汝が意志をまぐるなといふが如くに

2017-11-18
「納戸の隅に折から一挺の大鎌あり、
 汝の意志をまぐるなといふが如くに」
(若山牧水『みなかみ』より)

大学キャンパスは学祭準備に入り休講日。朝から様々な活動に奔走する学生たちの姿を眼にし、作業から発する音が研究室にも聞こえて来て、この時季を感じさせる雰囲気となって来た。そんな中、本日県立宮崎南高等学校を会場に開催される「教師未来セミナー」で使用する資料作成の最終段階を進めていた。この企画は、宮崎大学と県教育委員会・県商工会議所連合会など地域との官民協働による「人財育成」を目標に、年間6回開催されているものである。今年度は既に大学学部から何人かの先生方が、各講座の専門を活かした内容でセミナーを行っている。10月までは学会開催があるゆえにお断りしていたが、このテーマならば自ら話したいという願望もあって、この5回目の担当と相成ったわけである。その資料を作成していると、必然的に自分がどのように教師を志望し大学で学び、現職教員として過ごし、そこでどれほどの生徒たちに出逢って来たかが思い返され、感慨深くなることしばしばであった。

セミナーではやはり「短歌県」を標榜し、教師の心情を表現した短歌を読みながらその魅力を発見する内容構成としてある。さらには郷土の歌人・若山牧水の歌も読んで対話して考えてもらいたいことがある。牧水は現日向市東郷町の生まれであるが、祖父の代から医者の家柄で、当時の村の中では父の医業を継ぐことが期待されていた。旧制延岡中学校(現延岡高等学校)から早稲田大学(文学部)へ進み、文学を志し短歌に没頭する道を歩むことになる。その後は父母との関係も含めて故郷へは、どこか後ろめたい葛藤が牧水の中でも渦巻いていたことが知られている。冒頭に記した歌は、牧水にしては五・七・五・七・七形式をやや逸脱した所謂「破調」歌であるが、それだけに牧水の心境をよく表現している。父親の具合が悪くなり帰郷した際に、生家の納戸に籠って詠んだであろうとされる一連の一首である。そんな牧水と僕自身を照らし合わせてみると、やはり「文学を志した」ことと「家業を継がなかった」という二点で共通点がある。僕自身は、当初は「絶対なるまい」と思っていた「教師」になぜなったのか?という点が「汝の意志」ということにもなる。青春の葛藤はいつでも酸っぱくほろ苦い。そんな話題も含めて、宮崎の未来の教師たちへ、僕にしか語れない内容を伝えたいと思っている。

本日から大学キャンパスは「清花祭」
僕は朝から宮崎南高等学校へと向かう
伊藤一彦先生と堺雅人さんの師弟関係が生まれたのが、南高校という思いも抱きながら。


スポンサーサイト
tag :

飛ばぬならまろびて待てよ航空便

2017-10-28
強風により予約便の欠航
搭乗口付近で「どうしてくれるんだ」と詰め寄る人々
「ただただどうしようもなくそうなっちゃった」ことへの対応

週末は静岡大学で、中古文学会が開催される。だが偶然にも、2週続けて南海より日本列島を台風が睨んでいる。予報円を眺めながらそれもまた確定ではない一情報であるということが、先週の大会開催校としての体験で身に沁みてわかった。諸々と東京での所用もあり前泊で航空機を予約していたので、まだ金曜日ゆえ影響も少ないと思いきや、空港周辺が強風のため使用する機材が宮崎ではなく鹿児島に向かったと搭乗待合所にアナウンスが流れた。しばらく待機していたが、アナウンスはさらに「欠航」の響きを多くの待合客に浴びせかけた。問題はここからの受け止め方である。僕の場合、2000年代によく米国を旅していたので、こうした状況には慣れっこである。他の乗物以上に天候に運航が左右されやすい「航空機」は「欠航の可能性がある」のが前提だと思っている。だが、多くの方々はそうでないのだという光景をまざまざと見た。

