fc2ブログ

脅しでは豊かさは生まれないー教員免許状更新講習を考える

2021-08-27
「・・・しないとあなたは資格を失う」
「・・・しないとあなたは社会に公表される」
子どもの世界を見れば明らか、脅しでは豊かさは生まれない

教員免許状更新講習を今年も担当した。非常勤講師時代からになるのでもうかれこれ10年以上、年によっては2講座などを毎夏担当してきた。担当者となれば自らの免許状は更新されると聞いているが、特に手続きなどもしていない。「免許状」そのものが大切というよりは、大学教員になってからも附属小中学校で数年に1回は研究授業をさせてもらっている。もとより、豊かな授業を創るための文学研究をしている自負がある。今年の講座も「音読表現と短歌づくりワークショップ」当初は感染拡大の影響で開講できるかどうかという検討もなされたが、オンライン併用ということになり、受講者も少人数であったが開講に漕ぎ着けた。オンライン1名の参加者へ教室の影像・音声を届けるのは、機材や設備の関係からかなり苦労した。しかしオンラインでも前向きに参加してくれる受講者のために、またその受講者が教室で教える児童生徒のために、めげずにオンライン通信の改善を模索して、教室7名の参加者と豊かな短歌の講習をすることができた。「短歌県みやざき」の短歌学習を豊かにするには、こうした機会が不可欠である。まずは個々の先生方に短歌を好きになってもらう必要がある。それは実に豊かな時間である。

全国の大学でも同様に、教員免許状更新講習を担当している大学教員やそれを支える多くの職員の方々が奮闘しているはずだ。だがなぜか?この時季に「中身が十分に伴わず」などというコメントを伴い制度の廃止が公表された。2023年度からはこの制度は廃止され、研修などへ移行するということらしい。制度が施行された頃は「教育改革の目玉」だなどと喧伝され、「教師の質」を問題視し「免許状失効」を脅し文句に強引に進められた印象しかない。生年月日ごとに更新年が来るので、僕が中高教員だった勤務校では最初の2年間に「年限」が来てしまう先生などは戦々恐々として講習先を探していた記憶がある。さらには、勤務校の管理職が「失効年限が近い先生」に講習の受講を無理強いするような発言もあったように記憶する。免許状更新講習は当初、学校の管理職であれば受講する必要がなく当事者意識もなく、次年度の教員配置に困らないようにと自らの利のみで非常勤の先生などにも脅すような物言いがまかり通っていた。この状況に接した制度導入当初から、「脅しは現場で脅ししか生まない」ものだと思って来た。制度そののが「失効」という「死活問題の恐怖」を掲げたものであったゆえ、「教師の質」を豊かにするものとはなり得ない。だがしかし、やるからには受講者が即座に2学期から授業を豊かにできる内容を目指して、夏季休暇で研究に勤しむべき1日・2日を更新講習に費やし、工夫ある実践的な講習を展開してきた。報道され切り取られた一部の文言であるにしても「中身が十分に伴わず」などと言われる筋合いはまったくない。真に「教師の質」を上げるにはどうしたらよいか?僕らは確実にその手段を知っているのだ。「脅し」という方法は、子ども社会の未成熟で愚劣な行為でしかない。「病床を拡大しない病院は・・・」というのも、まったく同様な手口にしか見えない。医療現場で奮闘する人々を逆撫でして、何が感染対策なのであろうか。

僕らは宮崎の教育を豊かにする
短歌を通じて社会を真摯に見つめる
昨日の受講者の先生方が短歌の魅力を子どもたちに伝えることに期待しつつ。


スポンサーサイト



tag :

