まとめずして対立せよー『伊勢物語』「筒井筒章段」をよむ

2018-06-05
幼馴染で相違相愛の大和の女
後ろ盾がなくなり通い始めた高安の女
どちらの女を評価しようか?・・・

担当の「国文学講義1」は、著名な「筒井筒」章段を扱った。井戸の元で背丈を比べるほどの幼馴染であった相思相愛の男女が、親の縁談も断って相互に歌を詠み交わして晴れて結婚する。だが、しばらくすると女の親が亡くなり経済的基盤を失ってしまう。(平安朝当時は嫁側の家が経済的基盤となっていた)そのままではお互いに惨めになると思った男は、住んでいた大和から10Kmほども離れた高安という地にいる女のところへ夜な夜な通い始める。だが元の大和の女は、疑うそぶりも見せず家を送り出すので、男の方はこの元の女こそが浮気をしているのではと疑った。そこで、高安に出向いたふりをして庭の前栽(植え込み)に隠れていると、この大和の女は一人でも化粧をして次ような歌を詠みかける。「風吹けば沖つ白波龍田山夜半には君がひとり越ゆらむ」序詞を駆使し男が夜半の龍田山を越えることを案じる歌である。この様子を窺っていた男は、その後、高安の女のところには頻繁に通わなくなったという筋書きである。

しばらくは男が通ってきていたのに来なくなってしまい、高安の女はやはり男に歌を贈る。自分の男への気持ちをストレートに詠んだ歌で、何ら体裁や技巧的な面も見えない。そうこうしているうちに男が高安に行った際に、女が杓文字でご飯をよそう姿を見たことで、その後は高安に行くこともなくなってしまったという内容までが語られている。相互の女の和歌のあり方や態度などが比較できて、平安朝当時の恋愛や結婚の様態が具体的に理解できる章段として貴重である。そこでこの日の講義では、この相互の女の和歌や態度をどう評価するか?という課題で個人思考から班別討論までを行った。班別では「意見をまとめる」のではなく、「対立点」を述べよということにした。学生たちは「大和派」「高安派」と言った言葉で、しかも男女混合班を意識して構成したせいもあったか、様々な男女の恋愛の機微について盛んな議論を展開してくれた。班別活動というのは、「対立点」を探るものなのかもしれない。

「学校」の活動は、すぐに「まとめ」たがる
多様性というなら、他者と異質な点に気づかせること
『伊勢物語』そのものが、これを如実に語っているではないか。


スポンサーサイト
tag :

地下水を吸収し育つ和歌ー「国風暗黒」の捉え方

2018-06-02
国風暗黒時代=漢風讃美(謳歌)時代
和歌は地下に潜り、表層に出ている漢詩文から
地下に滴る要素を吸収し晴の場に出るのを待った

今年度から担当している「国文学史1」の講義も、「上代」から「中古」へと入った。記紀歌謡から神話に万葉集と、上代の歌のあり方についても再考する点が多かった。ひとえに「やまとうた1300年」とはいうが、その脈々とした時代の中の個々の歌の韻律や抒情をあらためて考えてみるべきと思う。「文学史」などを考える際は特にそうだが、ともするとあくまで「現代」から考えた「恣意」に過ぎないと考えてしまうこともある。上代からの距離が厳然としてありつつも、その後の時代で万葉集がどのように享受されてきたかを念頭に置くべきであろう。しかも単なる年代・作者などの暗記でもなく、概念化された歌風の空虚な語彙を覚えることでもない、生きた歌の命脈を咀嚼する文学史が必要であろう。

「上代」から「中古」へ流れは、やはりまず「漢詩文隆盛」から始めねばなるまい。万葉集の家持歌で和歌の表現位相が変化してきた流れを知ると、たぶん学生たちは「平安」となれば一気に「和歌」が全盛に花開くといった考えを持つのではないか。ところが「平安」初期は、周知のように「和歌暗黒」の時代が到来するのである。出典論を中心にした和漢比較文学研究の泰斗・小島憲之の命名したこの表現には、考える者をそそり立たせる要素がある。僕もちょうど大学1年生の頃だったか、図書館でこの書名を発見し借り出して紐解くと、そのオレンジ色の大著のインパクトが計り知れず大きかったのを思い出す。その出会いから和漢比較文学を志した、と言っても過言ではない。「暗黒」のイメージを現在の学生に聞くと、「地下」「暗い」「陰湿」のようなものが挙がる。そんな土壌に潜り込んだ和歌が、表層の漢詩文から滴り落ちる「漢」の要素を吸収し『古今和歌集』という晴の場に出るべく、その表現を改鋳し続けたのである。

