「男の人にはわからないゆえの女心」なのか?

2017-09-20
「おみなこころ」
「女心と秋の空」
「女に特有の気持ち」(『日本国語大辞典第二版』より)

世はすっかりジェンダーフリーな時代だが、「女心」などという語彙が使用されることは少なくない。特に「恋心」といった上で意味する場合が多く、桑田佳祐さんの曲の中にも「可愛い声でごめんと言って、振り向きもせず出て行くあなた」や「突然はいそれまでよ」といった唐突な心変わりを「女心」として描いている作品も目立つ。そうした歌詞の中で、「男」はたいていその「女心」を理解できず、「粋で優しい馬鹿」として描かれるのが桑田さんの男性観でもあると思うことがある。NHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」も大詰めを迎えているが、記憶を失った主人公・みね子の父親・実が、奥茨城の家で農業に従事するうちに妻である美代子をあらためて「好きだ」という場面があり、美代子も「そんな誠実で優しい実さんが好き」と言いつつも相変わらず「女心」はわかっていないと言う。だが「男の人にはわからないのが女心ね」と悟る場面があった。

考えてみれば男にはわからないゆえ「女心」だというのも、理論的には妥当ではある。また冒頭に引いた成句「女心と秋の風」は、元来は「『男心に秋の風』を言いかえたもの」(日本国語大辞典第二版)であるとされている。となれば「心変わり」しやすいのは「女」に限らず、従来から「男」もそうであった訳であり、「女心」「男心」も語彙史を通底してみれば、ジェンダーフリーであるといってよいようである。古典和歌から近現代短歌に至るまで、「忍ぶ恋」や「叶わぬ恋」「切ない恋」を主題としているのは、こんな男女問わない「恋心」の本質に起因しているのであろう。牧水も激しく悲痛で簡単には叶わない小枝子との恋を経験することによって、その歌の境地を高めたといっても過言ではない。その後は牧水を一生かけて支援し続けた喜志子を妻としたことで、その後の歌人としての功績も積み上げられたことだろう。牧水の歌を考えることは、自然や旅や酒のみならず、こうした「恋心」においても様々な「学び」がある。そしてたぶん牧水もやはり、「女心」はわからなかったのではないかと推測しておく。

「わからない」ところがあっても
自分らしくあり好きな同士でいられるということ
「ひよっこ」は劇的変化ではなく、人間の微妙な心の機微を描く秀逸さがあってよい。


スポンサーサイト
tag :

土地の歴史を伝え続けること

2017-09-11
都城島津邸歴史伝承館
近世を中心とする豊富な資料
そしてまた久しぶりにTVで観る花火

和歌文学会第63回大会へ向けて、諸方面の準備に追われている。概ね軌道に乗ったかと思えば、案内プログラムに誤記があったりと気が休まる間もない日々である。今まではどちらかの開催校へと一方的に伺うだけであったが、やはり何事も経験すると開催する側の苦労が真の意味で理解できるものだ。この日は、宮崎に伝承された古典籍資料の展観をお願いするために、島津邸歴史資料館へと赴いた。周知のように江戸時代までは都城島津家が治めていた土地、いっときは「県」として独立しようとした時期もあった都城の風土は、その歴史を深く諸資料に刻んでいるようである。和歌、特に近世期の連歌資料が多いと聞いていたが、未調査の資料も多くあって、むしろ今回の学会に展観することで、興味を持って調査対象にする研究者との邂逅があればと願う資料等である。文献的書誌情報はあまり明示できないが、まずはこのような趣旨で展観することの、ご承諾を得た次第である。

