森を見ていた午後

2017-06-25
こんな閑静な所に店が?
ありました自然素材を活かした料理の
時間を忘れて森を見ていた午後

休日の休日たる意味は何か?果たして真の意味で休日を過ごしているか?自らを顧みてそんなことを考えた。時に、今まで行ったこともない空間に行って見たくなる衝動に駆られる。その地域を知らないわけではなかったが、あの路地を曲がって細道に侵入し、対向車と待ち合わせないとすれ違えないところを抜けて至った場所。賢治の『注文の多い料理店』が典型なように、確か小学校の時にそんな博物館に辿り着くと「反転」的自己発見をする物語を読んだことがある。自らの主観や欲求が酷く傲慢なものだと自覚され、真逆の方向から見つめ直しその危機を悟る物語。それは、決して人には教えたくない場所として、こころの再生場所として位置付けられる。

かなり昔になるが、ユーミンの「海を見ていた午後」という曲がある。横浜は山手のレストランから本牧埠頭を見ているという場面を歌ったものだ。そんな特別で高級な生活観がもてはやされた時代もあったが、現代の特に地方には「古民家再生」のカフェがよく似合う。何の変哲も無い古民家に手作りの看板、庭は綺麗に整備されているがまったくの自然の中に置かれている空間。田舎の親戚の家に行ったかのごとく玄関から靴を脱いで上がり、偶然に空いていた窓際の席に座ることができた。野菜を中心に自然素材を活かしたランチの料理と、その雰囲気のマッチングが心憎い。客はなぜかほとんどが女性、回転のよい街中のカフェとはまったく違う余裕が感じられる。その後はやはり「海」も見たくなって宮崎港へ。フェリーを眺めながら「雨の埠頭を見ていた午後」へ早変わり。こうした地理的条件も宮崎ならではである。

心身の回復に空間の効用
身体に優しい料理が嬉しい
雷鳴とともに雨は強まるが、心は穏やかな土曜日であった。

スポンサーサイト
tag :

しびれわたりしはらわたに

2016-12-30
酒の毒しびれわたりしはらわたに
あなここちよや沁む秋の風
(『牧水酒のうた』より)

牧水終焉の地・沼津の「牧水会」発行の文庫『牧水酒のうた』には、「酒」が詠まれたうた367首と随想などが収められていて面白い。昨日から休暇を決め込んだのだが、どうしても短歌からは離れらず、常に携帯する岩波文庫『若山牧水歌集』とこの文庫を一冊鞄に放り込んだ。移動中の機内で読んでいると、冒頭に記した歌が気になって手帳に書き留めた。「酒」を「毒」と宣言しつつも、「しびれわたりて」という酔い心地の表現、そして「あなここちよや」の部分に深い酒への愛情が詠み込まれている。また「沁む秋の風」の結句にさりげない季節感が表出しているのがよい。

僕が20代の青い頃に訪ねたことがある、老舗のイタリアン料理店を訪れた。店構えはだいぶ変わってしまったが、魚介類の豊富な「地中海鍋」に灯される「青い炎」はそのままで、当時との時間的距離を実感できた。重厚なコンクリート造りであった2階建の店は、天井までガラス張りのオープンカフェ風な店構えに変身していた。もちろん辛口の白ワインとともに、伊勢海老ばりの巨大海老丸ごと一匹パスタなども堪能し、まさに「しびれわたりて」のちに「あなここちよや」な宵の口になった。食を楽しむのは誠に重要、そこには思い切って躊躇なく。それが人生にあらたな「意味」を与えてくれる。

「毒」ならぬ「妙味」
さらに購入した赤ワインも納得の味
師走の風はなぜか暖かい
tag :

