FC2ブログ

東京一極集中の罪

2020-07-11
「さすが徳川家康!
 台風の被害もなく暮らしやすい」
 しかし江戸の町ならまだしもあまりに肥大化した都市で

生まれも育ちも東京下町の僕にとって、幼少の頃からTVで自然災害のニュースを観るたびに「なんと東京はありがたいことか」と思っていた節がある。父母もよくそんなことを口にして、「徳川家康はよくこの江戸に都を持って来たものだ!」などと家族で感心していたことが記憶にある。今にしてよくよく考えてみると、「下町」は東京の東に位置し「江戸」の範囲であった日本橋から浅草・上野を中心とするエリアで、僕ら家族はこの「江戸」の地域を「東京」だとする感覚だった気がする。徳川幕府が直轄地として治められる範囲、それが明治以降の近現代化の波の中で肥大化し続け省みられることもなく150年以上が経過した。もちろんその間に関東大震災や第二次世界大戦による壊滅的な被害があっても、上塗り上塗りを続け「東京」を「スリム化」しようなどとはならなかったことが、今や仇となり突きつけられているように思う。

東京の新型コロナ感染者の数が日に日に増え、過去最高を更新している。国も「緊急事態宣言発出に至る状況ではない」と言い、都もパフォーマンスまがいの都庁やレインボーブリッジを赤くライトアップすることもしようとはしない。「あの頃」とは「状況が違う」ということらしいが、「何がどう違うのか」はほとんど説明されていない。3月末に現状の東京並みの数値に至った際には、「今が瀬戸際」だと聞かされた。だが現在は入場者数を制限しつつイベントは解禁され、「旅行に行こう」などと喧伝するキャンペーンまで国が主導している。人を集め人を移動させ、経済を「力強く回す」ことが最優先であるかのようだ。もちろん経済の低迷は、多くの人々にとって苦難に直結する優先事項であるとは思う。だがしかし、僕にとって愛すべき故郷・東京で感染者が激増する実情を憂えないわけにはいかない。Twitter等で示される個人的に信頼している有識者の見解を見ると、東京は既に「市中感染」が起き「第二波」と呼んでもおかしくなく、「地方からの往来は避けるべき」とされている。僕が3.11以降に深く思索した東京一極集中の過誤が、今こんな形で首都を蝕んでいる。2003年SARSの東アジアでの流行、2009年新型インフルエンザのパンデミック経験、そして3.11震度5強の経験から、ほとんど何も学ばず何も改善せず2020に至っていることが露呈された。妹や親戚・親友たちが生きる東京、いま僕は宮崎に両親とともに住んでいることに深い幸せを感じつつ、愛すべき人々の顔を思い浮かべ東京の辿る道を憂えずにはいられない。

首都直下地震の兆候もありと
今頃は東京五輪間近であった一極集中都市
御三家による継承権の分散、戦国の世でも肥大した城は滅びやすかっただろう。


スポンサーサイト



tag :

賢明なる悲観主義者たれ

2020-03-26
「愚かなる楽観主義者たるより、
 賢明なる悲観主義者たれ。」
ある感染症専門家のTweetより

あらゆる事をさておき、世界人類の命と健康が最優先ではないのか?五輪が中止だの延期だの、「遅くとも1年後の夏まで」だの、どこがウイルスの発生国かなど、あれこれ応酬をしている時間があったら、眼の前の対策に万全を期さねばならない事態である。五輪を目指すアスリートたちや開催関係者はもちろん、聖火ランナーに決まっていた方々らにとっては真に苦痛の結論であろうが、既に人類は「何事も思い通りにならない」世紀を迎えてしまっている。五輪などは大きなイベントであるが、これだけが別格ではあるまい。既に一生に一度の卒業式などが中止となった学生もおり、また明日の生活に困るほど商売が困難に陥っている方々もいるだろう。この世界的な非常時に、予定通りに「完全な形で(五輪が)できる」と思っていた輩がいたとしたら、まさに「愚かなる楽観主義者」であろう。

