なぜ音楽好きはバンド活動をするのか?

2018-06-20
「聞く」ことから表現する活動へ
鑑賞だけでその音楽の真髄はわかるのか?
バンドでカバーをする意味などから考える

県の教育事務所関係の担当者の方々と、秋に実施する「読書推進活動」に関する研修会の打ち合わせ時間を持った。先方の作成された計画であると、僕の「講演」が冒頭に30分ほど用意されていた。全体で使用できる時間は決まっており、できればゼミ生が参加するワークショップ形式の研修にしたいと要望を述べた。双方で削るべき時間はどこか?と対話を進めたが、僕自身は迷うことなく「講演をやめましょう」と進言申し上げた。ありがたいことに先方の構想では、やはり僕自身の講演を県内多くの図書担当教員に聞いてもらいたいのだと云う。だが既に何度か経験があるのだが、こうした研修で講演をすると間違いなく固着した雰囲気となり、活発な質疑にもならず「対話的」なものにならないことを僕は知っている。そこで冒頭から学生の群読活動などを実施して、そこに僕がコメントを加え、参加者にも感想・意見を引き出すような活動的研修を提案することになった。

とりわけ「読書推進」と言った際に、指導者自身の「推進」はどうするのか?と疑問に思うことがある。「主体的な学び」というお題目が唱えられているが、それは学習者のみならず指導者もそうあるべきと思う。指導者が「読書を面白い」と思うからこそ、学習者にもそうした意識が芽生えるのではないか。僕自身は(現在休止中ではあるが)、あるアマバンドのメンバーである。なぜ好きなアーティストの楽曲を「カバー(コピー)*演奏・歌唱をほぼ同じように再現すること)するのか?それは単に受け身で聞いていただけでは、わからない楽曲の深い味わいに近づくためである。自分たちで演奏して録音を聞き返してみると、「本物」とのあまりの違いに愕然とすることがある。だがその未知の距離を実感してこそ、愛好するアーティストの実力のほどが真にわかるのである。「講演」を聞いているだけではダメ、ましてや閉鎖的な場に閉じこもっているだけでは、「主体的な学び」は生み得ないのである。

深い理解をするには自ら表現すること
国語授業の「鑑賞」とはいかに?
活動的研修スタイルなくして、活動的学習は実現しない。


スポンサーサイト
tag :

「わかりやすさ」の落とし穴

2018-06-15
何事も「わかりやすい」が求められる
表面的で厚みのないことばが氾濫する時代
「わかりにくい」ものを考えてこその人間なのでは・・・

担当講義の「中等国語教育研究」では、後半の教材ジャンルごとの指導案作成と模擬授業の実施時期となった。最近気になっているのは、こうした教育分野に端を発して社会全体が「わかりやすさ」だけを追求する傾向である。言い換えるとそれは表面化・単純化であり、物事を奥深く考えることを避けているのではないかと思ってしまう。特に「授業」の場合でも「わかりやすく」を指導者に求めるのだが、本来は「深く考え話しやすく聴きやすい」授業こそが求められるのではないだろうか。バラエティ番組が展開する「二者択一」的単線思考や、知識を遊び道具にした格付け思考などが、政治をはじめとして社会全体に蔓延しているのではないかと危惧するのである。

実際に僕が過去に勤務していた中学校・高等学校でも、「わかりやすさ」を求めるがあまり、板書のチョークの色を的確に使い分けるとか、見ただけで理解できるプリント作成などを、管理職が口にして求める状況に遭遇したことがある。だが果たしてそれは真の学びを醸成しようとしているのだろうか?と僕は大変疑問に思っていた。「類別」するというのは重要な思考過程であるが、指導者がチョークでそれを施し押し付ければ、学習者が自ら考えて「類別」する思考を奪う。散々とした事項を自ら整理してまとめることで、時系列やテーマごとに奥深く考えることができるわけで、その過程を「ワークシート」と称して指導者が与えてしまうとやはり、大切な思考過程を奪うことになりかねない。したがって僕はその時、こんな決意をした、敢えて「わかりにくい」授業をしようと。

「わかる」より「考えたくなる」授業
静止し押し付けるより自ら動きたくなる授業
知的であることが正常である社会であり続けるためにも。


tag :

高度な知性なくしてわからない「国語」

2018-05-25
「言葉による見方・考え方を働かせ、言語活動を通して、
 国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力を次の通り
 育成することを目指す。」(新学習指導要領・中学校・各教科・国語「目標」より)

