FC2ブログ

謎に立ち向かう学びこそあれ

2020-09-18
「わかりやすい」ということ
創作的活動に対して実用的文章
絵本の突拍子もない展開のような謎めいたものを味わうこと

20代教員になって初任3年目を終えた頃に、同僚で同期の友人と欧州を10日間ほど旅したことがある。当時は現在のように格安航空券などもなかったが、旧ソ連国営「アエロフロート」は格段に安く、薄給の僕らの往路はモスクワ経由チューリッヒ行き、復路はパリ発モスクワ経由で、共産圏の空港やトランジットホテルを経験した。空港からトランジットまでの移動バスに自動小銃を持った兵隊が入ってきて、僕らのパスポートを取り上げ、まるで「強制送還」されるような特異で謎めいた経験であった。今にして思えば、それは僕の貴重で歴史的な「旧ソ連」体験になった。その後の旅先でも、僕は偶発的なものに出逢いたい好奇心ばかりで、計画していた観光地を予定通りに周り切ろうとする同僚と明らかに考え方が違うことを自覚した。出逢った外国人と自由奔放な話をして、危ういかもしれないが彼らと観光地で時間を共にすることが冒険的で謎めいた行動であって、たまらなく刺激を受けたのであった。

この同僚はたぶん、「実用文」を適切に使用できるようになりたい感性だったのだろう。しかし、僕は旅に「物語(文学)」を求めていたことになる。その展開の中には、予期しない事件(ハプニング)による発見とスリルと高揚感がある。予定調和ではなく先が読めず、絵葉書のような風景と出逢うよりも場末のレストランで感性の違う人々と世間話などに興じたかった。僕がそれまでに読んだ短歌も詩も絵本も物語も小説も、そんな偶発性や不透明性のある展開であったからだ。最近は殊に思うのだが、「国語」教材や授業方法が「実用的」になる傾向が強い。「わかりやすい」文章を「論理的に」理解し、自らも「わかりやすい」文章を書くのだと云う。いわば「文学教材」でも「説明」できることが重要、なのだと云われる。つまり旅でいうならば、ツアーのように予定調和的で絵葉書のような風景を観て、海外でも日本人だけで固まって旅程をバスで歩むような「安全な」学習を求める傾向がある。もちろん、こうした学習も否定はしない。だが「人生」という旅を歩むためには、謎めいた見知らぬ物と出逢っておく経験をしておかなくてよいのかと思うのである。それを叶えるのは、「文学」に他ならない。先の初任校の同僚に比べると、僕は自由奔放な旅のような人生を歩み、いま宮崎にいる。初任校に予定調和で長年の勤続表彰でも受けながらやり過ごす「規定ツアー」のような水槽の中には、どうしても居られなかったのである。

「わかりにくい」ことも学ぶのが学校では
いつでもどこでも便利に、「コンビニ」のような学校でいいのか?
大人になっても絵本のようなワクワクする体験がいつまでもしたいと思う。


スポンサーサイト



tag :

自由に発想が湧く分野

2020-09-02
「やらされた」ものではなく
大きな世界観の中で自由に語りたい
個が生きる学びや仕事への取り組み方

大きな変革のうねりは来ているものの、未だ「学校」では知識を教え込もうとする学習姿勢が大勢を占める。大きな「世界観」の中で自由に活用できる意欲を持ち、自ら知識を狩りに行く学びとは大きくかけ離れている。強制的に教え込まれ詰め込まれた知識はその場凌ぎにしかならず、用が済めば記憶から次々と脱落して行く。学校で暗唱テストなどを施した際に、日本文でも英文でもその「テスト」のためだけに覚え込み、ほんの数日間だけ記憶に無理矢理に刻んだ暗唱文は哀れだ。母親を始め周囲の人々と生きるために母語を獲得するという、人間としての学びの本性があるはずなのだが。絵本などを通じて言葉遊びから自由に発想した「世界観」は豊かな学びの脳を創るが、早期教育だといって強制的に「覚え込ませる」のではむしろ弊害の方が多いはずだ。

この年齢になって仕事をしていてもそうなのだが、自分が自由に発想が湧く創造的な仕事がしたいと常に願い、またそのように意図している。創造的な「世界観」へ向いた仕事は意図せずに、泉から水が湧き出すように発想が出て来るものだ。月並みに「適材適所」と世間ではいうが、そのような分野の仕事に携わりたいと思う。幼少の頃から本が好きだった僕は、図書館にいる時間が何にも代え難く幸せであった。それは大学時代も教員になってからも同じである。中高教員時代は部活指導なども忙しく、残念ながら図書館でじっくり物事を考える時間に恵まれなかった。現職教員と大学院生の二足の草鞋を履くことで、大学図書館の院生のみに与えられた延長利用で夜11時まで図書館に籠ることもしばしばであった。このような意味で現在は大学附属図書館副館長をやらせていただいているのは天職ともいえるのかもしれない。まさに新たな「世界観」で「新しい大学図書館」を創るのことに貢献したい。

研究分野はまさしく自らの「世界観」を
何をするために生まれて来たのか?
自分でも見えない泉の中から湧き出る水源が貴重だ。


tag :

なぜ好きな色があるのだろう?

