FC2ブログ

世の中に土用丑の日なかりせば

2020-07-22
「石麻呂に我物申す夏痩せに良しといふものを鰻捕り喫せ」(3853)
「痩せ痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻を捕ると川に流るな」(3854)
(『万葉集』痩せたる人を嗤ふ歌二首・大伴家持)

宮崎はここ2日ぐらい、35度を超さむとするほどの夏らしい気温となった。妻と父母と土用丑の日なので鰻を食べに行きたいということになり、ゼミを終えた夕刻によく行く有名店に確認の電話をすると、既に売り切れてしまい申し訳ないという返答であった。市内まで出向けば他店もあるのだが世情がら密になるのも憚られ、近所の馴染みの洋食屋さんに行き先を切り替えた。美味しい肉料理をいただき、栄養補給という目的は十分に達成できた。あまり知られていないようだが、宮崎は国内では鰻の産地としても有名で、地元の人に言わせると近所の川で橋の上から釣り糸を垂れれば、容易に鰻が釣れるのだと云う。県内には有名店が何軒かあって、キャンプ時にはプロ野球選手なども足繁く通う。

鰻が食べたい気持ちに後ろ髪引かれながら、「土用丑の日」の文化的背景が気になった。委細はともかく『日本国語大辞典第二版』を繰ると、「江戸時代」からの習慣であるとされている。町人文化が花開いた江戸であればと納得するところだが、どうせ鰻屋が儲けようとする算段からではないかとやや懐疑的にもなる。バレンタインやホワイトデイが菓子屋の仕掛けであることなどが思い返され、鰻を食べられなかった負け惜しみから「土用丑の日」でなくても食べに行けばよいのだと思い直す。しかし『日国』の記述に『万葉集』大伴家持の歌などに見られるとあったので確認すると、冒頭に記した歌が検索できた。「石麻呂」という「痩せたる人」に対する戯笑歌で「夏痩せに良しというので鰻を捕って召し上がれ」とか「鰻を捕ると川に流れるなよ」と戯れて笑い「物申す」歌である。奈良時代の古代から栄養価が高いことが知られていたわけで、人間の文化とは何かと考えさせられる。

今年は二の丑もあり8月2日
どうせなら梅雨も明けてカラッとした夏が待ち遠しい
栄養をつけてコロナの夏を乗り切らねば。


スポンサーサイト



tag :

「形なし」にあらず「型やぶり」

2020-06-18
「型」日本文化のあり方として
江戸から明治にかけてを生きた九代目團十郎
「活歴」から原点の「型」へ回帰して復活

水曜日は定例教授会も月に2回はあるが、夜に定例で観るテレビ番組がある。NHKBSプレミアム放送の『刑事コロンボ』(21時〜)とその前の『選択』(20時〜)である。昨夜、後者の番組で取り上げられた九代目市川團十郎のお話。まさに活躍中の市川海老蔵(十一代目)が「十三代目團十郎」を襲名しようという現在、この名跡の九代目が江戸から明治という大変革の時代をいかに生きたかがよくわかり興味深かった。西洋化が何よりも崇拝された明治初期の日本、歌舞伎は江戸時代に培ってきた「伝統」から新たな文化の中でいかに生きていくかを迫られたと云う。一方で「オッペケペ節」で人気を博した川上音二郎などが日清戦争の明治20年代に出現し、世相を取り込んだ新しい時代の芝居で一世を風靡した。九代目團十郎は新たな歌舞伎である「活歴」を主張したがなかなか民衆の心は掴めず、苦悩の舞台を続けることになったのだと番組は伝えていた。

そんな苦難の折、九代目團十郎が目覚めたのは「型」であったと云う。明治後半になると江戸文化へ懐古する風潮も相まって、元来からの歌舞伎の演目こそ民衆が求めるものとなった。その際にコメンテーターの児玉竜一氏が語っていたのが「『形なし』ではなく(型があっての)『型やぶり』なのだ」と云うこと。元来が漢字の意味としても「形」は「目に見える姿」であり、「型」は「かたちのもとになるもの。タイプ。モデル。」の意味である。武道をはじめとする諸道においても、何より「型」は重要だ。もちろん僕がピンときたのは、短歌こそ「型の文学」であるということ。「伝統」は新たな要素を求めて模索することが継承の上では必須であろうが、その上で「型」を重視することの大切さが歌舞伎の継承の上で描かれており大変に勉強になった。同時に「明治」という西洋化への知的欲求が高かった時代への興味がさらに掻き立てられた。もちろんそれが「国」という「形」になり、負の盲信へと猛進してしまう大正・昭和の時代へと連なる。だが、この明治の文化的な背景を、現在も僕たちは多様な面で継承していることを忘れてはならないだろう。

