fc2ブログ

新しい朝がやって来る

2021-09-13
「新しい朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開き 青空あおげ
 ラジオの声に  健やかな胸を この香る風に開けよ それ 一 二 三」
(『ラジオ体操の歌』より)

「今日」たとえどんなことがあろうとも、必ず「新しい朝がやって来る」ものである。時にそのように思えない惨禍に、見舞われることもある。9.11から20年、あらためて様々な人々の生き方があることを報道を通じて知ることで、こんなことを考えた。同時に既に小欄に綴ったが、この「20年間」を自らはどう生きて来たか?それを各自が胸に手を当てて考えるべきことだろう。こうすればよかった、ああしておけばよかった、人それぞれに後悔はあるだろう。だがそれにめげることなく、日々に「新しい朝」を信じて起き上がり、「今日」を精一杯に前向きに生きるかが肝心だ。自らが歩んで来た道は物理的現実的には変えられようがないが、「新しい朝」においては、過去をどのように捉えるかでこれから先の生き方は変えられるものだ。短歌を創ると「過去も新しくできる」というのは、こうした考え方を言語の上で成し遂げるからだろう。

最近「新しい朝がやって来る」という言葉が、脳裏に響いている。考えてみれば、「ラジオ体操の歌」の唄い出しの歌詞である。幼少の頃は夏休みなると、早朝に町内会のお寺に集まり「ラジオ体操集会」を2週間ほどはやっていた。「夏休みでも子どもらに規則正しい生活を」といった配慮もあったと今にして思う。面倒を見るのは町内会の人々で、その中に体操を朝礼台上で見本として行う聾唖の青年がいた。人々は彼を「エーちゃん」と親しみを込めて呼び、笑顔が大変に愛くるしかったと今でも思い浮かべることができる。僕が幼少ながら衝撃を受けたのは、「ラジオ体操の歌からです。」という時だった。「エーちゃん」は首から下げた「ラジオ体操カード」の裏にある歌詞を見ながら、一生懸命に口を動かし曲を「唄っている」のだった。もちろん声は出ない、正直なところしゃがれ声にもならないような微かな呼気に僕は歌詞の「ことば」を読み取った。自分が正常に声を出せることが、決して「当たり前ではない」ことを実感した。毎日必ず「エーちゃん」に、「新しい朝」は来ていたのだった。

今日も「新しい朝」がやって来た
僕は今、小欄を書くことで「健やかな胸を この香る風に」開いている
人々が集まれなくなっている今、子どもも老人も貴重な出逢いを損ねないようにせねばなるまい。

スポンサーサイト



tag :

己を確かめるおしゃべりの効用

2021-09-10
「今」自分はどんな状況に置かれているか?
他者と話して初めてわかること
社会も政治も他愛のないことでも

幼少期はどちらかというと内弁慶で、幼稚園とか小学校の低学年頃までは他者とあまりしゃべらない・しゃべりたくない子どもだった。家で絵本を読んでいれば満足で、会話の相手は絵本に登場して来るキャラクラーだった。また幼稚園の活動として母が製作した指人形が好きで、自分の手で動かしながら何事かを語り掛けていた記憶もある。外に出す声よりも、心の声を絵本という舞台で発していたような子ども時代であった。だが、そのような心内対話が好きだったことが、今にして文学研究の入口にもなった気がする。心に思うことは、何らかの形でことばにすべきである。それこそが、人間が人間として生きる上での基盤ではないのだろうか。その後、小学校中学年ごろから、ドリフの真似をするようになって他者と楽しく会話することを覚え、時に道化師のように自己防衛し、高学年になると学級で発言することに楽しさを覚えた。中高時代は部活動に明け暮れたので、未だ硬派を貫いた感はあったが、大学入学とともに社交家としてデビューしたような精神的な経歴を振り返ることができる。