前期の講義も三分の一が終わり、基礎基本から応用に入る時期となった。毎年この時期には、附属中学校の先生においでいただき、教育実習へ向けた実地指導を実施している。内容は「学習指導案の書き方」ということで、授業及び学習活動を実際に作り出す「設計図」を描くということになる。その際に参照すべき重要な指標が、「学習指導要領」であることは言うまでもない。現在は、昨年告示された新学習指導要領への移行期間であり、現行の学部3年生が現場に出て教師になる際には、この「新」が完全実施となる。その「国語の目標」を冒頭に示したのだが、あらためて読んでみると、中学生のみならず現在の日本社会に生きる人々全員が反芻すべき重要な要素が示されていることがわかる。「言葉」によって「見方・考え方」は働かせるものであり、「話す・聞く・書く・読む」といった領域の活動を通して、「正確」な「理解」と「適切」な「表現」をする「資質・能力」を「育成」するのだ、という文言である。

敢えて学習指導要領の文言を繰り返したが、政治・行政に関わる人間のこうした「資質・能力」が誠に情けないほどの次元であることが、昨今露わになっているからである。また学習指導要領では、「社会生活」においてこうした能力が発揮されることを意図して記されている。例えば、「社会生活における人との関わりの中で伝え合う力を高め、思考力や想像力を養う。」と上記目標の「項目(2)」にある。だが真実を「伝え合わない」ように隠蔽し、余計な「思考力・想像力」を働かせる輩は、社会の円滑さを揺るがす悪だと言わんばかりの実情がある。社会というものは「要領」で回っており、所謂「忖度」や「強制」などはいつもあるものだ、という「空気」の横行と蔓延である。これが実は知らぬ間に社会の様々な領域に撒き散らされてしまっているが、良識ある者はこれを「反知性主義」と呼ぶ。附属中学校の先生は、清水義範の文章を引いて学生にこう語りかけた、「国語は、高度な知性なくしてわからない教科なのである。」と。

「社会生活に必要な国語」
「国語」そして「人文学」さらには「教育」についても
その「高度な知性」なき者たちを反面教師として、僕らは現場を歩むしかあるまい。


tag :

「覚える暗記する」を考える

2018-04-12
「覚えらえない」
「丸暗記」はすぐに抜けてしまう
自らが使えるものにするために・・・

大学1年生には様々な機会を通して言っている、「覚える暗記する」から「考える疑う」に移行せよと。もちろん高校までの段階で、「考える疑う」思考の姿勢が身についている者もいないわけではない。だが大学入試対策の影響か、多くの者が「一つの正解を覚えていることから出す」という思考であることが多い。僕自身が高校現職教員だった頃にも、定期試験についてクラスの生徒たちと話すと、「覚えられない」という悩みを吐露する者が圧倒的に多かった。試験つまり「学力」を「覚える暗記する」と明らかに捉えているのだ。それゆえに大学1年生に文学史や歴史などを問いかけると、多くが「忘れました」という結果となり「教育段階の分断」のような虚しさを感じざるを得ない。

ジムのストレッチマット上で、親しい方から質問された。親戚の子どもさん(小学生)が数分間の漫才ネタなど聞いた話を克明に覚えて話せるのだが、それが良いことなのか?どう能力を伸ばしたらよいのか?という質問だった。たぶんその子は、「文字を覚えよう」としているわけではなく、他者の話を映像のように想像しながら脳裏に刻みつけているのではないかと答えた。例えば大人でも、観た映画の粗筋はたいていは他者に話すことができるだろう。この子どもさんは「文字」ではなく「声」で想像する力があるのだ。それは比較的、幼児の際に培われる能力だが、「文字言語」の学習が進むにつれてむしろ退化してしまう。中高生が「覚えられない」というのは、このあたりに原因があるのではないか。したがって、この子どもさんへのアドバイスとして、単語などでも、「音声」(発声や聴解)を使って「物語」的なストーリー(場面)で頭に刻むようにしたらいかがでしょうという提案を申し上げた。

大学講義としての「国文学史」をどうするか?
「意味」に偏った「文字」のみの机上の学習
「音」や「イメージ(場面)」を考えるのもまた短歌なのである。


tag :

