古典は日本文化を作り替える装置ー島内景二氏講演から

2017-07-10
牧水と『源氏』『伊勢』
日本文化を変え続けた『源氏物語』
宮崎から日本文化を変える試みの実践者とは?

県立図書館で開催された宮崎県教職員互助会主催「わくわく文芸講座」に出席した。今回の全体会は、国文学者・文芸評論家・歌人である島内景二さんの「『源氏物語』を読んで日本文化を変えよう」と題する御講演であった。古典はいつの時代でも「現代文学」であり、古い文化を刷新し新しい日本文化を作るシステムとして位置付けし直したいという趣旨に、まずは大変共感した。特に教室では『源氏』の主題を本居宣長の唱えた「もののあはれ」だと教え、「移ろいの美学」として理解されているが、どのようにこの作品が凄いのかを教えることはないと云う。その結果、無難で面白くない場面のみが教材化され、「新しい日本文化」への刷新が図られることもない。これは『源氏』のみならず、古典教育全般に関して同様の課題があるわけで、現代に生きる子どもたちに「新しい文化」として「いま」に生きる学びを創る必要があるだろう。こうした観点からすると「伝統的な言語文化」という指導要領上の文言には、大きな誤解があるように僕は思う。

続いて牧水と『源氏物語』『伊勢物語』との関連も述べられ、「あるときはありのすさびに憎かりき忘られがたくなりし歌かな」(『独り歌へる』)が『源氏』桐壺巻の引歌の共通性を指摘し、「桐壺更衣と死別した桐壺帝」と「小枝子と生別した牧水」を「愛の王国の消滅」と読み解くあたりには個人的に深い興味を覚えた。それはまだまだ牧水の歌の中に、こうした王朝文学の欠片を発見する可能性に胸が高鳴るからである。また御講演の最後には、宮崎を故郷とする誇るべき歌人・伊藤一彦さんのことにも言及され、「悪しき近代文化」のシンボルとしての「東京」と戦い続け、宮崎を「世界変革の本拠地」と定めた覚悟を持った人であると賞讃された。僕自身は東京生まれであるのだが、むしろ今はそれだからこそ「東京に抗う」という意味で共通した野望を抱くものだと決意を確認し、約2時間近くに及ぶ御講演は終了となった。

御講演後は、島内さんの短歌の師匠・塚本邦雄の歌碑を求めて高城まで
その後も雨の青島を歩き長塚節と牧水の歌碑を巡った
国文学者・文芸評論家・歌人という理想的な先輩との邂逅、”文化”放談に宮崎の夜は更けた。
スポンサーサイト
tag :

小学校での古典授業を考える

2017-02-23
小学校6年生を対象に
『徒然草』の授業を参観
附属小中学校共同研究にて

毎月1回実施している附属校との共同研究の年度最終回。今回は、中学校教員が小学校6年生を対象に古典教材『徒然草』を使用する乗り入れ授業であった。中学校への興味・関心を高め、教員がその雰囲気を聊か伝えるという目的もある。3名の担当教員が、6年生3クラスで同じ指導案による授業を展開する。学習目標は「昔の人が書いた作品の内容をもとに、言葉の意味やリズムを考えながら、すらすら読めるようになろう。」というもの。教材としては『徒然草』第百九段「高名の木登り」が使用された。現行指導要領から小学校教科書にも古典教材が掲載されることになったが、出版社によってはこの百九段を載せている教科書もある。場面が一箇所でわかりやすく「教訓的」な内容を含むあたりが、「小学生向け」にされている理由ということになろう。

