「まだ見ぬ人を恋ふるものとは」考

2018-04-14
「いにしへはありもやしけむ今ぞ知る・・・」
恋のやりとりの性急さと結果を急ぐこころ
滞空時間のある恋心のやりとりを古典に学ぶ

何事も結果ばかりを性急に求められる世の中である。過程や段階を無視してただただ、結論だけが急いで求められている。今年は明治維新150年という節目の年であるが、この近現代の病理そのものをまさに「病理」なのだと僕たちは自覚すべきときにあるのだろう。昨今は「対面性」を嫌悪し直接的な批評を受けるのを回避してしまう若者が多いと聞くが、SNSを始めとする交流手段の変化がさらなる「病理」を産み出そうとしている。だがしかし、あくまで人が生きるのは相手との対峙のみから始まるのではないのだろうか。自らの考えそのものを、相手がどのように反応するいかという「鏡」に映さなければ、何事も理解や把握はできないのである。

冒頭に記したのは『伊勢物語』第111段の和歌の一節、「まだ見ぬ人を恋ふる」ということはあり得るのであろうかと考えさせられる。だが考えてみれば、このSNS全盛の世の中こそ、そうした状況がより起こりやすいとも言えるであろう。時空を超えて会えるはずもない人同士が、いとも簡単に交流できる。その架空の交際は、果たして現実とどれだけの開きがあるのだろう。翻って、古代において交信が物理的に手間のかかった頃、その時間的余裕や隙間にこそ恋の趣きがあったのではないだろうか。いままさに性急さを余裕に代えて、想像を存分に楽しむ時間に興じたいとも思ったりする。

新しい時代だからこその「いにしへ」
自らの時間意識を省みて思うこと
想像の行き着く先にこそ大きな夢がある


スポンサーサイト
tag :

方位厄のちに知らされ鬼の引く手に

2018-03-11
方位厄の年回り
平安朝に倣ってさながら「方違え」でも
「眼にみえぬ鬼神」はここにもあり・・・

妹に「方位厄」の年回りであると教わった。1年前に妹自身が引越しをする際に方位を入念に調べ、今年は兄がそれであると知り、正月にはお札ももらってくれていたらしい。具体的な「吉」や「大凶」の方位を妹のメールで知って、ある意味で驚愕な思いを抱かざるを得なかった。早速に「お札」は東京の実家から、宮崎に持ってくるべきだと進言された。先日拝見した公演ーNAOTAプロデュース「見えても 見えなくても」で喚起された意識であるが、やはりいつも「誰かに見られている」という感覚は大切なのだと思い直している。人は所詮は弱いもので、独善的で傲慢な考え方になると、自ずと動作が怠慢によって意に反した動きをしてしまうことがある。その「緩み」に楔を打つのが、「方位厄」といった「思想」なのかもしれない。

昨日の自身の短歌評に記したが、まさに「眼にみえぬ鬼神」とはこのことである。「鬼神」とは現代語の「神霊」の意味に近く、民俗学的に形象化さえた角の生えた節分や雷さまの「鬼」にあらず。『古今集」仮名序に紀貫之がこれを記したのが西暦905年前後のことであるから、平安貴族にこうした意識は一般的であったのだろう。ことばを和歌として詠めば、「眼にみえぬ鬼神」も「あはれ(しみじみとした感興を抱くこと)」に思うと云うのである。宮崎では神楽も盛んであるが、和歌とは元来が「神霊」に捧げるという「言霊信仰」に根付いたものであったことがわかる。ゆえに平安朝では『源氏物語』などに頻出するように、日によって凶の方角を避ける「方違え」なども行われていたのである。翻って現代に置き換えて考えてみても、短歌は「自分の眼にみえぬ心」との交信であるようにも思う。自分の心は自分が一番わかるわけではないゆえ、ことばにして「鬼神」に届くように捧げるのである。そうすることで初めて、「自分」の心の有り様がわかるのである。

吉凶の在りかはいづこに
自らの一挙手一投足を戒める
ただただ自らの心に向き合うということでもある。


tag :