こうした資料が土地の歴史を地味に裏から跡付けるものであれば、「祭り」もまたその土地の歴史・風土と密接な関係を持った「資料」に他ならない。夕刻からBSフジが、母の故郷である新潟県小千谷市片貝町の「世界一四尺玉」花火があげられる「片貝祭り」を生中継した。つい先日、当地へ出向き墓参や親戚の家を挨拶に回った土地である。当の「世界一花火」はと言うと、ちょうど母が還暦を迎えた年に、桟敷の特等席でその重厚な大輪の華を見上げたことがある。TV放映でも強調されていたが、地元の中学校で同窓会が組織され、成人や厄年から還暦に至るまで人生の通過儀礼として同窓生の間でお金を出し合って「花火」を打ち上げる伝統がある。還暦の打ち上げは例年「連発スターマイン」だと云うが、母の同窓会があげた花火を見上げた時は、その60発の1発ごとが母の人生そのものだと感じられ、28発目からは自分もともに歩んで来たのだなどという感慨に浸り、涙で大空の華が霞んだと記憶している。TVでは華々しい「世界一」だと報じていたが、内実は高齢化過疎化などによって「花火(祭り)」の存続にも、大きな問題が生じていると聞く。あらためて土地で生きる、土地から巣立つ「人生」とは何か、そして故郷とどのように繋がり続けるか、などという人間としての大きなテーマを考えさせらる時間であった。

故郷・土地そしてその歴史
他に代え難き人生の主題でもある
そしてまた今日を生きる生き続ける



tag :

動きにょろめき尾の隠れゆく

2017-09-04

「物思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出るたまかとぞみる」
(『後拾遺和歌集』一一六二・和泉式部)
魂の対話へ・・・・・

祖父の建築した神社は、山深く自然に恵まれた地にある。温泉に癒され沢の瀬の音に心洗われ、自然豊かな食材が温泉宿でも提供される。母が幼少時にこのような素晴らしい場所で育ったのだと思うと、自らの自然への尊崇の念があらためて確認されるような気になる。当時の建築技術にして、神社落成には3年間ほどの歳月を要したらしい。その間、小学校に通学しなければならない母の姉は街中の家に預けられ、母とその弟がこの山中で祖父らと生活をともにしたと云う。そこで生活していた家のあった集落を今回は訪れてみた。

神社のある場所からさらに山路を奥深く入ると、まずは不動尊がある。こちらの社は残念ながら中越地震で倒壊してしまい、道路脇の地に新たに頑丈な御堂が再建されている。どうやらその再建に当たって、母の姉が寄付をしたことを証する碑が境内に建てられている。伯母の娘である従姉妹らとともにその碑へと歩むと、右奥に何やら動く気配を感じた。従姉妹らは果敢にその姿を追ったが、どうやら蛇がいて我々の接近を察知し切り岸の方面に隠れゆくようであった。その尾が岩の陰に潜むところを、僕も確認できた。龍=蛇に由来のある神社ゆえ、その姿には亡き伯母の魂を感じるものがあった。

自然・生き物の中にある我々の生命
御神木の一本杉がまた僕に力をくれる
希望の明日へ向けて、そしてまた僕はどんな魂をのこせるのだろうか。

tag :

ルーツー生まれ出づる理由

2017-09-03
性別・性格・なくて七癖
自覚できない「性」の理由を見る
親戚従兄弟の会を楽しむ

3日間の集中講義を終えて、週末は越後路へ。母方の従兄弟親戚が、祖父の建築した神社近くの温泉に年1度集う会に参加するためである。自分が九州に赴任・移住したこともあって、こうした機会を設けないと、なかなか盆や正月に親戚が集うという機会も設けづらいわけである。祖父は宮大工の棟梁で、その地の山から樹を切り出して材料とし山道途中の切り岸の上に「高龍神社」という社を戦前に建築した。場所としては中越地震で大きな被害となった山古志村にほど近い場所であるが、その大きな揺れでも社は倒壊せず、その際に天井裏から祖父の鑿が落下して発見されたというから、それもまた何かのお告げではないかと親戚中の話題となった。

