fc2ブログ

どこまで「科学的」なのだろうか

2021-04-29
「科学的根拠」という曖昧
科学ではわからないこともあり、
また信じたくない事実もあるだろう

僕らが子どもの頃はまだ、「科学的」という語のあり方が明確だった気がする。科学には憧れがあるとともに、科学で解明できないことも多いことも明言されていた。だがいつしか「科学」が万能であるかのような幻想が社会を覆い尽くし、「科学」なら何でもわかるかのように虚飾されてしまったかのように見えることがある。「科学的に安全」と云われていても、それは「完全」などがあり得ないのを「科学的」と呼ぶはずが、精神論のようなもので議論がすり替えられていく。すると、より「科学的」に考えようとする側が「異常」「悪者」のレッテルを貼られ、「現実的ではない」と批判されてしまう。その「現実的」とか言う輩は、「科学をする人」を選別し自らの欲望を満たす傾向の「科学を贔屓」することになる。この時点で十分に「非科学的」な偏向に満ちた思考である、と言わざるを得ない。

2000年代になってから、朧げに前述のような傾向が強まって来たことを感じていたが、とうとう新型コロナ禍によって、世界中の虚飾や欺瞞が炙り出されているような気がしてならない。国によっては明らかに従来の「信頼できる定義の科学」を以ってして、感染拡大を抑制できた政府がないわけではない。こうした成功例においては、まさに「科学的」な知見として尊敬し情報を入手し見習うべきと思うが、他国の情勢の報道でも悲惨な状況のものばかりが先行し、まだ我が国は良い方だという思い上がりをメディアも醸成してしまってはいないか。既に90日前にもなった東京五輪の開催をめぐる問題では、世界で他には決してない「国のあり方」を世界に露呈することになる。果たしてどれほどに「科学的」に対応できると言うのだろう。地球温暖化対策もしかり、フクシマの汚染水への対応もしかり。世界に見つめられていることは、少なくないのであるが。

「科学」ではないが
人の心の美醜を文学は切り取る
いまこの国に必要なものが時折わからなくなる。


スポンサーサイト



tag :

海は広いな大きいが

2021-04-14
トリチウムの海洋放出
「風評被害?」「科学的根拠?」
五輪招致の際には「制御下」と喧伝していたが

九州・沖縄地方で海岸に打ち上げられるゴミの類を漁れば、必ずといってよいほどに東アジア諸国のものと思われるものに出会う。海流や潮目の影響で、海は常に大きく動いている。そのゴミの類にプラスチック製品が溢れ、世界的な海洋汚染が深刻であることに僕らはどれほどの意識を持っているだろう。目に見えない「マイクロプラスチック」が生態系に影響し、やがて人類にも多大な悪影響を及ぼすのではないかと懸念が深まる。「目に見えない」という意味では、福島第一原発の放射性汚染水の海洋放出は本当に世界的に「容認」されることなのだろうか?と甚だ懐疑的になる。「WHO基準の飲料水」だとか、「世界のどこの原発でも行なっている」と聞かされると、その基準や原発そのものが問題だと思うのであるが。

「科学的根拠」とは言うものの、その情報公開が十分に科学的で公正公平だとはあまり思えない。単純に子どもが考えても、今まで「汚染水」と言ってタンクに貯蔵し投棄はためらっていたものを、「貯蔵が限界」だからという理由で「薄めて投棄」する理屈が「科学的」に説明できるのだろうか?また「風評被害対策」などと言うのも、本質的に「風評」なのかどうか?の「科学的根拠」は示されているのか?もとより「薄めて海に」と言うのは海洋で再結合などしないのか?など「科学を知らない」素人は馬鹿と言われるかもしれないが、不安ばかりが頭をよぎる。「貯蔵」という方針を「投棄」に変更したことで、五輪招致時に「アンダーコントロール」と豪語したことに嘘はないのだろうか?(投棄は2年後からというが)それを「制御」だと言い通すのは、少なくとも日本語の上では無理があるのではないか。

マイクロプラスチックが
何年も後に問題化するように
母なる海を穢す人類にどんな未来が待っているのだろう。


tag :

動かぬ大地になぜ驚かぬVol:2

2021-03-16
1855年安政江戸地震(推定M7.1)
1894年(明治27)東京地震(推定M7.0)
1923年(大正12)関東大震災(推定M7.9)

