FC2ブログ

時間量より密度が肝心

2021-05-06
時間を刻む
15分・30分・60分・90分
それぞれの単位で何ができるのか・・・

1日が充実したと思えるのは、まさに「実が充つる」と字のごとく時間単位の密度が高かった日である。物事は決して長い時間を要すれば充実するわけではなく、刻まれた時間をどう活かすかが大切であるだろう。例えば、小欄を朝に書く時間にどれほどを要するか?ただただ、ダラダラと考えていては無駄に長くなってしまう。一定時間を区切り、その刻まれた時間内でこなすことが肝要である。「筋トレ」などを永遠にやるのではなく、効果的な回数と時間を決めて実施するから効果的であるのと同じだ。その結果、一定の時間内に一定量の文章が書ける「筋力」が身についてくる。実務的な文章を含めて、「書きたくない」ものがないわけではないが、「書けない」ということはほぼほぼあり得ない。小欄が脳トレになっている所以である。

小さな「ゴール」を決める、これが「密度の高い時間」とするためのコツである。時間の刻み方は「15分」を一単位としてその倍数。2倍・3倍・4倍と考えて、その内でも「15分」の刻みを意識する。講義でも聞く立場を考えれば、ダラダラと長い説明を喋り続けるのはよくない。「ちびまる子ちゃんの一話分」とよく言うのだが、そこで「CM」らしき小休止を挟みギアチェンジするのである。自分の作業の際は、構えないとできないのではなく、すぐに「トップギア」で走る。「あと15分が何セットできるか?」を考えて、挿し込み時間を有効に使う。この「即座にトップギア」は筋肉だと肉離れなどの可能性があるが、脳はその心配もないとある脳科学者も推奨していた。小欄こそが「早朝トップギア」のトレーニングなのである。

などと考えて文章ができた
長年で培った文章作成の作法
このように自ら書くことでまた自覚を高める効果もある。


スポンサーサイト



tag :

まわり道より道もいいじゃない

2021-05-05
まっすぐ目標に向かう生き方もあれば
まわり道より道をする生き方もある
旅は観光名所のみを見るべきにあらず

巣籠もり2度目のGW、仕事から離れて自由に原稿を書いていることがただただ幸せ。こうして毎朝、小欄を書くことは文章を書く「筋トレ」のように作用し、だいぶ充実した筋肉がついた気がする。さらにまとまった原稿を書くことで、文章で表現する楽しさ・面白さに無条件に出逢っている。確か高校生の頃だ、マラソンなどスポーツの大会がテレビ中継されるのを観て、そこで感じたことを原稿用紙に書くのが楽しかった。全国的なYゼミナールの「小論文模試」にて、「全国ランキング3位」になってさらに自信をつけた。どこかで「物を書く」ということが生業になればと感じていた。その結果、教育学部(教員養成)と文学部とを迷って、後者に進学することになった。そのまま、「物書き」またはスポーツアナか記者という夢も思い描いたが、やはり「教師」になりたくなった。「物を書く」と同時に、人に語るのがどうしても好きだという習性に気づいたからだ。

現在はすっかり旅に出るなどいつのことか?という世情だが、観光名所ばかり巡る旅は面白みがない。他愛もない裏路地で名も知らぬレストランに入り、手作りの料理を味わい他愛もない人と呑み交わす。そんな旅こそが、人生に必要だと思うことがある。僕自身の人生も旅だとするならば、すべて順風満帆に航海してきたわけじゃない。研究者・物書きを目指しつつも、教育現場で生徒らと時間を過ごすことに魅せられ中高教員になった。現場の楽しさが、しばし「研究」や「著述」を僕から遠ざけた。しかし、果たして「自分」とは何がしたいのか?を問うようになり半ば強引に教職に身を置きつつ大学院修士に入学した。まっすぐに目標に向かった同級生が次々と大学教員になる中、院生として研究発表をくり返し論文を書く日々。次第に短大の縮小化や「国文学科」の極端な減少から、大学教員としての就職口が狭められた。だがしかし、難破しそうな航海にも必ず風は吹くものだ。「教員経験」の実務がある研究者こそが、教員養成学部で求められるようになった。よって宮崎への移住というのは、僕のまわり道より道をいいじゃないと言ってくれるありがたき好機となったわけである。

野球で言えば中盤からの大逆転
人生はいくらでもやり直しができる
まわり道より道の経験をこそ活かした人間味のある仕事がしたい。


tag :