偶には素朴に家ご飯

2016-04-27
鯵の開きに味噌汁
納豆に炊きたての白米
さながら「旅館の朝食」の如し

しばらく外食で呑む機会が続いたので、聊か胃袋が疲弊しているのを感じた。外食は栄養バランスもさることながら、どうしても脂っこい物を多く食してしまい、胃腸に負担がかかる。それに加えて深酒と来れば、自業自得の面もあるのだが。元来、胃腸をはじめ身体は強靭と自認しているが、年齢に順応して優しく対応する必要があるようにも思う。それには食べる内容とともに、腹八分・六分と食べ過ぎないのも肝要である。

久しぶりの家での夕飯は、冒頭に記したようにさながら「旅館の朝食」の如し。さらには厚揚げとそぼろの煮物と胡瓜の酢物を添えて、穏やかにゆっくりと食する。このゆっくりも重要で、よく噛むことで胃腸への負担がだいぶ軽減される。ともすると仕事の合間の昼食や外食時には、早食いになってしまいがちである。食は栄養補給という目的のみにあらず、味わい深くすることこそ人としての特権であろう。たぶん「旅館の朝食」の品目には、理由がある筈だ。胃腸への優しさが求められる機会なのであろう。

食への深い思い入れ
決して疎かにするべからず
何より健康な身体を維持する重要な要素に他ならない。
tag :

春キャベツの甘み

2016-02-28
夕飯はどうしようか?
考えるよりまずは産直市場へ
其処にその日ある野菜で何を作るかが決まる・・・

久し振りに落ち着いた休日になったので、夕食を自ら作ろうと思いついた。カレーやシチューばかりも”芸がない”、また鍋は聊か季節が変遷してきてしまった感がある。あれこれと考えてWeb上のレシピ集なども閲覧し、概ねの見当をつけた。だが最終的なメニューは産直市場に出向いて決まる。その日に地元で採れた野菜で何が旬であるか?予想はあれど天候や地元農家の諸条件によって、置かれている野菜は自ずと変化する。買いに行く時間帯によっては、売り切れてしまっているものもある。まさにこの日にしかない邂逅を楽しみ、その日の夕食を決める。こんな自然に任せた生活にこそ、心の豊かさを感じるのは僕だけであろうか。

この日に出逢ったのは、春キャベツ。寒風に耐えて明るい光に向かって伸びた葉が瑞々しく、野菜の生命力が感じられる収穫物が目を引いた。中ぐらいの玉で130円と、たぶん都会のスーパーでは破格の値段であろう。(最近、都会のスーパーの相場を知らないが)家に帰り葉を剥いていくと、中からナメクジのような虫がいくつか、生物が生育できる環境で育てられた作物であるという安心が確認できた。全体の半分を使用し、その更に半分を千切りにして生姜焼の豚肉の下に敷く。もう半分は葉の部分を中心に厚揚とともにカレー風味の味付けで炒めた。甘熟トマトとブロッコリーなども添えて納得の夕食ができた。まさに春キャベツの甘みが舌にとろけるようで、旬の味が堪能できた。

ゆったり焦らず自然に任せる
3年間で僕自身が学んできたこと
真に豊かに生きるとは何かを考えながら・・・

tag :

胸焼けしないが基本条件

2016-02-27
大学及び自宅周辺のお店
ほぼ懇意にする処が定まった
胸焼けしない良質の味

大学周辺というと数々の食べ物屋さんが軒を連ねるイメージがあるが、勤務校の場合はそういうわけではない。至近にはファミレス1軒のみで、殆どの学生が学食を利用しているようだ。どうやら学長先生も学食を利用しているらしく、食事事情をよく語っていると言おうか、それとも学生目線であると言おうか。僕の場合は、赴任当初は学食も利用していたが3年経ってすっかり馴じみの店が何軒かできた。それらは自家用車を利用しなければ行ける距離ではないが、いずれもいずれも納得できる料理を安価で提供してくれる良心的なお店である。共通点は素材にこだわっていて、調味料や油も良質であることが感じられるのである。決して食べても胸焼けしないのが、僕の店選びの条件でもある。

