FC2ブログ

汚い手口を暴く当事者意識ゆえ

2020-08-24
組織内の暗躍する黒幕
さらには政治的権力の私物化
それを暴き仕事に誇りあるプロ意識

日曜劇場「半沢直樹」が毎回のように高視聴率を更新し、Web上で多くの話題が飛び交うという社会的現象になりつつある。7年前の前回シリーズ最終回が驚異的な視聴率となり「倍返し」が社会的な流行語になったことが、冷めやらずの人気ぶりだ。既にWeb上で指摘されているようだが、社会の悪を退治する「勧善懲悪」な展開が「時代劇」に通じ、「水戸黄門」を始めとする痛快な展開に年代層を超えて人気の要素があるのだと云う。「悪者退治」の見せ場である殺陣はもちろんないのだが、壮絶な舌戦や現代社会の時間的な緊迫感をうまく演出することで「チャンバラ」同様の激しい「鍔迫り合い」や「格闘」がドラマに仕組まれている。また「伝家の宝刀」である「三葉葵」の「印籠」があるわけではなく、半沢自身が敵を撃退する確固たる「証拠」を翳してひれ伏せさせるという構図が、いっときは窮地ではないのかと思わせるところから大逆転する急転に酔わせる要素があるのだろう。

多くの視聴者が「社会悪」に対して「正義」で「倍返し」したい、という意識が高いであろうことも窺える。「水戸黄門」はもとより、権力と金にまみれた政治家や豪商が暗躍して手を組み、社会的弱者である農民などを苦しめることで私腹を肥やすという構造がある。それを「徳川幕府」という時代的政治的権力を善用することで、社会の大掃除をしていくという図式になる。「半沢」が大きく違うのは、主人公が「一介の銀行員」で組織内権力で如何様にも処遇される弱い立場にありながら、「勧善懲悪」をやり遂げる点である。現実の組織内などで「エビデンス」などという外来語が無為に横行しているが、人間同士の信頼で繋がった輪を信じ、情報戦を勝ち抜くことでその回ごとに「半沢印籠」たる「証拠」が築かれていく。組織内や政治的権力者らの悪辣な所業は「いつかは暴かれる」という、一介の社員・国民としての当事者意識が視聴者の中にドラマを虚構だとは理解しつつ、精神的に「立ち向かう」という正義感に火を点ける構造に多くの人が心を踊らせるのであろう。こうした意味で、「変身」は地球上で「3分間」しか使えない「ウルトラマン」の隠れた英雄要素も満たしてくれるのが「半沢直樹」なのかもしれない。

歌舞伎役者と舞台出身俳優の熱い演技
「こういう奴はいそうだ」と思わせる悪役の巧みな設定
現実の社会悪も「一介の市民」によって暴かれることを願う視聴率なのだろう。


スポンサーサイト



tag :

今日も涙の日が落ちるー「お帰り寅さん」

2020-01-06
桑田佳祐さんによるテーマ曲から
「いつもこの茶の間におじさんやみんながいた」
満男を中心によみがえる「お帰り寅さん」

冒頭のテーマ曲から涙が落ちる映画があるだろうか。桑田佳祐さんが土手でレトロな衣装に革鞄を置き巻き舌調で唄うテーマ曲、ここ数年間の桑田さんの「昭和レトロ回帰」な音楽のあり方(特にソロ)とも相まって、この50作目のオープニングとしていつも輝いていた正月の「寅さん」が帰ってきた。現在も葛飾柴又の帝釈天への参道で「くるまや」はお洒落なカフェとして団子も売るという設定から、リアルな下町の光景を僕は想像できた。馴染みのキャストは、映画中のキャラクターとしてこの令和の時代に蘇るとともに、役者として歳を重ねたリアルな人間としての現在と重なり、昭和44年の第1作から50年という時を感じさせた。

