FC2ブログ

授業はどれだけ脳内を動かせるかである

2020-09-11
大学講義の「出席」とは何か?
遠隔講義で見えてきたこと
「その場に居る」のみならず「その場で脳内を動かす」ということ

僕らが大学生の頃、講義の出席の取り方は実に多様であった。語学では人数的に名簿順に名前を呼んで返事をすることで確認するのだが、学生側は「代返」という行為に及ぶことも多かった。今にして懺悔するならば、僕も数回はクラスの友だちに依頼されて敢行したことがある。自分が呼ばれた時と依頼者が呼ばれた時に、声色を変えて二度返事をするのである。なんとなく先生もわかっているような目線であるが、最後までしらを切り通す。依頼者が講義中に「・・・の部分を訳してください」などと当てられた場合は、さらに「なりすまし」に及ぶかどうかと緊迫の時間が過ぎる。まあ伝統的に演劇も盛んな大学ではあったのだが。また大教室の講義だと「出席カード」などという代物が配布されるが、手持ちのカードを代返的に友だちに提出してもらうという手段を防ぐために先生方はたいそうな工夫を凝らしていた。カードの端を特殊な形に切ったり、マジックインキで特徴的に塗り込んだりである。まさに大学教員と学生のイタチごっこが横行していたわけである。

今年はほとんどの大学で遠隔講義となったわけだが、「出席」をどう認定するかは大きな課題になっているようである。オンライン同時双方向の場合、人数次第だが一人ひとりを画面上で確認する講義同様の返事式の方法がある。しかし時間を費やし過ぎるので、僕の場合は予習内容を踏まえて一言コメントするという方式を採ることが多かった。それもせいぜい20名ぐらいの講義サイズまでで、40人以上となると厳しいことが予想される。オンライン中に通信環境の状態が悪化して、画面上で固まってしまったり、画面上から消えてしまったりすることも稀ではなかった。また「オンデマンド方式」の場合は、一定期間に提起した資料を閲覧して学生が自ら学び、その成果を「講義レポート」として提出することで初めて「出席」を認定する方法である。極端に言えば、学生はいつでもどこでもPC(場合によってはスマホ)と通信環境があれば受講できる。わからなければ二度三度と聞き直すこともでき、じっくりマイペースで考えられる利点もある。せめて学生が講義に参加する意識を高めるために、提出された課題から秀作を選抜して次回の講義資料で紹介することで「対話」を成立させていた。少なくとも講義資料によって学生の脳内が動くことが、こうした講義で忘れてはならない要点である。

原点は教員と学生がどう向き合うか
その場に90分居れば「出席」ではない
オンライン講義で大学はどう変質していくのであろうか?


スポンサーサイト



tag :

Zoom補講ー恋歌を語ろう&歌会

2020-08-25
音声だけを届けてきた講義
せめてZoomで語り合う補講を
自由に語り合う楽しさ&歌会の自由な解釈

定期試験明けの週が始まり、基礎教育科目「日本の恋歌ー和歌短歌と歌謡曲」のオプション補講をZoomで行った。既に小欄に幾度も覚書をしてきたように、本講義は「ラジオ方式」を採用し、音声とプレゼン資料をオンデマンドに提供しラジオ番組のように課題の秀作を投稿として紹介するよう展開してきた遠隔講義である。受講学生の感想は概ね好評で、学びの意図や内容が十分に伝わった感触がある。学生との対話性が持てただけに、まったく学生らと交流しないで終わるのは誠に惜しい気持ちであった。そこで開いたのが参加任意のZoom(同時双方向オンライン会議システム)による補講である。試験を終えた解放感からか参加者は少なかったが、学生らと楽しい話ができて充実した時間となった。