2020-08-30
洋服は何色を多く持っているか?
ラッキーカラーと思い込んでいる色は?
理由なき感覚の最たるもの

食べ物ならば何らかの理由がつけられそうだが、「好きな色」となると理由付けが難しい。服を買うお店で大変馴染みにしているところがあるが、何年も担当してくれている店長は、「・・・・さんの色ですね」と大抵は同系色を勧めてくれる。だが時には「(パターンを)変える」「挑戦する」などと言って違う系統を勧めることもあるが、最終的には「・・・・さんの色」に落ち着く。自分自身の思い込みとも思うのだが、他者にも「この色が似合う」というキャラクターイメージのようなものが共通感覚として根付くのが興味深い。容姿の違いで似合う似合わないが果たしてあるのか?と思うこともある。

服以外の身に付けるもの、また自家用車や家の色に対してはどうだろう?身に付けるものは服の範囲内であろうから、やはり服と同じ傾向があるのは否めない。では自家用車の色は?自宅の家の色は?となるとなかなか一定の傾向がある訳ではない。車はその車種なりのイメージ色というのがあるようで、CM等で前面に使用される色には左右されることが多い。使用している間の洗車など手入れの具合とか、仕事上のイメージと合致しているかなども大きな選択要素である。さて、自宅の色を考える経験というのも、一生に一度あるかないかの機会である。もとよりマンションならば、自分の好みが反映されるわけでもあるまい。家がどんな色であるか?で何に影響があるだろうか、などと考えを巡らしている。

色の好みの意味は・・・
他者に与えるキャラクターイメージ
色は「生きる」にどのように作用するのだろう?


tag :

おもしろき発想を得るには

2020-07-18
異業種の人々のことば
大学なら他学部の人との交流
しばらく酒の席もない世の中で

学部の日本文学担当講義で学生たちのレポートを読んでいると、もっとその発想が自由でおもしろくあれと思うことが多い。さらに言うならば「明るいか暗いか」「ポジティブかネガティブか」など二項対立に持ち込んで、解釈の方向性を決めてしまう傾向を大変に好ましくないと思う。たぶん「わかりやすさ」を求めた論点にしようとしている意図はわかるのだが、それでは文学(=人生)のおもしろみがわかりようがない。ここ2年間は基礎教育科目も担当するようになり、教育学部以外の学生のレポートや講義レビューを読むようになった。するとこの角度から考えるのか!と僕自身が教えられることも少なくない。長年「教師」をやってきた僕にとって、大切なのは異業種の人々のことばなのだとあらためて感じる一コマだ。

お客様あっての商売、買う側の立場となり社会の波を読み生活を賭けた判断を常にしている。僕自身も育った家が商売をしていたゆえ父母からは、親戚に多かった教師然とした態度では社会では生きていけないとよく説かれた。頑固で自由な発想がなく、規律的に塗り固められた態度からは豊かな人生にならないと実感していた。それでもなお「教師」になろうと志したのは、社会性がありおもしろい発想の人間として教育界に風穴を開けたいと思っていたからだ。その志は今にして貫けているのだろうか、と考え直すこともある。宮崎に来てから、異業種の親友夫妻ができた。ほぼ同世代で東京での生活経験もある彼らとは、同時代人としてこのような生き方もあったのか!と気づかされることが多い。立場は違えど東京のこんな店に行っていた、などと共通した経験があるとなおさら親近感が増す。コロナ禍の荒波をどう生きていくか?それも彼らと僕ら夫婦では大きく違う。前述の僕なりの「志」が貫徹されているかどうかは、この親友夫妻との会話によって定点観測することができる。せめて地元の親友夫妻とは、心置きなく酒の席が持てる日常でありたい。

異世界を旅するのが文学ならば
社会に開いた窓から外に出る機会も必要だ
決して人が籠らない社会を創っていくために「教師」はどうあるべきか?


tag :