単に過去の映像を重ねたのみという作為的な回顧ではなく、シリーズを貫く恋と人情を貫くテーマにおいて昭和から平成そして令和への課題が描かれているようでもあった。満男の回顧に登場してくる寅さんは、相変わらず無鉄砲で喧嘩っ早いが人情味が厚い。「いつもこの茶の間におじさんとみんながいた」という家族の集まる茶の間は、今の時代に失われてしまったものだ。恋をするが最終的に踏み出せない寅さんのあり方が、様々な人間の微妙な心の揺れを描き出して来たことを、あらためてこの50作目は感得させてくれる。あの素晴らしい時代は、いづこへ行ってしまったのであろうか?今回の映画で触れられる訳ではないが、思うに第45作目(平成4年12月公開)「男はつらいよ 寅次郎の青春」では、この宮崎をロケ地として、油津の堀河運河や青島神社などが舞台となる。まさに日本各地に寅さんは、今も生きているのかもしれない。

言いたいことを言えそうで言えない日本の心
山田洋次監督の描く恋と家族と生きる人々
50作以後へ「寅さんの時代」を引き継ぐのは僕たちなのである。


tag :

「記憶にございません」人間は変われるのか?

2019-09-29
中井貴一主演映画「記憶にございません」
支持率最低の総理大臣が群衆から石を投げられ
記憶を失い総理の仕事はどうなるのか・・・

映画「記憶にございません」を観た。予告編などで盛んに宣伝されて、映画館は雨の休日ということもあってだいぶ混雑していた。詳細な内容を記すのはルールに反するので、映画から考えたことを覚書としておきたい。果たして人間は何かを機に変われるのか?それとも本質的に変わることは難しいのだろうか?幼少の頃からの発達段階を考えると小中高大と進むにつれて学校種の変わり目にこそ、いわゆる「デビュー」とも言われる現象がある。小学校まではおとなしい子が、中学校になると活発な言動をするようになったり、真面目一本な中学生が高校生になるとやや派手な言動をするようになったりすることを、揶揄し皮肉っていう隠語である。中高一貫校で教員をしていた僕には、実に微細にこうした生徒たちの変化が手に取るようにわかった。一貫校だと「デビュー」しづらい面もあるが、地域の小中から高校へ、高校から大学へと、素性が知られていない場合は誠に大きな「デビュー」を敢行できるわけである。

何も「デビュー」が悪いというわけではない。心身の成長において当然のことであるように思う。僕自身も幼稚園から小学校低学年頃までは、何をやっても遅れてしまい自らも劣等感が強かったが、小学校中学年頃から集団の中で自らをどう活かすかを考えるようになり、中学校に入った頃には足の速さも学業成績も学年一・二番になって、大きな人生の「デビュー」をしたように思う。高校生頃までは今では考えられないぐらいに無口であったが、大学進学を果たした後は大変な社交家として「デビュー」したように思う。教員になってもいくつかの職場の中で、その成長段階の「デビュー」変化を融合するように適応し、自らの足跡を記して来た。人は自らがわからないうちに、マンネリ化し初心を失い固着した勘違いの中に生きてしまうこともある。公的にも私的にも、常に新陳代謝をするように「デビュー」を繰り返す精神的な変革があってこそ、意義深く充実した人生になるのではないだろうか。

実際の総理をはじめ政治家たちはこの映画を観ただろうか
ユーモアの中に鮮烈な皮肉を滲ませた脚本・演出はお見事!
出演者の顔ぶれも素晴らしく、エンドロール後の納得感は高く、オススメの映画である。


tag :

劇団こふく「ただいま」三股公演千秋楽

2019-02-18
「いま そこは ふるさと
 あなたが いる そこは ふるさと」
(「ふるさと」作詞:永山智行・作曲:かみもと千春 より)