小学校に、いわば”前倒し”された古典教育をどうするかという課題は、実に重要であると考えられる。中高の国語学習で「嫌悪感」を抱く学習内容の上位に位置するのが「古典」である。担当する大学講義の学生たちにアンケートを実施すると、その結果は判然としている。それゆえに小学校でいかに楽しみ親しみを覚えるかが重要であり、「古典を好きに」なる要素を提供しておく必要があるのではないかと思われる。この日の授業では、現代語訳を使用し音読においてその意味を対照させながら、言葉の切れ目や文体の特徴を感覚的に掴んで音読に活かしていく流れの学習活動が展開した。前述した「学習目標」に示された「リズム」という語彙も、聊か曲者である。「正しく」音読に導く過程には、やはり小学生なら「難しい」と感じてしまうことも少なくない。果たして「正しく」と「すらすら」は同じか違うか?仮名遣いや単語のつながりなどにおいて、あくまで感覚的に親しませるという点で、実は小学校古典の授業は難しい。まあ聊か「難しい」「わからない」と思った点に、好奇心の芽生えを見出すのが、学習の課題発見であるとも考えられようか。

「主体的な学び」にするためには
英語もまさに「前倒し」で教科化される
「古典嫌い」の思いが伸長しただけなら、小学校で学ぶ意義を失う。
tag :

日本漢詩文の存在価値

2017-01-16
センター試験「国語」第4問
日本漢詩文からの出題
せめて高校における学びの目標に

センター試験「国語」第4問は漢文分野の出題であるが、一昨日の試験では新井白石「白石先生遺文」が出典であった。所謂「日本漢詩文」が出たということの意味は大きい。現行指導要領から高等学校「古典(漢文)」分野には必ず「日本漢詩文」を学習するということになっている。それゆえに教科書編集の際にも、「日本漢詩文」の単元を設けている。だが多くの教科書でそれが最後に置かれているせいもあり、なかなか現場では授業で扱われないか、軽視されて簡単に済まされてしまうことが多いのが現状ではないだろうか。いっその事、多くの中国詩文の単元に同ジャンルのものは混在させ、比較しながら学習してはどうかなどと、僕なりに日本漢詩文の学習への工夫を考えたことがある。

奈良・平安朝以来、先進文化であった中国詩文から多くを学び、そして自国の文化構築の基盤としてきたという歴史的経緯を考えた時、日本漢詩文(日本人が書いた漢文)の存在価値こそ、「国語(古典分野)」で学ぶべきことだと思えてくる。今回の出典となった新井白石の活躍した江戸時代は、漢文や漢詩が実に豊富に創られた時代であった。その延長で明治時代の漱石・鴎外ら文豪たちも漢詩に心得があった。漱石が生命の危機に瀕した伊豆での闘病以後、大量の漢詩を制作していることは有名である。日本文化は、漢文なくしてここまで成長しなかったといっても過言ではない。高等学校では、ぜひその価値を理解して指導者も授業構成を考えて欲しい。哀しいかな、「入試」に出ないものは「要らない」と考える機械的な指導者も多い中で、せめてセンターが出典にすることで「日本漢詩文」学習を奨励するという事態を、現場への皮肉と捉えてその姿勢を再考して欲しいと思う。

漢文をなぜ学ぶのか
自らの言語文化の基盤であるから
「センター試験」のためだけではない、豊かに「文化」を語る授業をして欲しい。
tag :

「ハンバーガー」ばかりじゃない

2016-11-01
「M」の付く「ハンバーガー」チェーン店のある国
米国の影響下にあるということ
そんな評論がよく高校でも読まれるのだが・・・

米国大統領選挙も近づいたが、最後まで一向に予断を許さない展開となっており、候補者の悪評そのものを知るにつけ、今後の世界情勢がどのような方向に動くか懸念される。新しい「リーダー」の出現となれば、現大統領のオバマ氏の選ばれた時のような「期待感」があるはずだが、今回は「混迷」しか見えないのは何故だろう?「女性初」ということ以上に、米国内でも醜聞の方が勝ってしまっているからだろう。

同時進行のように、わが国ではTPP性急採決、沖縄基地工事強行推進、そして世界で唯一の被爆国ながら核軍縮へ「反対」の意を表明しなければならないという相変わらずの「お家事情」である。米国への隷属状況は、向こう側がどのようになろうと一向に変わらないような様相だ。まかり間違って横暴で自己中心的な候補が大統領にでもなったら、果たしてどうなるのだろうか?誠に恐ろしい行く末が案じられる。