今年の大河ドラマで、幕末からの渋沢栄一の生涯が描かれている。江戸末期、江戸城なども襲う大地震が起こる場面があった。「安政江戸地震」であるが、その歴史をこの大河が描くまで知っていた人は少ないだろう。僕の世代でも「関東大震災」のことは盛んに教え込まれたが、それ以前の歴史はあまり教えられなかった。調べてみると冒頭に記したように明治27年にも同程度の規模で「東京地震」が起きており、その周期を考えると今この時も心配が拭えなくなる。もちろん東京のみならず、近世以降の地震を調べると各地で頻発しており、僕らがいかに歴史上の少ない情報しか知らない無知を思い知る。この列島には必ず地震が起こるのである。

「東日本大震災」から10年ということで、多くの報道番組や特集番組を目にした。しかし肝心なのは、今も続く日常から地震への備えを意識することだろう。今こうしている間にも、列島のどこかで大地震が発生するかもしれないのだ。もちろん「南海トラフ」を始め多くの地震予知が為されて喧伝はされている。昨今は「何十年以内の発生確率」などが提示されるが、降雨の確率以上に敏感には反応しづらい。諺に「天災は忘れた頃にやって来る」と云われるが、まさにそれぞれの歴史を省みれば多くの人々が地震に急襲されている。幕末の黒船来航で「尊王攘夷」が叫ばれる社会情勢の中、地震は容赦無く江戸を襲ったのだ。ある意味で「無情な自然」に見えるが、人間の愚かさが試されている気もする。安政江戸地震から166年、為政者も庶民もそんなんに進歩はしていないなどと考えたくもなる。

今あなたの住む土地にも
「大地が動けば地震と驚くが・・・」
いつも肝に命じたいこと。


tag :

10年目の14時46分

2021-03-12
「あの時」身体を震撼させた揺れ
やはりその時も友のカフェに避難
ただ「ひとりじゃない」と思いたくて

「あの日」誰しもが「その時どうしていたか」を鮮明に記憶しているとき。東京の自宅マンション近くの大通りの交差点で、街灯はメトロノームのように揺れ角の銀行のガラスが割れんばかりに軋み、僕はただ無力で小さな自分の身をどうすることもできずに立ち尽くした。幸いにあまりにも幸いに、命に別条はなく怪我に見舞われることもなく、その交差点での揺れは収まった。すぐに自宅に引き返すがもちろんエレベーターは緊急停止状態、12階まで階段を駆け上がり自宅内の状態を確かめた。玄関や寝室それにリビングは大きな変化はなかった、ただ42型のテレビはキャスター付きの台座のまま回転し背中をこちらに向けていた。むしろ回転できる「遊び」があったから転倒しなかったのだろう。だが書斎のドアを開けると本棚が尽く倒壊し、何よりも大切な書籍類が散乱し机上のPCは辞典類に押し潰されていた。しかし、自宅にいたらこの書斎を護らんとして命が危なかったかもしれないと、喩えようもない恐怖を覚えた。

そのまま自宅になどいることができず、徒歩10分以内で行けるその数年前から友だちとなった店主が経営するカフェに行った。夜の8時近くまでそこに滞在したであろうか、したがって地震直後のTV 報道はあまり目にすることもなく、スマホでSNS情報を中心にこの歴史的時間を過ごしていた。まかり間違うとパスタ釜の熱湯を浴びていたかも、そんな店主の恐怖体験も耳にして、すべての人々の命が紙一重な運命の中で生かされているのだと自覚した。こんなあまりにも安全な都会での「あの日」の体験、その時間にも多くの人々が想像もできない津波に命を押し流されていた。その後しばらく、余震も絶えず頻発する東京で、12階の自宅にいることに恐怖を覚えた。夜になると毎日のように懇意にするワインバーに出向き、親友からは「そこが家みたいですね」と言われたりした。「ひとり」でいることの無力感と恐怖感、人は何よりも自らを委ねられる「人」が必要なのだと痛感した。

10年目の14時46分は偶然にもやはり「友」といた
自然は容赦なく予告なく「人」に襲いかかる
それゆえに大切なのは「人」と「人」との繋がり以上のものはない。


tag :