搭乗口係員に「予定があるんだ、どうしてくれるんだ」と詰め寄る中年男性。「ホテルの手配もしてくれるんだろうな」と即座に当日代替便の可能性も考えぬ短絡的な老年男性。僕はというと冷静にそんな光景を横目にして、係員へ「代替便」の可能性を問いかけた。すると羽田空港から来る最終便の機体繰りを行なっていて、欠航便の乗客を収容できる大型機が来る予定で調整中だと云う。一時はこの日のフライトを諦めて翌土曜日早朝便への変更も考えたが、その大型機の可能性に賭けてみることにした。しばらくしてその機体繰りが可能になったとアナウンスがあり、振替手続きのため人々は1階カウンターへ我先にと進む。僕もその波に乗じたが、列に並びながらスマホの航空会社アプリを起動すると、その画面上で手続きを完了することができた。だがその上で、振り替えた最終便も飛ぶ確証はないことを心得ていた。最終便までしばし、空港で有効な読書時間ができた。そういえば伊藤一彦先生と堺雅人さんの対談本『ぼく牧水 歌人にまなぶ「まろび」の美学』(角川oneテーマ21 2010)に、「意味ある偶然」という一節があるのを思い出しながら。

「自分をゼロにできる、よけいな自意識、自分へのこだわりを持つと
『一体化』はできない」(同新書より)
牧水からまなぶ自然観は様々な面で人を穏やかに生きさせる。


tag :

和歌文学会第63回大会実地踏査へ

2017-10-24
宮崎県内文学散歩
地方学会ならではの企画
ひむかなる台風一過の空のあを・・・

大会3日目は、いわゆるオプショナルツアーの企画、県内文学散歩を計画してきた。一昨年の岡山大学での開催時の資料で見ると20名ほどの参加者。今回はどれほどの先生方が参加してくれるのだろうかと思いつつ思案してきた。昨今、文科省からのお達しもあって、半期15回の講義回数を遵守しなければならず講義を休講にできなくなった。そのせいもあろうか、大会申込葉書の「実地踏査」欄に丸がついた返信は予想より大幅に少なかった。当初は中型バスぐらいはチャーターする見積を地元旅行社に出してもらっていたが、次第に小型からマイクロ、いや観光タクシー?などと計画を縮小することを考えねばならなくなってきた。最終的に参加人数は僕自身を入れて7名、手伝い学生2名とともに計9名の文学散歩となった。だが利用したのは小型バス、やはり乗り心地と安心感が全く違うと思ったからである。

いざ快晴の青空のもと、大会会場の市民プラザを出発。バスは東九州自動車道を利用し一路日向市へ。本来なら月曜休館である若山牧水記念文学館を、館長の伊藤一彦先生のお計らいもあり特別に和歌文学会のために開館していただいた。先月の牧水祭でお世話になった事務局長や職員さんが、歓迎の笑顔でお出迎えをしてくれた。まずは牧水生家へ、こちらも特別に通常は立ち入り禁止である部屋の中に2階を含めて上げていただいた。牧水が産まれたという縁側、床の間にある「白鳥は・・・」の掛軸、陽光差し込む2階では坪谷川のせせらぎの音が、感性に忍び込んでくる。その後は記念文学館へ、企画展「牧水と月」では古典和歌では常套の「類題」の意識で牧水の「月」の歌が読めた。さらには常設展で牧水の揮毫した歌などをご覧いただいたが、「かんがえてのみはじめたる・・・」の色紙は「がんがんと・・・」と読めるなどという冗談も交えつつ、牧水の歌を和歌研究・書誌研究の立場から観る方々の発見にも面白みが感じられた。