従兄弟親戚が集まるといつも思うのは、表情をはじめ何らかの類似点を双方の中に発見するということだ。そして言動や性格 などについて観察していると、自分でも「おやっ」と意表を突かれたような発見をすることがある。短歌創作を始めて以来、こうした観察眼を持とうと意識しているせいか、ついつい宴会などにおいても様々に「取材」をする意識が起動する。そんなことを考えていると、やはり自分の「主題」として「父母」を通じて何かを詠うことには、こだわっていきたいという思いが再認識される。不思議とこの地を訪れてのち9月の歩みは、幸運に恵まれ実りの秋となることが多い。

宴会から二次会のカラオケ
従兄弟たちとの楽しき時間
祖父母らがどのような顔でこの様子を眺めているだろうかと思う。

tag :

記憶は「物語」ゆえ短歌になる

2017-08-08
「記憶」は「録画」なのだろうか?
「記憶」は自己の解釈を基に書き換わるもの
短歌は過去を書き換えられるとすれば・・・

朝ドラもあと2ヶ月となって佳境に入ってきたのだろう、主人公みね子の行方不明になっていた父親が記憶を失った状態で居場所がわかり戻ってきた。父親は東京の雑踏で出稼ぎの給与をひったくられ、「家族のための仕送りだから返してくれ」と犯人を執拗に追い詰めた際に、頭を棒で殴られたことを発端とする悲痛な経験によって記憶を喪失させたという設定になっている。こうした外傷性・ストレス性の記憶喪失のみならず、老人性・病理性による記憶障害の問題は、誰しもが他人事ではない高齢化社会・ストレス社会が現状では目の前に厳然としている。家族が家族のことを「わからなく」なってしまうという事態に、われわれはどう向き合ったらよいのだろう。「東京」という人間性を失った都会が、父親の記憶を奪ったともいえる朝ドラのストーリーは、そんな家族が「肩寄せ合って」父親の記憶を回復させる物語へと向かっているように思われる。

地元紙・宮崎日日新聞8月7日付「現論」欄に、元陸上選手の為末大さんが寄稿していた。タイトルは「記憶の書き換え」で、過去の自身の競技経験を振り返り「認知心理学の世界では人間の記憶は曖昧で、無意識に再編集されるということがよく知られている。」と云う。特に「トップアスリートほど過去を書き換える傾向が強いのではという仮説を持っている。」として、「未来に希望を持てるように、(トップアスリートは)過去を再編集する癖がついている人々」なのだと記されている。いわば、「正確に言えば過去に起きた出来事は変えられないが、『意味』は変えられるというべきだろう。」ということで、「人間は現実ではなく物語を生きている」というのが、為末さんの「競技人生から学んだこと」だと結論付けられている。現実に同じ場所で同じ経験をした人でも、後日話をするとその内容に齟齬が生じることはよくあることだ。「現実世界」は各人が各様な解釈で切り取り編集し、自己の記憶装置の中に保存しておくということだろう。だからといって、ほとんど「解釈」に幅のない「誰それと会った」などという「現実」を、「記憶が定かではない」と公の場で逃げ口上にするのを肯定する気は毛頭ない。明らかにそれは人間性を喪失した政治社会によって、個々の中で腹黒く「編集」された結果の発言に過ぎないだろう。公にこうした「編集的」言動が繰り返されると、社会は「言葉」への信頼を極度に失墜させる。その一方で、短歌はどうだろうか。「過去」の「意味」を存分に内面で省察し、まさに自己にしか表現できないことばと息つぎによって表現しようという、美しく肯定的で真実を探究しようという「編集」なのである。この世知辛い社会であるからこそ、短歌によることばの復権が必要なのではないだろうか。

「希望を持つための『癖』」(為末さんの記事見出しから)
「生きる」ことが「記憶」であるとしたら
自分に真摯な「編集」をし続ける行為こそが、短歌である。
tag :