母と昼下がりにあれこれおしゃべりしていて、こんな自らの過去を思い返した。内弁慶だといった幼少の頃は、母とともに近所の商店街に買物に行くことが多かった。すると、八百屋・肉屋・魚屋・豆腐屋、そして一番母が親しい惣菜乾物屋で(まるでスーパーの店内のように、この順番で商店街が一巡りできる)、それぞれに世間話のような「おしゃべり」が長いのが子どもとしては気になった。内弁慶の視点からすると、「なぜ買物に必要のないことまでしゃべるのだろう?」という疑問を心の中で抱いていた。だがそのおしゃべりの時間があることで、各お店にどのような品物がどのように置かれ、売る時はどのようにするかなど、観察眼が深まった気もする。今の時季にはどんな野菜があるか?とか、秤の上の肉・・・gとはどのくらいか?また水中に沈む豆腐をどのように上手く切るか?などを入念に見ていた気がする。母のおしゃべりは一番親しい惣菜乾物屋のおばさんと特に長時間に及ぶので、そのお店のどこに何があるか?をたいてい心得ていた。お店のショーケースにおじさんが出来たての湯気の出た煮物を持ってくる際の手際なども憶えている。大人になって、母が買物でおしゃべりする正当な理由がわかった。「今日」の自分はどのように生きているか?を日々確かめるための誠に大切な商店街巡りなのであった。スーパーでは叶えられないおしゃべりな買物、それでも僕は馴染みの店員さんに声を掛けたくなるのは、母親譲りであるのだと自覚している。

どこでも誰しもが優しい宮崎
「だれやみ」も酒のみならず肴とおしゃべりが必須
「今日の自分」を確かめるためのおしゃべりが大切である。


tag :

ヒザ・ゲタ・着地ー体操競技に日本の夢よもう一度

2021-07-29
体操部の先生の口癖
「ヒザ!」「ゲタ!」「着地!」
言語芸術たる短歌の結句にも通ずる演技構成

TOKYO2020体操競技男子個人総合で、19歳の橋本大輝さんが優勝を成し遂げた。個人総合での五輪優勝は、1964年(昭和39)の東京五輪で遠藤幸雄さん・1968年(昭和43)メキシコ・1972年(昭和47)ミュンヘンの2大会連続で加藤沢男さん、1984年(昭和59)ロス大会の具志堅幸司さん、2012年(平成24)ロンドン・2016年(平成28)リオデジャネイロの2大会連続で内村航平さんと、過去に4人の金メダリストが歴史に刻まれている。特に加藤沢男さんと内村航平さんの2連覇という偉業には、あらためて敬服をしたい。連覇という意味では、前2大会の内村さんに続き、今回の橋本さんで3連覇という快挙ということになる。また個人総合でなくとも、日本体操の初の金メダルは、1956年(昭和31)メルボルン大会での鉄棒で小野喬さん、1960年(昭和35)のローマ大会と2連覇し、1964年(昭和39)東京大会では団体総合優勝に導いた。「鬼に金棒、小野に鉄棒」とは当時の流行語になったと聞くが、戦後復興の厳しい時代に「体操日本」の礎を築いた小野喬さんの功績はあまりにも偉大である。実は僕自身は小野喬さんのご子息を高校で担任をしたことがあり、保護者会の面談で緊張のご対面を果たした経験がある。今回のTOKYO2020にあたり、ご子息とのやり取りで小野喬さんもお元気で体操競技をご覧になっていると知る機会があり、面談時のお話を思い返しながら体操日本の歴史を身近に感じ取る幸運な出逢いをあらためて噛み締めた。

さて、小野喬さんを保護者として面談する際にも、まずは僕自身が高校時代に器械体操をしていたことを明かした。ご子息はサッカーで頑張っていたのだが、僕の次元は違い過ぎるが同じ競技に取り組んだという親近感から、ご子息の進路面での話題などもスムーズにいったように記憶する。僕自身が体操部の頃の印象深い記憶としては、顧問の先生が常に「ヒザ!ゲタ!着地!」とくり返し指導してくれたことだ。中学時代から野球部上がりの僕は、なかなか「美しく演技する」という意識にはなれなかった。「ただやればいいのではない!綺麗に演技せよ!」というまったく新しい競技観に目覚めたのであった。先生はよく「加藤沢男のつま先を見よ!」と言っていた。空中での回転する際の姿勢でも、つま先まで伸びているのが日本の体操なのだと教えられた。昨夜も橋本大輝さんは平行棒や鉄棒の得点で大逆転を成し遂げたが、やはりどんな難易度の技であっても、空中姿勢で足が割れたりヒザが曲がったりつま先が「ゲタ(先が伸びずに手前方向に折れて下駄を履くようになっていることから)」になることはほとんどなかった。この点に関しては、内村航平さんの脚線の素晴らしさを継承していると言えるかもしれない。体操日本の多くの先輩たちを継承しつつ、新たな時代の担い手が登場してきた。リオデジャネイロで内村さんが個人総合を優勝したのを、中学校3年生として見守っていたと云う。夢は現実化する。小野喬さんに始まる体操のレジェンドが、いま日本社会が失っている夢を思い起こさせてくれるのだ。

