授業研究と短歌

2017-11-03
なぜ授業は退屈になるのか?
あなたも中高の授業で経験があるのでは
担当科目「国語科授業研究Ⅱ」で考えた覚書

高校時代などを回顧して、あの「国語」授業の喩えようもない空虚感は何だったいだろうかと思う。ある先生は古典文法などをただただ一方的に活用表などを板書して自分で喋っているだけで、ほとんど生徒で聴いている者は稀だったように思う。また現代文で単元教材の最初の時間などは、指名されて生徒が音読していくが、それも学級内でその音読を受け容れている者は少なく、昼休みの後などでは睡眠率が8割9割という悲劇的な授業も体験したことがある。そんな際に自分はどうしていたかといえば、眠るのはさすがに憚られたので自分なりの詩集や歌集を読んでいたのであった。国語にはもう一人の先生がいたが、その先生は生徒にじっくり考えさせようとするタイプで、自分から「正解」めいたものをすぐには決して言わなかった。だがあまりにも待ち過ぎて特段の手立てがないゆえ、次第にやはり退屈な時間とならざるを得なかったと記憶する。果たして「国語」授業が退屈で忌避される原因は何なのかと考えるのは、僕自身の体験から発する大きなテーマでもある。

後期3年生科目「国語科授業研究Ⅱ」では、教室での「声」をテーマにしながら3分程度のミニ授業を構想し、その有効性を実践的に探るという内容で行なっている。ちょうど昨日は「和歌・短歌」を教材にした音読中心のミニ授業を、受講者全員に実践してもらった。全体にわたって総評するならば、教材たる「和歌・短歌」の「説明」をする内容が目立ち、学習者が「音読」をする中から語彙や韻律に気づき、自ら考え始めるような実践が少なかった。前述した僕自身の高校国語授業経験で現職の先生でもその傾向が強いわけであるから、学生に至れば仕方ないとは思えど、なぜ「授業」というと「説明」をしてしまうのかと素朴な疑問をあらためて持った。考えるにこれは、短歌の批評にも通ずるものではないだろうか。所謂「説明」の短歌というのは、「そうですか」という読後感を抱くだけで、読者の心に響くことはない。「言いたいことを自分で言ってしまっている」というのも、歌会などでよく指摘される評語だ。こうした事例を挙げるまでもなく、短歌は対話的に読み手に考えさせる文芸なのである。どうやら学習者に考えさせる授業というのは、短歌を学べば腑に落ちると言えるのではないかなどと考えている。

「教え込もう」という教壇での傲慢
では自らその教材がどのくらい腑に落ちているか
主体的・対話的な言語作用は、短歌が培ってきた文化の中にある。


スポンサーサイト
tag :

メディアとしての身体

2017-09-02
教員自身がメディアそのもの
声で動作で伝える力
読む受動的学習から表現する能動的学習へ

集中講義最終日3日目。諸々の先進メディアを利用すれば画期的な国語授業が創造できることが、ある種の幻想であることを確認するため、教員としての身体性を自覚しメディアと融合する試みの実践を展開した。教員は、〈教室〉で「物語」を創ることができる。学習者の数だけ「主役」がおり、如何なる脚本・演出で芝居を創るかということ。役者は演じる場合もあれば、観客となったり演出や小道具など縁の下の力持ちになる場合もある。こうした創造過程を通して、文学を学び各自が自らの経験を起ち上げて当事者として考えていく。「物語」や「演じる」というと日本では誤解を招きやすいが、「虚構」の中にこそ「葛藤」があり、それこそが「生きる力」を育む経験となる。

最終日は身体メディアを利用した発表。谷川俊太郎の詩を1人1篇選び、朗読を中心とする自らの身体表現と身近なメディアを融合させた「表現」を創ることが課題である。スマホ動画・スライドショーに音楽・詩のイメージに近い写真・動作や表情・詩のテーマ性を問いにして考えさせてから表現するなど、約60分間の制作時間ながら多様な「表現」が発表された。これまで「国語教室」では、あまりにも「意味」が前面に出過ぎていた、しかも誠に「教育的道徳的」な「意味」が教師によってこじ付けられてきた。「イメージ」と「韻律」も含めた総合的なものが詩の魅力を創り出している。それが「メディア」を含めて表現にすることで、少なからず現前性をもって創り出すことができる。むしろこうした創造性を課題とすることは、現在の学生たちにとって文学に深く親しむ可能性ある活動なのだと確認することができた。〈教室〉はある意味で、創造的な「ステージ」なのだ。