令和になって丸二年

2021-05-02
風薫る五月
令和改元の日が忘れられぬ
あの日の気持ちを大切に歩む

五月へ暦をめくると、何か新しいことがあるような気がした。ちょうど「令和」へ改元されて丸2年、その日からの歩みを思いつつ新しい明日を夢見るような心境である。信念として「思い続けたことは必ず現実になる」は、これまでの人生で体現してきたことだ。風薫る五月に身を任せ、細胞次元で新陳代謝が日々起きているように新しい自分を築いていきたい。「風薫る」と言うには風があまりにも強い一日であったが、陽光も海も明らかに五月の色になった。初夏の気分が誘発するものを掴みながら、宮崎の海岸線を眺めているのは爽快だ。

令和の丸二年間のうち、半分以上は「新型コロナ」に覆われた時世となってしまった。しかし、どんなに世界が変わろうとも己の生きる軸の確固たるものを持つべきと思う。いやむしろ「軸のあるブレない人」かどうか?を新型コロナ社会が炙り出しているとも言えるかもしれない。夫婦の愛情や親子相互の慈愛、親戚それぞれの身の処し方、職場での意識の深浅、店舗経営者の信念と心の持ち様、そして僕たちはどんな地方自治体に住み、どんな国に税金を払って身を委ねているのか、そんなことを尽く新型コロナが炙り出している。「今ここにある」幸せを強く実感しながら、新たな「五月一日」を生き始める。

海を見ていた午後
日向灘を眺めその雄大さに抱かれ
「五月一日」を固く胸に


tag :

花の下にて春死なむ

2021-04-23
「願はくは花の下にて春死なむその如月の望月のころ」
(西行法師『山家集』より)
桜の樹の下には・・・・・

親友の落語家から電話があって、親しい先生のお母様の訃報を知った。彼の元には複数の訃報があり、色々と気が滅入っていると漏らした。そこからがさすがは落語家、「どうして桜の花が咲く頃に、人が亡くなるのでしょう?」と自らに問いかけているのだと言う。思い返してみれば、僕の記憶にも「花の下にて」亡くなった方々の顔が複数思い浮かぶ。あの「桜」の喩えようもない美しさ、大地の養分がその花を咲く力として吸収され一気に咲き乱れるといった印象。古来から数多くの和歌に詠まれてきた「花=桜」には、単なる季節観だけでは済まされない生命の神秘的な力さえ感じられる。

冒頭に記したのは、著名な西行法師の歌。「願うならば私が心を奪われてきた桜の花が咲く樹の下で春に死のう、そんな如月(旧暦二月)の満月のころに」といった解釈だが、西行法師はこの歌通りに「春死なむ」の最期であったと云う。今年などは1月の寒い時期から桜の樹のある公園を歩くことが習慣となり、その蕾から芽吹き花が咲くまでをよく観察していた。固く包まれた蕾が花を咲かせるまでには、かなりの力がいるのではと思わせた。落語家曰く「花が咲くための力を人々の命から持ち去るのでしょうかね」と、確かに桜花爛漫は「始発であり終焉」でもあるような無常を感じさせる。しかし、それゆえに「桜の時節」には親しき故人を深く偲ぶことが、我々が「生命」を再確認できる時間となるものだ。

「桜」と日本人の不思議な関係
社会的な動向にも大きな影響を与える
「その如月の望月のころ」満月もまた人の生命の喩ともなる。


tag :

自由に飛べる翼が欲しい

2021-04-22
学べることの尊さ
失われて知る貴重な時間
学ぶための自由をください

「教師」というものは、教師になってからが勉強である。誰からともなくそんなことを言われて、今まで確固たる信念を持って実践してきた。学部卒で高等学校の非常勤講師となって1年勤務すると、当該校から専任教員となることを認められそのまま就職した。研究をしようか?教育現場で生徒らと向き合おうか?当時は非常勤講師での授業を経験しながら真剣に悩んでいた。しかし、次第に非常勤でも部活のコーチをしたり学校行事にも参加したり、現場で生徒らとともに歩む楽しさを知ってしまった。自ずと研究への手は止まり、学会などへも行かないようになった。「勉強」には様々な種類があるが、「現場」こそ自分を「教師」として高める豊富な学びの場だと実感する時代であった。