暗黙の了解をやめよう

2021-07-16
言わずに本当にわかっているのだろうか?
「同じです」と同調し安易で楽に寝そべる
真の理解のために質問をするということ

「きっと最後には”正解”が出される」ことを、〈教室〉で学習者は待つ。自ら地頭(じあたま)で考えることなく、〈教室〉という集団が同調する教師の言う「唯一無二」と思い込まされた「正解」を「覚えれ」ばテストの成績は上がると誤った学習観で幼少の頃から育ってしまう。たとえ「自分はそうは思わない」と意見があっても、低学年のうちは言うかもしれないが、次第に〈教室〉の同調圧力に「個性的な意見」を言うのが面倒になって無言を貫いてしまう。学習に「ワークブック」などが併用されればなおさら、そこに当て嵌められる「答え」を暗記すればテストは乗り越えられるという考え方が強化される。個々の学習者が考えず議論せず板書だけをただノートに写すだけの、「死んだような授業」が横行する。また「受験」という一発勝負に勝つことが唯一の王道だと本人は親に思い込まされ、場合によると学校の教師までも地頭で考えるよりも、「テスト対策」のみに躍起になる。なるべく無駄なことはせず、ただただ「対策」をするのが効率的な学習だという環境によって、多様で豊かな発想の授業などは「無駄」だと封印されてしまう。こうした果てにこの社会では、「暗黙の了解」ということに疑いを持たない人が育てられ続ける。

大谷翔平のMLBでの活躍を観ていると、チームメイトや相手選手との交流に豊かな姿が爽快に映る。もちろん専属日本人通訳がいるのも承知の上だが、そのコミュ力には注目したい。オールスターでも混雑した場所を通り抜けようとして報道のテレビカメラクルーにぶつかってしまうと、いったん立ち止まり「大丈夫か?」と言うように気遣う態度を取った。春先のキャンプで生の選手を観る機会も僕は多いが、日本のプロ野球選手はなかなかここまでの気遣いをする人は少ない。(まったくいないわけではないことは述べておく)自分が向き合った人がどんな関係であっても、「暗黙の了解」で済ませることはない。大谷翔平は高校時代から自らの目標を「曼荼羅チャート」に記していたことは有名だが、その中には「人間性」という点も決して欠けることはなかった。その総合的な成長の末「160㎞の速球」と記した当時の目標を、MLBオールスターで叶えている。欧米人においては誰かが〈教室〉で話したら、必ず「質問」をすることが習慣化している。なぜかその行為を「相手を批判している」と受け取る日本人は、前述した〈教室〉環境により醸成された悪弊であることに自覚的ではない。欧米人は「質問もしない人は話を聞いていなかった(理解していない)」と解し、大変に失礼な行為と考える。国会でさえ真っ当な議論が為されないのは、こうした負の教育環境と生活上の悪弊があるからではないかと最近はつくづく感じている。果たして我々は「東京五輪」に「質問」をして来たのであろうか?「暗黙の了解」のまま、開幕を1週間後に控えている。

自分が意見を言わないと自分の理解度もわからない
僕の指導教授は自らの考えへの学生の迎合を一番戒めた
世界から遅れをとっている原因を身近に考えねばなるまいと思う。


tag :

役立つ役立たないを超えて価値はある

2021-06-19
入試にないから要らない???
学ぶ時に「役立つか?」などわからない
人生を生き抜くためにあらゆるものが・・・

中学校教員をやっている卒業生から連絡があって、「短歌の授業をしますが、その工夫について教えて欲しい」と言った趣旨が記されていた。それを見たとき感じたのは、学生時代に講義においてもゼミにおいても「工夫」の要点は教えていたはずだということ。もちろん当人は卒論で「小説教材の読解法」について研究したので直接的に「短歌でない」のは確かである。だが同級生で「短歌学習」を卒論にした者がいたことだし、いくらでも学びの機会はあったのではないかなどということを指導教員として考えた。この当人だけの問題ではないが、人は自らが実行する当事者にならないと、学びの価値に気づかないことが多いものだ。学部生にも日頃の講義でその価値を話しているつもりだが、いざ教育実習で自らが身につまされないと目の色が変わらないのが一般的である。あれもこれもと吸収しようとする貪欲さを持った学生は、昨今では稀なのかもしれない。