惜しくも5位入賞の北園丈琉さんも怪我を乗り越えての健闘!
緻密・精度・堅実、そして美しさ
僕がいま、言葉の美を求めて演技をすることを奮い立たせてくれた。


tag :

学位をもったソフトボール部顧問

2021-07-22
ただただソフトボールが観たいゆえ
試合の状況を冷静にひとりTV観戦
ソフトボールに夢中になっていたあの頃

「東京五輪が」を主語とすることなく、「ソフトボールが始まった」という思いで講義のないこの日の午前は「日本対豪州」の試合をTV観戦した。先発投手は北京2008の栄冠の立役者・上野由岐子さんだ。北京以降は五輪開催国が欧州・南米であったせい(*ソフトボールの競技人口が極端に少ない地域・だいたい世界でも競技人口の多い国は限られる)もあり「ソフトボール」が正式種目から外れるという悲運の中、13年ぶりに世界のマウンドに帰ってきたというわけだ。初回、立ち上がりは慎重に丁寧になりすぎた投球、四球などで走者を満塁と貯めてしまっての死球。これは豪州の右打者が打ちに行く動きを見せながら、右肘にボールが当たっての判定。たぶん日本の審判であれば、その動作から「死球」とは判定しなかったのではないかと思う。上野さんの表情にもそんな気持ちが表れていた。しかし、2回以降は7奪三振の好投、かつての豪速球のイメージではないが、あらゆる球種を巧みに制球し打者に付け入る隙を与えない投球は見事であった。プロ野球でもそうであるが、自分の投球スタイルを年齢とともに変化させられない投手が多い。そんな中で「ドロップ系」や「チェンジアップ」を主軸とした投手としての進化は、選手としての思考の柔軟性を感じさせた。

なぜ僕が「ソフトボール」に詳しいかというと、中高教員だった20年間において担当部活動顧問を続けていたからである。2009年に学位を取得したが、そこから数年間は「学位をもったソフトボール部顧問」としてあれこれ考えさせられていた。試合など引率して炎天下で采配をしていると、片や自分はなぜ文学系の「博士号」を取得したのに、このような立場であるのだろう?という思いが絶えなかった。正直なところ、当時の部員たちにとっては「悪い顧問」でしかなかったと申し訳ない思いが逡巡する。新任1年目まだ非常勤講師であったが、同好会から部活動に昇格したばかりの「ソフトボール部」を顧問の先生があまり面倒を見なくなったという現場の事情もあり、練習に付き合うことになった。野球の経験があり大好きであった僕は、ボールも投げられない女子部員が試合に出て勝てるようになるまでの過程に、崇高な「成長物語」を体感したのだった。折しもソフトボール好きや経験者が入部してきて支部大会を突破して都大会まで進むようになった。野球とは違うソフトボール独特の投球や戦術に戸惑いながら、他校の顧問の先生らから多くを学び若き教員としてその時にしかできない「青春」時代を味わうことができた。時に地区大会の責任者を務めたり、高体連の役員に名を連ねたこともある。当時の先生方には誠に申し訳ない思いもあるが、僕は「文学研究」という人生の道を選ぶことになる。人生に欲張りであるのは罪なことなのだろうか?などという思いを持ちながら、僕は今回の「ソフトボール」に世界で僕だけの思いをもってTV観戦しようと思っている。

あくまで競技を緻密に
その魅力を見極めたいがため
ソフトボール部顧問としての学びは、時折「教師論」として学生に話している。


tag :