終了後は声優さんたちと交流会
声と表現と舞台のヒントの宝庫であった
このあたりの内容は、また宮崎での企画が実現したら紹介しよう。
tag :

メディアの学習活用と辞書

2017-09-01
スマホ1台で有効な教材開発
物語の構造理解・批判的思考・CM表現
そしてメディアとしての辞書について

集中講義2日目。午前中は、受講者による身近なメディアを有効活用した教材開発と授業提案。初日に醸成した様々な問題意識に基づき、動画・写真・新聞・Web記事などを利用してユニークかつ有効な教材が提案された。ほとんどの学生がスマホを利用し、短時間な中で実に見事な教材を提案した。既に教員が現場でタブレットなどを利用する実践は見掛けるが、スマホとなると「学校」での使用そのものが生徒・児童の手前から「不可」となっている場合も多いのだが、これは既に使わない手はないと思うほど、学生たちの発想は豊かであった。またPCを使用せずともスマホをアダプターで接続するだけで、即座にプロジェクター投影も容易で起動等のタイムロスもなく次々と利用できるのがよい。もちろんWeb接続環境もいちいち「学校」のWiFiに依存することなく、スマホ単体でそれなりの容量が確保されているのも心強い。これは既にリテラシー教育の必要性も含めて、「学校」では教員のみならず学習者がスマホを利用して発表や知識の確認をする「学習」をすべきではないかと考えさせられた。使用を「禁止」する旧態依然の環境こそが、むしろスマホを宝の持ち腐れにし、子どもたちの不健全な使用のみに貶めているのかもしれない。

午後は先輩である元小学館辞書編集長である神永曉さんに外部招聘講師としてお出でいただき、「メディアとしての辞書」という演目で御講演をいただいた。辞書編集の実態や用例収集の裏話、そして紙媒体の辞書とデジタルコンテンツの長所短所など、これだけの内容を少人数で聞けた学生たちは実に幸せであったであろう。神永さんは「辞書引き学習」の普及のために全国行脚もなさっているが、デジタル検索一辺倒に依存して育った子どもたちは、大学生になって「五十音図が書けない」などという実情が散見されるのだという。もとより五十音図は、小学校1年生でそれほど緻密に習うものではない。だが物理的に紙媒体の辞書を引く動作を繰り返すことで、身体的に順序を獲得できるものだと云うのだ。みなさんも自らの体験を思い返せばすぐに理解できることだろう。紙の辞書のページを繰り、当該項目を発見したときの小さな喜びの繰り返しこそが、学習の扉を開く行為なのだと、あらためて考えさせられた。本務校の大学生たちは五十音図は大丈夫であろうか。

御講演後は学生たちと対話の時間
様々な方向からの質問をやりとりできた
学習とメディア活用について前向きに様々な視点を持つべきであろう。
tag :

メディアと学生時代

2017-08-31
通信手段の圧倒的な普及
「ことば」に関わるのはスマホ上にて
「現実」「真実」「真情」をどう捉えておくか

この10年で、スマホがみるみるうちに普及した。小欄をこうして旅先で投稿するのもスマホからで、講義などのプレゼンテーションソフトのバックアップや、写真やWebのプロジャクター投影などにおいてもスマホが欠かせない。更には航空券や交通時刻検索、宿の予約に至るまで出張における「仕事道具」として何よりも重要な代物である。その前の10年では「携帯」が普及した。ちょうど現職教員をしながら大学院に通っていたので、学校に関する必要な連絡は常時「携帯」を使用できる安心感があると同時に、心のどこかに「拘束感」から逃れない何かがあったように記憶する。さらにその前10年ではパソコンが普及し、手書き作成していたものの多くが整序して制作できるようになった。こう考えるとメディアの普及が人生にも大きな影響を与えているのがよくわかる。

非常勤先で「国語教育へのメディア活用」をテーマとした集中講義が始まった。前述のような話題も提供し学生と対話を始めるが、今の学生たちは既に中高時代からスマホに親しんできた世代である。自己の表現手段としては、「学校」における文章作成を建前としながらも、日常生活においては「スマホへの書き込み」が量の上で圧倒的に優位であろうと考える。コミュニケーションツールとしてのSNSは欠かせないであろうし、世界への窓は常にスマホではないだろうか。それだけに、対面コミニケーションを始めとしたライブ性ある表現伝達手段を考える場が必要なのだと思われる。初日は自己の「国語授業観」を相対化する対話とともに、生きて働く「言語機能」の問題やデジタル教科書を使用した研究授業のあり方などについて講義を展開した。