だが人間は勝手なものである、暫くすると再び研究への思いが募り「学校」の拘束から自由になりたくなった。土曜日は学会に行きたいので部活動の活動日から外し、生徒に不評を買ったこともある。大学院のゼミ演習に通うために研究日の曜日指定を受けると「なんであの人だけ」と誰からともなく批判され、「学校の仕事に集中せよ」と指導を受けたこともある。「研究日に研究をして何が悪い」などと思い、ほぼ「休日」と同等の価値しか見出していない同僚を怨んだ。年度末の「研究日報告」には必ず雑誌掲載論文のコピーを添え、多くの同僚が数行ぐらいの文章で済ませていることに疑問を感じた。学部卒直後にもっと勉強しておけばよかった、そんなことを痛切に感じる日々であった。尊い学びが目的であっても、自由は奪われて初めてその価値を知るものだ。学位を得て大学の非常勤講師になった際、給与は大幅に減ったが学びの自由に回帰できた喜びは計り知れなかった。

学べる環境があるうちに学べ
自らを困難な状況に追い込むことも学び
自由に飛べる翼の価値は失われて初めて知るものだ。


tag :

じっくり向き合う集中して急ぐ

2021-04-15
焦らず寝かせて熟成を待つ
急な〆切に集中してすぐに仕上げる
物事への向き合い方として

小欄を記す前に、朝の珈琲を入れてデスクに持ち込む。この文章が映し出される画面の前には、珈琲の豊かな香りが立ち上る。先月あたりから新しいマシンを貸与契約(珈琲そのものを通販購入すれば、マシンは無料貸与と云う)して使用している。抽出方式が選択できて、「標準」と「手淹れ」の二種類がある。後者は、抽出に3分〜4分の時間を要するが香り高い抽出が可能と説明書に記されていた。朝の限られた時間にさてどちらを選択するか?と思ったが、ほとんどが「手淹れ」を選択するようになった。むしろ朝から「3分〜4分も待てない」心性はいかがなものか?と思うゆえである。何事も「早い安い便利」が合言葉のようになった社会であるが、大切な過程を疎かにしてはなるまい。

そうかと思えば、急に強いられた仕事は集中して短期勝負という場合もある。過去には論文依頼書に記された原稿締切日が1ヶ月近く誤って遅く記載されており、急に電話で原稿を請求されたことがある。その時は憤りのような、だがしかし混濁しない頭に切り替わり論文を数日で仕上げた憶えがある。中国の歴史を記述した『史記』を著した司馬遷の「発憤著書」というのは有名であるが、憤りは表現をまくしたてて書かせる作用も持つ。これは一見、焦っているようだがそうではないだろう。「発憤」したことで短い時間を緻密に刻み、過程を的確に踏んだ階梯を着実に上ったということのように思う。人生の時間は限られる、ならばいかに生きるか?じっくりと集中の両刀の境地が必要なようだ。

寝かせればことばが言葉を呼んでくる
集中すれば自ずと躍動感が増す
待てる人であり瞬発力のある人でもありたい。


tag :

命をいかに使うかー「生きる」は「活きる」

2021-04-07
坂本龍馬はいついかなる時も
池江さんの復活までの苦闘を思い
「生きる」=「活きる」

池江璃花子さんがオリンピック代表を勝ち取った報せは、日本のみならず世界から賞讃の声が届いていると云う。1年延期になったとはいえ、「東京五輪」の代表に池江さんが復活すると思っていた人は少ないだろう。もちろん2024年パリでの復活は誰しもが祈っていたに違いない。これを世間では「奇跡」と呼ぶのだろう。代表選考レースに優勝した後のインタビューにはもらい泣きをしたが、彼女の真実の苦闘はそう簡単にはわからない困難さがあったことにも思いを致す。想像はできたとしても、当事者にしかわからない恐怖や挫折や不安の思いは計り知れない。何よりも「オリンピック」にこだわるのではなく、「泳ぎたい」この命を「水泳」に賭けたいという純粋な思いを持ち続けたことこそを讃えたいと思う。

かの坂本龍馬は「私心があっては志にあらず」などと言って、自分の命をどう「活かす」かを常に考えていた節がある。脱藩という掟破り(親類とも縁が切れるほどの決意)に際しても、父母が手渡した愛情こもる金銭を「生き金」にすると利己的には使用しなかったとも云う。小説やドラマ的な脚色が逸話として拡大したこともあろうが、龍馬その人の「生き方」はまさに「活き方」であったのは間違いないだろう。人間が人間たる意義は、衣食住の基礎の上に何にどう「活きる」かが実に大切なのではないだろうか。生きていれば、予想もしない困難に向き合うことも少なくない。志を持ったとしても、上手くいくとは限らない。肝心なのは、困難や失敗をいかに乗り越えて「活きる」かである。池江さんは自らの命の尊さを心底わかったのだろう。僕らには決してわからない次元にて、である。