時に、都会の街では仮装した若者が溢れ返り、跳梁跋扈してそのエネルギーを発散しているが、果たしてその行事の意味合いなどをどの程度理解しているのかと怪訝に感じられてしまう。クリスマスの妙な盛り上がりも、バレンタインデーとホワイトデーの「義理チョコ」などにまで至る商戦本位な対応も、なぜこの国では米国発の商業主義的な流れに呑まれやすいのかと、以前から僕は疑問ばかりを抱いている一人である。

政治・経済が連動しているのだとすれば、わが国はやはり「米国文化」そのものに隷属したいという方向に持って行かれているのだろう。お正月・節分・雛祭り・端午の節句・七夕・お月見等々の「日本文化」由来の年中行事は、その多くが見直されることもなく頽廃し意味を失っている気もする。明治維新から150年間の「西洋化」の末路、そしてまた「グローバル化」の流れは絶対に止められない時代ではあろうが、どこか虚しさを覚えるのは僕だけではないはずだ。

無意識の米国化
あの大統領選は他人事ではないのでは
この風土と僕たちのDNAは何に適しているか?言葉で説得する仕事がしていきたい。
tag :

遠くない明治との連接

2016-07-12
明治生まれだった祖母
郷土の昔話もよく聞かせてくれた
大正昭和と駆け抜けた人生から僕が受け継いだものは・・・

母方の祖母は明治生まれであった。幼心に生年月日が「明治」だと聞いいた時、歴史と自分との接点を見出したような感慨があった。その頃もよく郷土に伝わる昔話を、口承で僕たちに伝えてくれていた。なぜ祖母は、こんなにも「昔話」を知っているのであろうか?と驚くこともしばしばであった。例えば、現代において「祖母」たる立場の方が孫に対して、これほどたくさんの昔話を話すことができるであろうか?誠にそれは大きな疑問である。だが、「音読」を取り巻く歴史を調べてみると、そのことが必然な結果であることがわかった。明治というこの国が近代化する過程において、「音読」を中心とする共同体での「読書」から、出版メディアの発達も相俟って「黙読」を中心とする個人の「読書」に変遷したという歴史があるのだった。しかもそれが急激に移行したわけではなく、緩やかに明治期の数十年間を掛けて進行した変化であったと云う。祖母自身の幼少時からの生育環境を考えると、「口承」で昔話を話すことができるのは自然のことだったのだろう。

この一点のみならず、平成の現代でも遠くない「明治」との連接が生きている現象が、他にも多くあるのではないかと痛感することがある。中村草田男の「降る雪や明治は遠くなりにけり」の著名な句が作られたのは1931年(昭和6年)ということだが、次第に忘れ去られ続けた明治の「正負の遺産」が、平成の今もなお僕たちの眼前に立ち現われることがあるのではないか。母方の祖父は宮大工であったが、若くしてこの世を去った。だがその本家の所蔵品には、越後長岡藩にまつわるものがあると母から聞いたことがある。明治後期の生まれである祖父母のさらに父母や祖父母を辿れば、容易に明治期や幕末期に至る。すると戊辰戦争のうちなる北越戦争で奥羽越列藩同盟に加わった長岡藩が、どのような情勢であったのかと興味が広がる。幕末明治の大きな世情の変革において、多くの人々の犠牲と努力と悲哀があったことに思いを致すのである。それは決して「遠からぬ時代・明治」の出来事なのだ。「音読」に関して言うならば、昭和の時代までは「新聞を音読する老人がいた」ことは、前田愛の名著(『近代読者成立』岩波現代文庫に所収)で語られていることだ。これぞまさに「明治」との連接が表面化した現象であったのだ。

「音読」を考えるにも明治の歴史なくしては
「短歌」もまた旧派・新派の明治期の対立を知るべきであろう
「世情」もまた、幕末明治期の変革の跡を恐ろしいほど反映した図式が成立している。
tag :