この日も仕事の関係で、昼食が夕方の時間帯にまでズレ込んでしまった。ひとえに前述したお店で、食事がしたいからである。オムライスのコーヒーセットを食し、しばし読書。落ち着いたBGMが流れるお店で、店主ご夫妻の穏やかな人柄が表れている。帰宅して比較的すぐにジムへ行こうと用意を始めた。さて夕食はどうするかと考えた揚げ句に、うどん程度は食べようと思った。そこで馴じみのうどん屋さんへ。今までなかなか食べる機会のなかった、カレーうどんを食べたいと衝動的に注文した。数時間しか間隔のない食事は、聊かの胃もたれや胸焼けを一瞬は覚悟したが、食べ終わってむしろ満足感のみが残った。その後、ジムに行ってスタジオプログラムをこなしたが、決してカレー味がこみ上げることはなかった。きっと脂分の少ない製法を採っているのであろう。

馴じみの店の馴じみの食事
ふと後退しそうな心を支えてくれる
そしてまた店主の人柄が、料理の質と等価値であるのも事実であろう。
tag :

地産地消シチュー

2016-01-16
地元産野菜に鶏肉
牛乳もローカルでの生産
ルーを使わず手作りホワイトシチュー

市販のルーを使用すれば手頃にシチューができるのは百も承知だが、すべて自分で見極めた内容の代物が作りたくなった。小麦粉と塩・胡椒を使用すれば、それなりのものになるとWeb上のレシピを参考にした。玉葱を炒めて味を引き出し、更には鶏肉も加えて下味ができると考えていた。もちろん加える牛乳も地元産で、ほんのりとした甘さがあり味を引き立てると予想していた。途中まで作って味見をしてみると、やはりどうも物足りない。仕方なく手元にあったブイヨンを聊か投入。それで味が整い、美味しいホワイトシチューに仕上がった。

地方在住となって、「地産地消」という標語を眼にするようになった。学生の実習先の小中学校にも掲示してあったりするので、給食作りもそうした方針があるのだろう。地元で懇意にする産直市場で殆どの野菜は手に入るのだが、とりわけ居住地域の農家の方々の生産したものである。運搬費にほとんどコストが掛かってない上に、採れたてで新鮮である。肉類はJA系の生協で購入すると、かなり上質のものが手に入る。牛乳も大量生産せず数量限定(よく売り切れている)な生産工場の場所を知っている地元の代物が大変気に入っている。

食糧自給率の高い県
それを有効に活用してこそ・・・
地方で生きる価値を自ら創り出す。
tag :

カレーで味わう達成感

2015-10-16
自宅で手軽にできる料理
カレーならほぼ間違いなし
原則は規定の量を守ること

平日は特に外食をしがちであるが、時にカレーなど簡単に自炊することがないわけではない。必要な野菜類もすぐに手に入り、余れば保存も可能だ。最近は特に4皿分などの少量を作るののが得策であると悟った。以前はついつい大鍋で大量に作り冷凍保存をしておいたものだが、それよりは出来立てを食べる方が、格段に美味しいものである。ほぼ野菜を切ればできてしまうといった手軽さであの満足度が得られ、誠に家庭料理として重宝な存在だ。

以前は自分なりに隠し味を試みたりしたものだが、最近は規定の「作り方」通りに調理するのが一番美味しいということがわかった。具材の量から水の分量、煮込む時間にルーを入れるタイミングなど、箱の裏側に記されている通りを遵守する。すると誠に写真通りの美味しいカレーが出来上がる。それに加えて野菜サラダなどを添えれば、十分な夕餉となる。炊飯の時間を含めて概ね1時間以内には、食事にありつける。

料理で味わう達成感が重要だと云う
これからの季節はシチューもまた同じ
地元産の野菜と肉を使ったカレーは実に美味い!
tag :

見知らぬ街の夕食ひとり歩き

2015-06-21
偶然歩いた道に
佇む飲食店の店構え
妙に引き込まれる店を発見するのはなぜか?