公演そのものがはねた後、三股町の方々が大きな「おかえり」と書いた横断幕を客席横いっぱいに広げ永山さん以下、出演した役者のみなさんを讃え出迎えた。そして冒頭に記した「ふるさと」の歌をみんなで唄った。「いまここ」それは「三股」、劇団こふくが全国10ヶ所を巡るツアーの千秋楽。昨夏、宮崎県立芸術劇場からスタートし広島・いわきにはぜひ行きたかったと云い、札幌から沖縄まで全国の人々が「いまここ」そして「帰るそこ」を感じたツアーであったことだろう。引き続き行われたトークにて、その足取りが出演者全員によって和やかに語られた。あらためて、この芝居空間に居合わせることができたこと、それが三股町であった幸せを感じるひと時であった。

機械的無機質なナレーションは、リエゾン(複数人の連結音声表現)とソロとの出し入れも絶妙で、実に単純素朴に行なっているようで高度な稽古と演出の妙を冒頭から感じさせた。ことばはもちろん和みの宮崎弁で、芝居の人間臭さと表現性が方言によってより豊かに心地よく伝わってくる。舞台上手の片隅にある水道栓からブリキバケツに垂れる水音が、時折役者の声の伝道と間の取り合わせを、絶妙に覚醒させるかのような演出も憎いばかりである。そこに描かれた人々は、「普通の人々のかけがえのない日常」である。観客である我々と等身大を生きる人々の「暮らし」が、この宮崎の三股の劇団であるからこそ描けた「自然」の中に展開する。奇しくも、昨日の小欄には、「いま」を見つめるといった趣旨のことを書いたが、作・演出の永山智行さんとは何度か小学校などで仕事を共にしたことがあり、その感性に縁と共感ありを深く確かめることができた公演であった。

親への愛情も
恋も愛もすべてが「いま」をどうするか?の中に
「私たちのいま続いている日常を守る」のである。


tag :

「見えても 見えなくても」NAOTAプロデュース公演

2018-03-02
「彼女が来てるね」
あなたもそんなことを感じることがありますか?
そしてきっと戒められたり助けられたり・・・

声優の渡辺菜生子さんとTARAKOさん、「まる子ちゃん」相方コンビによるプロデュース公演「見えても 見えなくても」を拝見した。原案・菜生子さん、作・TARAKOさんの舞台は、明るさ温かさの中にも、人が生きているということの精緻で微妙な心のあり方が描かれる。人は「生きている」ことそのものが、「出会いと別れ」という必然的な宿命を負っているが、僕らはそれをいつしか忘れてしまったり、また自覚しないように意識的に目を瞑ってしまっているのかもしれない。「時間は取り戻せない」と誰もが知っているにもかかわらず、「今」いる「こっち」を無駄に無為にしてしまっていないか?「あっち」から来ている誰か、僕らにその意識があればこそ、「今」を生きることができるのかも。

つい先日、僕も通常では考えられない「力」を痛切に体感した。自分自身の意識や制御を超えた「あっち」から伸びて来た「ゴム紐のようなもの」とでも言おうか、決して言語では説明しきれないような「なにか」が「こっち」にいる僕に言いたいことがあるかのようであった。その体験があっただけに、今回の公演を劇場の座席から観覧した時、「驚く」では済まされない衝撃が僕の身体の中心線に迫るような感覚になった。いま「衝撃」と書いたが、聊か語弊があろう。その「感覚」が、笑いとユーモアと和やかな声と穏やかな演技で「僕の心を包んだ」という方が適切かもしれない。僕は「今」紛れもなく「こっち」で、NAOTAさんらとこの劇場空間にいるのだと。

「生きているということ
いま生きているということ」(谷川俊太郎さんの詩から)
一緒にこの劇場空間に誘った希望ある若い友人にもエールを送りながら。




tag :