いつからだろうか?学びの価値を「役立つ?役立たない?」で判断する人が増えたのは。入試の偏差値偏重教育が問題となって久しいが、その偏狭な学力観は「共通テスト」ぐらいの改革では改善される兆しも見えそうにない。高等学校の授業内容は「入試対策化」してしまい、「予備校」なのか「高等学校」なのかもわからなくなってしまう。「国語」では「話すこと 聞くこと」を含めて総合的な言語・思考・表現・伝達などの力をつけるべきだが、「入試的な試験」で高得点を取る「対策」のみが高等学校の学びだと勘違いされている。「漢文」などに至っては「入試において要らない」となると「国語」の学びから外されてしまうという感覚を、生徒のみならず高校教員までもが持つ有り様だ。漢語の受容と言語的な融合、訓読という方法による日本語の音韻・音律的な要素の獲得、明晰な論理を文章で誤解なく伝える漢文体の論理性などは、「日本語」の運用においても不可欠な学びである。「短歌」についても「やまとことば」の歴史的な展開を考えれば必須な学びであり、何も「創作者の特別な文芸」であるわけではない。件の卒業生には、本日(6月19日)に主催する「日本国語教育学会西日本集会宮崎大会」をオンラインで視聴することを勧めた。「短歌」が「国語」の学びとしてどれほどに活かされるか?その価値をあらためて多くの現場の方々に知ってもらう機会でもある。

学びは利害関係にあらず
あらゆることを当事者意識を持って
学べる時に学ばずしていかに生きるというのか。


tag :

AIに向き合う未来をどうしようか?

2021-06-05
いつでもどこでも同じ授業
されど、人間でなければ教えられないことは
文学の遊びを最後の砦に

自動車のCMではメーカーの考え方によるが、「自動運転」らしきものができることを前面に喧伝するものが目立つようになった。ハンドルから手を離したり、前車を捕捉してぶつからないことを可視化した映像に加えて、人気俳優が起用されている。「考え方」と言ったのは他でもない、「自動」が大切なのか?「安全」が大切なのか?という向き合い方の問題である。これまで「自分の運転技術と経験」に頼って自動車に乗って来た身として「楽になる」よりも、「安全である」という考え方を個人的には選択する。「機械」をそうやすやすと信頼できない、きっと故障もあるだろうからと思うゆえである。まさに僕たちは、こんな「文明」次元の大きな変革の入り口に立たされている。「教師」においても、例えばこの30年ぐらいで大きくPC類に依存するようになった。少なくとも、僕が高校時代の試験問題は手書きで国語の問題文が記され、インクの匂いのする藁半紙に試験が印刷されていた。

「授業」をAI(人口知能)に任せれば、いつでもどこでも同じ授業内容を公平に安定して学習者が受けることができるようになる。だが、このことに「自動運転」と同じような戸惑いを覚える。「余裕」が出て「不平」もない授業になるわけだが、その先には「教師不要」という想定さえ為されている。「楽になる」ことで、存在自体が脅かされる。自動車も目的地へ行くためのみならず、運転そのものを楽しむという考え方もあるだろう。果たして完全無欠な「運転」や「授業」の恩恵を受ける者は、人間としてどう「生きる」ことになるのだろうか?「教師」が「人間」であれば、誤りもあり得手不得手もあり個々に特有の偏りもある。それを「学校」という社会で経験することで、人間社会の縮図を学ぶ。もし完璧なシステムによる学習で育てば、その人は社会でも「完璧」だけを求めるだろう。どんな食事を好み、どんな絵や音楽を愛好し、どんな人とどんな恋愛をするのだろう?結婚しても双方が同じ「システム」で育っていれば、「完璧」同士で大丈夫なのだろうか?まったく「人間観」まで変えてしまいそうだが、だからこそ「完全でない人間」を表現したこれまでの「文学」こそが、反動的に大変に重要な教材になるのではないかと思う。「言語技術」は完璧な奴らに教えさせておき、間違いながら人間同士が教材に「遊ぶ」という、人間の聖域の砦を「文学」が担うようになると信じたい。

遠隔講義で高まる集約化
技術から逃げず学習や人間の本質を突き詰める
思わず未来の教育実習像などを妄想している。


tag :

地元の先生になろう

2020-12-18
自分を育ててくれた「母校」への思い
「地域推薦枠入試」
教員養成学部の新しい模索

「先生になりたい」いつこの気持ちが芽生えたかは、人によって様々である。だが仕事の上で多くの学生にその経験を聞く機会があるが、やはり「母校の先生になりたい」と思って志望が起動した者は少なくない。同時に「憧れの(良い)先生」に出逢っている場合も多く、やはり「教育」とは「継承」であることを思わざるを得ない。また時折学生の中にもいるのだが、僕のように「こんな教育の現状を黙って見てられない」という使命感に満ちた志望動機を持つ者もいる。「一人で喋るだけの先生」とか「教科の力量が生徒から見ても心もとない先生」の存在が、反面教師的に作用した結果ということになる。