予定への向き合い方

2017-07-30
活動できる物理的総量
心身が保てる許容範囲
スケジュール管理のことなど

所属する短歌結社「心の花」が、秋田で全国大会を開催している週末。申込時点から何とかして行きたいとあれこれと考えていたが、大学前期が終わっていないこと、大きな主催イベントが入る可能性があったこと、何しろ7月の予定がかなり過密であったことなどを勘案して、やむなく欠席を決断した次第であった。昨年は初めてこの全国大会に参加して、多くの出逢いがあり短歌に一層魅せられたゆえ、参加したいという思いはそう簡単には消えない。この日も、SNS等で大会の様子を発信する方々の記事を読み、伊藤一彦さんの講演や「晴れの歌褻の歌」といった内容を、何とか想像しながら時間を過ごした。時折、やはり事情で参加できなかった方とSNSメッセージで交流したり。聊か自画自賛になるが、小欄のように参加した大会の内容を要約して紹介してくれるサイトはないかと、あらためてWeb上を探そうとする時間となった。

最近、スケジュール管理を再考すべきかと思うことも。先週はTV取材撮影・九州附属学校連合会の対談・落語会と3日連続となるのに加えてこの猛暑、さすがに途中で体力が持つかどうか、不安になる場面もあった。しかし、尊敬する歌人・伊藤一彦さんも大阪(1泊)福岡、その後週末の秋田だと知って、僕ほどの年齢でどうこうも言っていられないと、心身の体力を見直さねばならないかと考えたりもする。この日は充電が必要と、地元産野菜を中心に「29(にく)の日」よろしく半額になっていた宮崎ポークを素材に、体力を戻す食事を自炊した。その後は地元の温泉へ。既に常連仲間に加えていただき、湯船の中で地元の美味しい店を教わったりも。鰻の話題になったがまだ今夏は食べていないなどと、食生活の充実も体力への影響が大きいだろうと悟る。すると不思議と元気が出てきたりもするもの。「スケールが大きく」行くにはどうしたらよいかなどと考えて、早めの就寝と漕ぎ着けた。

何事も日常生活が支える
短歌にすれば心は解放されている
自己の中で錯綜しない予定への向き合い方を。
tag :

到着ではなく旅をするために

2017-07-22
「人が旅をするのは
 到着するためではなく
 旅をするためである。」(ゲーテの言葉から)

松尾芭蕉の『おくのほそ道』冒頭に記されているように、「月日」そのものが「永遠の旅人」なのであり、実際に旅をし続ける人ならずとも、「行き交ふ年」の上で「漂泊の思ひ」を抱いて日々を過ごすものである。「人生は旅である」といった趣旨は、小欄においても何度も書き記してきた。となれば、こうした文章そのものが「旅日記」や「旅先からの手紙」ということにもなろう。いま此の地・宮崎に住むに至るも、様々な「旅」の綾が錯綜し合って、長年住みなれた故郷を離れて、物理的にも「旅」の意味合いが色濃くなったようにも思う。「此処」という必然か偶然かの流れの中で、暮らすようになる縁のある土地。出身地から離れてこそ、見えてくるものもあり聞こえてくるものもある。そして予想もしない出逢いもあって、新しい朝が来る。

現代社会では、「到着」ばかりを急ぐようにいつからなったのだろうか?高校生は、大学受験をはじめとする「進路」のために、貴重な青春時代を費やす。大学生もまた、「就職」のために貴重な体験のできる学生時代をやり過ごす。教育する側も「進路指導」「就職指導」などという看板を大々的に掲げて、「到着」への準備こそが「生きる」ことだとばかり閉塞した歩み方を助長する。こうした社会環境に対して、僕自身は中学校時代から疑問を持っていた。塾へ行くよりやりたい野球をやる。高校の時しか体験できなかったであろう器械体操もやった。「研究」をしたいとは思っていたが、20代にしか踏み込めない現職教員の仕事に夢中になって、生徒たちとともに汗をかいた。とことんやりたいことから離れれば、再びやりたい「研究」の歩みに帰ってきた。こうして振り返れば、決して「到着」するために生きてこなかったと断言できる今がある。