結ぶえにしの必然をみる

2020-06-14
この地にめぐり逢えたえにし
縁を結ぶことの偶然と必然と
生きる上で大切なひと

人生の歩みの中でどれほど住む場所に影響を受けることがあるか?また何度、住む場所を変えることになるだろう?同都道府県内での移動はさにあらず、転勤・結婚をはじめとする人生の転機で、住む場所が大きく変わることで生き方も左右されるのは必然であろう。だが「転機」が生じる際に自らの意図が加わる場合も少なくないが、偶然に左右される要素がない訳ではない。大学教員採用についてあれこれと思案し苦悩していた約10年前、当初は何も考えずに首都圏の大学への応募に限定していたが、次第に地方大学への拡大して応募すべきだという気持ちに変化した。そうした矢先に東日本大震災の大きな揺れを東京で体験し、自宅マンション高層階の書斎が大きな被害を受けたことで、地方でこそ生きるべきではないかと大きな「転機」を迎えた。

以後も首都圏の3校ほどで非常勤講師としての生活を2年間は続けたが、気持ちは「地方移住」へと傾く一方であった。寒暖や土地柄などその他の条件はあまり考慮もせずに、北から南まで多くの地方大学への書類を応募し続けた。関西圏で最終面接まで残り期待を抱いたこともあったが結果は「不採用」、やはり都市部に在勤居住することに縁はないのではと考えるようにもなった。その翌年、現在の宮崎での正式採用に至る好機を得ると、疑う余地は微塵もなく移住を決めた。「なぜ宮崎か?」その意味を当時はほとんど分からなかった。野球の日本代表キャンプにイチローさん観たさに1度行ったことがある土地で、研究と教育に従事することにもし尻込みしたら、このような素敵な人生を歩めていなかったであろう。「偶然」と思えることは、その後の生き方で次第に「必然」と確信することが少なくない。妻とそのご家族との出逢い、そしてまた姪っ子が同県内で夢を叶える職業に就くことができた。様々な糸は未来の1点で深く結びつくことがある、楽しい哉!人生!と声高に語りたい「今」がある。

義母と姪っ子との結びつきも
両親も長年住んだ東京からこの土地へ
妻との様々なえにしを確信するいま。


tag :

「勉強になりました」のお言葉に

2020-06-05
Zoom対談へのご感想として
「勉強になりました」と仰るお言葉
実るほどこうべを垂るる稲穂かな

YouTubeにおいて「牧水の短歌の声の表現法=中村佳文さんと渡辺知明の対談」で検索していただくと、約70分の対談が閲覧できる。既にTwitterでも告知し短歌関係の仲間にReTweetなどもしていただいた。また教職大学院の現職教員の方々には、遠隔講義の一環としてリンクをご紹介し、参考にしていただき感想のレポートを求めている。さらには親しい仲間の人々には個人的にもお知らせをしているところである。自分自身でも部分的には見直しているが、さらに時間をかけて自らの発言を振り返りつつ、渡辺さんの発言や表現読みからたくさんを学びたいと思っているところだ。長年、教師として人前で喋る仕事をしてきているが、自らの語りや朗読をじっくり検証する時間はまだまだ十分ではない。

こんな状況の中、牧水研究の第一人者である尊敬すべき先生より視聴した感想を伝える電話をいただいた。それこそ先生ご自身の牧水短歌の朗読は、講演などで聞いていると聞き惚れるほど素晴らしいものがある。多くの歌人の方々と深く接するようになって思うのは、講演でも文章をお書きになってもその表現は人に伝わりやすいものになっていると云うことだ。当然のことのようだが、研究者の学会発表などでは人に伝わりにくい話し方である場合が少なくない。どちらかというと「我が我が・・・」というトーンになってしまい、蛸壺の中で自己主張するような弁舌が気になる。YouTubeを視聴いただいた先生の話題に戻ると、まさに「大変勉強になりました」というお言葉にこちらが深く頭を下げたい気持ちになった。その時、明らかにまだ未熟な僕がこの宮崎で育てていただいているのだと実感した。人生は接するすべてのものが「勉強」、この謙虚さなくして人に伝わる表現は成し得ない。ましてや「朗読」の大敵は、「我が」という自己顕示と聞く側の立場に立てない強欲である。あらためてどんな場も「学び」である、という原点を深く教えていただく機会となった。

近くの田圃を覗けば稲がすくすくと伸びる
実ればやはり「こうべを垂るる」
「勉強になりました」をあらためて心に刻む


tag :