「自分が書いた文章や短歌がどう読まれるか?」「三十一文字に表現するのは大変に難しい」「恋に限らず様々なことを深く考える習慣がついた」「多様な種類の文章を書くきっかけとなった」等々、学生との語り合いの中からは担当者として学ぶことは多い。ラジオ番組でも「視聴者の集い」のような企画が行事のように開催されるのはよく理解できる。まさにライブ感、その場で生身の人間が喋ることで深い思考に至ることができ、精神的に明確な思いが刻まれるように思う。後半は自由詠の歌会、既に課題として提出している短歌を引っ提げて受講者も参加し、この講義で「批評文」を書いてきた経験からか、初心とは思えないほどの評を展開してくれた。宮崎大学短歌会会員もサポート参加してくれ、短歌を通じ学部学年を超えた交流ができた。誠に補講としてこんなに充実した時間が持てるなんて、担当者として幸せを感じるひと時となった。

短歌に向き合う・恋に向き合う
授業が終わることへの愛惜深し
思い出深い講義として学生たちの胸にいつまでも・・・


tag :

雑談なき前期終了

2020-08-22
前期定期試験最終日
遠隔講義と一部対面の融合でやり遂げる
だが考えてみれば、学生としていないのは「雑談」だった。

前期科目はほとんどがWeb上に提出するレポートでの評価としたが、「文学史」の講義に関しては「試験」が必要と考え「実施希望届」を出し、この日が実施曜日であった。入学以来わずかしか対面講義を経験していない1年生ということもあり、むしろ「試験」そのものも体験すべきではないかという思いもあった。暑い中であったが、やはり「試験を受ける構え」でやってくる学生らを見ていると〈教室〉とは、こうした場であることを自覚する。感染対応で学籍番号順に指定され、前後左右は空席となる。3回ほどの対面講義でも同様の座席であったため、数回ながら学生らの顔と座席位置で全ての学生の名前を覚えている。冷房で十分に室温を安定させておいて、窓や扉を開放して換気に配慮する。暑さ対策ということもあり、試験中に飲み物を認め、必要な者は空席となっている隣の座席に置くように指示した。

75分間という短縮された講義時間内で、学生らは存分に学びの成果を文章として書き付けている。その生身の姿をリアルに眼前で見るということに、担当者として大きな意義があると実感する。講義は担当者の一人舞台では決してあるべきではなく、受講する学生がどれほどの芝居を演じられるかを展開する場であろう。その「公演」の様子を目の当たりにする場が、教員であれば欲しくなるはずだ。こんなことを考えながら、一人ひとりが答案に書き込む様子を試験監督として眺めていた。試験終了のチャイムが鳴り答案回収、この瞬間の解放感は誰しもが経験があるだろう。その後、少々のコメント・注意を加えて解散。学生は自分が使用した机にアルコール消毒を施すことになっている。消毒液や拭き取りペーパーを取りに来る際、「社会的距離」には注意しながらなるべく声を掛けてあげたいという衝動に駆られる。何より大切で失われていた時間はここだったのだ。講義とは関係のない話題、学生らの生活ぶり等々、雑談をすることで学生らとの関係性は親密になってゆく。オンラインでは「講義終了」とともに画面上から忽ちに20名前後の学生らが消えてゆく。オンラインは講義の中でも「雑談」をしづらい雰囲気にあるのはなぜだろう?オンラインでは叶えられないこと、「雑」と名付けられたものこそ尊いのがこの世の常である。

声掛けがあって〈教室〉は生き生きと
余白のない文字面は詩にならない
「雑談」なき前期終了にあれこれと考えさせられている。


tag :

今また「大学」が問われる時代へ

2020-08-19
「知識の複製が、いつのまにか講義の複製にとってかわり、
 学生たちは一日中、教室に坐っているだけになる。
 彼らは大学における『主役』だったはずなのに、
 いつから『立会いを許された』傍聴人になってしまったのだろう。」
(寺山修司『時代のキーワード」より)