本日は学生たちからの発表
身近なメディアを利用した「教材開発」と「問い」の提案
午後には外部講師による「メディアと辞書」に関する講演ワークショップがある。

tag :

物語を起こすわれ

2017-08-21
物語をライブで朗読する作業
自己を起ちあげて知る人間追究
声にしてわかること臨場感ある場面へ

教員免許更新講習2日目。朝9時から夕方4時まで(昼休み1時間)に加えて履修認定試験が40分間。大学校時4コマ分+αを2日間ということで、担当者としてもそれなりの体力が必要である。だが受講者の方々も、次第に各校種で夏休みが短縮される中、何科目も受講のために県内全域から大学に集まって来られることにも頭がさがる。そんな気持ちからも、なるべく今後の現場での授業の根本を考える材料を提供すべきと、あれこれ担当者としても苦心をしている。教員免許更新は自動車免許とは違い、眼の検査に講習映像や短時間の講義とは大きく性質が異なるはずだ。だがしかし、こうした性質の講習は「教える」ものではないという信念も強い。よりよい「授業実践」や「授業方法」を紹介し”教え”れば、それを真似ることで授業がよくなる訳ではないからである。

肝心なのは、授業や教材に向き合う「教員としてのわれ」ではないかといつも思っている。更新講習において「この物語教材は、かくかくしかじかの物語です」と一方的に教えられても、受講者の今後の授業のために有効なのか?「ある学校で実践されたこういう方法の有効な授業がありました」と紹介されて、受講者各自が勤務校に帰ってそれをそのまま実践すれば、「よい授業」になるのか?答えは「否」であろう。それは「教材」も向き合う「学習者」たる子どもたちも「生きている」に他ならないからである。ゆえに教材を「生きた」感覚で体験し直す営為がなければ、明日からの授業の糧にもなるまい。こうした趣旨から、この日は小学校定番教材の「ごんぎつね」と「大造じいさんとガン」を題材にして、班別の群読劇作品を創作してもらった。受講者各自が、「われ」を起ち上げて今一度これらの教材に向き合い、受講者同士の中で自らはどのように教材について考えたか、という思考の傾向を捉える。その”再現営為”によって子どもたちがどのように教材を受け止めるかを再認識することもできる。「音読・朗読ワークショップ」と講座名に唱っているが、それすなわち「教材解釈」の深化を図る講座でもあるのだ。

小手先ではない物語体験者となる
「音読・朗読」も技術にあらず
あらゆる「文学」に向き合う「われ」を起ちあげること。
tag :

詩歌は楽しい発見に満ちている

2017-08-20
教員免許更新講習
敢えて講座名に「楽しい」と冠し
羊頭狗肉にならぬように・・・

土日ながら教員免許更新講習の担当が2日間。日向市では牧水短歌甲子園の熱戦が繰り広げられているが、今年は静かに結果を知るという形になった。この日の講座は「楽しい詩歌の授業づくり実践ワークショップ」として、こうした講座名としては似つかわしくない「楽しい」を敢えて入れてみた。例年、詩歌の更新講習を設けているが、「物語」などに比べると必ずといってよいほど受講者が少ない。受講者の事前アンケートによる要望を見ても、多くの先生方が「詩歌の授業は苦手ゆえに意識を変えたい」というのが、主たる受講動機であるようだ。また、近年の小中学校では、教科書教材はすべてを授業で扱うことを必須とする傾向も強く、「詩歌」に割り当てる時間数が極端に少ないという実情も耳にすることが多い。

そんな状況の中だからこそ、この講座に大きな意義があると思っている。もとより「詩歌」は、「授業で教えるものではない」といった趣旨のことを詩人の谷川俊太郎さんはかねてから発言している。「学校の先生は詩を教えようとしている」という日本を代表する詩人からの発言は大きい。眼の前の詩が言わむとしていることは、読み手である子どもたちのそれぞれの中に発見・創造されるもので、核心的な「詩人の意図」などもとよりあるはずがない。この日の講習では、谷川さんの「ことばあそびうた」から始めて、詩の言葉に登場する「実物」を意識しながら声に変換するワーク、その後は若山牧水・俵万智など宮崎に関連する短歌を「楽しく」紹介し、「うちの子は甘えん坊でぐうたらで先生なんとかしてくださいよ」(俵万智『かぜのてのひら』より)を15分間で4人が寸劇に仕立てるワークなどを行なった。午後はグループで一つの教材で「群読」など理想形の「表現」を創作し、授業づくりの要点を併せて発表し相互批評を行なった。なかなかユニークでまさに「楽しくなった」という受講者の声も聞かれて、有意義な時間となった。