緊迫する入国の経験を思い出しつつ

2021-05-07
国境を越えるという意識
半島大陸との交渉の古代から西洋文化の伝来へ
同様に「島国」である英国国境での経験から

20代の頃に欧州縦断、約2週間の旅をしたことがある。お金もないので一番安かった「モスクワ経由」の航空機でシベリア上空を飛び、冬だったので窓際の席は寒い外気が入ってくるような旧ソ連製の旅客機だったように記憶する。モスクワで初めて所謂「東側」の国にトランジットで宿泊するが、空港からのバス内でパスポートの回収があり、命を預けるような思いで自動小銃を持った兵士に赤い表紙を手渡した。雪深き寂しい敷地にある収容所とも呼びたくなるようなトランジットホテルは部屋割りも適当で、幸い早い者勝ちを知人から助言されていた僕は、ともにした友人と二人部屋を強引に確保した。しかし、同乗していた日本人の中には、ターバンを巻く人と同室になる者もいて、まさに「世界」を体験できる機会でもあった。翌朝、一番の懸念であったパスポートは返却され、机上がまったく片付けられていないレストランが目立つ空港から、スイスはチューリッヒへと再び飛び立つことができた。

チューリッヒから電車でスイス・ジュネーブまで、レマン湖を車窓に見ながらドイツ語圏からフランス語圏になるのが、駅の表示や乗客の会話から実感できた。ジュネーブに程近い国境を接するフランスにある知人の家に滞在しクリスマスイブを迎え、その後はユーレイルパス(欧州各国で一等車両が利用できる、今風に言えばサブスク周遊乗車券)を利用して欧州縦断列車の旅へ。イタリアへは電車内で車掌にパスポートを見せるか見せないか、と思うほど簡単に国境を越えた。その一方で北に向かい、フランスからドーバー海峡をホーバークラフトで渡った後の英国の入国審査では、係官が執拗に僕に尋問をくり返した。当時、僕が勤務していた学校の英国校がロンドン郊外にあって、同僚が二人出向していた寮に転がり込む予定であった。そのため「滞在先」を「学校の住所」にしたことが、どうやら「不法就労者」だと疑われたようだった。尋問は約20分ほどに及び、入国審査ゲートの僕の後ろには長蛇の列ができた。最後には1週間後に帰国する航空券を見せることで、ようやく入国許可が下りたという体験であった。あれから30年以上が経過した。髭面革ジャンという僕の風貌を英国の入国審査官に疑われた経験は、同じ「島国」の住民として意識を拓く体験になったのだった。

30年間でさらに世界は拓けた
されど内向きになってしまった島国
OECD加盟国で一番ワクチン接種等で劣るのも、それなりの理由があるのだろう。


tag :

医療で信頼すべきものは何か?

2021-05-04
止まるところを知らない感染拡大
ワクチンの効果や副作用などの判断は?
薬事承認とか医師の適切な判断とか・・・

幼少の頃に発熱した折のことだ、普段は行かない家から少し遠目の医院に連れて行かれ、腿の裏側に強烈な痛みを伴う注射をされた記憶がある。何歳の頃だったかは覚えていないが、そのあまりの痛さを鮮明に記憶している。たぶん2回はその医院で行われた「痛みの記憶」は、その後も身体から離れず今に至る。しばらくはその医院のある方面に買物に行くのも嫌な感覚を持っていた。しばらく時間が経って小学校中学年も過ぎた頃、足への注射による「大腿四頭筋短縮症」が社会問題化するニュースを知った。あの「痛み」の記憶こそが筋肉注射で、全国で副作用が問題化していたというわけである。しばらくは自分の足の筋肉を憂えたりもしたが、その頃から足が速くなったこともあり、自分はその症例には当たらないだろうと祈り願い思い込むようにしていた。その結果、祈りと願いは通じた。

医師をいかに選ぶか、医師をいかに信頼するか、昭和の時代はそんなことも誠に曖昧だった気がする。医師は正確で適切な情報を開示もせず、どんな処置をしてどんな副作用があるかの説明もなかった。僕の母の世代だと「医師に説明を求めたらよい」と言うと、「医師に文句を付けるようで、その後の診療がきちんと為されなくなる」などと憂えて、ただただ医師の為すがままであることが、自分が大人になって来て大変に気になった。もちろん「医師への信頼」は大切であるが、それだけに適切な治療方針や副作用の可能性等の説明が必ず求められるように思う。以上のような経験から、今回の新型コロナワクチン接種についても、どれだけ信頼をしてよいものか?という不安が簡単には払拭できない。情報はほとんどが報道頼りで、自らWebなどで情報を仕入れるしかない。こんな時こそ係り付けの医師があれば、と強く思う今日この頃である。

