FC2ブログ

本当にそうなのか?という視点を

2021-05-08
公人の言葉に信用がなくなった時代
「学校」で習ったとはいっても果たして
文学史から学ぶ批評の視点

新型コロナ禍に遭遇した今を生きていることは、歴史的に特異な時代を生きていることになるのだろう。世界的なパンデミックという意味では、約100年前の「スペイン風邪」以来。「禍」と呼ばれるものには、「人災」もあれば「天災」もある。元来、「禍」の字源には「神のとがめ・神のくだすわざわい」の意味がある。ウイルスの世界的流行は、「天災」としか考えようがないかもしれない。しかし、その災禍にどう向き合うか?においては「人災」と思えてしまう側面があるのも否めない。後者の度合いは「国」によって大きく異なり、この1年で「自国が自分に何をしてくれるのか」が多くの国で明らかになった。言い方を換えれば、「国はどんな視線であるか」であり「国民はどう反応するか」でもある。

日本文学史(上代・中古)配当学年1年生の講義を担当しているが、学生の記す講義レポートを読んでいると、高校までの学習で多くの「思い込み」をしている実態に気づく。和歌を「一句」と呼ぶことはもとより、「女々しい」という形容を使用する場合の意識、天皇という存在に対する考え方、等々、視野を拡げて捉え直して欲しいことがたくさんある。特に「男・女」という問題については依然根強い旧態な発想も多々あって、今年になって公人が見境ない問題発言をするまでもなく、世界的な「男女」感覚の後進国であることが痛切に感じられてしまう。古代の和歌創作が縦横無尽に性差も超えて、他者の立場を演じる表現があることへ視点を向けて欲しい。『万葉集』が「国民的歌集」だという誤った認識からして、偏った近現代によって塗り固められたことに気づく意識。教員養成だからこそ、そんな広範な視野をもつ学生をせめて育てたいと思う。

「言葉」の信頼を取り戻すためには
僕ら大学教員も含めて簡単に信用しない批評性
差し向けられる「言葉」にまずは「本当にそうなのか?」という視線を。


スポンサーサイト



tag :

日々是情報更新ー学ぶ意欲を忘れずに

2021-05-01
現場に立ってわかる学ぶ尊さ
緻密に調べ詰めて書き尽くす
常に更新される己をであるために

PCを扱っていると「アップデートがあります」という表示が出て、OSやソフトに修正が加えられることがしばしばである。その「更新」には聊か時間を要し、パソコンを閉じる際にその動作が開始されることも少なくない。もちろん使用者の都合で「夜間に行う」とか「再通知」なども選択できるが、「更新」のタイミングは仕事に支障をきたさない選択が望ましい。以前に学外からいらした講師の方が、授業で話をするタイミングで「更新」状態となり、結果的にPCを使用せず話すのを目の当たりにしたことがある。PCは自分自身の健康管理のように、常に状態を確かめておきたい。などということを考えて、連休に入る前に仕事を終えた後、研究室の据え付けPCを「アップデート」にして帰宅した。

PCのみならず、人間も「アップデート(情報修正更新)」が必要だ。特に僕ら研究者にとってはそこが生命線とも言えるだろう。また学校の教師もまた、一度覚えた要領だけで授業をすべきではないように思う。教職大学院の講義において、学校現場から研修で参加する教員の方々がいる。中学校教科書の『万葉集』掲載歌から自らが好きな歌一首を選び批評するという課題を出すと、実に詳細なレジュメを作成してコメントをしてくれた。時間に追われる現場を離れ「学びたい」という意欲に満ちた姿勢に敬意を表したい。この先生方は明らかに、自らを「アップデート」しようと意欲的なのである。僕自身も現職教員でありながら修士に入学し、博士後期課程まで長年にわたり「アップデート」を続けた。それは学位取得後も同じで、日々新たな自分でありたいと思っている。向き合う学生たる現職教員の方々からいただく刺激はありがたい。研究室のPCもみならず、自分が今日もまた新たになるために。

学ぶ意欲のある先生こそが
学ぶ意欲のある児童生徒を育てる
現場の実情はどうか?僕らが学ぶ場でもあることを忘れず。


tag :