10年76年153年ー時の距離を思う

2021-03-11
東日本大震災から10年
第二次世界大戦から76年
明治維新から153年

本日、東日本大震災の発生から10年の月日が経過した。僕はちょうどその時、中高一貫校の専任教員を辞した年でもある。その後2年間の非常勤講師経験を経て大学専任に採用され、今やすっかり大学教員としての歩みが定着した感がある。これが10年という時間の実感である。基本的な生活感覚が覆される、僕は人生の仕事の上でそれを経験してきた10年でもあった。だが東日本大震災の甚大な被害に遭われた方々にとって、「生活感覚」では済まされない人生の変転の時であったことを最近の報道などを目にして痛感する。「あの日のままの10年」、復興を喧伝するのはある意味で簡単かもしれない。むしろ「復興」などという看板を掲げていることそのものが、「他人事」にしか見ていない証拠のようにさえ映る。被災した方々個々の終わらない10年、これからの時に思いを致す。

昨日は「東京大空襲」から76年目であった。東京の下町で育った僕にとって、その慰霊の思いは幼少の頃から強い。現在生活する宮崎も、この3月には大きな空襲を受けている。76年前に生活をしていた人々の恐怖を、僕らは想像ながら次世代にも引き継がねばなるまい。決して76年という時間によって「絵空事」にしてはならない、この国で生きるためのDNAのような歴史的体験だ。76年を倍にすると152年、明治維新から153年目であるからほぼそこに到達する。「10年」が7・8回繰り返され第二次世界大戦、15回繰り返されると幕末江戸に至る時間的距離が感覚として捉えられる。若山牧水(明治18年生)を深く研究するようになってから、「近現代」を歩んで来た「自分たち」を意識するようになった。牧水の「曾孫」の世代として、歴史を生きる「われ」を深く自覚したい。

「今日」が歴史になるかもしれない
「近現代」で人間が犯した罪が顕在化する昨今
自然が警鐘を鳴らし「自分たち」に困難を与え続けるのはなぜだろうか?


tag :

転倒と落下なきように見直そう

2021-02-16
震度6強のちからの凄まじさ
過去の経験と仲間の苦闘を教訓に
家具転倒と落下物がないか点検しよう

昨日の小欄にも記したが、今回の東北地方を襲った地震で研究仲間の苦闘を思うと言葉に表現できないほどにその辛さを痛感した。僕たちの仕事は書籍と向き合うことにあり、身近に多くを所蔵しておく必要がある。その数は学術雑誌などを含めて、日々増えているわけである。10年前の東日本大震災の折に、東京のマンション12階で震度5強を被災した僕は、聊かを実家に残しつつほぼすべての蔵書をスライド書棚などを駆使して所蔵していた。スライド書棚は棚を横に滑らせることで壁面積の3倍ほどの所蔵が可能な優れものとして買い揃え重宝していた。しかし残念なことに長周期震動と云われる長い揺れには脆弱で、スライド部分から次第に本体から外れてしまい雪崩のように転倒を繰り返したのであろう。幸い自宅にいなかった僕は、その大切な書棚の倒壊に身体を張らずに済んだことになる。

大型辞書などもある書棚の破壊力は凄まじいものがある。両側に書棚がある場所にあるプリンターなどの機械類を尽く破壊させてしまった。書棚の扉にガラスがあるものは飛散し、まさに足の踏場がない惨状であった。これは何も僕の書斎のみではあるまい。当時、母校の研究棟に行くと、多くの先生方の研究室が「シェーカーで振られたよう」と比喩され、業者の方々の補助がなかれば復旧できない状態であったと記憶する。特にビル建物の6階以上で、その揺れによる被害が大きいこともわかった。さらには僕の書斎の経験からすると、揺れの方向(海溝型地震の場合、大抵が海から山方向に揺れる)に対して書棚や食器棚がどのように置いてあるかも重要である。そんなことを考えて、現在の僕の研究室を検証すると、書棚の上などに危険が少なくないのに気づいた。もちろん転倒防止器具も装着しており、施設管理の検査も受けているのではあるが。やるべきことはまずは紙資料のデーター化ではないだろうか。この春休みの大きな宿題をもらった気がしている。

PC機材に物が落下せぬよう
自宅の蔵書は書棚専用の部屋のみ
日向灘に震源がある宮崎では決して他人事ではない。


tag :

「やさしい夜遊び」の最中に地震が

2021-02-14
放送中に東京でも長い揺れが
東北地方を震度6強が襲う
桑田佳祐さんのラジオに流れる「港町ブルース」

昨夜11時7分頃の東北地方を襲った地震は、震度6強マグニチュード7.3であったようだ。しばらくは同程度の地震に警戒と気象庁は伝えている。休日の寝込みを襲うような時間帯、僕は「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を聴きながら「今揺れてますね、東京地方!」という桑田さんの生の声でその一報を知った。「東京でこんなに揺れるのは久しぶりだ」という桑田さんの声に様々なことを予想した。首都直下系なのか?あるいは千葉・茨城沖系?はてまた10年前と同じく東北沖系なのか?10年前のあの日に仕込まれた感覚を呼び覚ますような出来事である。テレビを即座に点けると福島沖震源の震度6強、あらためて地震列島であるこの国を憂えた夜となった。