逢いたい人に逢うを惜しまず

2018-03-03
上京して逢いたい人
大学の先輩・馴染みのお店・店員さん
温かい気持ちのありて我の今あり

大学時代から親しくお付き合いいただいている学部の先輩がいる。僕が在学時に助手をされていた縁で、和歌関係の研究会を通じて様々なことを教えてもらってきた。研究者として今の僕があるのは、この先輩のお陰と言っても過言ではない。指導教授とともにいつも酒を飲みながら、大声で和歌のことを語り合った。その声の大きさは、今でも変わらない。店で飲んでいると、時折他の客が振り向くほどの声の大きさといえば想像がつくであろうか。だが、その「歌」への情熱ある語り合いによって、常に研究への意識を覚醒されて僕自身はここまで歩いて来られたのだと思う。今回もまたお忙しい中、予定を調整してお会いすることができた。誠にありがたき先輩である。人生ではこうした先輩を持つか持たぬかで、大きな差が生まれるとさえ思う。良き師と良き先輩は、必ず持つべしである。

角川『短歌』3月号の特集は「出会いと別れ」、その総論に俵万智さんが「出会いなくして成長なし エネルギーの泉」と題して「総論」を執筆している。やはり「師」「恋人」「子ども」との「出会い」が、それぞれ性質を違えながらも「エネルギーの泉」になるのだと云った趣旨である。ぜひこの時季にお読みいただきたい。僕の場合は、これに加えて先輩後輩、そして生徒・学生、さらには仕事や研究を超えた親友、心を和ませてくれる飲食店の人たち、などが「エネルギーの泉」に加えられる。ついつい行って店主の顔を見たくなるお店、もちろん一度の上京ですべて周れるわけではないが、機会あるごとに訪ね続けたい店が何軒かある。そんなことでついつい飲み過ぎてしまうのが常であるが、人とのつながりほど大切なものはない。

苦しい時に支えてくれるありがたい人・人・人
その優しい心こそを大切にし続けたい
まずは口先だけでなく実際に会うことである。





tag :

邂逅・思考・薫香

2018-02-17

なぜいまここで出逢えるのか?
なぜをくり返す際に見る光景があるか?
なぜこの香りに導かれるのか?

人は「出逢い」によって、その生き方が大きく左右される。学生時代に出逢う人・書物・嗜好などによって生きる志向が決まって来たりもする。この人と出逢ったからこそ、新たに見えてきた光景がある。「光景」と言えば、自分の「思考」を形成する際に、見ている定まった「それ」があるようにも思われる。季節によって多少位置は違うものの、太陽がここから昇りどのように一日が始まるかを、さながら知っているかのようである。空も雲も日々違うものであるが、基本的な光景というものは、そう簡単には変わるものではない。そしてまた、言葉で言い表し難い「香り」の妙が世の中には存在する。目にも見えず、他者に説明できない薫香に引き寄せられることもある。

物品は人の周囲にさながら存在し、その生きるための資材となり足跡にもなる。だが物理的なものだけではあまりに虚しく感じてしまうのが人生でもある。否、その物品には必ず思考が宿り、人との出逢い同様に生き方を左右する場合もある。これほどまでに写真が手軽にいつでも撮影される時代になり、刹那の場面をスマホなどに保存する生き方ができるようになったが、それだけでは叶わないことも多くあることを知るべきだろう。最近、視力の低下を自覚し眼鏡も新しくして矯正の度合いを上げたりもしたが、それは遠くの景色を習慣的に見ていないことに起因するのではということに気づいた。もしや研究や評論の思考も、これと同じ症状にはなっていないかと自らを戒めてみたりもする。幼少の頃から「匂い」には大きなこだわりがあり、その好き嫌いで行動が左右されることがある。元来が「犬」的な動物的本能を備えてるかもしれない、などと戯れ言を語ってみたくもなる。

邂逅の面白さ豊かさ絶妙さ
思考が形成される遠景を持ち続ける
薫香を確かめ導かれ好きになって・・・


tag :

「縁」とはなんだろう?