大学暦がようやく「定期試験期間」となった。新型コロナ感染拡大により4月開講が見送られ、5月から遠隔講義を原則として進めて来た担当科目も「評価」する時期に漕ぎ着けた。今年ほど「評価」にあたり、様々な思いが巡る年もないだろう。暗中模索で実践して来た「遠隔講義」の「教育効果」が問われているわけで、学生のみならずさながら講義担当者が「試験」を受けるかのような緊張感がある。それでも日常で課して来た毎回の「講義レポート」である程度の感触は掴んでおり、昨年までとの差異はかなり埋められたという思いもある。ただ遠隔講義の方法にもよるが、課題が過剰になり学生が1週間でこなす内容てして適切か否か、履修科目間で調整をしているわけではないので不安も残る。本来は対面講義であっても「教室に居れば出席」ではなく、一定の思考を記す「講義レビュー」の提出を求めていた。「講義外学修時間」は「1単位あたり90分」とすると多くの科目で「180分」ほどの予習復習が不可欠な状況にするのが、適性な科目のあり方であるわけなのだが。

こんなことを考えて、あらためて冒頭の寺山修司の言葉が思い返された。例えば、90分間の講義を担当者が一方的に喋り倒すならば、受講者の思考はどれほど動くのかと思う。まさに「知識の複製」の時間となり、学生は「教室の主役」ではなく「傍聴者」となる。学生の思考を動かすことへ意識があるならば、遠隔講義でも多様な工夫が可能だが、前者のように喋り倒す、または課題を与えるだけ、という双方向性を失った遠隔講義は学生を「傍聴人」どころか「視聴者」に貶めかねない。TV番組の抽選葉書のように投函するもののの「ハズレ」かのごとく何ら返信のない「課題」であるならば、「視聴者」も番組を観る気が失せるであろう。「教育は与えるものではなく、受けとるものである。」という寺山の言葉もあり、「映画のスクリーンの中にも、歌謡曲の一節にも教育者はいるのである。」とも説かれている。となれば例え一方的であっても思考が動く可能性はあるが、そのためには芸術的に高度なコストと質感が求められるということかもしれない。こうした意味で、「遠隔」であっても十分な「教育効果」を上げるため、個々の教員の意識が問われているのだと思う。

寺山修司の時代「大学は死ぬべきだ」という言葉も
内実を問われ続けて50年の大学教育
コロナ禍という予想外のものから真に質が問われ始める皮肉。


tag :

講義最終回がこんなに感慨深いなんて

2020-08-12
15回の放送を終えるように
幼少期のTVでも「最終回」はいつも惜しまれる
まだ終わりたくないあたりでお開き

新型コロナ禍により4月当初から通常の講義形態が取れなくなり、前期開始も5月の連休後へとズレ込んだ。その約1ヶ月間は、どんな授業方法を取るか模索に模索を重ねた期間であった。方法を定めていざ開始となるが、遠隔ながら学生と双方向の関係を築くにはどうしたらよいか?という模索は続く。専攻の専門科目ならばせいぜい20名程度までの人数なので、講義レポートを始めとして個々の思考に目が行き届く。修正や助言を付して毎回のレポートを返却することができる。だが問題は200名に及ぶ基礎教育科目の講義形式であった。全ての受講者と対話的な関係を結ぶにはどうしたろよいか?そこで開発したのが「ラジオ投稿DJ」方式の講義である。

毎回の課題を講義内容の短歌や歌謡曲に関して、「ラジオドラマ」「(自他への)手紙」「新聞投稿」「文芸投稿」など、ラジオ番組に実際に投稿するかのような方式を採用した。提出された課題の中から秀作を選び、次回の放送(講義)で紹介する。また投稿で寄せられた質問や話題に言及する。さながら僕自身もラジオ番組のDJ気分、学生たちも「DJ・・先生」と呼んでくれて、多くの人が講義内リスナーになってくれた。そんな15回の番組が昨日で「最終回」を迎えた。僕は幼少の頃からウルトラマンなどの最終回となると、番組を観おわってから感慨に耽りひとりで泣き続けた。昨日はそんな思いにさせられるほどで、学生たちが「本気」でラジオ視聴者になりきって僕の「放送」を讃えてくれたことが嬉しかった。そして何より、多くの学生たちが短歌と歌謡曲(主にサザン)を大好きになってくれたのが愛しい。

この形式は売り込める
ラジオアナウンサーになる夢を諦めない
最終回がこんなに感慨深い講義なんて初めてだ・・・


tag :