久しぶりに歌舞伎が観たくなった
十三代目市川團十郎の襲名も楽しみに
「古典」を考える上でも「明治」の研究は欠かせない。


tag :

何を祈らむ雛祭り

2020-03-04
五節句のひとつ
「上巳の日」(三月初めの巳の日)
禊をして不祥を払うという根本に立ち返り

様々な会議が続く中、一息つける昼食の時間は貴重である。この日は妻がちらし寿司を弁当として作ってくれて、その酢飯の味に懐かしさを覚え大変に癒された。現実社会の喧騒と大学における対応でやや錯綜した日々の時間を過ごしているが、ふと雛祭りであることに心が和んだひと時であった。冒頭に記したように元来は古代中国から伝来した五節句のひとつであり、「不祥を払う」という生活上の願いが込められている。「重三」(三月三日)とも呼ばれ、日本の平安朝においては貴族の行事として川辺に出て祓えを行い宴を張る、いわゆる「曲水の宴」が行われた。考えてみれば空気の通りのよい水の綺麗な場所に出て、邪気を払ったということであろう。雛人形を飾り婦女子の節句となるのは、室町時代以降であるらしい。

仕事を終えていつも利用するケーキ店に車を走らせた。店の前には何台かの駐車スペースがあるが、そこに警備員まで配置され7〜8台もの車が停車していた。市中で人が集まる場所が忌避される世情にあって、この賑わいはなんだろうと思いつつ入店した。ショーケースには雛祭り仕様のケーキが並び、次々と購入する人たちが絶えない状況。この夜は今月誕生日を迎える姪っ子が来るというので、雛祭り仕様に重ねて誕生日プレートにメッセージも刻んでもらい大き目のケーキを購入した。僕の自宅から車で1時間半ほどの地で、イルカのトレーナーをしている姪っ子からは、仕事への取り組み姿勢などで様々に学ぶことも多い。しばし世間のコロナ喧騒を逃れて、父母とともに近所の焼肉店で英気を養う時間を過ごした。まさに「不祥を祓うひと時」として、雛祭りケーキに載ったお内裏様とお雛様が僕ら家族を護ってくれるかのような思いに至った。

健康や幸せが当然と思い込む世の中を再考する
〈「不祥」=「不吉」「災難」〉を祓うこと
節句ごとに祈っていた古代の人々の心の尊さ。


tag :

小兵はいかに闘うか?

2020-01-26
大相撲の楽しみは
一番に気になるのが「炎鵬」関
倍ほどの巨体力士を倒す魅力

夕刻からホームセンターへの買い物に出ていたが、終盤になって大相撲中継が気になって来た。平幕1敗同士の「正代」対「徳勝龍」の取り組みが、食材を買うはずのCOOPの駐車場あたりで時間になったので、思わず車載TVにて観戦することにした。比較的に巨体な両雄の対決は平幕とはいえ迫力十分で、前頭付け出しの徳勝龍が”しこ名”を体現するかのように1敗を守る勝利を収めた。相撲という競技は、ほぼ何十秒かの取り組みのために場所前稽古から巡業など、激しい鍛錬を繰り返すプロスポーツである。場合によっては数秒で勝負が決する、刹那に無常観が漲る”文化”を背負っている。勝負が行われる時間的な微少さからすると、あの巨体の力士が何とも不釣り合いな気もするが、そこが「大相撲」の「大相撲」たる所以なのであろう。

そんな大相撲で最近一番に気になっているのが、「大相撲」の名に矛盾するような小兵の「炎鵬」の活躍である。今場所番付は前頭5枚目、昨今の力士の顔ぶれが200Kgにも迫る巨体が居並ぶ中で半分の100Kgにも及ばない身体で今場所も昨日までに8勝6敗と勝ち越して健闘している。昨日の「大栄翔」関との取り組みのように巨体に任せて正面から押されてしまうと、子どものように押し出されてしまうが、僕にはその姿にこの上もない魅力を感じてしまうのだ。果たしてそれはなぜであろうか?と考えた。僕自身が幼稚園や小学校の低学年頃には決して威勢よく振る舞えるわけではなく、力任せの者に萎縮していた経験が思い返される。その後、小学校中学年頃からも決して大きな身体になったわけではないが、考え方次第で力を発揮できることを知った。そのためか中高の教師でも、力任せに生徒に押し付ける輩は嫌いだった。自身が中高教員になってからも、組織内の力任せの人間関係や評価に嫌気がさして、研究という公正な評価が得られる道に踏み出した。丸腰・丸裸でも勝負できる力とは何か?炎鵬関の姿を観て、僕はそんな自己の生き方に重ねているのだろうと思うところがある。