2018-01-22
「縁がある」「縁がない」
それは何で決まるのか?
感覚・社会慣習・生き方・・・

この数日、「縁とはなんだろう?」と考えている。いま何らかの繋がりがある方々とは、少なくとも「縁があった」ということなのだろうか?それでも付き合い方の深浅はもちろんあって、感覚が合う方もいれば、ほどほどという方もいる。人生において、誠に出逢いは重要である。それなくして「自分」という「畑」は、決して耕されることはない。好むと好まざるとにかかわらず、人との刺激的な関係が、人生を面白くも退屈にもする。それゆえに、自らも「面白い」人でありたいと願いつつ、縁のある人には「面白さ」を追い求めているように思ったりもする。

この人と出逢わなければ、「いまの自分はない」と思える人が何人いるだろう?幼稚園のころからいまの宮崎に至るまで・・・反対に出逢わなければよかった人などとは考えたくもないが、正負を超えて人生には「出逢い」があるものだ。どんな人と「出逢いたいか」と、ことばにするのは誠に難しい。なぜその場に足を運ぶのか?なぜその関係に興味を抱くのか?何に心を奪われて生きているのか?大河の一滴は、どんな島で潤いとなるのか?大空の中で、どの鳥の羽ばたきに逞しさを覚えるのか?誠に生きるとは、稀少な偶然に支えられているような気もする。

棲家と人の縁と様々に・・・
Webで大海や大空は狭まったのか?
生きることには、素朴で面白く豊かでありたい。


tag :

店の縁とは人の縁なり

2018-01-20

5年間の宮崎での生活
さらにその前の5年間
笑顔と温かいことばに支えられて

様々な意味で、今年は節目の年であると思っている。この3月で宮崎での生活も丸5年となるが、日々あらたな発見にも恵まれていて充実した時間だと振り返ることができる。だが何事もそうであるが、苦悩がないわけではない。その苦悩をいかに解放するかという点も生きる上では貴重である。親友と呼べるのは、まさにこうした苦悩の話を聞いてくれる人。もちろん宮崎でも親友に恵まれた。などと考えていると、宮崎に赴任する前の5年間が思い出された。専任職にあらず非常勤講師の2年間、そして中高教員を辞することを決意するまでの様々な苦悩がいまよみがえる。

その頃、自分を支えてくれていた何人かの笑顔がある。御夫婦で経営する洋食屋さんの奥さまは、常に僕の悩みを聞いてくれて、旦那さんはいつも野球の話に深く興じてくれた。その店のカウンターには齢90歳を超えたお爺さんがいつもいらしていて、この方と話していたこともい大きな支えであった。どうやらいまもお元気で、時折その洋食屋さんに電話があるという。カウンターといえば、ワイン好きの僕を根底から支えてくれるバーの店主。宮崎に赴任後も、この5年で赴かない月の方が数えるほどで、常にその温かいことばと笑顔に支えられている。ここでも常連として知り合った同業の研究者がいて、やはり確実に充実した5年間を送っていることを知り、深い安心感を覚えた。

鉄板とワイングラスに笑顔あり
店の縁とは人の縁なり
大切にしたい笑顔とことばである。


tag :

〆切あるは楽しからずや

2018-01-18
原稿〆切という制度
逆算してキーボードから文章を立てる
追われつついかに平常心を保つか

今週末前に原稿〆切がある。先週10日に1本の原稿を出して、次が19日ゆえ10日ごとに〆切がくる。もちろん20日は心の花宮崎歌会の歌稿〆切であり、25日は『心の花』の投歌〆切である。考えてみれば自ら課しているのであるが、小欄の原稿〆切が毎朝あるようなものだ。文筆を生業とするゆえ、これは宿命であり決して忌避するようなものとは思っていない。むしろこの〆切があることによって、脳内で思考されたことがことばとなって表現されるわけである。仮に〆切がなければ、ことばとなって吐き出されず内に籠もったままになってしまうであろう。誠に〆切はありがたいと考えたい。