朝日新聞Web版記事(12/16付)に「『地元で教員志望』の高校生へ 広がる地域推薦枠入試」の記事を読んだ。「山梨大学」とともに僕の所属学部のことが記事内容に取り上げられていた。今年の三月に県庁での記者発表に臨席したが、2022年度入試から15人に拡大して、推薦で「宮崎県教員志望枠」の募集が開始される。この傾向が広がる要因として、現状で「小学校教員採用者の需要」が採用人数を超えていること。学校現場での年齢構成の偏りが顕著であること。さらにはコロナ禍で、地方定着志向が強まったことなどが挙げられよう。都市部のテレワーク等の導入で、地方への移住を検討する人も少なくないと云う。ある意味でようやく「新型コロナ」によって、都市部一極集中という国土地理の社会的問題に解決の楔が打たれようとしているのだ。政治がこれを主導して解決できないことは情けない限りだが、せめて「地方」が主導してその土地と教育の良さを中高生に再認識してもらう機会を創る努力をし続けるべきではないかと思う。

県内で活躍するゼミの卒業生たち
ただ技術的に教員を育てればいいわけではない
地元で先生になりたい高校生の純粋な心に火を灯さなければなるまい。


tag :

色々な先生がいるものだが

2020-12-05
漱石『坊っちゃん』
「先生」は一様なタイプばかりでは・・・
個性あってこその多様性のある教育

学生がよく口にすることで「教員に向いているかいないか?」というものがある。もしこの問いに悩むとすれば、「教員はこのような人でなければならない」という一定の指標があることになるが果たしてそうなのか?あらゆる職業に対して同様に思うのだが、「向いているか否か」ではなく「志を持ち続けるか否か」のように思う。もとより、人の性向を二者択一で断ずる思考方法を考え直すべきかもしれない。短歌を創ってみようという段階でも少しやっただけで、「短歌に向いていない」と口にする人がいる。だが果たしてそうなのか?自分の可能性は自分でもそう簡単にわかるわけはない。自分が本気で体験する前に、自分で自分の可能性を摘んでしまっている。何よりこの思い込みが人生を閉鎖的にしてしまう。

「向いているかどうか」も「今すぐに役立つかどうか」も、長い人生で若いうちに悟れるわけはない。学生にこのような思考の傾向があるのは、高等学校の早い段階から「文系か理系か」といったタイプ別二項対立の選択を迫られ、その時点で「国語が苦手か数学が苦手か」という指標のみで他の分野を切り捨ててしまう学校の指導にも問題があるのではないかと思う。キャリア教育の重要性も叫ばれているが、もとより高校生の時点で、どれほど自らの志向や資質能力に自覚的になれるというのか?問題は高等学校の教育のみならず、大学入試制度にも大きな問題があろう。偏差値で輪切りにされた受験選択は、往々にして個々の真の「志」に優先されて発動される。「教員志望」についてもそうだ、学校の「先生」は様々な多彩なキャラクターがいてこそ、子どもたちは社会を知るべく健全に育つのだ。などと考えると決して学生の思考のせいにばかりはしていられないことに気づくのである。

「先生」も社会的に広い視野を
「昭和」には少なくとも多彩な先生がいた
この国の将来を見据えた重大な問題ではないか。


tag :

語りや脱線の国語教師

2020-11-28
宮崎の教育の安心
時代に抗って語れる経験と余裕と
文学を国語を好きな生徒を育てるために

宮崎県高等学校国語教育研究会国語部会秋季大会に講演を依頼いただき出席した。県内高等学校の国語教員の先生方が、概ね60名以上は集まったであろうか。僕自身も高等学校での教歴は長く、集まった方々とは同僚のようにともに新しい時代の国語教育を考えていきたいという気持ちを込めての参加であった。僕の講演は午後に設定されていたが、午前中には宮崎で長年教壇に立たれ教頭・校長を歴任された先生の「私の『国語教師』論」のご講演もあった。先生が話される内容には、実に共感する点が多く、嘗ての高等学校現場の余裕と冗談と同僚性に富んだ時代性の良さが、様々な具体例とともに語られた。中には「文学国語」と「論理国語」に分けることを愚策だと痛烈に批判する内容もあり、ある意味でみんなが言いたいが言えないようなことを爽快に言い切る潔さとユーモアに富んでいるお話であった。