新たに文学史から学ぶこと
個々の歌を読まずして文学史の何たるか?
「悲秋」「菊」「閨怨」など漢詩文から滴る地下水を受けた和歌を読む。


tag :

『万葉集』筑紫歌壇の価値

2018-05-19
大伴旅人・山上憶良
筑紫(太宰府)歌壇の文雅な行い
九州の大陸交渉要地としての意味も・・・

今年度からの担当講義「国文学史1」では「上中古文学史」を扱っており、いま折しも『万葉集』についてを全4期に分け講じている。その特徴など既存の知識のみならず、代表歌人の歌を読みながら考える形式を採っているが、あらためて自らが『万葉集』から学ぶことも多い。また学生たちの多くが七五調が身体化するほど染み込んでいるゆえ、五七調の韻律を体感させていくことにも大きな意義があるように思う。長歌(五七・五七・・・・・七)を音読することや、現代語訳も使用して交互に音読するなど、体感する「文学史」に仕立てていくことが、僕の一番オリジナルな講義となると考えるゆえである。

さて『万葉集』第三期、奈良朝の歌人である山部赤人・大伴旅人・山上憶良・高橋虫麻呂などの歌は、それぞれに深く読み応えがある。赤人の歌の、柿本人麻呂の継承性と的確な「写生」、中国六朝叙景詩の影響の指摘もあり対句的な構成なども見逃せない。そしてやはり九州の大学で身近な存在として考えたいのは、筑紫歌壇を太宰府で形成した旅人・憶良の存在である。大陸(中国)的素材として、「竹林の七賢」や「王羲之の宴」などをモチーフにしながら、自らの「文雅」な行いを叶えているのは、誠に北九州の地理的条件に存在した意味も大きいだろう。また牧水を考えたときに、その『万葉集』の愛読は様々な資料が物語るのだが、韻律はもとよりその発想的な影響を論じた評論はまだ少ない。この日も、旅人の「讃酒歌」を学生と読んでみたが、どうもまだ大学1年生ではピンとこないらしい。だがその酒を讃え呑まない者を揶揄するような発想は、牧水に通じる点が多々あるように思われる。

九州に住んだ意味を
あらためて自らの文学研究に繋げること
太宰府や福岡までは高速道路を行けばひとっ飛びなのである。


tag :

人はあなたか多くの人かー歌物語を楽しむ

2018-05-08
「人知れぬ我が通ひ路の関守は宵々ごとにうちも寝ななむ」
(『古今集』632・恋3、『伊勢物語』第5段)
歌の効用、歌徳あり

GW開けの「国文学講義」、1週間空いたが『伊勢物語』二条后章段を読み進めている。前の第4段の「月やあらぬ春やむかしの春ならぬ我が身ひとつはもとの身にして」など、特に『古今集』に採録された名歌は、物語内容を踏まえて声に出して読めるようにしておくのがよいと、まずは冒頭に説く。古典の場合は特に、年齢を問わず身体による享受機会を多く設けるべきであると思っている。その声に出して読んでこその味わい、他者に伝えようとすることばの迫力、近現代が忘れてしまった音声化そのものへの意識を再考すべきであろう。もちろん音声化すればいいという訳ではなく、その内容や解釈に関連づけて音読する習慣が望まれる。特に解釈が多様である場合などは尚更である。

冒頭に掲げた『伊勢』第5段所載歌、「人は誰を指すか?」という問いを出しつつ、3人一組で解釈と批評を考えさせた。古来から「人」を「二条后」とするか、「世間の人」とするかと解釈が分かれている歌である。また「人知れぬ」が「我が通ひ路の」にかかるのか、「関守」までかかるのかによって、やはり解釈が変わってくる歌である。前段の「月やあらぬ」の歌もそうであるが、『古今集』仮名序による業平評「その心あまりて、言葉たらず」の典型のような歌と考えてよいだろう。受講者全体で6班からそれぞれの解釈が出されたが、物語本文と関連づけてこの歌の置かれた場面・状況を含めた解釈を提起した班もあって、少しづつではあるが歌物語の面白さ楽しさに気づき始めていることが感じられる。