国語教師を目指すわけ

2021-04-13
小学校で一番授業数が多く
思考や感情あらゆる基礎になる
人々が多様なのと同じく国語も多様である

先週9日(金)から新年度の講義が始まり、この日は2日目。前期は担当講義が多く、ほぼ毎日のように何らかの講義がある。その多くが教科専門科目、いわゆる「国語」の教材内容について学びを深める科目となる。配当年次は1・2年生、「国語教師」を目指すにあたり「基礎体力」のような部分を養成する役割を担っている。野球などに喩えて考えると分かりやすいが、どんなに「技術」が高くとも「基礎体力」の無い者はプロとしては活躍できない。「国語教師」としての基礎基本、それこそが「内容学=教科専門」というわけである。昨今、「よい授業」という名の下に「指導技術」が重視される傾向にあるが、あまりに偏重するのはいかがなものか?と思う。型に嵌めたような「授業方法」は、「簡単便利」で素材や制作過程の見えない大量生産物と同様、虚飾と自己満足にまみれた物と思えて来る。

講義開きにあたり、新入生や2年生に「国語専攻や(国語の中高)免許取得を選んだ理由」あるいは「国語の魅力」について語ってもらっている。開始から2週間はオンライン講義と全学的に定められているゆえ、同時双方向システムでの対話を重ねている状態だ。新入生もそれほど戸惑うことはなく、画面の前で語ることに違和感はないようだ。この1年間、高等学校などでも経験した者も少なくないのだろう、オンラインが社会に十分に根を下ろしたようだ。テーマに対してどれほどに語れるか?は当人の「思考」そのものを物語るものだ。そのような意味で新入生も存分に「国語への思い」を語ってくれた。特に「文学」を学ぶことは「文化の伝承」、「ことばのDNA」を後代に伝える大きな役割を担う。ぜひ壮大な志をもって「国語」に向き合ってもらいたい。

国際化社会だからこその古典
現代の生活や感性にもどう活かされるか
そしてまた今は「役立つ」かどうかが判らない?から学ぶということも理である。


tag :

学生たちの心のうた

2021-02-07
地域定着推進事業担当講義
「かけがえのない今を短歌に」
新型コロナに揺れる学生たちの心

担当となって既に4年目を迎える地域定着推進事業による講義。9回はオンデマンド方式のe-ラーニングコンテンツが作成してあり、6回分を2度にわたる対面講義で15回を完結するものである。コンテンツ作成当時は、かなり労力と時間を要したものだが、まさにこの新型コロナの時代を予見していたかのように、今や「オンデマンド」(いつでもどこでも受講学生の要求に応じて、Web上の講義動画や音声で自分で学べる授業形態)は大学授業の一つのあり方になって来ている。これを作成した時の経験や、助教や事務の方々とのやり取りは、今年度の授業構成に大いに活かされたわけである。この日は、シラバス通りであれば対面講義の実施であったが、宮崎県独自の緊急事態宣言も未だ解かれておらず、やむなく同時双方向システムによる遠隔講義を実施した。

今回の講義は、受講者すべてに短歌を詠んでもらうのが主眼。既に宮崎大学短歌会でオンライン歌会を繰り返しているので、その方式を応用して実施した。まずは俵万智さん最新歌集『未来のサイズ』から「新型コロナ」の世相で詠まれた短歌7首から1首を選びコメントをする。これで短歌創作頭になってもらい、30分の時間を提供しその間に受講者は即興で短歌を創作する。自宅の部屋に籠ったままもよし、自宅近所に散歩に出てもよし。テーマ詠「新型コロナ」に学生たちのどんな生活が反映されるかが楽しみであった。その後、オンラインシステムの「投票機能」を使用して互選票を入れてもらい歌会開始。予想以上に充実した評を語る学生が多く、学生らと短歌の相性の良さを実感した。起きたばかりで同時双方向授業のPCに向き合うと友はおめかししていたとか、オンライン講義で見た人がキャンパス内のリアルでは芸能人に見えたとか、なかなか生々しい学生たちの心のうたを共有でき、「短歌県みやざき」の地域の特長を存分に伝えることができた。

成人式中止の思いを述べたうたも
助教の方や事務の方も歌を提出してくれた
学生たちの生の声を、僕らは歌を通してもっと聞くべきだろう。


tag :