昼食はこれも特別に貸切営業をしてくれた「牧水庵」で「牧水そば定食」を。田舎蕎麦と炊き込みご飯にみなさん大満足であった。その後は今回の懇親会に協賛いただいた「あくがれ蒸留所」を、当初の計画にはなかったが訪問することになった。今回一般公開用に作成した公開講演ジンポジウムのチラシデザインが誠によかったと、それを利用した看板表示を依頼作製し蒸留所の玄関前にはそれがたなびいていた。杜氏さんの案内で焼酎を作る工程を一通り見学、豊かな米の香りと大きな「唐芋」が置いてあるのが印象的であった。何本か焼酎を配送購入する先生方もいて、小瓶のお土産までいただき誠に心温まる歓待に感謝であった。再び東九州道を利用して宮崎市内へ。清武インターを下りて宮崎学園都市・大学キャンパスを車窓からご覧いただきながら、神話の舞台である青島へ。台風の後の海風はやや強かったものの、実に爽やかに気分にさせる光景を楽しみながら神社参詣。檳榔樹に取り囲まれて元宮までご参拝いただき、引き返すと門の石段に小さな蛇が。これは縁起がいい、とこの宮崎の邂逅を参加した全ての先生が楽しんでくれたように感じられた。青島から宮崎ブーゲンビリア空港へバスは向かい、そこで計画通り16時30分過ぎに解散し、和歌文学会第63回大会は幕を閉じた。

この日は台風の悪戯で関東地方では休講の大学も
延泊後に個人で県内の文化遺産を楽しんだ方々もあると聞いた
かくして2年間の計画を実行し終え、満足な気分で夜は独り温泉を楽しんだ。


tag :

和歌文学会第63回大会研究発表会

2017-10-23
8本の研究発表会
活発な質疑応答
嵐を呼ぶもうたを語れり

和歌文学会第63回大会2日目。台風21号によって来宮を急遽断念せざるを得ない先生方もあったが、昨日から大会に参加しこの日は航空機が全便欠航となったために、早々に延泊を決めて研究発表に御参加いただいた先生方も多かった。また東京から陸路を新幹線で博多を経由し新八代、そして高速バスと乗り継いで、この日の午後になりながらも参加いただいた先生もいて、開催校としてはこうした気持ちが心より嬉しかった。研究発表後の総会では、事務局が用意した資料が不足するほどで、予想を上回る先生方がいらしたのには驚いたほど。自然には抗えず安全第一は勿論であるが、開催校のみならずこの日のために研究発表の準備に準備を重ねて来た8名の先生方のためにも、滞りなく予定通りの時程が消化できたことは大きな喜びであった。

開催校を担当してみてまた考えたのは、研究発表1本の重みである。準備段階でまずは何人がエントリーするか?遠方の宮崎であるから少ないのではないか?などと当初は不安もあったが、いざ蓋を開ければ8本を遥かに超える申込があった。選ばれた8本の発表者の発表要旨を事務局が纏めて、7月末までには手元に送られて来た。それを印刷所に発注し要旨集を作成、同時に大会案内とプログラム・専用封筒を印刷するために事務局とやりとりをしながら校正を進めたあの8月の暑い日々。9月に入るとすぐに全会員に発送する作業に取り掛かったが、総計755部の封筒詰めはゼミ生たちが丁寧に間違いなくこなしてくれたが、その作業は予想以上に困難なものであった。そして9月中旬以降、大会参加申込葉書と費用振込通知が届き始める。参加人数はどうだろうか?という思いを抱きながら、学部事務所に特別に用意してもらったトレイの中を日々覗き見るのが日課となった日々であった。かくしてこの日の研究発表に多くの会員の方々が参加するお膳立てができたわけである。その1本1本を、自らが発表する気持ちとなって展開できたのは誠に勉強にもなった。今後は、自分が研究発表をしたり学会に参加する場合、常に開催校の立場になって考えようと切に思う。そしてもちろん、また研究発表が自らもしたいという野望が起動したのである。

先輩の発案で臨時の懇親会を予約
20人近い先生方が集まり楽しい宴となった
和歌文学会がまた僕自身を大きく育ててくれたと噛みしめる宮崎の夜であった。


tag :

開会前夜パネリスト全員集合

2017-10-21
いよいよ和歌文学会第63回大会
前夜にすべてのパネリストが全員集合
打ち合わせと様々な話題で・・・

どれほどにあれこれと、この日のことを考えて来たであろうか。いよいよ本日より、開催校として担当する和歌文学会大会が開会する。まずは司会を含めた6名のパネリストが、前夜にして打ち合わせのために宮崎に全員集合した。それぞれの方々が、それぞれの関係があって、対面してからの融合具合がなかなか面白い。「あれこれ」は、この6名で語ったら何が出てくるであろうか?という想像から現実に変わった空間となった。