自ら読み解きたいと思う意欲
恋のあり方を歌物語に学ぶ
まず教員志望者に古典好きを増やすことも肝要である。

tag :

いま宮崎でこそ学ぶ文学を

2018-04-28
近現代文学史を飾る若山牧水・俵万智の短歌
古代文学史に厳然と立つ日向神話
いまこの大学でこそ学ぶ文学を講じよう

3年前に新学部制度(教育文化学部→教育学部)となってから初めて、1年次大学教育支援教員となり「大学教育入門セミナー」を担当している。人文系の3専攻(国語・社会・英語)の学生たちを対象に、大学での思考法や学びの段取りを学ぶ内容を展開する基礎教育科目である。ここ2回ほどは「国語からのアプローチ」ということで、僕が講義の進行を行なった。今回は文学理論を語る際には有名な、「瓶の中に水がまだ半分も入っている。」「瓶の中に水がもう半分しかない。」の差を考えてもらい、助詞一つの使用にもこだわってものを読むことの大切さを説いた。もとより実物のペットショップに水を入れて持参し、これを自分なりに表現せよと問いかけ、個々人で多様な表現を引き出した後の展開である。大学受験で「答えは一つ」に固まってしまっている脳をまずは解きほぐさなければなるまい。

その後は助詞の読み方一つにこだわって表現や理解する最たる例が「短歌」であるとして、牧水や俵万智さんの短歌を紹介していった。牧水が宮崎の地を詠んだ歌を中心に五七調の力動性も体感してもらった。万智さんの短歌は高校教員をされていた時代のものを取り上げて、教員たるや何が必要かを考えられるようにした。全国に大学は数多くあれど、牧水と俵万智を学ぶのにこれほどありがたい環境にあるのは本学が日本一と言えるであろう。「入門セミナー」でこれを啓発できるのは誠に大きいことだ。授業後のレビューにも「(二人の)歌集(短歌)を読みたくなった」といった趣旨のものも多く、まずは文学好き短歌好きの学生を育てる目標に適った内容となった。さらに国語専攻1年生科目「国文学史1」では「神話」がテーマであったが、もちろん「日向神話」を具体的な題材として、「神話とはなぜ存在したか?」ということを考える内容とした。「海幸山幸」の神話の舞台である青島が遠方に見えるキャンパスで、それを講じるのもまさに日本でここだけである。民間に伝承された神話の意義とともに、政治的に作られた〈神話〉としてのあり方。僕自身の学部同期である優秀な古事記研究者の考え方を紹介しながら、南九州と大和王権との問題なども考えてみた。

教育にこそ人文学が必要だ
短歌と神話はみやざきの誇りではないか
「地域・地方」という掛け声があるのなら、そこから文学を興しましょう。


tag :

「よむ」ことと「学習」とは?ー大学教育入門セミナー

2018-04-21
大学教育入門セミナー
大学の学びを創る支援教員
初回の担当では「よむ」と「学習」の意味を

3年前に教育学部に改組されて以後、初めて大学教育支援教員となった。この担当の役目は、新入生に対して大学の学びが順調に運ぶように支援することである。それゆえ「大学教育入門セミナー」という「学び方講座」のような科目も担当することになる。セミナーは「人文系」「理系」「実技系」などの系統別に分かれており、「社会」「英語「国語」を専攻とする約40名が担当するクラスで受講することになる。この日は「国語・国文学からのアプローチ(1)」として初めて講義内容を担当する回であった。「国語・国文学の特質」と「学び方」といっても様々であるが、まずは基礎基本と考えて標題のようなテーマに絞って展開するようにした。その上で、最初は「短歌県みやざき」を標榜するゆえ、牧水と俵万智さんの短歌を音読することで、講義の準備運動をするという設定にした。