小学校国語教材を振り返り

2018-03-01
「くじらぐも」「スイミー」
「ごんぎつね」「注文の多い料理店」
名作文学で低学年教材も多く・・・

附属小中学校との共同研究年度最終回にて、例年行われている小中乗り入れ授業が実施された。今回は前回までに実践されていた古典教材の授業から、新しい趣向へと転換。小学校6年生児童を対象に「心に残る思い出の作品を紹介しよう」というテーマで、45分間の授業が3名の中学校教諭によって実践された。まずは6年間の教科書教材一覧表を見て様々な作品をまずは想起し、その後、中学校3年生が3年間の教材で同じように書いた「推薦作文」を読んでその良いところを捉える。「当時の自分と重ね合せている」「別の作品と比較している」「忘れられない言葉や文がある」「理由が具体的」などの点を、実際の作文から学ぶことで、自ら書く作文のあり方に活かせるようにする。そして約15分間で作文し最後にはペアでそれを発表し感想を述べ合うという授業であった。

実践後の授業研究では授業方法や作文のあり方にも様々な指摘が為されたが、僕自身の大きな興味は6年生が「どのような作品を選ぶか?」という点であった。統計的に確認したわけではないが、3学級で机間巡視をし、また終了後に作文を読ませてもらった概ねの印象は、低学年及び文学教材が多いということ。「スイミー」や「ずうっと、ずうっと、大すきだよ」などは元来が絵本作品、また「ごんぎつね」や「注文の多い料理店」なども目立って取り上げられる教材であった。中には説明文教材を選ぶ子どもがいないことはないが、この文学教材優位な実態は、大仰に言うならば現在の国語教材の時流に問題提起をするものと思われた。とりわけ6年生段階になって低学年文学教材を取り上げるのはなぜか?記憶に新しい5・6年生教材よりも、鮮烈に子どもの脳裏に焼き付いている理由などに興味が持たれた。

純粋な感性のうちに限定された情報量で学ぶ教材であるからか?
動作化・音読劇・紙芝居などの言語活動で学ぶからか?
絵本的な学びこそが発達段階を超えて必要なのではないか、などと思ったりもした。


tag :

授業の演じ手は誰であるか?

2018-02-23
「教師が創る」授業
舞台を観せ学習者は鑑賞者なのか
学習者そのものが演じ手となる授業を考える・・・

凡そこの30年間において、「授業」「講義」に関する概念は大きく変化した。僕自身が初任者教員であった頃も、ともかく50分間(中高)の「授業」を舞台で演じ手として教師が主役で展開することを疑いもしなかった。それだけに様々な演出・舞台装置(仕掛け)・演じ分けなども考慮して、「授業創り」に勤しんでいた記憶がある。たぶん同僚の他教科の授業を覗いてもそれは同様で、「教師主導の一斉教授法」がほとんどであった。こうした意味では座学ではない芸術・体育や家庭においては実技中心の授業であり、生徒たちにとっても息抜きになっていたようにも思う。座学の教員からすると体育などは、「ゲーム(ある競技の)」をやらせるばかりで教師が演じることも少なく、準備が不要で楽な印象を受けたものだ。だが実技科目であっても、意識が高い教員であれば、むしろ様々に演出を施して学習者主体の授業を構成していたようにも思う。

喩えて述べるならば、さながらTVを観るかのような感覚で「授業」が展開される。ほとんど教員が喋っていて、学習者は「静かに聞く」ことが義務付けられている。中学校以上であれば「専科生」であるゆえ、同学年で複数学級の科目を担当していれば同じ授業を複数回実践するわけで、それを「再放送」と呼んでいる安易な教員も同僚にいた。だが僕自身は「同じ授業」であっても学級によって違ってしまうと思っていたので、その教員を「安易」と考えていたのであろう。板書の内容なども学習者の発言によって変化するので学級ごとに違うこともあり、「再放送」に慣らされた学習者からは学級ごとの板書を統一して欲しいと抗議を受けたこともある。そうでないと学習者は試験で不安であったのだろう。だがしかし、それで左右される試験問題を所詮僕は作成していなかった。古典の現代語訳や英文の日本語訳などを、「授業(で教えた)通り」に寸分も違わず書かないと「正解」にしない教員の存在などを担任学級の生徒を通じて知り、「再放送」を要求する生徒も無理はないと悟ったこともあった。だがその頃から思っていた僕の意識が、間違っていなかったことがようやく最近、一般的な通念になったということだろう。

演じ手は学習者である
教員は演出を施し気付きを支援する
今尚「一人芝居」を「再放送」している教員もいないわけではないのだが・・・


tag :