「かの夏」を思いて過ごす

2020-08-05
「かの夏に掃射逃れし少年のつないだ命われここにあり」
(自選短歌)
今年も「かの夏」を想像して生きる

基礎教育科目「日本の恋歌ー和歌短歌と歌謡曲」も大詰め14回目の講義を収録し配信をした。受講者から提出される多様な課題の質が回を追うごとに上昇し、毎回書かれている内容を読む時間が大学教員として至福の時間である。コロナ禍で講義開始が1ヶ月遅くなったこともあり、今年は「この8月」に講義の大詰めが来ているのも運命的な意味があるように思う。横浜のクルーズ船が問題視された2月、3月ごろから激しく新型コロナウイルスが炎上をしはじめ、北海道など一部で炎上度合いが増し、ある時期に「押さえ込んだ」という政府見解も哀れに、実情は都市部から再び地方に蔓延する感染拡大。日本地図が都市部から次第に「過去最高」を示す「赤色」が飛び火するように拡大している。

この感染拡大の地理的・時間的距離感は1945年(昭和20年)、まさに「かの夏」に載せてみると類同性が見出せやしないかと思っている。3月の東京大空襲、その後は宮崎にも空襲が波及し(3月18日に大空襲の記録がある)、6月までは沖縄で壮絶・凄惨を極めた地上戦が続き6月23日の組織的戦闘の終結に至る。無謀無策な戦いとわかっていても講じられる手立てもなく追い込まれていき、8月6日・9日の広島・長崎への原爆投下に至らしめる。「かの夏」を生きた人々も決して未来に希望を失ったわけではなかったろうが、「国」の凝り固まった体質が多くの人々を犠牲に至らしめた。僕らは75年が経過した今、3月から「先の見えない」時間を生きている。現実を直視し見直すべき政策を撤退する勇気・英断も為されず、「感染」という「空襲」が日本地図上を「赤色」に染め続けている。「かの夏」にもどれほど多くの愛し合う人たちが、悲惨な状況下で引き裂かれて行ったことだろう。75年前の現実から何も学べない「体質」が、今は僕たちの生命を何よりも脅かしている。この期に及び「ミサイル防衛議論」に躍起になっている人間たちの顔色は、黒ずんでいるばかりにしか見えない。

「過去」は「美しい物語」だけではない
「かの夏」を生きた恋人たちを短歌と「蛍」(サザンオールスターズ)に想像する
父が機銃掃射を被弾していたら、僕は今、存在していなかったことを噛み締め。


tag :

寺山修司にもらうヒントを

2020-07-29
「空を呼ぶ夏美のこだまがわが胸を過ぎゆく時の生を記憶す」
九州南部は梅雨が明けて夏本番
ラジオドラマや歌詞・歌謡曲への思いなども

この時期になると、寺山修司「初期歌篇 夏美の歌」が読みたくなる。冒頭に掲げた一首をはじめ歌に「夏美」と名を入れた歌群が恋しい。昭和の時代、「燃えろいい女 燃えろ夏子🎶」という楽曲があったが、夏と海と美しい女の配置は絵になる。もっとも今年は通常通りビーチを開く海も少なく、「海の恋」も花開かない我慢の年になってしまった。梅雨明けとなればギラギラした夏の到来感に酔うものだが、宮崎県内でのニュースはそれよりも感染拡大の速報が止まらない。せめて寺山の作品世界で「夏美」を味わうとともに、サザンの海を舞台の名曲を聴きながら「想像の夏」を楽しむしかない。

基礎教育科目「日本の恋歌ー和歌短歌と歌謡曲」も15回分の13回をこの日に収録。ラジオ式録音と資料配布と学生らのWeb検索を組み合わせた方式を、遠隔オンデマンド講義として展開してきた。この日の回は前述した寺山の短歌なども紹介したが、「ラジオドラマ」や「歌謡曲」と文芸性との関係は寺山の生前の仕事から大きなヒントが得られる。「歌謡曲はしばしば、人生を処方してくれることがある。」(遊びのすヽめ 歌謡曲」より)という言葉には、文学の生きる道を多視点で示してくれているようにも思われる。「時には母のない子のように」などの歌詞制作のみならず、シナリオライターや演劇・映画制作なども手掛けた寺山の領域は、今現在取り沙汰されている「文学」の社会性への大きなヒントとなる。2年前の神奈川近代文学館「寺山修司展」のパンフを見返しながら、こんなことを考えている。