わたしには歌があるー師そして文芸・学問

2020-05-23
どんなに苦しくも
いくつになったとしても
わたしには歌がある、そして文芸・学問がある

「わたしには歌がある」という思いで、今週は「紺碧の空」が朝の連続テレビ小説で再燃し、YouTubeなどで何度も聞いている日々となった。先日、宮崎で師と尊敬する母校を同じくする先生と仕事でお会いする機会があったが、やはり普段はあまり観ていなかったが今週は連続テレビ小説を観ていると仰っていた。「紺碧」は昭和6年にできた(まさにドラマの場面)わけで、それ以降の卒業生であれば胸高鳴る歌である。宮崎にいても先生と世代を超えて「紺碧」で共感できたことで、やはり母校のありがたさを感じた。先生とともに「短歌」を文芸として学問としてこの宮崎で追究できていることそのものも、「紺碧の空」の「輪」の中にあるのだ。「青春の時、望む栄光」と二番冒頭の歌詞、この曲を聞くだけで青春に文芸や学問を追い求めた時が蘇るのだ。

3月頃から大学における新型コロナ対応で、正直かなり辛く苦しい思いが続いてきた。この年にこの役職であることを怨むにも恨めず、心が折れそうになることも妻に支えられてなんとか乗り越えてきた。今にしてあの3月4月当初ごろに「紺碧の空」を聞いたり歌ったりしたら、もっと心が強くなれたかもしれないなどと聊かの後悔をしている。「家にいよう」の方策を遵守してきたことで、心までやや閉鎖的になり自分の確固たる人生の糧を思い出せなかった悔恨である。だが今となってであるが「紺碧」に出会い直すことができ、もう決して心が折れることはないと思う。そして何よりも自分がいま研究者として大学教員であるのは、母校で学んだ礎により「文芸・学問」の道を邁進するためであることを再考した。宮崎での邂逅は大学とのそればかりではなく、母校で短歌を学んで来た著名な歌人の方々との出逢いでもあった。「紺碧の空」は野球の応援歌のみならず、卒業生が自分なりの道を「理想の王座」目指して進むための応援歌なのである。

生きる誇りまでもが蘇った
和歌短歌をとことん追究しつづけること
宮崎の「紺碧の空」は誠に美しい!!!


tag :

「上を見ず前を向いて」親友の言葉

2020-05-18
大学の親友との電話
眠れる何かを目覚めさせてくれる会話
「上を見ず前を向いて」己を貫くための友の言葉

「緩んではいけない」と思い、やはり買物以外は家で過ごした週末。久しぶりに大学時代の同級生に電話をした。明治時代からの老舗4代目として自営業で和菓子製造販売と関連した飲食店を展開する親友とは、あらゆることでウマが合う仲である。大学サークルでは、彼が副幹事長で僕が幹事長。「副」「長」の関係とは言っても常に相互の特長を活かして中心的な存在となり、己らの考え方を貫くサークル運営をした記憶が濃厚だ。新しいやり方、旧弊に囚われない運営をしてこそ大学の校歌に謳われる「進取の精神」の体現だと思っていた。「俺たちならできる」という新時代を切り拓く気概とでも言おうか。こんな関係であるから卒業後も何かと交流があり、まさに人生の上では、相互に「定点観測」ができる話のできる存在である。

今回の社会情勢の中、お互いにお互いなりの苦労を抱え込んで生きている今がある。通り一辺倒に言われ始めた「新しい生活様式」を意識はしながらも、いかに乗り越え抜け出した考え方でこの先の時代を生きていくかが問われている。電話をしているといつしか、大学時代の血気盛んな気概を思い出した。「俺たちは違う」と豪語し様々な批判も乗り越えて「前」に進んでいたあの時代、奇しくも朝の連続ドラマで今週に扱われる大学の応援歌「紺碧の空」のメロディが心を後押ししてくれるような気になって来る。電話後にもらった親友のメッセージには、本日の標題とした「上を見ず前を向いて」という言葉があり妙に気になった。考えてみれば「上を見る」ということは一見して向上心があるようだが、現実を踏まえずにその場で停滞してしまうことなのかもしれない。旧弊や社会の抵抗に絡まれて直面した困難にたち向うとき、視線は「前」にあるべきだろう。「紺碧の空」も仰ぐにも真「上」を見上げては足が止まる、「前」に見える空を向いてこそ「理想」に向かい、「光輝あまねき」方向に歩みを止めないことなのだ。

奮い立て今まさにまた
難局に向き合いてこそ真価が問われている
己はどんな人生を歩みたいのか、大学の親友との会話の中に答えはあった。


tag :

予期せぬ一か八か「花を買いきて」

2020-05-09
「友がみな我よりえらく見ゆる日よ
 花を買いきて
 妻と親しむ」(石川啄木)