「よむ」の意味として考えられることを、短文や漢語を挙げて書けるだけ書いてみよう。最初の個人思考の問いはこれである。その素材をもとに4〜5人の班を構成し、そこで手持ちのツールを何でも使用して調べつつ、班の見解を作り全体発表し共有する展開とする。スマホでの「ことば」関係のサイトや電子辞書など、発表時には調べたツールも同時に発言してもらった。その後、「日本で最大の国語辞典は何か?」の問いを発すると、何人かの学生からお決まりに「広辞苑」の発言。『日本国語大辞典』を一巻だけ教室に持参して、その大きさと意義を語る。後半はまず『論語』の「学而篇」冒頭を白文で提示し、班内で相談してどのように読むかを考える。ほとんどの学生が高1年生教科書で学んでいるはずだが、漢文学習の意義を十分に理解しているとは言い難い。「学」は旧字体にその意義は表れているが「師が手を携えて子らと心と言葉を交流させ知識や技能を提供すること」。「習」は「『学』で得た知識・技能を活用して自分自身の羽で飛べるよう活用力を身につけること」。講義と自己の学修の双方によって、初めてできないことができるようになることを実感してもらうという内容であった。

見知らぬ文献がよめるようになる喜び
人の生き様をことばから掘り返すダイナミックな営み
人文学の魅力を僕らが今大学で語らなくてどうするのだろうか。


tag :

「なぜ?」を抱きて読み続ける

2018-04-20
『源氏物語』を扱う講義
冒頭で語られる様々な「なぜ?」
わからなければ読み進められない訳ではない

講義も2週目で、内容も本格的にテキストに入り始めた。木曜日は2年生を対象とする「国文学講義III」があり、『源氏物語』を扱っている。もちろんこの日は、冒頭についてということになるのだが、学生に聞いてみるとほとんどが高等学校の古典で学習済であるようだ。「桐壺」と「若紫」というのが高等学校教科書採録個所としては、ほぼ『源氏』の定番であるといってよい。そこで学生たちがどのくらいこの冒頭部分の「なぜ?」に見解を持てるかという意味もあって問いを発し、「個人→少人数班」と段階を追って考え発表する形式で講義を進めた。

大学で身につけさせたいことは、「読む」=「考える」という姿勢である。高等学校まではどうしても「答えを待つ」ことが避けられず「読み流す」ようになってしまい、立ち止まって自ら考える姿勢はつきにくい。今「立ち止まって」と記したが、「立ち止まる」と同時に「なぜ?を抱きながら読み続ける」姿勢も求められる。周知のように『源氏物語』は巧妙なプロット構造であるゆえ、読み進めればその「なぜ?」が次第に紐解かれていくテキストでもある。この日の講義で学生が考えたことが、これからの講義で読み進めていくことで解明されていく。その期待感を持つだけでも、大変意義のある内容となったと自負している。

「いづれの御時にか」?
中宮が不在であるのは?
「なぜ?」一人の更衣だけが寵愛されたのか?


tag :

初恋はいつのことかと

2018-04-17
「あなたの初恋はいつですか?」
概ね中学校初期から小学校高学年ぐらい
思いと行動の程度にも拠るものとして・・・

「あなたの初恋はいつ?」と問われたら、どう答えますか?そんなことを講義の学生に問い掛けてみた。概ね冒頭に記したようなあたりに挙手が集中したが、みなさんはいかがであろうか?僕自身の経験からして「初恋」にもいくつかの段階的種類があって、一概に「いつ」と定められないような感覚がある。実際に何らかの手段で告白をした決断と行動経験、何となく相互に可能性に気付きながらもそのままになった淡い思いのみの経験、憧れを抱きながら先輩と後輩の関係以上にはなれなかった経験、そしてまた幼児期に保育士の先生に母性を求めるような経験、等々そのうちのどれを、果たして「初恋」と呼ぼうかと考えてしまう。