ともかく思いを三十一文字

2021-01-27
教職大学院担当科目「国文学」
牧水・啄木・俵万智と近現代短歌を講読
そして最終回は受講者の創作短歌で歌会

教職大学院には学部卒の院生とともに、県内の学校現場から新たな学びを求めて入学する現職教員院生がいる。多くは就任後10年が経過した先生方が多く、現場での経験は豊富である。この点においては、担当講義内での対話から僕の方が現場のあり方を学ぶことも少なくない。ただし僕自身には一つの思いがあって、自らも現職教員として修士・博士後期課程で学んだ経験から「学問」を学ぶ場では院生を「先生」と呼ばないようにしている。学びの場では担当者を含めてお互いの学び合いが必要であり、「先生」という呼称はやや「上から教え込む」という趣旨が伴う言葉であるからだ。僕自身が修士在学時に研究室のある人に「研究発表が上から教えてやろうという構えだ」と指摘されたことに起因する信条である。学びに来た場では、あくまで「・・さん」である。

さて「国文学・近現代文学」を主とする大学院講義(複数担当で7回担当)が、この日は最終回を迎えた。牧水・啄木と近代短歌に新たな光をもたらせた同年の歌人の歌から、「我」とは何か?「時間」とは何か?などを考えて来た。また俵万智さんのわかりやすい表現の奥に読める深さとは何か?についても対話を深めた。最終回はいよいよ、受講者の創作短歌による歌会である。教員免許状更新講習でもよく受講者の要望にあるのだが、「児童生徒の短歌を指導したいが、どうしたらよいか?」というものだ。答えは一つ、「あなたが短歌を創ることです」と答えている。少なくとも授業で児童生徒に短歌表現を求めるならば、自らの創作体験なくしては話にならないだろう。何より表現を求める児童生徒らに後ろめたいはずだ。なぜか短歌を創作することが「難しいこと」と思われがちだが、理屈ではなく「やってみる」ことしか学びの道はない。こうした意味では俵万智さんの歌を読み味わった後ならでは、受講者が「学校」「新型コロナ時代」という二つのテーマ詠を楽しんでもらう時間となった。

この経験を「学校」に帰って子どもたちへ
教職大学院は実践的学びが肝要であろう
歌を批評しあった体験も実に貴重であるはずだ。


tag :

ラジオドラマ再興のとき

2020-12-17
原案:桑田佳祐(作詞・作曲)
歌:坂本冬美
「仏陀のように私は死んだ」

第三波に見舞われている社会情勢下で、あらためて「遠隔講義」の重要性にも様々な検証が行われているところだ。Web配信の講義を模索する中で僕自身が新たに見出したことといえば、小欄にも度々記してきた「ラジオドラマ」である。「話す 聴く」という行為を一定の方向で固定はするものの、課題設定(ラジオでいえば聴取者投稿)を上手く取り込むことで受講者と対話的な関係を結ぶことができる。「聲」のみの配信は、決して「自らが語る顔」を露わにした動画に劣らないと自負できる。もとより授業での「非言語表現」がどの程度まで必要であったのか、という問題意識も高まった。

折しも現在、冒頭に記したように桑田佳祐さん原案、坂本冬美さんの歌う「仏陀のように私は死んだ」という楽曲を元にしたラジドドラマが4夜連続でニッポン放送(毎夜22:30〜22:45)にて放送されている。楽曲が描く世界観をドラマ仕立てに脚本化し、俳優のキャストを配して聲と効果音で綴るものである。楽曲の歌詞というのはある意味で点描であり、深く味わうには個々の自由な拡大解釈と想像力を要する。坂本冬美さんの持つ「情念の女」を歌い上げる歌唱力と、それを現代的な世相観の上に引き出す桑田さんの才能が相まって「ひどい男にも惚れ抜いてしまう恋心」が豊かに表現されている。舞台設定となった街並みを想像しながら、現代に生きる女の恋を痛烈に毎晩聴き取っている。「楽曲」と「ラジオドラマ」という関係を、「短歌」と「ラジドドラマ」という関係で行う僕自身の今年の試みの相似形が、誠に興味深いのである。


「聲」のみで描く物語
自ら創作することの学び
「君の名は」から連なる「ラジオドラマ」の文化に


tag :