「やさしい夜遊び」では「我が心の男性ボーカル特集〜邦楽篇」という内容であって、リクエストとともに桑田さんが推奨する日本の歌手の曲が掛かっていた。奇しくも森進一さんの「港町ブルース」がかかり、「宮古・釜石・気仙沼〜」が森さん独特のあの声で流れた時には、今回の地震で被害はないものかとあらためて宮城・福島の安寧を祈った。DJとして桑田さんも語っていたが、昔は恋心に寄せて全国の港町を旅するような曲があったものだ。他にも堺正章さんの「さらば恋人」内山田洋とクールファイブ「噂の女」そして、北島三郎「帰ろかな」など昭和の名曲が並んだ。いずれも演歌として日本の津々浦々の酒場で流れた楽曲であろう。この列島の人々が音楽で繋がっていた往時を、羨ましく思う「夜遊び」であった。

新型コロナに加えて再び地震が
福島も聖火リレーの出発やソフトボールの会場なども
あらためて10年という自然のちっぽけな時間の中にいる自覚を。


tag :

東京一極集中の罪

2020-07-11
「さすが徳川家康!
 台風の被害もなく暮らしやすい」
 しかし江戸の町ならまだしもあまりに肥大化した都市で

生まれも育ちも東京下町の僕にとって、幼少の頃からTVで自然災害のニュースを観るたびに「なんと東京はありがたいことか」と思っていた節がある。父母もよくそんなことを口にして、「徳川家康はよくこの江戸に都を持って来たものだ!」などと家族で感心していたことが記憶にある。今にしてよくよく考えてみると、「下町」は東京の東に位置し「江戸」の範囲であった日本橋から浅草・上野を中心とするエリアで、僕ら家族はこの「江戸」の地域を「東京」だとする感覚だった気がする。徳川幕府が直轄地として治められる範囲、それが明治以降の近現代化の波の中で肥大化し続け省みられることもなく150年以上が経過した。もちろんその間に関東大震災や第二次世界大戦による壊滅的な被害があっても、上塗り上塗りを続け「東京」を「スリム化」しようなどとはならなかったことが、今や仇となり突きつけられているように思う。

東京の新型コロナ感染者の数が日に日に増え、過去最高を更新している。国も「緊急事態宣言発出に至る状況ではない」と言い、都もパフォーマンスまがいの都庁やレインボーブリッジを赤くライトアップすることもしようとはしない。「あの頃」とは「状況が違う」ということらしいが、「何がどう違うのか」はほとんど説明されていない。3月末に現状の東京並みの数値に至った際には、「今が瀬戸際」だと聞かされた。だが現在は入場者数を制限しつつイベントは解禁され、「旅行に行こう」などと喧伝するキャンペーンまで国が主導している。人を集め人を移動させ、経済を「力強く回す」ことが最優先であるかのようだ。もちろん経済の低迷は、多くの人々にとって苦難に直結する優先事項であるとは思う。だがしかし、僕にとって愛すべき故郷・東京で感染者が激増する実情を憂えないわけにはいかない。Twitter等で示される個人的に信頼している有識者の見解を見ると、東京は既に「市中感染」が起き「第二波」と呼んでもおかしくなく、「地方からの往来は避けるべき」とされている。僕が3.11以降に深く思索した東京一極集中の過誤が、今こんな形で首都を蝕んでいる。2003年SARSの東アジアでの流行、2009年新型インフルエンザのパンデミック経験、そして3.11震度5強の経験から、ほとんど何も学ばず何も改善せず2020に至っていることが露呈された。妹や親戚・親友たちが生きる東京、いま僕は宮崎に両親とともに住んでいることに深い幸せを感じつつ、愛すべき人々の顔を思い浮かべ東京の辿る道を憂えずにはいられない。

首都直下地震の兆候もありと
今頃は東京五輪間近であった一極集中都市
御三家による継承権の分散、戦国の世でも肥大した城は滅びやすかっただろう。


tag :