知性と技術と怯まない心
北辰一刀流免許皆伝ながら太刀を抜かない龍馬のごとく
炎鵬関の活躍に、謙虚で前向きな気持ちをいつも忘れないでいたい。


tag :

クリスマスだからじゃない

2019-12-25
「何か特別なことをしてあげる
 何か大切なことができるような」
(松任谷由実作詞・桑田佳祐作曲 「Kissin’Christmas」より)

「クリスマスだから言うわけじゃないけど」(前掲の歌詞の一部)と言う否定的な言い回しが、日本のXmas受容のあり方を象徴しているような気がする。『愛と狂瀾のメリークリスマスーなぜ異教徒の祭典が日本化したのか』(堀井憲一郎2017講談社現代新書)に拠れば、「西洋文化の祝祭の容れ物を借り、そこで独自の祭りを展開している。由来もなければ、歴史もない。伝統にもならない。ただ西洋文化を受け入れているポーズだけがある。」と云う同書の結論としての指摘は、明治以降150年間の日本のXmas受容史を考える上で重要なものだ。「降誕祭」などという祝祭の趣旨はまったく加えず、各時代の流行に任せて「西洋化」こそが高級でありセレブであるような感覚をもって、「狂瀾」の歴史を刻んで来たのが日本の近代である。もちろん、そこに資本主義経済が横たわり、特に米国式の利益誘導型な経済優先主義が蔓延していることも自覚すべきであろう。

大学半期15回必須の施策により、Xmasにも講義がある大学暦となった。僕らの時代は12月中旬以降の講義などなく、冬休みも1ヶ月近くあったと記憶する。当時の感覚からすると、現在の学生たちはクリスマスイブでも、実に真面目に講義に出席する。そんな彼らの顔をみて、先日の「まちなか文化堂」の内容を一部紹介しながらのイブ講義を展開してみた。1980年代の「恋人と過ごすXmas」という社会的な気分は、今は蔓延こそしていないが残存していないわけではないようだ。今の学生も達郎の「クリスマスイブ」の曲は好きだし、ユーミンの「恋人がサンタクロース」と言ったお伽話に憧れている学生がいないわけではない。だが、この個別化と分断化が進んだ社会で、新たなXmas観も醸成されつつあるのではないかと思う。Xmasが来ればあと1週間で年の瀬、仕事も生活のギアもこのあたりであらためてチェンジする時季。今年1年を回顧しつつ来年への希望を思い描く時季になる。愛する人と「何か特別な」「何か大切な」ものの共有を強める時間などと考えてもよいかもしれない。美味しい家庭料理とこの季でこそのプレゼント、この素朴な愛の気持ちを常に意識すべく定点観測する日なのではないだろうか。

ツリーの明滅を眺めつつ
サンタの人形がのるケーキをいただく
1年間にあらためて感謝し、来たるべき1年に希望を待つ時を過ごす。


tag :

言語文化への感覚と想像力と

2019-04-26
梅は香る匂う?
桜が散るのを喩えると?
菊の花としてのイメージは?

教職大学院オムニバス担当講義で、古典分野の教材・内容開発を主旨とするものがある。前半の担当回では教材としてまとまって扱われる「万葉・古今・新古今」についての学びを深めている。前回は新元号「令和」の典拠となった大伴旅人邸での梅花宴について扱い、なぜ漢文序がついているのか?その漢文の性質はどのようなものか?などの問題意識を喚起し、古代において漢籍との交流にこそ、文化形成の基盤があったことなどを学びとした。今回はその延長で「梅花」が歌に詠まれる傾向について、そして「万葉」から「古今」へといかに変遷するかを主旨とする対話を促した。「万葉集」では「梅」が詠まれた歌は約100首、「桜」が40首ほどの配分だが、平安朝になり「古今集」となるとその数は「桜」が圧倒する。「梅」に関してはほとんどが「匂う」香りを詠む歌となる。