否定せず当人が悟る教育

2020-12-04
「風姿花伝」第一に示される教育論
発達段階ごとの論は現代において傾聴に値する
「主体的対話的」の原点のような

文学史講義は中世の締め括りとして、「能楽論と教育」というテーマで世阿弥の能楽論「風姿花伝(花伝書)」を読んだ。単に能楽の指南書というばかりではなく、稽古の上で注意すべきことが、発達段階(年齢)ごとに示されていて教育学部の教材として学生たちに資するものである。特に「七歳(小学校1年生)」「十二三歳(中学校一年生)」「十七八歳(高卒・大学1年生)」「二十四五歳(社会人3年目)」などと、現代の学制の節目に対応するのも大変に興味深い。「七歳」の教育は細かいことを指摘して行動を否定することなく、思うように動きたいようにさせておくのがよいとされている。早期教育の盛んなご時世、何がよいのかを考えさせられる内容だ。

まさに「型通り」なのが日本の教育の一つの特徴である。その結果、横並びを志向し飛び抜けた特異な存在となることを嫌う。「誤り」が事細かに指摘され、決められた理想の「型」になるべく育てられる。その「型」を基本だとし習得していないと、その先の段階にはいけないと考えがちである。その結果、「国語」であれば漢字の誤りを指摘され、音読する際の読み間違いを指摘され、作文も談話も「この型」で書きなさいと強制される。自らのその場の心から発する自然なことばなどは、決して大切にされない。野球でも「フォーム固め」が大切で、実際にどれほど良い球が投げられるか、巧打ができるかという個性的な現実よりも「綺麗だと指導者が考え押し付けたフォーム」が優先される傾向にある。いわば「個性」が伸びないような教育の結果が、現代社会を築いていると言えるのではないか。

伝統を学び個性も尊重するには
心身の調和など学ぶべき点が多い
伝承されるとはいかなることか今一度、親も教師も考えるべきではないか。


tag :

オンライン授業の「顔出し」のこと

2020-11-12
同時双方向システムで顔を出すこと
知り合いの研究者の投稿に「顔出ししない先生」がいると
語り掛ける・聴いて理解するに「顔」は必要なのだろうか?

全国で多くの大学教員が慣れたせいもあろうが、春先ほどオンライン講義についての情報交換などが喧しくなくなった。4月当初はSNSなどでも専用のグループがあって、様々な分野の大学教員がそのあり方・方法について情報交換をしていたものだ。学内でも何度かの研修などの場が設定されたが、その方法と効果については共通理解に及んだ訳ではあるまい。学生から情報を得ることもあるが、多くは隣人がどんなオンライン講義に仕立てているかがわからない。昨日のことであるが、知り合いの研究者のSNS投稿があり、学生から聞いた話として「同時双方向」講義の際に「顔を出さずに喋っている先生がいる」というものが掲載されていた。僕の講義でも学生が「顔を出さない」ケースは散見されるが「教員が」というのは初めて聞いたもので、あれこれと考えさせられた。

「同時双方向システム(ここではZoomやWebexなどのこと)」で講義をする意味は何であろうか?概ね「対面講義」をしたいところだが感染対策で叶わないので、講義時間帯になるべく対面に近いライブ感あるものを実施するためであろうか。また一方的な資料提供ではなく、学生側からの発言を取り込んで対話ができるという意義が大きいように思われる。となれば受講学生の人数規模にも適切な水準があるはずで、あまりに多いとなれば先の後者の意義は薄れてしまいかねない。また本気で「対話」を創るとなると学生側も表情を含めてライブ感をもった受講姿勢が必要になろう。ゆえに教員が自らの顔を晒さずに、黒い画面(あるいは写真などを掲載している場合もある)から声だけで語り掛けることには大きな違和感を覚える。これは僕が進めている「ラジオ講座方式」とは大きな違いがある。講義計画や教育効果を含めて「声」のみで実施するという戦略的な構想とは、思えないからである。いつでも受講できる「オンデマンド方式」でも「顔を出すか出さぬか」という議論はあるが、ライブ感を求め顔を出せる環境で出さないことと、声のみではあるが課題やチェットシステムで学生と対話関係を結んでいる講義では大きな違いがあることに自覚的になるべきだろう。

顔出し動画と音声のみを組み合わせたり
それぞれ使用する方法の効果を最大限に活かすために
既にオンライン講義は「仕方なく」やっている訳ではないのである。


tag :