見知らぬ街を訪れた際の楽しみは、やはり美味しい料理であろう。現在の居住地や東京には何軒かの馴染みの店があるが、偶有性の海のなかで出逢う飲食店というのも実に面白い。場合によるとまさに一期一会であるかもしれない、などという思いを巡らせながらも、再度訪れたいと思うかどうかを自らの舌の感覚に託す。この日も、駅から宿泊するホテルまでの道すがら、古い佇まいの串揚げ居酒屋を発見してしまった。

宿に荷物を置いて早速向かうと、昭和の雰囲気漂う1本100円の表示に戸惑いながらも、1人前は3本からの注文であることを周囲の客の具合から知った。串カツ・ねぎま・うずらに加えて白菜漬けを注文し瓶ビールを手酌でやる。眼の前にはソースが流し込まれたトレイ、そして味噌が満載された大きめのボールがある。もちろん?焼き物を扱う女性は無愛想だ。そして串揚げ鍋の前には、会計を一手に引き受ける女将さんが、長年の年輪を表情に浮かべるように座り込んでいる。追加でつくねとイカ団子を注文し、しめて2600円也であった。

ご飯ものがなかったので
ちょっと梯子で珍しく中華料理店へ
見知らぬ街の夕食ひとり歩き
tag :

あついけどあんかけ

2015-06-13
「あんかけお願いします!」
「あついですけど・・・」
馴染みのうどん屋にて。

昨日小欄では、昼食にパンを2個食べて眠気に襲われたと記した。パンならば、それほどにカロリーは高くないという思い込みがあるからかもしれない。昨今話題である小麦に対する懸念もあり、調理パンならば尚更、思う以上に腹に応えるものであると痛感した。その点、麺類というのは消化もよく、素材にこだわりがある店ならば尚更、安心して食べられるというもの。という感覚もあって、昼食に頻繁に訪れる馴染みのうどん屋さんがある。

この日は気温30度を超えて暑さも増したが、そのうどん屋さんに出向き熱い「あんかけうどん」を注文した。もちろん冷やしうどんもあるのだが、どうもその店の「あんかけ」に眼がない。注文するなり店の奥さんが「あついですけど」と返答したが、僕も「あついけどあんかけですね!」と返答し、自らの嗜好を示した。幼少の頃、両親とよくあるデパートのレストラン街にあるうどん屋に行った思い出がある。その際に、僕が必ず注文していたのが「あんかけ」状の「海老きしめん」であった。どうもその「あんかけ」の味わいが、今でも忘れられないのかもしれない。

身体を冷やさないことが肝要
食して後、眠気に襲われることもなく予定通りの行動へ、
昼食の選択は重要である。
tag :

南国ゴーヤに魅せられて

2015-05-23
苦瓜(ゴーヤ)を如何にして?
などと考えながら栄養価に惹かれ
その新鮮な味わいを堪能

東京に在住している頃は、ゴーヤを購入して食べるなど思いもよらなかった。せいぜい居酒屋で、「チャンプル」が料理としてあれば食べるという程度であった。ところが現在の居住地で、新鮮な野菜市場に出向き、見事な緑色をした苦瓜(ゴーヤ)を眼にした。果たしてどのように食したらよいかなどの目算も立たないうちに、迷わずカゴの中に入れて購入した。何しろその外見の緑色に漲る力が感じられ、その野性的な外見への抵抗感を和らげるほどの新鮮味が感じられたのだ。

自宅で適当にサラダとして食してみると、これまた抜群な食材だという思いをあらたにした。「苦瓜」の名はあるが、それほどの苦味もなく鰹節とマヨネーズとの相性がこの上ないものがあった。沖縄が長寿県(特に女性)であるのは著名であるが、その一要素としてゴーヤの存在が印象的である。「チャンプル」の取り合わせに見られるように、豚肉や豆腐類と合わせれば、更なる栄養価が期待できる。現在僕が居住する県も南国の要素が豊富で、自ずと食材選択もこうした手合いを最近は特に好むようになった。

何事も実行し味わってみないとわからない
郷に入れば郷に従え
南国に居住する利点を存分に享受したい
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>