「試験づくり」を見ればその国語教師の姿勢がわかる。誠に至言である。この「試験」という部分は、現在の大学であれば「オンライン講義」や「ゼミ」などに置き換えられるのであろう。生徒・学生といかに向き合うか。教材を入試のために「速く読む」ことばかりが求められるような社会風潮であるが、「ゆっくり読む」ことこそが大切である。「すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる」「国語は人生に寄り添う教科である」等々、講演の内容として覚書としておきたいことはさらに続いた。閉鎖的な入試対策学力観に拘束されたような現在の高等学校国語、特に文学の学びは瀕死の状態で文学研究者や心ある国語教師からの抵抗が続く現状である。僕自身の講演では、前述した先生の講演に呼応するように、「(文学)創作」や「物語」「演劇(脚本)」などを制作することを目標として「文学で遊ぶ」学びの醸成を意図したものであった。少なくとも「短歌」には、常に当事者の人生が寄り添う。「遊ぶ」とはまさに思考の彷徨を繰り返し「遊学」するということだ。短歌県日本一を目指している宮崎モデルの豊かな国語教育を根付かせる、そんな「短歌」に連携した使命をあらためて噛み締める機会であった。

高校国語と大学入試という長年の課題
人生に寄り添う思考があれば乗り越えていける
語りと脱線の中に明日が見えてくるのである。


tag :

県内高校行脚ー高大連携へ向けて

2020-11-22
出前講義今秋5校へ
短歌が教師へ興味ある学生へ
宮崎の教育をつなぐための行脚

校種ごとの連携が様々な面で提起されて久しい。私立は従前から中高一貫教育を基本としている場合も多いが、公立でも「中等学校」として6年間を見据えた学校が多くなった。高校入試の隔たりがなく中学校時点で「先取り」などとして高等学校の学習課程内容も履修し、最終的に大学入試に有利な状況を作り出すというのが従来の「中高一貫」における一般的な方法であった。現に僕自身も私立中高一貫校で「大学入試実績」のみしか見据えない教育に携わっていた経験がある。ここでの違和感は前述した「のみ」である。「先取り」学習は一見合理的のようだが、理解できない生徒を切り捨ててしまう方策でもある。発達段階を考慮し「ゆっくり」学習したい生徒にとっては引き摺られてしまうごとき、苦難となってしまいかねない。

以上のような経験則があるのだが、ならば高大連携教育を円滑なものにすることが大きな課題であると気づかされる。中学校・高等学校で「入試問題」の枠内で正解主義に囚われた教育ではなく、各教科の真の目標を見据えた教育を実践できる環境を醸成することが求められよう。「国語」であれば「思考力・想像力・表現力」をどの領域でも備え、伝え合う力や言語感覚に長けた、古典から近・現代文学のジャンルを問わず興味関心の深い生徒らの育成である。端的にいうならば、短歌に親しむ生徒らはこれらの力と興味関心に溢れている。このような前提から宮崎県では「短歌創作」を柱にした「文学」を根底に据えた初等・中等教育を展開すべきではないかと思う。以上のようなことを考えて、この秋は県内5校の高等学校へ出前講義に赴いてきた訳である。

高等学校の「国語」を新しく
短歌に眼を開きそうな生徒らの視線
今週は県内高等学校国語科の先生方の研究大会での講演を控えている。


tag :

仕方なく進めるべきなのか?9月入学

2020-04-30
東大が2012年に導入を断念
秋学期入学枠を設けた大学も
この事態になって「9月入学」と言われるのだが

世界の多くの国の学校制度は、9月始業で5月か6月頃までには終業する。日本ではあまり疑いもなく、4月〜1月か2月ごろまでの年度構成で学校が運営されてきた。従前から海外留学をする生徒・学生にとっては半年のズレが生じ、大学の在籍年数などにおいて余計に1年間が加算せざるを得ない状況であった。この学年制度のみが原因ではないと思われるが、2000年代に入っってからの日本人の留学生数は激減して内向き志向になってきた。一方で「グローバル化」などという言葉が、盛んに喧伝される矛盾した社会構造を特に教育界では実感してきた。制度のみならず質的な面でも、日本の大学のあり方そのものが欧米に比して見劣りする。現に世界の大学ランキングでも、OECDの学力的な位置づけやGDPに比して見たときに決して高くなく、アジア諸国でも見劣りするのは我が国の将来を考える上で憂えるべき問題であった。