詩歌は発見である
まずは指導者が「楽しく」感じること
そして何より「表現」してみることである。

tag :

高等学校の「国語」で学ぶこと

2017-05-26
大学入試へ向けた指導
言語による思考や感性の豊かさを求めるはずだが
入試改革のゆくへはいづこ


次期指導要領の大きな眼目である「主体性のある対話的な深いまなび」を考えた時、果たして高等学校の「国語」は、どう変わって行ったらよいのだろうか。「中等国語教育研究」なる講義で、学生とともに考えてみた。自己の高等学校で受けた「国語教育」を相対化すべく、その「疑問点」と「秀逸な点」を挙げてグループ討論をしてみる。「入試対策中心の授業」「文法事項の詰め込み」「意味のわからない音読」などに代表されるように、「疑問点」はたくさん提示されていく。もちろん「秀逸」に感じられた点がないわけではないが、やはり高校生の「国語」を学ぶ意欲というものは、実利的な「大学受験」で”かろうじて”支えているという印象を拭えない。中には、プリントを配布して、質問があったらするようにという、ほとんど自習ばかりという授業を体験した学生もいた。

だがしかし、本来は言語を言語で学ぶ自覚を持ち、高次元の「言語」を獲得していくことで、思考・想像を拡充し、内言を豊かにしていくといったことが、高等学校での3年間では求められるはずだ。「現代文」「古文」「漢文」」と細分化され専門的になる授業、そこで「言語」としての日本語が、どう成長してきたか、また如何なる思考を創造してきたか、そのような観点からの学びが醸成されるべきなのである。こうした意味では、まさに「学習者主体」の「活動的対話的」授業によって「深い」学びを創る方向性が求められよう。それならば、小中学校と高等学校との違いは何か?という観点にも無頓着ではいられない。むしろ小中学校で行われている活動型授業から多くを学び、校種を超えた交流も促進すべきであろう。そしてまた、「入試」もどこまで本気で変われるのか、それも高等学校の教育を改革する大きな要点である。

「社会生活」と「言語」「文学」
思考や批評を閉鎖しないこと
個々の意見や感性の豊かさをもっと考えてみなければなるまい。
tag :

「正しさ」よりも「豊かさ」を大切に

2017-02-02
前後期30回講義の最終回
学生たちの群読発表会
そして贈る言葉として自然と出てきたこと

学部3年生の講義というのは実に重要であると思っている。本学教育学部では、3年生の9月に附属校での教育実習が3週間設定され、学生たちは初めて自ら子どもたちの前にひとりで教壇に立つ経験をする。その実習で「授業ができる」ようにするのが前期の「・・・教育研究」という講義科目であり、実習後に4年生前期に設定されている2週間の公立学校での応用実習に向けて、さらに視野を広げるのが後期の同科目の位置付けということになっている。学生たちの多くは、この2回の実習経験にて「教師志望」を固め、採用試験に向けての貴重な経験も積む。こうした意味でまさに机上の空論ではなく、実践的な講義内容が求められる。この日は、前後期30回の講義の最終回として、学生たち5名ずつの班によるリレー群読発表会を開催した。小学校定番教材である「くじらぐも」「ごんぎつね」「スイミー」「大造じいさんとガン」を全員による声のリレーで表現した。学生たちの多くはあらためて教材の奥行きに触れ、諸々と触発されるものがあったようである。

その後、全体への講評を語りながら、僕の口から自ずと出た言葉がある。「『正しさ』よりも『豊かさ』が大切である」ということであった。最後に僕自身へのメッセージを求めた授業レビューを読むと、多くの学生がこのことばに共感を示す内容を記していた。ある程度は考えていたことであるが、学生たちの群読を聴いてその表情や工夫や動作を観ていて、僕の感性はそのようなことばに自然と至ったようである。先日も地元劇団主宰者で演出家の永山智行さんと打ち合わせで話した際に、そんな趣旨の話題となった。「学校」では「正しさ」というものだけが尊ばれる。音読の読み方一つでも「正しく」が強調され、どこか日常と違った特異な「読み方」が強いられるごとき空気を醸成してしまう。それは文章を作成しても、読書感想文を書いても同じで、子どもたちの素顔はそこに反映されない。求められる「正しさ」に次第に子どもたちは嫌気がさし、「国語」そのものを忌避していく結果になる。だがしかし、少なくとも文学作品を読む上で必要なのは「正しさ」よりも「豊かさ」であろう。「正しさ」は相対的なものであり、時に邪悪で視野狭窄的になってもそれが「正しい」と強制されることを、僕たちは様々な歴史から知っている。そしてまた勘違いしないで欲しい、「豊かさ」とは「こころの豊かさ」のこと。県別の「幸福度」調査などが新聞紙上で記事になっていたが、宮崎県では宮崎県にしかない「豊かさ」を、子どもたちと共有できる教師を育てるべきではないかと思うのである。少なくとも僕の講義を受講した学生たちは、「豊かな」国語を次世代の子どもたちに伝えて欲しいと願いながら。