「梅」は香るものか?という「感覚」そのものが、現代の若者にはあまりないように思えた。「桜」が喩えられるものは「雪」であるが、なかなか即座に思い浮かぶ見立てではないようだ。かろうじて遠山の金さんの江戸時代劇のことは、知っていたようだ。「菊」は皇室の御紋の印象が強く日本らしい花と思い込んでいるが、中国から渡来した外来の花である。「梅」は「白梅」と「紅梅」でどちらがすぐにイメージされるか?という問いも、受講者において差があって大変興味深かった。古典の場合、なかなか児童生徒らの「感覚」で理解させようとするのには無理がある。ましてや言語文化に表現された「景」を補助教材として「写真」などで提示したら、果たして理解の促進になるのだろうか?図らずも新元号典拠の反響で、「万葉集」ブームが巻き起こっている。教師であれば「梅」「桜」「菊」などの文化的属性を、適切に知り得ておいていただきたいと思う。

和歌の光景を想像する力
描写から読める花の属性
「日本特有」が「伝統的な言語文化」にあらず。


tag :

漢籍受容と典拠性こその文化

2019-04-03
万葉集巻五梅花歌卅二首并序
『文選』『蘭亭序』などの影響
受容し和することこその日本文化

新元号「令和」について様々な見方が喧しい。その狂騒曲の一端に小欄も加担するわけであるが、あまり取り上げられていない事を記しておきたい。「令和」の出典を政府発表では『万葉集』とし、首相の説明では「初めて国書から取った」とされた。何よりこの「初めて」というあたりに、様々な憶測を呼ぶ論点が潜んでいるように思う。これまでの元号はすべて、中国古典に出典があった訳である。発表以前にも様々な「予想」が為されていたが、「国書から」という点だけは十分に予想されることであった。その理由は、諸賢それぞれの考え方に委ねたいと思う。検討された6案のうちには、『古事記』『日本書紀』を出典とするものもあったと報道されている。だが「令和」が歌集『万葉集』を出典とすることに、まずは和歌・短歌関係者として素直に喜びたい。だが特に古代文学を対象とする比較文学を研究する身として、どうしても気になることがある。

『万葉集』を出典とするとは言っても、「万葉仮名」である短歌そのものから取られた訳ではなく、梅花に興じる宴を開いた際に詠まれた三十二首の歌の「序文」として書かれた「漢文」から取られていることを再確認しておきたい。既に報道でも示されているが、その「漢文」は『文選』「張衝・帰田賦」や書道の行書手本としてあまりにも有名な「王羲之・蘭亭序」などの漢籍の影響を受けているということである。小欄が言いたいのは、これを「孫引き」などと報道と同線上で騒ぐ気は毛頭ない。古代日本で書かれた「漢文序」が、必然的に漢籍の影響を受けない訳はないということである。昨今の社会で何でもかんでも英語の語彙を汎用性を持って組織内で使用しているように、漢籍に典拠があることこそ高度な先進文化であることの証なのだ。「国書」であること以上に、「東アジア漢字文化交流圏」の中に我が国の文化が成り立っていることを、改めて多くの人が意識する大きなチャンスであることを強調しておきたい。

文化の深層を考えられること
今年度「日本文学史」講義の最初はここから
みんなで「文化」として何が重要かを考えたい。


tag :

学生に伝えたい「夏は来ぬ」

2018-05-10
「卯の花の におふ垣根に
 杜鵑草 はやも来鳴きぬ
 忍音もらす 夏は来ぬ」(作詞:佐々木信綱・作曲:小川作之助)

GW中、先週の5日が暦の上で「立夏」であった。暑いの寒いのと天気予報は喧しいが、季節感の認識は世間においてどれほどあるのかと思ってしまう。せめて教師志望の学生たちには、このような感覚を身につけて欲しいと思い、昨日の講義の際には始まる前から、冒頭に掲げた「夏は来ぬ」をYoutube画像から検索して教室に流すことを試みた。「卯の花」「杜鵑草(ほととぎす)」をはじめとして、「さみだれ」「玉苗」「早苗」「橘」「蛍」「楝(おうち)」「水鶏(くいな)」などがその歌詞に含まれていて、曲の穏やかさと相まって心に沁みる唱歌の一つである。「におふ(照り映えて美しい)」や「忍音もらす(その年に初めて聞かれる鳴き声)」などの古歌・古語に由来する語はその音律もよろしく、文語の響きのよさを体感するには誠によい教材である。