「離見の見」の境地こそ

2016-02-15
我を省みる
一歩離れて我を見つめる
さらに大局的に俯瞰するということ

ある新聞の読書欄記事に、家電通販で有名になった「タカタ社長」の記事があった。どんな書籍を取り上げているかと思いきや、『世阿弥の世界』(増田正造2015 集英社新書)であった。この書籍を通販サイトで調べてみると、現在ベストセラーとなっていて入手に2週間程度は要するようだった。以前から「タカタ社長」の人の心に訴える声に関しては僕自身も関心があり、よく大学講義などで参考例として雑談のネタにしていた。彼のやや甲高い声と肝心な点を述べる際の沈み込むような身体作用には、何か秘密があるのではないかと感じていた次第である。どうやら彼は、今まで自分が自然にやってきた術が、「世阿弥」の能楽論と共通することを当該の書物で知り共感したというのが、この記事の内容であった。人の心を惹きつけるのは、やはり芸能論としての伝統が存在するものだと、古典研究の意義を現代社会に活かした一例として傾聴に値するものだと思う。

「世阿弥」の「序破急」の論。「タカタ社長」は「つかみは10秒」と云い、その後どこで値段を下げ、最後に念を押すかといった展開において、寸分も狂わない間と呼吸が大切であると云う。確かにプレゼンや講義においても、こうした聴衆の心を掴む展開が望まれるであろう。いや、掴みのあるプレゼンは、自ずとこうした構成になるといえるかもしれない。そして自己の表現を「省みる」のみならず、「離れた位置から見直す」ことや「大きな視野から俯瞰する」といったことができないと表現として熟練することはない。芸術表現は「自惚れ」を伴っていては、決して多くの人には受け入れられる境地には達しないということである。奇しくも夜の番組で司馬遼太郎が特集され「日本人とは何か」といったテーマが著書『この国のかたち』に基づき構成されていた。恩義ある人のために「名こそ惜しけれ」といった精神から「公」を大切にする精神性が生じ、「武士」の存在こそが「この国」を牽引もし没落もさせてきたのだという趣旨と、僕は受け取った。司馬が「熱中・熱狂を嫌った」というあたりに、「離見の見」の境地に通じるものがあるのでないかと思うのである。

誠の温故知新
この国の美しさとは何か?
自惚れず俯瞰してこそわかる境地を大切に。
tag :

松の内も明けて

2016-01-08
七草粥ならぬ
母の手料理で夕食を
正月飾りをはずす宵の口

僕の学生時代は「松の内」に大学授業が始まることはなく、8日が始業であったと記憶する。祝日の設定も曜日を問わずで日付であったので、「小正月」が「成人の日」と決まっていた。それが今や本学で6日、中には4日頃から始業する大学もある。これは、半期15回の講義回数を確保するためである。また祝日設定の影響も受けて、他の曜日が「月曜授業日」になることも多く、私立大学では祝日を問わず該当曜日の授業を行っているところもある。これもまさに”グローバル化の波”というべきなのであろうか?「ニッポンのおしょうがつ」はどこへやらである。

今年は両親とともに正月を過ごし、母お手製の煮しめやお雑煮を存分に賞味した。正月飾りを玄関に掲げ、床の間には鏡餅が鎮座している。されど「正月ボケ」する間もなく、歩いて身体を活性化し、〆切間近の論文執筆に取り組んだ。小欄を書き記す習慣も既に7年目に入ったが、当初からこんな生活のあり方を求めていたような気もする。己の内面を見つめて文章化し、その文章を自分自身で反芻することで客観視し、日々の指標を持って生きるということ。苛つかず穏やかに、何事も柔軟に対応する幅広いこころを開拓し続けること。今年の正月は、そんなことが至って自然にできるようになってきた気がしている。

元日から1週間
まさに今年を占う日々
こころ豊かに「松の内」を過ごしてこそ・・・
tag :

空海・書と漢文学の泰斗として

2016-01-05
弘法大師・空海
両親そして祖母からの信仰
文化人としての業績が偉大にして

初詣といえば、我家では東京の西新井大師というのが通例であった。実家からそれほど遠くないのと、母方の親戚が近所に居住しているからだ。幼少の頃から、機会ある毎に「お大師さま」といって、特に受験などの際はよく祈願した思い出がある。だいたい僕が大学受験の折は、母が毎月21日(お大師さまの縁日で3月21日が御入定の日である。)になると、西新井まで祈願に足を運んでくれていた。受験票が届く1月などは、母が赴く直前に書留便が届き、それを手に祈願に行って当該受験票の志望大学学部が合格したといった縁ある”効力”もあった。3年前の3月には、両親とともに高野山にも参詣している。