薬事規制当局の承認がどれほどのものか
そして個々の医師の意識や判断の差異は
イスラエル・米国・英国などワクチン接種が進む国はどうなのだろう?


tag :

言ってくれないとわかりません

2021-04-17
マニュアルはどこにありますか?
言ってくれればやりますから
仕事は見て盗むものという時代は遠いのか

中高教員だった頃、中途採用で移籍したこともあってよく「・・主任」などになることが少なくなかった。ある時、校庭を使う部活の顧問でもあることから、体育祭・文化祭での校庭担当主任になった。グランド整備とともに校庭の周囲にたくさんのテントを張る作業を、生徒たちとともに行う作業班である。自分の部活の生徒たちはまだ日常の指導もあってか、上級生が率先して自ら動き後輩らとともに考えて作業をしていた。しかし、作業の概略と流れはプリントして配布していたと思うが、担当教員の一人から「言ってくれないとわかりません」と怒った口調で言われたことがある。経験から学べないのか?僕に個人的に怨みがあるのか?なんだか「一人前の教員のくせに」と心で思った記憶がある。世代間格差なのか「詳細マニュアル」がないと作業ができないようなことを奴は主張していた。

僕が初任者だった頃、職員室で机を並べる先輩教員から「仕事は見て盗むものだ」と言われたことがある。出席簿・教務手帳の作り方から担任としての指導の基本まで、周囲はどうしているか?という観察をする意識が研ぎ澄まされた。現在でも周囲の人が何をどういう意識で行なっているかに対して敏感なのは、この時に身についた経験によるものだ。遡れば、母校の大学のある意味での放任主義が、教員となっても困らないトレーニングになっていたようにも思う。掲示板を見なければ教職課程の登録さえ知らないで過ごすところだった、という大学入学直後の経験が尊かった。そう考えると大学も個々に個性はあろうが、時代を経て大きく変質した。教員へもそうだが、学生には諸々の「お知らせメール」が届いて手続き等を促してくれる。常に詳細に「言ってくれる」社会になり、「自分で考えて」などと言うのは「不親切」か場合によると「職務怠慢」になりそうな勢いである。などと、教員養成学部にいる一教員として考えた。

「指示」に無批判に従うのでいいのだろうか?
あらゆる分野でクレームに対応するサービス業のような風が
「習」という文字は「自らの羽で羽ばたく」という字源なのであるが。


tag :

ありがたき研究時間

2021-01-14
研究に使うための時間
それこそが優れた授業・指導をもたらす
自分の中での使い方を大切にしながら

在宅勤務を決め込んだら、研究時間が大幅に確保できるようになった。当然のことかもしれないが、通勤そのものや実務上の雑務がないだけで書物と向き合え思考する時間の大切さがわかる。思い返せば中高現職教員だった頃は、週1日ある「研究日」に同質な感覚で過ごしていたように思う。その1日があるために論文を書いたり、研究学会での発表に臨むことができた。誠に「研究日」は貴重なのであるが、当時の同僚の過ごし方は千差万別だったように記憶する。「明日は研究日だから呑める」といった会話を、職員室の夕どきに耳にすることもあった。心の中では「こちらは研究の下発表がある」と思いながら。大学研究室に通うために曜日を指定で取得すると、「ずるい」という同僚の批判を受けた。どうやら「研究をするため」ではなく、週の中で休みのタイミングとして多くの人が曜日を重視しているのがわかった。

私学中高の勤務先では「研究日取得報告」の提出が義務付けられていたが、毎年必ず出版された雑誌論文のコピーを添えた。他者のものを見る機会もなかったが、多くのものがA4書面に何行かの手書き記述をするだけ。中には確かに実技研究なのだろうが、保健体育教員の「ゴルフ」さえあり得たであろう。当時、部活動で都立高校の先生方と付き合いがあったが、次第に都知事の意向で管理主義が強化される時代に「研究日」の権利は失われていった。僕も初任の私立中高では、まったく「研究日」の概念はなかった。以上のような環境の中で、よくぞ大学院生との二足の草鞋を履き続け学位取得に至ったと今にして思う。現在与えられている環境には、心から感謝せねばならないと思う。それにしても「オンライン」で講義や学生の相談にも対応でき、メール等で実務ができるのは誠にありがたい。聊かの用件があっても、大学へのそぞろ歩きで対応することもできる住宅環境にも恵まれている。