作詞の佐々木信綱は、周知のように僕も所属する「心の花」の創始者であり、結社は今年で120年を迎える。全国大会など折あるごとに、この「夏は来ぬ」を参加者で歌う機会もあり、個人的にも馴染みの深い曲だ。折しも週末にある研究発表を控えて、明治期の「文語」から「口語」への「歌人による混沌とした言語との格闘」のことなどを調べているため、また別な意味でこの楽曲が身に沁みて来るのである。同様に「春が来た」の唱歌もあるが、こちらは本学キャンパスの土地柄を理解するのに重宝する歌詞である。「山に来た 里に来た 野にも来た」というのは、「自然にも 人にも そして相互の交流領域にも」という理念的解釈ができ、この歌詞が一人語りではなく、複数の視点による発見と疑問の対話であることが理解できる。「山」に加えて「海」も近い本学キャンパスは、まさに「自然」と「人間」の交流場所である。講義では教室を3パートに分けて群読することでこの解釈が体感し、その方法を「言語活動」として小学校の授業に応用する可能性を説いた。

文語の音律の躍動感
口語はそれを排除して来た歴史でもある
明治維新150年、今こそ考えるべき自らの言語感覚。


tag :

箪笥の居場所は何処へやら

2018-03-23
「箪笥」という文化
木材の長所を活かし衣類を護る
巨大なそれが鎮座していた住宅の時代

実家の移転に伴い、1竿の箪笥が届けられた。長年、母の和服を保護してきた桜の樹素材の逸品である。移転先は都心のマンションであるゆえ、前提として大型の箪笥などを受け入れる容積にあらず。またマンションは階数にもよるが、3.11を経験した僕としては背丈の高い家具を入れるべきではないということを知っている。そんな状況下で多くの家具類を惜しみつつ処分しなければならなくなったが、母の和服の保管場所ということも重要で比較的広さのある僕の家にという成り行きとなった。しかし、引越業者が運び込もうとすると、当初予定していた置き場所の2階和室までその代物は上がらないことが判明した。

階段の角を曲がれず、無理に上げたとしても2階の踊り場から部屋に入らない。なかなか理屈の上の”実寸数値”による想定は難しいものである。そこで急遽、代案の置き場を考えることになり1階の和室に箪笥は鎮座することになった。この状況から、いくつかのことを考えさせられた。まずは「箪笥」という文化が、既に過去のものであること。マンションにはクローゼットが当初から設置され、置き場所がほとんど想定されていない。また木材の素材感を活かした衣類保護という、日本の気候に適合した知恵も失われた。木造住宅の良さを考える時、マンション構造において住宅内部で外気と呼吸をすることはなくなったのである。林業も盛んである宮崎の木造住宅に住んで5年、身体などの調子が良いのは偶然ではあるまい。

「箪笥」を知らない子どもたち
衣類保護にも無頓着になりがち
都会生活では既に多くの古き良きが失われている。


tag :

小正月などいづこへあるや

2018-01-16
今年も半月が経過
「小正月」など何処へやら
半月の時間を反芻して前へ進もう

成人の日が15日であったのは、何年前までだっただろうか?既に今の若者は、そのことも知らないようである。15日が曜日を問わず祝日であったゆえに、「小正月」も帯同するように意識していた利点もあったように思う。日付が定まらず年ごとに連休が変動するので、大学では授業開始時期もその年の暦次第。祝日法には経済波及効果などが喧伝されていたように思われるが、それによって破壊されたものも多数あるようだ。鏡開きなども行わなくなってしまったことの一つ。だいたい鏡餅そのものがプラスチックパックの形状で、中から密封された餅が何片か出てくる製品を使用している。カビた餅をハンマーで砕き揚げ餅にしてもらうと醤油が沁みて実に美味しかったという子供の頃の思い出がある。

「小正月」には、アイドリングしていた心身にあらためて年頭の決意を吹き込み始動させるような効果もあったように思っている。正月は「日々頑張ろう」と決意はするものの、日常に帰ると再び時間に流されてしまうことも少なくない。だが決意を決意に終わらせないのが、「実現」への道であることは間違いない。昨年があまりにも忙しかったゆえに、正月からやや「休みたい」という怠惰な気持ちが頭を擡げる。だがしかし、立ち止まっているわけにも行かないのが現実である。大詰めとなった4年生の卒論始動、新たな県立図書館と大学附属図書館と牧水研究会の連携事業、もちろんその間に〆切原稿2本、学内実務の書類なども多く控えている。新たに日々を見つめ直し、寒さに負けず前に進む力を創り出す。「15日」にそんな心身のギアチェンジを感じたいのは、僕だけであろうか。

栄養補給も忘れずに
そして身体を温めて健康管理
「忙しい」などと言わない時間を送りたいものである。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>