それにしても、こうして自らがコーディネートした方々が集まると、必然ながら自らのこれまでの生き方を考えさせられる。学部時代に助手であり万葉集・古今集研究会でお世話になった先輩。学部の1級上で日本文学専修合宿や講義のこと、語学授業のことなど同世代として語れる先輩。その先輩が新卒でお勤めであった神奈川県立高校で、長く教鞭を執られている短歌学習にご実績のある方。当地宮崎の「神話のふるさと県民大学」での講師をお務めの歌人の方、また宮崎県主催で優秀な歌集を出版した歌人に贈られる権威ある「若山牧水賞」受賞者の歌人であり研究者の方。そして何より、宮崎で僕自身が邂逅し短歌創作に導いていただいた宮崎の師。打ち合わせの盛り上がりには、個人的に深い感慨があった。

さて!いよいよ始まる
2年間温めて来た3日間が
まずは初日の公開講演シンポジウムから懇親会まで


tag :

ただそこにある重箱ひとつー朝ドラ「ひよっこ」の描いたもの

2017-10-01
普通の女の子の普通な成長譚
劇的な展開ではないジンワリくる感激
何事も過剰な世相への警鐘にも思えて来たり・・・

久しぶりに半年間を通して朝ドラを追い続けた。もちろん主題歌が桑田佳祐さんであったのも大きな動機であったが、有村架純さんのあまりにも普通で純で前向きな演技に打たれたことも大きな要因である。多くの朝ドラは「ヒロインの幼い女性が家族などの共同体から離れ華々しく自立する物語」という構造的な図式があるが、今回はその同線状にあると思わせながらも、最後まで「家族」という共同体のありがたき意味を描き、ヒロインも職場の男性と幸せな結婚をするという決して「華々しい」とはいえない「普通の幸せ」を掴み取るところに特徴が見出せた。(最後の主題歌配役タイトルでみね子や愛子の姓が変わっている!)親友と朝ドラの「結末予想」を雑談したことがあったが、友は「みね子がスターになる」という「華々しさ」を予想していた。たぶん多くの「朝ドラ」のこれまでの劇的な展開”コード”からすればさもありなんとは思いながら、今回ばかりは違うのではと思っていた僕の見方に軍配が上がったわけである。

「みね子」は奥茨城の家族、集団就職により向島電気、赤坂のすずふり亭と三か所の共同体の中で、それぞれの構成員の人々との人間臭い繋がりを大切にし、不器用ながら笑顔で生き抜いて行く。それぞれの共同体には、現在ではすっかり失われてしまった「”私”の共有」がある。それが「農作業」や「寮生活」に「向こう三軒両隣」といった”装置”によって、ドラマ当時の設定から50年後を生きる我々に問い掛けてくる。家族や親友との連絡は「手紙」であり、多勢が嘗ての修学旅行のように一部屋で生活したり、壁越しに音が聞こえて来たりする。その通信に要する時間の長さや、「個」が「個」で籠ることのできない環境によって、むしろ人は感情の襞に耐性を身につけ、助け合うことを本望とすることができる。最後はこの三つの共同体が、みね子の父・実がすずふり亭に重箱を預けておいたのを思い出すことで連繋したことが示される。過去が過去ではなく、向島電気の課長が電気屋を自営していたり、集団就職時の担当教諭がみね子たちの元を訪れたりもする。時間的にも空間的にも連繋ある「社会」がそこに描かれている。その「ただそこにある重箱ひとつ」によって、人と人の糸は繋がることができるのである。その小さなこころの機微に視聴者が感激できるたのは、現在の世相が「世知辛い」といった表現では物足りないくらい悪辣だからだろう。我々は「失われた50年」をどう取り戻したらよいのだろうか。

「若い広場愉しドラマ
 夢膨らむ青い空
 
 片寄せ合い声合わせて
 希望に燃える恋の歌」(桑田佳祐「若い広場」歌詞より)

僕らの中に残っている小さな小さな人との繋がりを大切にしたい。


tag :