「到着」したら何があるのだろう?
動かざる停滞、混迷、固着、汚濁するのみ・・・
新陳代謝を活発に、今日もまた旅が始まる。
tag :

「自分」の中にある「文化」のみなもと

2017-07-17
先祖の墓参
わが生まれ来しみなもと
意識・無意識に引き継いでいるもの

高校生ぐらいになると勉学に怠惰な気持ちも生じるゆえ、「古典」に対して「なぜ現在は使われない古いことばや文を勉強しなければならないのか?」と疑問を口にする者も多い。僕も現職教員の頃、こうした場面によく直面した。大学で教員養成に携わってからというもの、「中等国語教育研究」の講義などで学生たちに、こうした場面を想定してどのように中・高生を説得するかという場面指導演習を行うことがある。その際に僕自身が最後に一例として示すのは概ねこういう内容である。「君らは両親なくして生まれておらず、その両親もまたそれぞれに両親がいなければ生まれておらず、同じように先祖代々のDNA(遺伝子)を引き継いでいま此処にいられる。それと同じように君らがいま此処で使っている日本語もまた、そうした蓄積の上に初めて成り立っている。」

少なくとも大学生であれば、こうした内容にそれなりの納得を示す。「自分」の中に持っている「日本語」は、自分だけの存在では獲得できない「文化」であるわけだ。その始原は誰しも、たぶん母から投げ掛けられる「ことば」から始まって、次第に「言語」を獲得して来たということになるだろう。更に「大人」になって分析的に考えられるようになると、「言語」以外の「行動」も母や父から継承したものがあることに気づかされる。日常行動の順序、他者とのコミュニケーション方法、食事の習慣、食べ物の好み、動植物の好み等々、まさに「性癖」といった遺伝子次元で、自己の中に備わっている傾向があることを捕捉していくことこそ、年代を重ねるという意味ではないかと思うのである。

故郷は場所のみにあらず
こうした「言動」を引き継いだ場所
個々の人の中にこそ「文化」があることに自覚的でありたい。
tag :

今日の出逢いと目標の心得

2017-07-08
「今日は再び来らず」
城山三郎の小説にもなった標語
受験に向かう「今日」は、希望の「明日」を築く

7月6日(木)付宮崎日日新聞コラム欄「くろしお」に、こんな記事があった。二宮金次郎7代目子孫の中桐万里子さん(臨床心理学)が、子どもたちの「夢・目標」は「答え型」と「問い型」の二種類に大別できるのだと云う。例えば、前者は「教師になる」で「夢・目標」そのものがゴール、後者は「教師になって自分らしく豊かに生きるには」と問い続ける生き方であるということ。これはまさに「授業」の「発問」でも同様で、「一つの答え」に収斂する類のものでは学習者は考えを深められず、「どのように?」という「多様な問い」が個々の中に常に持続するものが求められるであろう。どちらの目標の持ち方がよいかは言うまでもないが、「問い型」を採っていれば受験なども「通過点」に過ぎないということにもなろう。同コラム欄では、郷土出身の青木宣親さんの日米通算2000本安打によって県民栄誉賞が贈呈されることを讃え、「野球選手になる」のが目標なのではなく、「どのように活躍するか?」という問いを重ねればこそ、「夢、目標は引き継がれる」とまとめている。青木さんのような例と裏腹に、「野球選手になる」で終わってしまった選手が多いことも忘れてはなるまい。

