めてもらいたいと願っていたからである。だが姪っ子は「必ずトレーナーになる」と固い意志を示して専門学校に進学し、その果てに見学したこの施設の採用試験に合格した。その志には、自らが貫いて来た大学教員への思いが重なり、その後は夢への第一歩を踏み出した姪っ子を応援して来ている。

入社後、すぐにイルカを扱える訳でもなく園内の他の動物の世話とか、隣接する宿泊施設で部屋のメイクやらレストランでの給仕やらを、ひたするこなす日々であった。時に弱冠20歳の身には、厳しい社会の現実であっただろう。だが何事もそうだが、「苦労は買ってでもせよ」である。その状況にいかに腐らず、前向きに仕事をするかが大事なのではといった話を会うたびごとにしていた。社会で下積みをすることの意味が、世間的に薄れて来ているご時世。この期間が姪っ子の心を豊かに育てたように思われた。そして入社2年目の本年度から、イルカを担当できる部署へと配置転換があり、姪っ子の夢はさらに前進した。その仕事ぶりをぜひとも見てみたいものだと、昨日は両親ともども当地へと赴いた。姪っ子の担当するイルカが2頭おり、子どもさんなどが餌やり体験をできるコーナー。専用の笛をくわえつつ手振りで指示を出すと、面白いようにイルカが反り立ったり、手鰭・尾鰭をこちらに振ったりする。餌をあげる際に大きく口を開けたイルカの舌の部分に姪っ子がスキンシップを施す姿に、実に深い信頼関係ができ上がっていることを感じた。まだまだメインのイルカショーには出演できていないが、姪っ子の夢はさらなる高みに向けて続いているのである。

夢は叶えるもの
「本気でなろう」と思うこと
「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」


tag :

牧水を育てし街を見下ろしており

2018-01-05
曽祖母から伝えられる大師信仰
日本一の大きさの大師像の足元へ
延岡の街を見下ろすその視線の先に・・・

大学業務は仕事始め、教員や学生は未だやって来ないが事務の方々は朝から相互の挨拶などに動くキャンパス。大学学長をして「初仕事」と言わしめた「辞令交付式」に僕自身は参列。本年1月1日付にて新たな職階となり、その辞令を学長から託された。いただいた「書面」の重みとは、なんであろうか?学長は、「地域貢献の中核を担う」ことを旨としつつ、研究・教育は全国・全世界に広めて欲しいという大学の目標たる理念をあらためて生の言葉で伝えられた。僕の場合は「牧水研究」を始めとする「短歌県」としての活動、その成果を広く世に問わねばなるまい。もちろん学内で育てる学生たちの未来を見据え、みやざきの将来を担う教員を育てることも大きな仕事。みやざきの教育の中で「短歌」を中心に、豊かな言葉が展開する環境を構築していかねばなるまい。

1枚の「辞令」にこのような重さを感じ取ったので、午後はお礼参りと新たな祈願をという気持ちになって、父母を伴って延岡まで車を走らせた。みやざきで初詣といえば多くが神社であるが、母方の曽祖母の代から大師信仰が根強いゆえ、今山の丘の上に立つ日本一の大師像を拝むためである。ちょうど2年前にも父母とその地を訪れたが、どうやらその時に父は「足腰守り」を授かっていた。昨年の10月ごろ、仕事中に父は転倒し腰の一部を骨折してしまった。折しも僕自身は和歌文学会大会を控えて東京に急遽行くこともできず、電話で母と怪我の具合や治療の方針を相談して、精神的に辛かったことが思い返された。だが数ヶ月の治療とリハビリを経て、今父は今山大師の石段を山頂まで登ることができた。それは怪我をしたものの軽減してくれたこの「足腰守り」のお陰であると、今回の参詣を大いに喜んだ。その丘の上に立つ大師像、もちろん牧水が延岡で青春時代を過ごした時代に存在していたわけではないが、延岡の街を一望に見下ろしており、その眼の先の方角には高野山があると云う。誠にありがたき延岡の大師像である。

往復の車内では「今日」に至るまでの
父母と僕の歩みについて様々な会話が弾む
やはり電話ではなく生の「言葉」が誠にありがたいものである。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>