新型コロナ感染拡大によって、社会の表面を覆っていた水位がかなり干上がり、今までは見えなかったものが見えるようになっていることが多い。問題視されていたものに蓋をするかのように社会の表面から水没させ、放置して何ら問題解決に向き合わず思考停止になっていたことがいかに多いかと痛感している。世界各国の感染対策においても、「国民の満足度」からするとかなり貧弱な我が国の状況が浮き彫りになっているではないか。医療現場などで人材も予算も「合理化」と言って正当化し、削減してきた様々な現場の窮状が露呈されているのではないか。学校制度に関していえば、ICT教育の整備事業も語学教育のグローバル化においても迷走するばかりで、現場の実情と国の議論が乖離する状況が続いてきたように思う。そこにきて場当たり的に「9月入学」が提起されつつある。我々教育現場に関わるものが真摯に考えねばならない問題ではあるが、いかにも「仕方なく」消極的に議論される実情こそが教育の現在を浮き彫りにしているのではないか。もちろん我々大学教員がどうあるべきか?という面でも水位が急に下がり始め、今後の生き方が問われているように思うのだが。

「今まで通り」は戻らないとすれば、
ならばいかに思考停止せずに向き合うか。
何を否定し何を肯定するかのみでは収まらない時代が来ている。


tag :

愛せよ宮崎ー「県教員希望枠」記者会見

2020-03-28
宮崎の先生になろう
高等学校の進路指導から推薦受験
入学(養成)→採用(研修)への協働

県庁の特別室、午前11時の開始前に教育庁のある棟から僕ら大学関係者5名が案内されて会見場となる同室に向かった。昨日の朝刊で既に地元紙がWeb掲載情報を元に記事を掲載したが、「宮崎県教員希望枠」の推薦入試を新たに2022年度(令和4年度)から実施することの発表記者会見である。会見は主に教育長と学部長が手を組む形で、この新しい推薦入試制度についてテレビカメラや記者を前に説明をした。県教委と協働し高等学校長から推薦を受け、将来において宮崎県で小学校教員になる志望のある高校生の入学を受け入れて、4年間で大学が教員としての資質・能力を育て、教員採用試験においても在学中の学修基準が満たされていれば一次免除とする。大学側の立場から述べるならば、高等学校の教員志望キャリア教育とともに、県教委の採用・研修にも協働する形となる。

新制度は、全校初の試みとして注目を集めることになりそうである。都道府県を問わず現状で小学校教員の人材不足はかなり深刻な状況。現況で60歳定年になる世代の人数が甚だ多く、これまで宮崎県も採用受験年齢制限の撤廃や実技科目の軽減、小中学校の併願などの施策を打ち出して解消に努めていた。それでもなお、しばらくの間は人数不足が続く状況である。地域貢献を旨とする国立大学法人としては、県の特に「小学校」の教員となる人材をいかに適正な規模で養成するかが、存在意義を証明するための大きな使命である。見方を変えてキャリア教育の視点から述べるならば、宮崎県の高校生の離県率は全国でも屈指に高いという問題点もある。就職のみならず大学進学先でも福岡や関西・関東などへの進学が必然的に多くなる。だが、既に僕は在学生らと接して実感するが、宮崎愛に満ちた出身者も少なくない。そんな地元愛と教員志望の情熱を持った学生を、僕らは真に育てたいと願う。また新推薦入試制度は、他県の高等学校からも受験可能、この自然豊かな誇り高き宮崎で「先生」になりたいと、県の魅力そのものも発信していかねばならないと思う。

育てがいのある学生たちよ
いざ本学で学び「宮崎の先生」になろう!
そんな記者会見に臨席し何人もの卒業生の宮崎愛ある「先生」の顔を思い出した。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>