楽しく力のつく授業にするためには

2018-02-05
授業が楽しいか?=主体的
力のつく授業であるか?=指導力
指導者自身の力を問いたい・・・

教職大学院課題研究発表会が開催された。僕は学部所属であるが、数科目に及び兼任担当科目があり、大学院実習で中学校該当者がいると担当になるという関わり方をしている。教職大学院に関わった折に常に考えるのは、研究者教員としていかに関わるかということだ。当該大学院には実務家教員として、県教育委員会から出向でいらしている先生方も配属されている。現場経験に根ざしたより実践的な指導のあり方を、実務家の先生方は指導の旨とされている。ならば研究者教員としては、より客観的・分析的に授業を始めとする学校での活動を捉えて、院生たちに指導する責務があろう。その院生も半数は県内の教職員の方々で、現場での課題を解決しよりよい指導力をつけて1年後に再び現場に帰るということになる。

「楽しい授業(教科)」などと簡単に口にする場合も多いが、果たして「楽しい」とはいかに培われるものなのだろうか?例えば、「落語」は「楽しく笑える」ものであるが、同じ噺を誰が喋っても笑える訳ではない。落語家はその日の一期一会の客に対しても、マクラで笑いのツボを捉えてから噺を決めたり、その場にふさわしいネタを振り込む。それはひとえに、落語家自身の基礎的な力量が高くなければできるものではない。そして「力量」とは決して「話す技術」のみにあらず、落語の演目や背景に対する奥深い造詣があってこその「力量」であろう。話題を「授業」に戻そう。「授業」では、学習者に「力をつけさせる」のは自明のことである。だが果たして「授業技術」の範疇、いわゆる「フレーム」を整えるだけで「力のつく授業」になるのだろうか?学習者に「力をつける」と言うならば、前提として指導者に「力」が備わっていなければなるまい。どんなに技術が高くとも、この2月のキャンプからシーズンを乗り切る基礎体力がなければ、プロ野球選手も大成しないとの同様であるように思われる。

教科の基礎体力が授業を楽しくする
これぞ研究者教員が関わる内容ではないか
指導者本人が文学たる教材の豊かな読者でなくてはなるまい。


tag :

語ることを語り合うまなび

2018-01-25
自ら語っている映像
その姿を観てまた語り合う
客観視に有効なICT導入授業

附属学校園との共同研究では、年に3回テーマを持った研究授業を実施している。昨年度から今年にかけては「ICTの有効な導入」が課題となっている。今回は中学校の先生が、ipadを活用した授業を展開した。「ICT教育」というと指導者側が教材提示として導入することを、まずは第一にイメージするであろう。僕自身も一昨年には「デジタル教科書」を使用して中学校2年生で「漢詩」の研究授業をやらせてもらった。コンテンツにある音声教材や映像教材、工夫された教材提示ツールなどを使用して、学習者自身がICTに触れるわけではなかった。

今回の試みはipadを使用して、学習者が班内で語り合った様子を動画撮影し、その様子を自分たちで今一度視聴することによって、さらなる対話を促す内容であった。さながら「語ることを語り合う」と言ったわけで、その討論の内容はもとより自己の話し方の特徴や傾向を自覚できるという利点があった。多くの方がそう感じるであろうが、あの自分の声の録音を聴いた時の喩えようのない違和感は何なのだろうか?「これは私の声ではない」とまで思うのだが、他者の誰もが「あなたの声」だと認識するわけである。人は生きている上で、自分の顔も自分の声も自分の語り方も決して現実に外から見ることができない。そこにICTが活かされるのが、これからの教育の方向でもある。

タブレット使用に実に慣れた生徒たち
タコ足配線のヘッドホン使用も有効に
「自己」のあり方も時代とともに変化しているのかもしれない。


tag :

小さな学校大きく育つ

2017-11-25
全教職員が全校生徒の顔と名前がわかる
小さな学校にこそ見える教育の原点
時間も感覚もすべて「競争」にある社会の中で・・・

米国によく行っていた頃、ある日本人と出会ってこんなことを話した覚えがある。「日本の教育の一番の問題は何か?」と問われたので、「1学級あたりの児童・生徒数を30名以内にすべきことではないか」と答えた。当時は「新自由主義」に席巻されているご時世ということもあったが、その日本人は「そんなことを教育関係の研究者が考えているから教育が良くならないんだ」と云う趣旨で反論された。いわば「競争」原理に拍車をかけて、教師もできる限りの力を尽くしてこそ「プロ」なのだと言わんばかりの反論であった。金を稼ぐことも、地位を築くことも、財を成すこともすべて「自らの力」で競争に勝ち抜いてこそ、社会の勝利者(勝ち組)であるという発想であるが、いまや社会がこの様な「原理」で動いているわけで、これを予見する様な人物として僕の脳裏に刻まれている。