振り返りますれば僕自身も、「・・・大学に入学する」が目標であったわけではなく、その他に類を見ない環境で文学を学び、その後も好きな文学に関わって発見を続けて生きたい、という「問い」が今に至るまで持続しているゆえに、多様な歩み方をしてきたように思う。受験勉強は困難でなかったとは言わないが、楽しい時間でもあった。それは「古典」や「英文」を読んでいると、その表現の豊かさに出会えることが実に興味深かったからである。受験当時高校3年生の時、講習会に通っていた予備校の英語の著名な講師の先生が、冒頭に記した城山三郎の小説のことをよく話してくれた。その小説そのものが当該予備校を題材にしたものであり。「日々是決戦」といって「今日一日」によって「雌雄は決する」のだと説くわけである。だからといって不思議と追い込まれた感覚はなかった。「今日」どれほど豊かに新たな「ことば」に出逢えればワクワクできるか、といった感覚で「日々」を過ごしていたように思う。その延長上でまさに「いま」は、宮崎で短歌とともに歩める自分がいるのだ。

「原稿を書かねば」ではなく、どのように言いたいことを「問い続ける」か
雨雲に覆われた七夕の空を見上げ「ひととせにひとたび」逢うという「問い」を続ける
採用試験直前の学生たちへ、ぜひ「豊かな人生」を目標とし「日々」を重ねて欲しい。

tag :

「なぜ人は旅に出るのか?」という問い

2017-05-04
「うまい説明などとうていつかないし、
 つけたくもない部分があって、
 実はそれこそ旅の最も陶酔的な本質なのである。」
(大岡信著『若山牧水 流浪する魂の歌』中公文庫1981より)

詩歌に身を捧げた人々と、「旅」の結びつきは強い。彼の松尾芭蕉が『おくのほそ道』冒頭で、その説明できない心情を「そぞろ神のものにつきて心を狂わせ」としているが、冒頭の大岡信の評論も牧水の紀行文における旅への「自覚的、意識的」な点について述べた一節である。周知のように芭蕉も、「西行」や「李白」といった「流浪」の詩歌人に思いを馳せている。昨日の小欄で述べた牧水の歌では「まだ見ぬ山」に「いざ行かむ」という心情が吐露されていたが、これも同様に「(説明など)つけたくない」範疇のことである。「短歌」では歌会などでまさに「説明になってしまった」という評語で、その作品が「残念である」と同義を表わす。詩歌は「説明にあらず」、となれば「登山」も「旅」もまた同じ。「旅」が「人生」であるならば、人の生きる道も「説明」であっては”つまらない”ということになろうか。

こうした詩歌の観念からすると、今の世は「説明」ばかりが求められる。しかもTV番組などでも「わかりやすさ」ばかりがもてはやされている傾向が強い。もちろん政治家などには「説明責任」が求められるのは必定であるが、その場合は決して「わかりやすい」わけではない。むしろ「煙に巻く」感が年々に強まっているようにも思える。小生が関わっている「国語教育」においても、「論理的思考」により「説明文」を読み解き、「わかりやすい」文章を書くことをよしとする学習活動の開発・研究が盛んだ。その反面、どうやら「詩歌」教材は「わかりにくい」とされるのか、現場教員の間でも指導上の人気は高くないのが実情である。説明・論説文教材と文学的教材の間には、いつもその相反する矛盾をどう扱うかが考えられる。そして小説などの文学的教材でも、文学理論を導入して「論理的」に読み解く方法も取り入れられている。だが、あらゆることが「わかりやすく」処理されると、「答えは一つ」の正解主義に陥りやすい。「論理的整理」を導入しつつも、自ら「読んだ」ものを元にして自ら「書く」行為があってこそ、「思念」や「思索」を繰り返す学習者が育つことになる。この個々の思考に「説明」をつけるのは野暮というもの。「人生」には「説明」のつかない事態に遭遇することの方が、遥かに多いと言わざるを得ないからである。

大岡の引用する牧水『みなかみ紀行』の一節
「胸の苦しくなる様な歓びを覚えるのが常であった」と。
この境地に至るには、自ら命の限り「旅(=人生)」を続けるしかない。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>