「予期せぬ」ものというのは、今回の新型コロナのような事態なら困惑と苦難ばかりであるが、よろしき事態なら嬉しさが倍増するものだ。妻が誕生日を迎えたので、何も予告せずに花が贈りたいと思っていた。市内に妻が大変好んでいるセンス最高のフラワーショップがある。昨年の令和初日5月1日、市役所での入籍をめでたく届けたのち、その花屋さんに出向き芍薬の花を買った。わずか一輪の芍薬であったが、しばらくはリビングで花を咲かせ、花芯だけは最後まで立派にこちらに顔を向け続ける健気さがあって感激した。夫婦生活はこうあるべきだと、その芍薬は僕たちに教えてくれたかのようであった。その後も義母の誕生日など、何度かその店の花を妻とともに買いに行っていた。しかし、僕は肝心の花屋さんの電話を控えるのを忘れてしまっていたのだ。(しかし、妻に尋ねるわけにもいかない)

仕事が終わって夕方すぐに出れば、なんとか営業時間内(定かではない)に間に合うだろう。安易にそう考えていたが、大学内の「新型コロナ対応」で日々様々な会議等もあり、この日も急な招集や次週の授業開始への算段で予定より30分以上、大学を出るのが遅くなった。もはや「一か八か」の賭けのような気持ちで、車を市内まで走らせた。幸いなことに在宅ワークなども多いのか、道路は空いており何とか灯りの点る花屋さんのお洒落な店先の前に車を乗り付けた。店主がドアから出てきて親しげに手を挙げて挨拶を交わしてくれたが、(明日以降の)予約の花もあり今日はもう花束を作れないと云う。ちょうどその時のことだ、店主の携帯と僕の携帯が同時に鳴って、店主は花の注文のような話を始めた。(僕は大学から事務的事項の確認の電話であった。)その後、店主にこの日の事情を話すと「わかりました!それなら!」と妻の雰囲気に合わせた花束を作ってくれたのだ。「運というか縁ですね!」僕は店主に心から感謝の意を告げ、思わず冒頭の石川啄木の歌を口ずさんだ。「予期せぬ」を創り出すための「一か八かの賭け」に店主のお陰で勝利できた僕は、ケーキとオードブルを買い込んで自宅へ帰り、遅番の妻の帰宅の数分前に家の灯りを点し花を用意して待ったのである。

妻との人生に灯りを点す花屋さん
この縁が心穏やかな日常をくれる
そしてまた必死に不確定な計画を遂行する自分の「意志」が嫌いではない。


tag :

そうだ!電話を見直そう!

2020-04-24
ふと夕食後にスマホに電話
あれこれ近況や歴史や俳句のことまで
そうだ!親友らともっと電話をしよう!

夕食を終えて妻と寛いでいると、親友の落語家さんから電話をもらった。従来の計画だと先週末に彼は宮崎を来訪し大学内でもイベントに出演してもらう予定であった。しかし緊急事態宣言による「移動自粛」もあり、計画はやむなく断念せざるを得なかった。真打ち昇進から5年目となり日々芸に磨きが掛かってきた彼の高座を学内で聞けるの楽しみであったが、その後ゆっくりと酒を飲みながら語り合えることを何よりも楽しみにしていた。そんな友と友の「楽しみ」を世間から奪うという暴挙が、数限りなく今や地球上で起きているのであろう。あらためて親友と逢える機会こそ、生きる上での宝物だと痛感する。そんな思いもあり、電話では様々な話題を大笑いしながら話すことができた。

電話をし終えた後の喩えようのない爽快感はなんだろう!通常であれば7時のニュース・9時のニュースでやり場のない憤りや悲しみに苛まれている宵のひと時である。その感情のあり方が意識しないうちに自らを疲弊させているであろうことは、先日も小欄に記した。「家で過ごそう」というキャンペーンの中では「Web飲み会」などが取り沙汰され推奨されているようだが、何もSNS等を使用しなくとも「電話」による声の交流は心地よい。映像至上主義な世の中で、あらためてラジオの良さを見直すのと同様な価値がある。幼少の頃は母が親戚などと長時間にわたって電話をしていると、「なぜだろう?」という疑問を持ったことも少なくなかった。しかし、故郷の新潟から東京に嫁いだ母は、きっと親戚との「電話」こそが自らの心を支えるための重要な時間だったのであろう。親友の落語家さんとの電話では、「東京が殺伐としている」ということをさらに実感した。生の場面に直面している人と声で会話することは、SNS等の写真や映像にない臨場感があるものと電話の効用を再認識した宵のうちであった。

テレワークならぬ電話交友
Web上の「リレー・・・」よりも電話で誰かと繋がろう
やはり「文字」ではなく「聲」で語り合うことは尊いものだ。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>