いくつかの超えるべき境を超えると、原稿書きに勢いが出る「沸点」のようなポイントがある。アウトラインから全体を見据えて文脈に、「書きたいこと」が見える刹那に酔うような感覚だ。「先が見えた」とはまさにこのことを言うのであろう。あとは脳内にあることを、自然にことばにしていくだけである。すると自らの「思考」とは何なのかと思う時がある。小欄にしても早朝に無意識な感覚で記していることが多い。むしろそれが目的でもある。そして昼下がりに自ら読み返すと、思わぬ発見があったりする。これまた〆切の効用なるや。

〆切を楽しもう
逆算して境を超えられるように
まずは形にせずして良いものになるはずはない。


tag :

帰省ラッシュかいくぐりたる父母の顔

2018-01-03
「帰省」が混雑するわけは
大都市一極集中のなせる技
穏やかにみやざきで過ごすお正月

みやざきに赴任・移住してからこの3月で丸5年となるが、昨年以外はすべて宮崎でお正月を迎えている。大学内でも「いつから帰省するのですか?」と問われることも多いが、「みやざきが好きなので、宮崎でお正月を迎えます。」と答えている。そして大抵はむしろ東京在住の父母が帰省ラッシュの隙間をかいくぐって、みやざきにやって来る。昨日も宮崎空港到着口に出迎えに行くと、昼過ぎの便に乗った父母らがほぼ時間通りにゲートを出て来た。みやざきは素晴らしい快晴、その山と海を眺めながら自宅まで車を走らせる。夕飯は宮崎牛A5等級のすき焼き、葱や白菜も新鮮で東京より美味しいと満足な表情を浮かべてくれた。「すき焼き」そのものは幼少の頃から我が家の正月の定番であるが、それを”みやざき素材”で味わうようになった”今”に家族の象徴的な変遷を覚えるのである。

『imidas2017』の「国内人口移動/首都圏一極集中」の項目に拠れば、「人口移動」そのものは「1973年をピークに減少」しており、最近の特徴として「移動者の中核は15歳〜34歳代の青壮年人口」であり、「移動送り出し県」における「該当年齢層の人口が減った」ことが大きな減少の要因になっていると云う。しかしながら、09年統計で「転入超過」を示したのは、東京・千葉を筆頭とする首都圏であり、「転入超過総数の95%を占める。」のだそうだ。特に「東京区部」で「3万7391人(30%)の転入超過」があると云う。「帰省ラッシュ」が起きるのはまさにこの「人口移動」の実情が大きな原因なのである。などと資料を紐解きつつ、この「偏向」に少しでも均衡を求めるためにも、「みやざき」の魅力を発信する意義はあらためて大きいように思われた。僕自身はその「転入超過」な土地が生まれ故郷でああるが、そこから「逆転入」をしてみやざきに来たわけである。新たな土地でその魅力を発見し自らの人生を乗せる、さながら牧水が富士の見える沼津の千本松原を、終の住処としたこころなどを気取り想像してみたりもする。

正月ながらの父母との会話
家族にとっても新たな節目となりそうな今年
心身ともに栄養補給をなせる三が日である。


tag :

できるか?よりもやってみよう!

2017-12-01
パソコン関係の新しい機材
最近はほとんどマニュアルはなし
実際に触ってやってみればわかってくるものである

中高の教員をしていた頃、「勉強のやり方がわからない」という質問を生徒からも保護者からもよく受けたと記憶している。特に「国語」に対してはそれが顕著で、試験前でも何をやっていいのかわからない、などという声を聞くことが多かった。だがそうした機会のたびに、「丹念に文脈を追って自問自答するという素朴な姿勢しかない」といった趣旨のことを返答していた。漢字の知識など「言語技術」は別として、定まった筋道が「国語」の勉強にあるわけではない。母語としての日本語で記されている文章は「森」のようなもので、最初から地図や道順が示されている訳ではない。むしろそうした”ガイド”があれば、「冒険」としての興味は半減してしまうだろう。実際の目的地を探す場合でも、迷いに迷って発見したお店などに到達した時の嬉しさは確実に倍増する。要は混迷してもめげない根気強さが必要なのだと思う。