手書き文字と人の縁

2017-07-15
会って御礼を言うことの大切さ
そしてお心づかいを忘れずに
「味のある」人づきあいを・・・

メールやSNSメッセージで事足れりとすることが多い世の中で、手書きで味のある文字の封書や葉書をいただくと誠に心が温まる。いただいたならばやはりこちらも、となって個性的な文字で手書きをお送りできる人でありたい。博物館などで歴史的人物や作家などの書簡を展示する機会に接すると、その人物が観念ではなくリアリティを持って理解できそうな気がする。とりわけ文字造形文化のあるくにゆえ、手書きの習慣というものを保存したいと常日頃から思っている。文字は上手い下手ではなく「味」が大切であろう。見ればすぐに「その人」とわかる文字。大学学部の頃、ある先生はそれを求めるために講義の出席に名前を白紙に1人1人書かせていたのを思い出す。その思いがあるゆえ、僕も講義では必ず手書きのレビュー提出を求める。回を進めるごとに、その文字でどの学生かがわかるようになる。

話は逸れたが、人間同士がリアリティをもって接し合うことが肝要だということだろう。この信条を貫くために、上京すると可能な限り「味のある人」に会うようにしている。これもSNSなどをやっていると勘違いしがちであるが、やはり直接会わないとわからないことが多いことを現代人は忘れているような気がする。会ってみての「お久しぶり!ありがとう!」のことばや笑顔には、まさにその人の人間味が深く感じられる。お心づかいという点でいえば、ちょっとしたお土産がまた心を深く結びつける。大都会の中のへばり付くような暑さの中で、やはりこうした時間だけが誠に爽やかだと思うのである。まさに今の自分に関していえば、「東京」に来ているのではなく、「人」に会いに来ているという意識が強い。そしてまた、「故郷東京」を「宮崎」から観る視点を得ていることに、人生の上でとても大きな意味を感じる今日この頃である。

こころとこころがつながるということ
人として人と出会い
味のある声と文字を交わし続けたいものである。

tag :

2800回更新のあとさき

2017-07-09
小欄更新が昨日で2800回となる
来年の最初には3000回を迎える
「書いている」ことを敢えて「書いてみる」

昨日の記事を更新すると、画面に更新番号が「2800」と表示された。特段、その日が何回かなどはまったく意識はしていないが、節目の数字を見るとその実感が湧いてこないでもない。1日の記事に概ね最低でも800字程度は記しているので、「文字数」に換算すればかなりのものになる。年月にして8年目、大学学部の標準就学期間を二巡している計算になる。ちょうどブログ開設当時は、博士の学位審査を終えて審査大学の学内で承認を得た頃。「研究」に関する著述ばかりしていた意識が、より多方面へ向けた文章は書けないものかと考えたのも開設動機の一つであったと思い出す。それ以上に当時は、公私ともに新たな局面を迎えていたこともあって「心を空にして先入観なくして」自らを見つめられたらという思いが非常に高まり、空海が唐から帰朝した際に心得たとされる四字熟語を表題として文章を綴り始めた。まだ中高現職教員を続けながらの研究と二足の草鞋を履いていたが、やがて大学での教育経験を積むために2年間の非常勤講師生活を経て、宮崎に赴任して大学教員として今や「研究室ブログ」と位置付けるようになったわけである。

読者は特に個別に想定しているわけではない。初期の頃は特に「自分」に向けて書いていた、という意識が大変強かった。早朝に書いた文面を昼頃に自ら読み返すと、さらに客観的な「自分」が見え始める。そこで「自己内対話」が開始され、統一されているという幻想を排除して「多面的分裂体」であるということに気づくことができる。ある意味で「内省的日記」の役割を果たしていたのだが、同時にもちろん不特定読者への「公開日記」という要素も持っていたことになる。それには大変微妙な思いを持ちながらも、「自己存在」を文章として刻み付ける価値を見出していたことになろう。研究室ブログとしてからは、なるべく「テーマ性」を具えたものとすべく改善を図った。今や学生たちを始めとして、研究関係の方々、そして公私にわたり僕自身と関わった方々など、読者層も多様になったと思っている。特に最近では短歌関係の方々の閲覧が増えたように思う。だがしかし、開設当初から閲覧数にはまったくこだわらないのが信条である。東京から宮崎に移住したこともあって、東京在住の母が僕を心配して毎日小欄の更新を待ってくれている。こうした「一人」の読者がいれば、まずはこうして文章を綴る価値があると素朴に思っているだけである。