賢明なる悲観主義者たれ

2020-03-26
「愚かなる楽観主義者たるより、
 賢明なる悲観主義者たれ。」
ある感染症専門家のTweetより

あらゆる事をさておき、世界人類の命と健康が最優先ではないのか?五輪が中止だの延期だの、「遅くとも1年後の夏まで」だの、どこがウイルスの発生国かなど、あれこれ応酬をしている時間があったら、眼の前の対策に万全を期さねばならない事態である。五輪を目指すアスリートたちや開催関係者はもちろん、聖火ランナーに決まっていた方々らにとっては真に苦痛の結論であろうが、既に人類は「何事も思い通りにならない」世紀を迎えてしまっている。五輪などは大きなイベントであるが、これだけが別格ではあるまい。既に一生に一度の卒業式などが中止となった学生もおり、また明日の生活に困るほど商売が困難に陥っている方々もいるだろう。この世界的な非常時に、予定通りに「完全な形で(五輪が)できる」と思っていた輩がいたとしたら、まさに「愚かなる楽観主義者」であろう。

こうした意味で先週末の東京の「気分」をTV映像で観た時、「危うい」と直感的に捉えたのは僕だけではあるまい。月曜日には東京在住の妹に僕は「今週は加速度的に感染者が増加するから注意するよう」というメッセージを送った。現実として日を追うごとに倍増の感染確認の報道、「首都封鎖」もあり得るとの都知事の会見である。日頃のあらゆる生活の場面で、「わからない事態」であれば情報を精査し賢明と思える判断を下した上で、「悲観的」に捉えて予防措置を講じた行動を採るようにしている。食品に含まれる農薬など化学的な影響、東日本大震災後の放射能線量の影響、生活習慣病のリスクや交通安全上の問題など、「賢明なる悲観主義者」として行動しているつもりである。かくいう僕の母校大学は、既に新年度の始業を「5月11日」まで二段階で(当初は4月20日)延長した。所在地である東京のこれからに対して「賢明なる悲観」の立場での対策ではないか。東京在住の多くの親類親戚・友人・知人らが心配だ。

されどそれは東京のみならず
今、自分がいる場所にも危険がある
あまりにも過酷な人類への警告に僕らは向き合わなければならなくなったのだ。


tag :

物語や演劇にあらずー9年目の14時46分

2020-03-12
快晴の宮崎の空
太平洋に向かって祈る時間
ニュースは物語や演劇にあらずして

「その時」の記憶が鮮明に消えない日時がまた巡り来た。「3月11日14時46分」宮崎に来てからは大抵が大学の研究室にいる時間となるので、太平洋が望める廊下の窓から祈りを捧げることにしている。東日本大震災で犠牲になった多くの方々のご冥福を祈るとともに、この国の様々な社会構造が誤った道を歩まないようにという思いを再確認するためだ。自然は大きく地を揺すり様々な建造物を破壊し、海の水は巨大な力で多くの人々を呑み込み、人類が成した脅威たる火を暴発させた。ならば「自然」が真犯人なのか?否、その東の海上の列島に住んでいるのは誰だ。地球規模で見たら僅かな時間の中にも、この列島での暮らし方を我々は多少なりとも叡智として学んで来たはずだった。「今」の繁栄のみならず、人類史としてこの列島にいかに住んだらよいのかを・・・

「文学」への逆風が特に教育分野で強まる時代。「事実」の「説明」とか、「根拠」ある「論理」こそが「学び」だと声高に云う輩がいる。だがしかし、誠に危ういのは「事実」や「論理」の「物語化・演劇化」ではないかと思う節に出会うことが、この9年間で急増して来ているように思われる。「物語・演劇」はもとより文学的な意味で、「現実以上の真実」を炙り出す深い叡智であるはずゆえ、その構造を逆利用して「現実を歪曲」しようとする悪意が跳梁跋扈していることを警戒したい。「物語・演劇」からすれば、いい迷惑なのだ。昨日のニュース報道の作り方を観ていて、こんな危うさを覚えたのは僕だけであろうか。新しく建造されたある地の駅舎は、ドラマのセットのように人影もなく撮影で利用されるのを待っているかのようである。この時宜にあって新型コロナ感染拡大の世情、自然は形を変え品を変え、我々人類に何かを訴えかけようとしているのだろう?その「何か?」に人類史という次元の広い視野をもって、応じなければならない時なのかもしれない。

地球が僕たちに言いたい聲を聴こう
「また」誤った歩みをしているかもしれぬ人類
14時46分の奥底にあるものを忘れてはならぬ


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>