あの道を歩んでいたらー映画「ラ・ラ・ランド」雑感

2017-04-17
「今現在」に至るまでには
誰しもいくつもの岐路があったはずである
もしあの道を歩んでいたならば・・・

人生に「たられば」はないとは思いながらも、それを思考し想像するのが人間である。後ろを振り返ることは、果たして「後退」とだけ捉えられる行為なのだろうか?「あの日あの時」の一つの決断が、紛れもない「今」に連なっているのだとすれば、「振り返る」ことも「現在」を見直す隠された指標を見出すために有効かもしれない。「振り返った」としても、決してその「過去」は塗り替えることはできない。「後悔の念」の渦中に沈むのではなく、「現在」と「未来」に向けて、「今」も進み続ける見えない「道」に光を当ててくれるヒントがあるかもしれない。新年度の仕事の喧騒で2週間ほど走り続けたゆえ、しばし心も沈める必要があろうかとゆっくりした休日。アカデミー賞6部門を制覇した「ラ・ラ・ランド」をようやく映画館で観た。

二人の出逢いから楽しい日々、そして別れと5年後が「春夏秋冬」に振り分けられて美しい音楽とともに奏でられる、さすがに見応えのある作品であった。西洋の映画でありながら、四季を比喩的に描いた点も興味深い。先日の宮崎歌会でも、二首ほどこの映画を詠んだ歌があり、そのうち一首は俵万智さんの作品であったゆえに、映画の内容がたいそう気になっていた。「短歌」にも「人生」が乗っているのだとすれば、前述したような「道」を意識しないではいられない。短歌という珠玉のことばで「その時」の「心」を捕捉しておけば、きっとその先の「道」を歩む時に、大きな心の支えになるはずだ。映画では特に「5年後」の回想シーンには、自分の「5年間」を考えさせられた。もちろん「5年間」は積み重なり「10年」そして「15年」もあるわけで、それはまさしく「人生」の方向付けに決定的な意味を持っていく筈である。

「今」もまた常に「5年後の岐路」である
日々を「短歌」にして「未来」を照らす指標となれ
そしてまた音楽があって人生を彩る、ということも再確認した映画であった。

tag :

ニグリノーダ公演「赤桃」に参加して

2016-11-06
「むかし、むかし・・・
 いま、いま、たったいま・・・
 たったいまの、わたしたちの物語。」

今夏、研究室で主催した群読劇の脚本・演出を手掛けてくれた立山ひろみさん作・演出の公演を、宮崎県立劇場に参観した。0歳から入場できる演劇公演で、その名も「赤桃」。作り手も演じ手も演奏者も、そしてそこにいる大人もすべてが「こどもたちと一緒に、同じ視線」で物語と出逢うという趣旨の公演である。絵本の世界にいる「赤ずきん」や「桃太郎」が、飛び出して踊りだす、そんなコピーの魅せられて期待を寄せて会場に入った。県立芸術劇場大練習室の床に、クッションやら小さな椅子やらが無造作に並べられ、その先にはたくさんの絵本が開かれて立てて置かれている。席を決めると演じ手の方が、「この紙を舞台の奥の壁に貼ってください」と持ってくる。「どのように?」と思わず言ってしまうと、「本能の赴くままに」という返答。そうだ!大人はすぐ常識の枠を考え過ぎる。こどもたちはあくまで自由に「本能の赴くまま」に行動しているのだ。そして貼ったら席まで「鳥になって帰ってください」という注文。僕は両腕を羽に見立て、ゆっくりと羽ばたきながら、そして枝に止まるかのように、席に再び尻をゆっくりと着けた。「赤ずきん」役の女性が、その枝に着くまでの動作をしっかりと見届けてくれるのも、童心に帰ってとても嬉しい感覚になった。公演が始まると僕が斜めに異質な部分に貼りつけた紙は多くの中で唯一「黒子役」の男性によって引き剥がされ、芝居に利用された。これが「本能」と「運命」の「物語」であろう。