果たして「学校」は、「競争」のみで成り立つのだろうか?「教育」に「対費用効果」などという経済用語が平然と使われるようになったのも、その頃からだ。児童・生徒は決して生産品・管理品ではない。効率のみであらゆることが論じられ、競争に先んじた者が「優秀」とされる。自ずと元来から「力」のある者が潮流を最初から掴み、「力」なき者は衰退していくしかなくなる。現況の企業への対応や各大学への対応も、すべてはこの「競争」原理によって成り立っている。「対費用効果」の少ない「少人数学級」などもってのほかなのである。こうした原則が、「都会」と「地方」の中にも同じ図式で成り立っている。だからこそ立ち止まって考えてみよう、そんな「競争」ばかりしている「社会」が、生み出している物は何か?平常では理解しがたい「人間性」を逸脱した事件・事故が、最近あとを絶たないではないか。もうそろそろ、僕たちは気づいた方がよいだろう。

小さな学校で大きく育つ子どもたち
そして個々を大切にする先生方に教わること
宮崎には、せめてそんな「学校」を増やしたいものである。


tag :

短歌で学ぶ〈教師未来セミナー「宮崎の先生っていいな」〉

2017-11-19
「この子らを妊りし日の母のことふと思う試験監督しつつ」
(俵万智さん『サラダ記念日』より)
短歌から考える「教師のこころ」・・・・・

夜中には激しい雨音で目が覚めてしまった。その流れで早目に起床し準備を整えて、宮崎南高等学校へと車を走らせた。昨日の小欄でも触れた「教師未来セミナー」の講師を務めるためである。南高校の生徒のみならず、県内各地から教師を目指す高校生たちが、雨にも負けず朝から70名ほど集まった。まずはその情熱に大きな拍手を送りたい。人生の志というものは、悪天候など簡単に凌駕するものである。9:00セミナー開始、まずは前の方に座っている何人かの生徒たちに「どこから来た?」「部活は何を?」と”つかみ”を入れる。「教師」とは教科を教えるのみならず、「部活」などを通して生徒たちと深く関わるものである。その後、僕が〈教室〉で関わった「教え子」ならぬ”学び子”たちで、プロ選手となった面々を写真で紹介した。サッカー・野球では既に指導者やチーム運営に関わる要職に就く者もいる。彼らは「プロ」として厳しい競争を勝ち抜いて生きて来た。その生き様を自己に照らし合わせると、「教師」も「プロ」であることを忘れてはならないと思う。スポーツ選手は実績がなければ「自由契約」となるが、「教師」はどうだろうか?そのくらいの矜持と決意を持って、あらためて「教師はプロだ」と高校生たちに熱く語った。

その後は、俵万智さん『サラダ記念日』にある「橋本高校」の連作から、5首の歌(冒頭に記した歌が一例)をみんなで音読して味わった。そこから対話活動へ、6人1組となって5首から印象深い歌を1首選ぶ、そしてその歌から感じられる「教師のこころ」を話し合い、各班のコメントを簡潔にまとめる内容である。この活動は予想以上に効果的で、選ばれた歌は様々であったが、「先生を評する・・・」といった歌の一節に、「教師は中学生から厳しく見られている」などと、現代の世相を反映するようなコメントが付けられて、『サラダ記念日』という歌集が「色褪せない」というよりも、「いつの時代にも対応する」歌集なのだとあらためて実感した。また定番とも言える「歌の中の『君』はどんな存在か?」といった観点からコメントを述べた班もあって、「教師」も「人」であるという思いも含めて多様な「こころ」が学べたように思われた。

後半は宮崎が生んだ国民的歌人・若山牧水の歌へ。牧水が家業を継がずに歌人を志した強固な意志、そして人生とは「旅」のように出逢いの連続である感慨を歌から味わった。その後の対話活動では、「教師への志に不安なことは?」を話し合う内容。「志を持ちなさい」と学校では教え込むことが多いが、「不安」は誰しも持っているものである。むしろその負の方向を対話して共有してこそ、「志」はさらに固まるのではないかと思う。僕自身もいくつかの志に迷い、そして「教科(専攻)選択」でも大いに悩んだ。だが「教師」になれば、部活動を担当したり学校行事で出番が与えられたり、様々な「夢」をささやかながら「現実」にすることができる。これもまた「教師」という職業の大きな「希望」に違いない。

生徒「上手く授業ができるか不安です」
私「どうぞ宮崎大学教育学部へ来てください!」
宮崎の次世代を担う瞳が輝いていたことに、大きな希望を実感した。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>