まずは「今日」を「活きる」
朝陽が昇ればまた「活きる」ために
池江さんの復活が歪められた美談にならないことだけを願う。


tag :

命いっぱいに生きる

2021-04-06
「どんな会社もすうっといったものはない。
 もう投げ出したくなるような状況を
 何度もくぐり抜けてきている。」(松下幸之助の言葉から)

今朝起きると、懇意にする会社の社長さんが冒頭に記した松下幸之助の言葉をSNSに上げていた。社長さん自身もその言葉に該当するような「一人」として、その「大事さ」を考えたというのだ。もちろん僕に会社経営の経験はないが、「会社」はそのまま「教育」にも「研究」にも置き換えられるだろう。学部卒で教師になった時も、今一度研究を志した時も、決して「すうっと」簡単にまっすぐ進めたわけではない。誰しもが「もう投げ出したくなる状況」を経験するのだが、そこで「くぐり抜け」られるかどうかが肝要なのだ。「命いっぱいに生きる」ことこそ人間の「志(こころざし)」、この語は読み方と字の成分のごとく「心が上を向く」ことを云う。

人生を歩めば、病に向き合うことも少なくない。だがそこでも「命いっぱいに」の意志を繋ぎ「治して生きる」思いは尊い。人間の身体そのものが「すうっと」は行かず、「投げ出したくなるような状況」になる場合もある。しかし、そこでこそ「生きよう」という志を持つことこそが何よりも人としての価値ではないか。決して「投げ出す」ことなく、自らの「生きる」を自らが尊重する生き方。自分しかわからない闘病の苦しみにも耐え抜き、「くぐり抜けよう」とする「志」は、僕らにあらためて「命」の尊さを教えてくれる。そして松下の言葉がそうであるように、「志」はいつまでも深く接した人の心の中に生き続けるのである。

「生かされて」また「活きる」
今日も「生きる志」を持っているか?
いただいた命をいっぱいに生きる。


tag :

親といふこと

2021-04-05
例外なくすべての人は
親ありてこそ此処にある
「木の上に立って見る」=「親」

昨日の小欄に「命ということ」を記したが、自らの命がこの世に存在するのは「親」ありてこそなのだとあらためて思う。親の出逢い無くして、この世に存在しなかったこの命。その母と父の出逢いそのものが、地球上の確率からして奇跡とも呼ぶべきものだろう。さらには生殖段階でどれほどの大海の中での稀少な確率のうちから、自分の命が生まれたのだろう。その神秘ともいうべき確率の中から、選ばれて生じた我が命。親に対しては年齢に応じて様々な思いを抱くが、尊敬と感謝を忘れてはならない。

4月2日小欄記事に、「松明を次の人に手渡す」ことが「文学の継承」であるという村上春樹氏の弁舌を引いた。これはそのまま、親子の「命の継承」にも言い換えることができる。自らが「命の灯火」をまっとうするにあたり、また子に次の「松明」を託す。受け取った子がまた、「灯火」を消さぬように次へと繋ぐ。「親」という漢字の部品を分解すると「木」の上に「立」って「見」るとなる。いついかなる時も「親」は「子」を高いところから見ているのである。

春の雨がやまず
また一つ夜が明けて
今日はいづこへと続くのか


tag :

命といふことー詩歌が必要なわけ

2021-04-04
命といふことー詩歌が必要なわけ

「生きるということ
 いま生きているということ」
(谷川俊太郎「生きる」より)

朗読のワークショップを行うと、冒頭の谷川俊太郎さんの有名な詩を最後に全員で読むことがある。この部分のリフレインを、一人ひとりが噛み締めて「いまここで声を出すこと」こそが「命ということ」を実感する。「・・・ということ」や固有名詞など、詩の中には我々を取り巻く世界の事象が示されていく。「それはミニスカート」など、解釈するには立ち止まりたくなるものも登場する。それこそが多様な世界観であり、認識を耕すようにただ声を出し続ける。

我々は概ね日常において、「生きるということ」を考えてはいない。しかし「生きて」いる。それ自体が矛盾のようでもあり、ことばや意志をもつ人間ならではのことなのかもしれない。だからこそこの詩のような「文学」が必要になる。人間は忘れやすい。だからことばをくり返し声に出して、「命ということ」を忘れないようにするのだ。朗読ワークショップをする際は、「あなたならではの『生きる』」を朗読の前に一行だけ書いてもらう。谷川さんの詩の最後の聯を読み終えると、各自の「一行の命」を朗読する。

人間に詩歌が必要な理由
「命」=「聲」
「生きるということ」


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>