授業はどれだけ脳内を動かせるかである

2020-09-11
大学講義の「出席」とは何か?
遠隔講義で見えてきたこと
「その場に居る」のみならず「その場で脳内を動かす」ということ

僕らが大学生の頃、講義の出席の取り方は実に多様であった。語学では人数的に名簿順に名前を呼んで返事をすることで確認するのだが、学生側は「代返」という行為に及ぶことも多かった。今にして懺悔するならば、僕も数回はクラスの友だちに依頼されて敢行したことがある。自分が呼ばれた時と依頼者が呼ばれた時に、声色を変えて二度返事をするのである。なんとなく先生もわかっているような目線であるが、最後までしらを切り通す。依頼者が講義中に「・・・の部分を訳してください」などと当てられた場合は、さらに「なりすまし」に及ぶかどうかと緊迫の時間が過ぎる。まあ伝統的に演劇も盛んな大学ではあったのだが。また大教室の講義だと「出席カード」などという代物が配布されるが、手持ちのカードを代返的に友だちに提出してもらうという手段を防ぐために先生方はたいそうな工夫を凝らしていた。カードの端を特殊な形に切ったり、マジックインキで特徴的に塗り込んだりである。まさに大学教員と学生のイタチごっこが横行していたわけである。

今年はほとんどの大学で遠隔講義となったわけだが、「出席」をどう認定するかは大きな課題になっているようである。オンライン同時双方向の場合、人数次第だが一人ひとりを画面上で確認する講義同様の返事式の方法がある。しかし時間を費やし過ぎるので、僕の場合は予習内容を踏まえて一言コメントするという方式を採ることが多かった。それもせいぜい20名ぐらいの講義サイズまでで、40人以上となると厳しいことが予想される。オンライン中に通信環境の状態が悪化して、画面上で固まってしまったり、画面上から消えてしまったりすることも稀ではなかった。また「オンデマンド方式」の場合は、一定期間に提起した資料を閲覧して学生が自ら学び、その成果を「講義レポート」として提出することで初めて「出席」を認定する方法である。極端に言えば、学生はいつでもどこでもPC(場合によってはスマホ)と通信環境があれば受講できる。わからなければ二度三度と聞き直すこともでき、じっくりマイペースで考えられる利点もある。せめて学生が講義に参加する意識を高めるために、提出された課題から秀作を選抜して次回の講義資料で紹介することで「対話」を成立させていた。少なくとも講義資料によって学生の脳内が動くことが、こうした講義で忘れてはならない要点である。

原点は教員と学生がどう向き合うか
その場に90分居れば「出席」ではない
オンライン講義で大学はどう変質していくのであろうか?


tag :

Zoom補講ー恋歌を語ろう&歌会

2020-08-25
音声だけを届けてきた講義
せめてZoomで語り合う補講を
自由に語り合う楽しさ&歌会の自由な解釈

定期試験明けの週が始まり、基礎教育科目「日本の恋歌ー和歌短歌と歌謡曲」のオプション補講をZoomで行った。既に小欄に幾度も覚書をしてきたように、本講義は「ラジオ方式」を採用し、音声とプレゼン資料をオンデマンドに提供しラジオ番組のように課題の秀作を投稿として紹介するよう展開してきた遠隔講義である。受講学生の感想は概ね好評で、学びの意図や内容が十分に伝わった感触がある。学生との対話性が持てただけに、まったく学生らと交流しないで終わるのは誠に惜しい気持ちであった。そこで開いたのが参加任意のZoom(同時双方向オンライン会議システム)による補講である。試験を終えた解放感からか参加者は少なかったが、学生らと楽しい話ができて充実した時間となった。

「自分が書いた文章や短歌がどう読まれるか?」「三十一文字に表現するのは大変に難しい」「恋に限らず様々なことを深く考える習慣がついた」「多様な種類の文章を書くきっかけとなった」等々、学生との語り合いの中からは担当者として学ぶことは多い。ラジオ番組でも「視聴者の集い」のような企画が行事のように開催されるのはよく理解できる。まさにライブ感、その場で生身の人間が喋ることで深い思考に至ることができ、精神的に明確な思いが刻まれるように思う。後半は自由詠の歌会、既に課題として提出している短歌を引っ提げて受講者も参加し、この講義で「批評文」を書いてきた経験からか、初心とは思えないほどの評を展開してくれた。宮崎大学短歌会会員もサポート参加してくれ、短歌を通じ学部学年を超えた交流ができた。誠に補講としてこんなに充実した時間が持てるなんて、担当者として幸せを感じるひと時となった。

短歌に向き合う・恋に向き合う
授業が終わることへの愛惜深し
思い出深い講義として学生たちの胸にいつまでも・・・


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>