「パン焦げるまでのみじかきわが夢は夏美と夜のヨットを馳らす」
サザンオールスターズ「涙の海で抱かれたいーSEA OF LOVE」
我慢の夏も想像力が実学となる。


tag :

遠隔講義が運動不足にならないために

2020-07-21
課題へ語りかけるようなコメント
配信する音声は表情のあるラジオ番組のように
オンライン同時双方向で小集団の対話を活発に

大学へ仕事に行き、トイレ以外は研究室から出ないで一日が過ぎた。コロナ以前の対面講義ばかりならば、こんなに「運動不足」にはならず「講義」による歩数や消費カロリーがあった。現に中高教員時代から授業がなくなる夏休み期間などは消費カロリーが下がるのか、体重が若干増量する傾向があった。中高なら「50分間」大学なら「90分間」の授業・講義という「運動」は、発声・動作・巡回・対話とそれなりの運動量があったのである。実技・実験・実習など一部で対面可能科目がありながら、感染状況の今後の変化も見据え、「原則遠隔講義」の状況が続く。聞くところによると首都圏の大学では既に「秋学期(後期)」も「遠隔」を決定したところもある。僕はまだ役職の関係もあり大学に出校するが、自宅にいるまま遠隔講義をしている都市部の研究仲間も多い。通勤がなくなれば、さらなる「運動不足」に陥るのは必然であろう。

身体的な「運動不足」ばかりではなく、「遠隔講義」では内容そのものの動きのなさも問題となっているようだ。Webサイト上の「遠隔講義関連情報(個人登録承認が必要)」で読んだのだが、学生には講義ごとに過剰とも思える課題が課されている。しかし課題にコメントや助言を記して返却する教員は、そう多いわけではないという実情を読んだ。「遠隔になってしまった」から仕方なく毎回の講義の出席要件を課題とするが、学生側は一方的に提出するのみで担当教員との対話もない状況。このような意味での「遠隔講義運動不足」も、生じているのではないかと思う。もちろん受講者が多人数の担当科目においては、課題にコメントを付して返却するのが困難な場合もあるかもしれない。だが少なくともすべての課題に目を通し、良質のものを紹介し何が良いのかを講義内で伝え、また学生からの疑問があれば応えるという最低限の双方向性を保つ必要があるだろう。冒頭に記したように研究室に閉じ籠り「身体的に運動不足」なのは、あきらかに学生の課題に向き合い対話をする時間が長いからだ。最近は、「遠隔」になったことが「運動不足」の要因ではないような気がしている。従来から「学生とどう向き合っていたか」という意識が、現状の「遠隔講義の質」を左右しているでのはないだろうか。

Web環境が身体性を剥奪していく中で
「短歌も運動不足」という指摘もあり
「遠隔講義」に「どのように」向き合うかが問われている。


tag :

教えたがりの教師たちー詩歌の授業で何をするか?

2020-07-17
「文法がわからないと古文は読めない」
「五七五で季語がある」
「『百人一首』は藤原定家が選んだ・・・」

谷川俊太郎さんが1980年代に「詩歌と教育」に関連して対談した内容を収めた『詩の授業』という書籍で、「学校の先生たちは詩を教えたがりますが、詩は教えるものではなく感じるものです。」といった趣旨の発言をしている。日本を代表する詩人の言葉として、「教師」たるものが深く耳を傾けるべきものと思う。好きな音楽(楽曲)を味わうように、詩はいま現在の自らのこころで受け止めたい。そこに何やら教訓めいた「言いたいこと」を無理やりでっち上げ、子どもたちに押し付ける。まだ自らがでっち上げるならいい方で、指導書にある他人が読んだ「言いたいこと」に縋る荒唐無稽で姑息な方法に鼻息を荒くするより、教師自身が一人の人間として当事者意識を持って詩を読んでいるかが大切ではないか。小中高校を通して児童生徒が「詩歌」を好きにならないのは、概して「詩歌」そのもの原因があるのではなく、多くは教師の授業によって嫌悪感が増すのは「音読活動」と同様である。