国文学講義で『伊勢物語』初段の講読をした。125段構成となっている本の最終段と併せて読むことで、「男の物語」として「人生」が「恋」と「死」によって枠組みが構成されていることが知れる。人は例外なく「死」の運命を背負っているが、日常生活ではそれを忘れようとしている。「独りで生まれ出で、独りで死途の道へ旅立つ」ゆえに、命ある今は「恋」をしてともに歩める最良の人を求める。孤独への飽くなき抵抗、そんな面が「恋」にはあるのではないか。前述した「初恋」の程度比較は僕自身の体験に基づくものだが、それが余計に「生きる」上での恋の意味を炙り出すようにも思う。男が即興で狩衣の裾に書いて「いとなまめいたる女はらから」に贈った歌、「しのぶの乱れ」という和歌表現こそが人生に艶を与える始発点でもある。

「かくいちはやきみやびをなむしける」
「恋」は「死」を意識した人生の大きなテーマ
生きている以上「恋」の心情は常にあり、である。


tag :

多様な受講生が生み出す学び

2018-04-10
新たな担当講義
1年生配当教科専門科目
『伊勢物語』で恋を語ろう

今年度から、教科専門科目である「国文学講義」を担当する機会に恵まれた。これまでの5年間は教科「教育」科目の担当が主で、3年次配当のものがほとんどであった。まず教科専門科目は1・2年次配当、入学したばかりの1年生に大学での「学び」を講ずるという役目もあるように思う。また専攻の学生のみならず他のコースの学生や留学生も受講するとあって、ほぼ「教師志望」の学生のみである3年次科目との違いも際立つようだ。このように目的や趣向の多様な学生たちと「学び」を創ることは大変面白い。「異質」な考え方が混沌としてこそ「文学」の講義としては意味があるだろう。

この講義の教材は『伊勢物語』、その和歌に恋の心情を様々に読んでいくことを目指している。この日はまず「(古来から)文学に描かれるテーマとして多いものは何か?」という問いに、まずは各自の考え方を挙げてもらった。その回答はまさに多様であり、これまでの学生たちの経験を背景により成り立っているように思われた。もちろん「恋愛」も何人かが挙げたが、大局的に歴史や社会を挙げるものも目立った。所謂「晴」と「褻」の両面を文学は描くのだということを如実に表しているようにも思えた。それにしても思っていたよりは人数も多く、多様性も豊かな受講生であった。さて来週からの講読がさらに楽しみになって来た。

さらに講義の授業戦略を練る
「素読」「講釈」「輪講」「会読」「質問」「復読」
そして「創作」などへ・・・俵万智さん著『恋する伊勢物語』も紹介。


tag :

人として幸福度の高い県

2018-02-04
地域定着推進事業
担当の対面講義にて
人としての幸福度の高い「短歌県」へ

今年度ほど多くの仕事を抱えた年も珍しいが、そのうちの一つが地域定着推進事業による講義である。「短歌県みやざき〈ことばの力〉と教育入門」と題して、Web配信型講義と対面授業を組み合わせた構成になっている。本年度後期は、10月の和歌文学会大会開催もあり、教務実習担当であったり、その他も諸々の方面でお声が掛かったり実務があったりと、なかなか配信型講義の制作が追いついていない状況が続いた。それが完結しないうちに、とうとうまとめの対面型講義が先に来てしまった。誠に受講した学生には申し訳ない思いであるが、せめて「対面性」を活かして「みやざきの短歌」の魅力が伝えられるように3コマの講義に臨んだ。

市内にある学生たちも知っている身近な場所に建つ歌碑に刻まれた短歌を扱いつつ、「短歌とはなんであるか?」というテーマについてまずは考えた。学生たちはその地の存在は知っているが、其処に「歌碑」があるとは知らない場合が多い。むしろこうした機会を通じて、身近な場所であるゆえにその由緒などを伝えておくべきであろう。その後は受講者による「恋」の歌の創作時間。互いに自らが創作した短歌を披露し合って、相互批評を試みた。短歌は、今ある思いを素直にことばにするもの、まずは創ってみること。こうした契機や機会こそが学生たちにとって大切であることを再認識した。最後に先月開催された「老いて歌おう ねんりんフェスタ」で、僕自身も出演した「短歌トーク」の映像を視聴してもらい3コマ分の講義を終えた。

県知事も力説する「日本一の短歌県」
報道によれば「生きがい」「幸福度」は全国で指折りと
それが「みやざき」の生きる道なのである。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>