何のために?そしてもちろん利害にあらず
既に身体性を伴った朝の習慣として外すこともできない
このさきどこまでゆくのやら・・・・・・・・・・・・
tag :

沈思しつつ動きながら考える

2017-05-19
「沈思して動けぬわれを追い越して
 洗濯機はもう脱水までゆく」
 生活の一場面から生きることを考える

「沈思」を辞書で引くと、物事をあれこれ「深く考え込むこと。思案にふけること。」(『日本国語大辞典第二版』)「熟考」や「沈想」などの類似した漢語もあり、「沈思黙考」の四字熟語もある。特に文脈によっては「詩句を思いめぐらすこと。」などという意味もあり、高尚な考えを巡らしているような語感がある。効率化・高速化した現代社会では、むしろ意識して実行しないとなかなか「沈思」できない。「沈思」そのものが「停滞」などに受け取られてしまいがちである。それだけに大切なテーマに関しては、「沈思」し続けることも必要になる。次第に考え方は沈着しつつ、深い境地に及ぶことができるだろう。

だが他者との対話なき「沈思」は、「その場所」から動けなくなることも多い。時折そのような状況に陥ることもあるが、その前に設定した洗濯機は、音だけを立てながら黙々と動作を完遂する。冒頭はそんな休日の心を詠んだ歌である。その「洗濯機」になぜか教えられような気持ちになった。定点で「考え込む」ことも大切であるが、様々な行程を動きながら考えることも必要ではないかと。ここのところ学生の採用試験志願表の記述へのアドバイスを求められているが、学生たちが孤独に考えた文章は、なぜか体面や形式に囚われていて個性的でないことが多い。しばし、様々な個々の可能性に関して対話の時間を持つと、本当に学生が個性を主張している文章に変化してくる。詩句に限らず文章などは、こうした対話によって揉まれてはじめて、あるべき形が見えてくるものである。

「沈思黙考」も大切な時間
だがしかし、動きながら考える対話時間も忘れずに
人生に常に希望の明日が来るように

tag :

人生が動き出すとき

2017-04-04
大学入学式での原点たる思い
新人教員としてのあの日あのとき
「いま」に重ねて自己を起ち上げる

桜が間に合わない今年であるが、大学は入学式を迎えた。教務担当ゆえに早朝から受付業務があり、シーガイアコンベンションホールへと向かう。仕事上というより、希望に胸を高鳴らせてやってくる新入生の姿を見るのは嬉しい。つい先月までは高校生であった彼らが、大人に一歩近づく日である。そんな光景を眼にしていると、どうしても己の大学入学式のことを思い出す。人生に何度か大きな転換期があるとすれば、大学入学は僕にとって偉大なる岐路であったといってよい。「あの日」からすべてが「始まった」といっても過言ではないような、貴重な邂逅のときであった。

新入生を迎えたことととともに、この日の感慨は、卒業していったゼミ生たちが教員として船出する日でもあった。TVでは企業の入社式の様子などを伝えていたが、卒業生たちは赴任校の職員室の前に立ち自己紹介などをしているだろう、などという想像を一人ひとりについて手繰ってみたりもする。自ずとまた、己が新人教員として初めて勤めたときのことなどが思い返される。そのときは希望だけに胸を高鳴らせているものだが、その後の歩みの中には良いこともあれば辛いこともある。幸運なこともあれば、苦渋の溝に陥ることもある。だがいずれにしても、その邂逅から人生は「動き出す」ということだ。「初め」はいつも希望のみが輝いているのであるが・・・

また始まった
今年度はどんな邂逅が待ち受けているか
大学生・教員となった「初日」を思い出して新鮮な気持ちで歩みたいものだ。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>