「五七五七七で定型詩(だいたいにしてこの「定型」という定義は適切でない)」という「知識」を教えないと短歌は味わえないのか?「五七五で季語がある」ことを告げないと俳句は読めないのか?現行の学習指導要領では、小学校3・4年生で文語の和歌短歌や俳句を学習する。「音読活動」を中心に「親しむ・楽しむ」などを主眼とするもので、決して「妥当な現代語訳」や「季語の判別」などを目指したものではあるまい。しかし、学校現場での多くの授業が「知識」の注入から始めるものが多いようだ。鋳型やきまりを教えないとフィールドで遊ばせることはできない、教師の傲慢な勘違いが子どもたちの自由に感じるこころを制約する。時代はさらに進化して「知識はいつでもどこでも傍にある」はず、授業という貴重な対面機会に「知識の切り売り」をしているなら、教師はAIにその職業としての座を譲ることになるだろう。ましてや教師自身が持つ「知識」が深層に届いたものではなく上滑りしているなら、あまりに子どもたちが可哀想である。まずは「教師」自身が詩歌に真摯に向き合える、そんなことを教職大学院で説いている。

先入観なく詩歌に向き合うこと
小学校1年生でも短歌を創ることができる
「文字」という知識が整わないとできない、わけではなく心の声なのだ。


tag :

雑談冴ゆる教室でありたし

2020-07-10
オンライン講義ではなぜ雑談が入れにくいのか?
聴いている学生たちが何を要求しているかで発する「気」
空間を共有するかどうかで何が違うのかを明らかにしていくべき

僕が学部生だった頃、発表のある演習以外はほとんどが講義形式であった。そこで楽しみにしていたのが、先生方の雑談である。現在は「こんなことは口にしてはいけない」とされる内容があまりにも多くなってしまったようだが、昭和50・60年代の大学はまだ自由がたくさんあった。和歌と近世文学の先生がお互いの酒飲み話をして、争っているかのような印象を与えつつ、双方の仲はとても良いなどという「演出」とも思えるような人間的な面白さまでもが平然と露出していた。僕は雑談が面白すぎて、よくノートの欄外に「雑談メモ」を書くことが習慣になっていた。後から読み返すとその雑談にこそ、文学研究に通じるような姿勢が示されていることも少なくなかった。「雑談の質が高い」というと矛盾する物言いだが、この点は大学教員に限らず人と話をする際に、重要な点であるように思う。

さて、オンライン講義が一般化して様々な問題点も指摘され始める今日この頃。一部で分散して対面講義と併用している僕の担当科目では、貴重な「対面」から何が得られているのかが興味深い。九州地方で続く大雨の中、むしろ学生は自宅でオンライン講義が受けられた方がありがたいのではないか?などという余計な詮索まで気遣う。またオンラインでは、あまり雑談を話せていなかったのに気づく。対面をするとやはり、教室で「聴く側」の立場や状態を様々な情報から察知しているようだ。オンラインでも「対面と同質の講義ができている」と言い放つ者がいるならば、それは講義そのものが一方的に話しを押し付けている傾向があるのではと思いたくなる。「聴く側」の要請を情報として受け取れないゆえ、オンラインでは雑談に入る契機が掴めない。しかし、受講する学生の課題などに呼応して話すと、自然と雑談的な内容に及ぶことができる。この「聴く側」の立場を尊重する姿勢こそが、雑談冴ゆる秘訣であることをこの機に知ることができたようである。

様々なイベントのオンライン化
移動の労無くして雑談の質を上げるよう努める
教室とオンラインが変わらぬ、というなら何かを犠牲にしていると悟るべきだろう。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>