基本として研究が据えられている
新たな成果へ向けて大きな動きも
新時代の研究者の生活を模索しながら。


tag :

年の瀬の時を楽しむ

2020-12-31
妻はおせち料理づくりで台所
窓拭きに各所の換気扇清掃など
玄関飾りも取り付けてお正月へと

時代は変転し年の瀬の過ごし方も多様になったと云われてはいるが、昭和から変わらぬ「型」が大変に好きである。などと「昭和」の時代には、大晦日の夜に放送であった「レコード大賞」を観ながら考えた。大晦日より「紅白」会場への移動の制約がなくなったからだろうか、過去の受賞曲や今年鬼籍に入った作曲家などの特集があって回顧的な楽しみ方ができた。しかも妻お手製のピザといただいた牡蠣にワインをいただきながらの時間は、誠に至福なものがあった。昼間に時間を巻き戻すと、妻はおせち料理づくりに追われ時事刻々奮闘している1日であった。途中の買い物などの外出を含めて、その姿そのものが「昭和の年の瀬」を思い出させてくれた。

僕は小学生の頃から年の瀬になると、家の大掃除に勤しむのが好きだった。商家を営んでいたゆえ父はほとんど大掃除に着手せず、母は店番をしながらもやはりおせち料理づくりに奮闘していた姿が印象的である。両親の会社がカーペット類の小売もしていた時期には、父のみでは配達の手が足りず大掃除を終えた町内の家までカーペットを担いで届けたことも思い出である。その合間を縫って、自らの居住空間の大掃除をする。自分の部屋は29日ぐらいまでに終わらせて、30日大晦日はリビングや階段周りなどに勤しんでいた。あまりに細かいところまで執着するので、来訪した祖母が「もうそのくらいでいいのにしたら」と声を掛けられたこともあった。そんな過去を思い出し楽しめる、宮崎の幸せな年の瀬なのである。

寒波による寒さも年の瀬でこそ
希望の新年へ向けておせち料理に期待する
日本の年末年始は家族の中で健在である。


tag :

完全という傲慢を暴き出せ

2020-12-03
「魔術師の幻想」
刑事コロンボが暴く犯罪
「完全犯罪などない、あなたの幻想です」

小欄に何度か記しているが、水曜日夜のBSプレミアムで「刑事コロンボ」を放映している。このシリーズは僕が中高生の時代に大好きで、推理小説とも違い視聴者が最初に犯罪場面を目撃するという画期的な演出・構成の70年代アメリカドラマである。あらためて今見直してみると、新たな発見も少なくない。脱炭素社会となった今では考えられない巨大な箱型アメ車が登場し、コロンボ自身も証拠ある現場で平気で葉巻を吸っている。犯罪に手染める登場人物は大抵がインテリか財産のある白人で、その思い上がりをイタリア系で風態もみすぼらしいコロンボが小さな契機を見逃さずに鮮やかに解明するのだ。それはある意味で白人至上主義の傲慢に対する、一つの抵抗のようにも見える。

犯人は毎回のように「完全犯罪」を目指し、アリバイ工作をし自らの職業や資財によってできる限りの隠蔽工作をする。その特殊な職業の特技を活かす場合も少なくない。昨夜は「魔術師(手品師)」の犯罪を描いていたが、当然ながらイリュージョンを存分に活用し舞台上でマジックをしている最中に箱内から一時的に脱出し犯罪に及ぶ。コロンボは「うちのカミさんが魔術が好きだ」などと御託を並べ、その特技の真相を自ら身につけて犯罪の解明に挑む。昨夜も最後は証拠となる書面を犯人がマジックで燃やすと、何通でも証拠はあると手元に書面を繰り返し手品で出していった。最後に魔術師が「完全犯罪だと思っていたのだが」というと「完全などない、あなたの幻想」だとやり返しドラマは終幕。多くは犯人から見下されるコロンボが、最後は痛快に自らの傲慢を曝け出させて犯人を逮捕に追い込む。

傲慢な幻想を抱くほど愚かなことを知れ
他人はわからないだろう、という見下した態度に落とし穴が
「新品のコートは肩が凝る」といつものヨレヨレのコートを着なおす場面が印象的だ。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>