芝居はそこにいるもの全員で創る。そのような趣旨が大変興味深く、ついついこの方式を学校の「授業」に応用できないかとあれこれと考えた。作・演出・役者・スタッフの皆さんはすべて、かなりの力を注ぎ、この舞台を「準備」してきたはずだ。だが、それをあまり感じさせずこどもを中心とした参加者全員で、この公演が成立していく。これこそ「授業」の理想型ではあるまいか。また冒頭で「むかし、むかし」と何度も繰り返し唱えながら、次第に「いま、いま、たったいま」となって昔話と今現在この日この場所でしかない全員の「物語」があるのだと参加者の感性を揺さぶる。この「自己認識」を深め、「今ここ」の「課題」を意識させる動機付けは、「授業」でも大変有効であろう。後方から舞台全体を覆う巨大な布が急に出現し異世界に誘導したり、iPadによってその場で撮影した静止画や動画をフル活用して時間を横断したり、こうした演劇的手法は、アナログ・デジタル双方の身近な素材で「授業」でも簡単に使用できよう。小難しく「デジタル教材」などと構えるよりも、iPadの即時利用こそが有効だと悟った。そして「物語の答えは一つではない」という結末。「桃太郎」は「鬼を退治しなくなった」、それは「武力」を使えば「何の解決にも決してならない」ことを、あらためて僕の胸に刻んでくれた。

「パフォーマーの要素ひとつひとつを丁寧に扱って
 コトバ(台詞)だけ、物語だけに偏重しない新たな表現の可能性」
(劇団・ニグリノーダの紹介より)

公演後、帰宅した夕刻より僕の新たな「物語」が確実に始まったと実感した。
tag :

空間をどう使うか?

2016-05-20
芝生が敷き詰められたイベント広場
振り向けばブーゲンビリア咲く公園の象徴
空間をどう使って表現するかという視点

同じ空間を見てそれをどのように使うかは、人によって様々だと感じた。たぶん生活の随所に、同じような作用が起きているのであろう。清々とした空間が好きな人もいれば、乱雑な空間を好む人もいる。以前にも同様な趣旨のことを書いたことがあるが、僕が中高教員時代に経験した職員室の机上はまさに十人十色であった。最近になって実習各校に挨拶回りに赴き実感したのだが、概して校長先生の机上は実に素朴で清々と整理されている場合が多い。それは大学などの事務方の机上を見ても同じで、実務とは何かを考えさせられる。などと考えていると、小欄を書いている自宅書斎の机上周辺が気になり始める。3年以上が経過しながらも、聊か東京のマンション時代の品々が未だ随所に顔を覗かせているからだ。空間の使い方は、その時その時の思考にも大きな影響を与えるようにも思う。

夏休みの地域企画を、県立劇場の担当者とともに考案中である。大学とその周辺の地域の小中高校が連携し、世代を超えた参加者による群読劇ができればと鋭意構想を立てている。発表する舞台をどこにするかと検討した結果、地域の亜熱帯植物園が候補となった。この3月に新規オープンし、入場は無料。海沿いに南国の花や樹々が豊かに植えられていて、大温室も設置されている。その一角に芝生が敷き詰められた「イベント広場」がある。この日は下見に赴き、県立劇場の方と空間を眺めていると、彼は僕らが考えているのとまったく反対の発想で現地を視たのだ。芝生が敷き詰められた広場から観客は劇を眺め、通路の中心にある円形の花壇を背景に演じ手が表現したら面白いと云うのだ。左右の通路から劇中に参入したり、円形の花壇の裏側に演じ手が消えていくなど、より立体的な演劇が創れそうだということなのである。さらにはその舞台の背景には、南国の樹々と限りなき太平洋を望む大空のみ。この地の自然を最大限に活かしたロケーションにて、群読劇ができそうなのである。

空間は発見するもの
あなたの身近にも素敵な空間があるはず
身の回りの空間とは、まさに人の生き方そのものだということなのだろう。

tag :