寄せられたメッセージは励みとなる
能動的活動型講義そのものへの感想も多く
4年間更新し続けて来た内容の現在形が「正しさよりも豊かさ」に表現されたのであろう。
tag :

ことばを紡ぎ願い叶える

2017-01-12
「これからも人との結びを大切に
 私とわたしの今年の約束」(学生の作品)
初等教員を目指すためにも短歌を

地元紙・宮崎日日こども新聞にも文芸欄があって、小中学生が応募した詩歌が撰ばれて掲載されている。また実習や芸術家派遣活動で各学校を訪れると、大抵は廊下に短歌や俳句の作品が短冊に書かれて掲示されている。となれば小中学校の教員となれば必ず、子どもたちに短歌を詠ませる機会があるということだ。中学校であればまだ専科制であるから「国語」の教員が主導することが多いであろう。だが小学校は全教科担当が原則であるゆえ、専門性がなくとも「短歌」を扱う側に立つことになる。こんなことを考えた時に、特に初等国語教育研究という担当科目の責務が誠に重大であることを自覚するのである。

この日は当該科目の新年初日。3年生の配当科目であるゆえ、多くの受講者が半年後には教員採用試験に挑む。同時に前述したことを強く意識して、60名の受講者全員で新年当座歌会を実施した。題詠は「結」、今までの大学での学びを積み重ねて今年は「結実」させ「結果」を出す年であるという願いを込めた。ゼミとは違うのでその歌の掲載については割愛させてもらうが、冒頭に記したのは今年の抱負を歌にした学生の一首である。多くの歌が学生の素顔を題材としているため、創作後の交流においても自己開示が促進される。受け身な講義では決して見えない学生たちの素顔が見えて、学生相互も担当者としての僕も親密な交流ができたと自負している。歌を通し心を交わし合うことが、新時代のコミュニケーションを救うという願いを込めて。

「結」の字源は
「吉いこと」を重ね「糸」でむすんで出ないようにすること
ことばを紡ぐことで叶う合格祈願もある。
tag :

プロとして表現者として

2017-01-06
「プロ」とは特別のようだが
「教師」もすべてその意識が必要
表現者として飽くなき追究を・・・

桑田佳祐さんの年越しライブで今年を迎えたことは既に何度も小欄に記したが、その鮮烈な印象は未だ脳裏に深く刻まれている。大仰であるが「2017年、僕は生まれ変わった」といっても過言ではない。ステージが間近に見渡せる「バック」に座ったことも相俟って、何より桑田さんのプロとして表現者としての飽くなき追究に魅了されたからである。浮き沈みの激しい芸能界で音楽界で、彼が輝き続けているのは、真の「プロ」意識があり真に歌を多くの人々に伝えようとする意志に、確固たる姿勢があるからに他ならない。曲にことばを載せて多くの人々の感性を揺さぶるという表現者としての矜持を、少しでも見習いたいと志を新たにしたのが「生まれ変わった」所以である。

考えてみれば当然ながら、僕らの仕事も教育現場の「教師」もすべてが「プロ」である。眼前の一人ひとりの子どもたち・学生たちの人生において、大きな責任を持つ。前述したように桑田さんの曲で僕が志を新たにするように、「教師」も子どもたちの「志」を存分に揺さぶり可能性を引き出す役割がある。〈教室〉で投げ掛ける声によって、また子どもたちの日記に記すコメントの文字によって、何かを起動させるが如く魅了しなければならない。多数に投げ掛けることばであっても、個々の経験が起ち上がり自らの「生きる」を考えることに導く表現が求められる。「教師」になるということは、眼前に向き合う他者の人生と対話的に関係するということでもある。それが表現者としての意識ならば、「短歌」を創ることもまた同質の「意志」に支えられているといってよい。

君は「プロ」を目指している
表現者として妥協なくことばに繊細たれ
新年の初講義で、こんなことを冒頭で学生たちに伝えようと思う。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>