両親が訪れているので、勤務地に「お大師さま」はないものかと捜すと、「今山大師」という寺があるのを知った。「背丈」18mに及ぶ日本一の大師像が丘の上にあるというので、車で高速を約1時間半100㎞の道程を走った。快晴穏やかな陽射しの中、「お大師さま」は悠然と延岡市を見下ろし日向灘を超えて、高野山方面を見つめている方角に立像されていた。両親の健康を祈願し家族の発展を祈り、社務所の方々も親切に色々とお話をしてくれた。こんな背景があって、僕は「文化人」としての「空海」に縁が深い。「初大師」たる日が誕生日であり、空海が活躍した嵯峨朝を始めとする漢文学を研究対象にもしており、大学時代は書道サークルで「空海」の書を有志で研究していたこともある。まさに信仰を超えて、「文化人」としての空海の実績に尊崇の念が堪えないのである。

国際人として文化人として
人間・空海としての魅力に更なる思いを馳せ
平安な1年が過ごせることを心から祈願した1日。
tag :

花は夜、月は朧か月食か

2015-04-05
夜桜の素朴な味わい
曇天の夜空に浮かぶ朧げな陰
天体の偶有性も相俟って深まる情趣

夜桜に月食という、「花」と「月」の組み合わせが妙であった。ちょうど桜の開花時季に合わせて皆既月食となるという。曇天の予報を聊か案じたが、それでも薄い陰となった月影が見える。雲に遮られているのか、それとも皆既な状態なのか判断できぬままにも、暫くは夜空を見上げてみた。

特に名所でもなく、ライトアップ等もない夜桜がいい。そこに前述したように「正体」のわからぬ月影。何とも春の情趣は、「朧」「霞」といった中に存在するものだ。ともすると「ひととせにひとたび」しかない事象を、特に稀少さも覚えずに見過ごしてしまう場合も多い。だが日々の喧騒を離れて、そうした情趣に眼を向ける心が尊い。

どうやら夜桜皆既月食は17年後までないらしい
その時、僕は何をどのように考えているのだろうか?
花は夜、月は朧か月食か
tag :

花見の情緒は穏やかに

2015-03-30
ひととせにここだけ
他にない週末のとき
花見の情緒は穏やかに

桜がほぼ満開に近くなった。職場である大学や自宅近辺もさることながら、どこか特別な場所で桜を味わいたいと思うのが、花見の情緒である。されど人ごみの喧騒の中にまで行って花を見たいとは思わない。訪れる人も少なく、閑静な佇まいのうちに花を味わいたいと思うのである。落語に「長屋の花見」の演目があるように、「花見」といえば酒や料理をしつらえての宴会というのが、一般的な意味合いであろう。だがしかし、酒や料理がなくとも穏やかな「花見」があってもよい。

1年365日のうちに、ほんの1週間ほどしか咲き誇らない桜花。その刹那な性質が、古来から日本人の情緒を揺さぶって来た。その稀少さや風雨に曝されて儚く散る脆弱さが、人の心を捉えて離さない。それは儚さそのものが人の世の常でもあるからだろう。「儚」の文字は元来、「儚儚(ボウボウ)」といった漢語として、「夢うつつでわけがわからなくなっているさま」(『漢字源』)といった意味である。国字として「はかない」の訓が与えられ、「夢のように頼りない。期待してもむだなさま。」(同前)と辞書にある。だがしかし、むしろ「儚い」ゆえに「夢」に「希望」を見出すこともでき、「夢」を見続けることを願うのが人生だ。それだけに桜が際立った華麗さを見せる限定された日に「花見」をして、そこに漂う「夢」に酔い続けたいと願うのである。

落ち着いた平常心
花見の情緒に見出す「希望」
穏やかな風を受けた心地よさがいい
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>