ここ20年間ほどのパソコンを始めとするIT技術の進化は、めざましいものがある。当初はパソコンにも所謂「説明書」があったように思うが(今も付属はされているのであろうが)、最近はその類を読んだことがない。特にタッチスクリーン式のスマホ・タブレットが普及してからは、より実際に触ってみてこそ「やり方」がわかるような傾向が強まった。あれこれと画面上を”いじり”ながら、上手くいかないと思っても沈思せずに色々な可能性を試すが如く動かしてみる姿勢が必要だ。この行動原理は、仕事や人生全般の諸事にも相通じることのように思えてくる。頭の中だけで、間違いなく道を進み目的地に到着するかどうか?と不安に思っているだけでは、人生はそのまま終わってしまう。行動するか否か?と迷ったら、もちろん「行動する」を選択する。たとえその結果として遠回りの道を選択することになっても、その過程で遭った事態はそこでしか経験できないものであるはずだ。「森」を「見る」のではなくて、まずは「踏み込んで」みなければ何も始まらない。

ある仕事をしていてこんなことを考えた
担当部署の支援員の方が、とても温厚に迷い道の歩き方を支えてくれそうだ
いよいよ師走、気にかかっていたこの仕事を年内に終わらせる目処が立った。


tag :

汝が意志をまぐるなといふが如くに

2017-11-18
「納戸の隅に折から一挺の大鎌あり、
 汝の意志をまぐるなといふが如くに」
(若山牧水『みなかみ』より)

大学キャンパスは学祭準備に入り休講日。朝から様々な活動に奔走する学生たちの姿を眼にし、作業から発する音が研究室にも聞こえて来て、この時季を感じさせる雰囲気となって来た。そんな中、本日県立宮崎南高等学校を会場に開催される「教師未来セミナー」で使用する資料作成の最終段階を進めていた。この企画は、宮崎大学と県教育委員会・県商工会議所連合会など地域との官民協働による「人財育成」を目標に、年間6回開催されているものである。今年度は既に大学学部から何人かの先生方が、各講座の専門を活かした内容でセミナーを行っている。10月までは学会開催があるゆえにお断りしていたが、このテーマならば自ら話したいという願望もあって、この5回目の担当と相成ったわけである。その資料を作成していると、必然的に自分がどのように教師を志望し大学で学び、現職教員として過ごし、そこでどれほどの生徒たちに出逢って来たかが思い返され、感慨深くなることしばしばであった。

セミナーではやはり「短歌県」を標榜し、教師の心情を表現した短歌を読みながらその魅力を発見する内容構成としてある。さらには郷土の歌人・若山牧水の歌も読んで対話して考えてもらいたいことがある。牧水は現日向市東郷町の生まれであるが、祖父の代から医者の家柄で、当時の村の中では父の医業を継ぐことが期待されていた。旧制延岡中学校(現延岡高等学校)から早稲田大学(文学部)へ進み、文学を志し短歌に没頭する道を歩むことになる。その後は父母との関係も含めて故郷へは、どこか後ろめたい葛藤が牧水の中でも渦巻いていたことが知られている。冒頭に記した歌は、牧水にしては五・七・五・七・七形式をやや逸脱した所謂「破調」歌であるが、それだけに牧水の心境をよく表現している。父親の具合が悪くなり帰郷した際に、生家の納戸に籠って詠んだであろうとされる一連の一首である。そんな牧水と僕自身を照らし合わせてみると、やはり「文学を志した」ことと「家業を継がなかった」という二点で共通点がある。僕自身は、当初は「絶対なるまい」と思っていた「教師」になぜなったのか?という点が「汝の意志」ということにもなる。青春の葛藤はいつでも酸っぱくほろ苦い。そんな話題も含めて、宮崎の未来の教師たちへ、僕にしか語れない内容を伝えたいと思っている。

本日から大学キャンパスは「清花祭」
僕は朝から宮崎南高等学校へと向かう
伊藤一彦先生と堺雅人さんの師弟関係が生まれたのが、南高校という思いも抱きながら。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>