母と観る「母と暮せば」

2016-01-06
母と息子が語り合うこと
その日常を戦争いう悲劇が引き裂く
遺された母は婚約者はどう生きるのか・・・

山田洋次監督作品「母と暮せば」を観た。戯曲「父と暮せば」の姉妹作品として、生前の井上ひさしさんが書きたかった内容であると、娘の麻矢さんが山田監督に話したのが制作の契機になったと云う。広島の父娘・長崎の母子という一家族が、原爆によって如何に人生が変転してしまったかを克明に描くとともに、親子関係とは何かということを、今を生きる僕たちに深く語り掛ける作品となった。医師を目指して大学へ講義に出向いた息子を、一瞬の閃光と爆音が襲う。机上のインク瓶は溶けて形を変えたのに象徴的に描かれたように、多くの学生が犠牲になったと云う。爆心地にほど近い長崎医科大学での1945年8月9日午前11時2分の悲劇である。数年後に爆心地を望む丘にある墓地で祈りを捧げる母と婚約者の側で、ある人がキノコ雲を回想し「人間のすっことじゃねえ」と怒りを露わにした。そう、如何なる理由があっても戦争となる可能性そのものが「人間のすることではない」と、あらためて僕らは胸に刻み込むべきだろう。僕自身も2012年8月9日に長崎を訪れている。

夫は病いに倒れ長男は戦死し、そして次男が原爆の犠牲になり遺された母。そして彼と婚約していた健気な娘のその後。母の悲痛な思いに報いるかのように、息子が亡霊となって現れて母と語り合う。もしや生きているのではという、母や婚約者の思いは如何ばかりであるか、僕たちは想像力を頼りに考えてはみるものの、現実の悲惨さは計り知れない。幼少の頃からの様々な思い出を母子で語り合うという、ごくありふれた「日常」にこそ実は至極の価値があることを、平和な時代に生きる僕たちは胸に刻み込むべきであろう。この映画の息子像を、山田監督は「竹内浩三」に求めたと云う。先月の公開講座をはじめこの何年もの間に、様々な場面で僕も朗読して来た「竹内浩三」の詩のことば。映画や文学に憧れて根っから明るいその性格は、この映画の息子像によく表象されていた。

僕も母とともに観た「母と暮せば」
映画にも登場した小学生の世代である僕の両親
今世代を超えて必見の映画ではないか・・・「宇宙戦争」よりも。
tag :

ミュージカルで育まれるもの

2014-08-29
幼児たちのコミカルな動き
18歳の熟練した歌と踊り
子どもたちの躍動が眩しい舞台

縁あって、地域に根ざした子どもたちを団員とするミュージカル劇団の公演を観た。年齢を超えて幼児から高校3年生までが、週に1回の練習を通してミュージカルの舞台を創る。まさに「幼保小中高一貫芸術表現教育」の実践である。幼い子どもたちは、先輩たちに憧れて歌舞を学ぶ。心の躍動が、そのまま身体表現になったような活き活きとした動きが印象的だった。

彼女たちの舞台を観ていると、みんなが「表現したい」という根源的な願望を持ち、それを素直に叶えているようであった。生育する段階で人は、己というものを動かし声を発し表情を創ることで、他者に訴えたいという本性があるのだろう。現に僕の数列前の観客席では、幼い子どもたちが抑え切れない衝動に駆られ、舞台上の振り付けの真似をして動き始めた。その「表現」を「行儀が悪い」などと抑制するのは、いかにナンセンスかは自明である。

ある意味で「学校」では、発達段階に並行して「表現」を抑制しているのではないだろうか。「理解」することこそ「学習」であるという頭デッカチな発想が、子どもたちの活き活きとした生育を阻害していないか。この劇団も高校3年生で「卒団」する「掟」があるという。だが卒団生たちのサプライズダンスによる身体表現や、司会進行役の熟練した「声」を聞くに、「表現」がいかに人を育んでいるかが、一目瞭然であった。

演じて踊って声を出す
人間の溢れる躍動を表現する
決して学力テストでは計れない学びが、子どもたちを育んでいた。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>