こうした意味で先週末の東京の「気分」をTV映像で観た時、「危うい」と直感的に捉えたのは僕だけではあるまい。月曜日には東京在住の妹に僕は「今週は加速度的に感染者が増加するから注意するよう」というメッセージを送った。現実として日を追うごとに倍増の感染確認の報道、「首都封鎖」もあり得るとの都知事の会見である。日頃のあらゆる生活の場面で、「わからない事態」であれば情報を精査し賢明と思える判断を下した上で、「悲観的」に捉えて予防措置を講じた行動を採るようにしている。食品に含まれる農薬など化学的な影響、東日本大震災後の放射能線量の影響、生活習慣病のリスクや交通安全上の問題など、「賢明なる悲観主義者」として行動しているつもりである。かくいう僕の母校大学は、既に新年度の始業を「5月11日」まで二段階で(当初は4月20日)延長した。所在地である東京のこれからに対して「賢明なる悲観」の立場での対策ではないか。東京在住の多くの親類親戚・友人・知人らが心配だ。

されどそれは東京のみならず
今、自分がいる場所にも危険がある
あまりにも過酷な人類への警告に僕らは向き合わなければならなくなったのだ。


tag :

物語や演劇にあらずー9年目の14時46分

2020-03-12
快晴の宮崎の空
太平洋に向かって祈る時間
ニュースは物語や演劇にあらずして

「その時」の記憶が鮮明に消えない日時がまた巡り来た。「3月11日14時46分」宮崎に来てからは大抵が大学の研究室にいる時間となるので、太平洋が望める廊下の窓から祈りを捧げることにしている。東日本大震災で犠牲になった多くの方々のご冥福を祈るとともに、この国の様々な社会構造が誤った道を歩まないようにという思いを再確認するためだ。自然は大きく地を揺すり様々な建造物を破壊し、海の水は巨大な力で多くの人々を呑み込み、人類が成した脅威たる火を暴発させた。ならば「自然」が真犯人なのか?否、その東の海上の列島に住んでいるのは誰だ。地球規模で見たら僅かな時間の中にも、この列島での暮らし方を我々は多少なりとも叡智として学んで来たはずだった。「今」の繁栄のみならず、人類史としてこの列島にいかに住んだらよいのかを・・・

「文学」への逆風が特に教育分野で強まる時代。「事実」の「説明」とか、「根拠」ある「論理」こそが「学び」だと声高に云う輩がいる。だがしかし、誠に危ういのは「事実」や「論理」の「物語化・演劇化」ではないかと思う節に出会うことが、この9年間で急増して来ているように思われる。「物語・演劇」はもとより文学的な意味で、「現実以上の真実」を炙り出す深い叡智であるはずゆえ、その構造を逆利用して「現実を歪曲」しようとする悪意が跳梁跋扈していることを警戒したい。「物語・演劇」からすれば、いい迷惑なのだ。昨日のニュース報道の作り方を観ていて、こんな危うさを覚えたのは僕だけであろうか。新しく建造されたある地の駅舎は、ドラマのセットのように人影もなく撮影で利用されるのを待っているかのようである。この時宜にあって新型コロナ感染拡大の世情、自然は形を変え品を変え、我々人類に何かを訴えかけようとしているのだろう?その「何か?」に人類史という次元の広い視野をもって、応じなければならない時なのかもしれない。

地球が僕たちに言いたい聲を聴こう
「また」誤った歩みをしているかもしれぬ人類
14時46分の奥底にあるものを忘れてはならぬ


tag :

デマを見抜くために

2020-03-10
苦境の際につけこんで
デマによる付和雷同にはご用心
古典は語る「世に語り傳ふること」

「仕方ない」とは思いながらも、新型コロナ感染拡大で日常が失われてしまったことに気が滅入る日々である。通常であればここまでは仕事が進んでいたであろうと思いつつ、卒業式など大学の諸々の対策に時間を要し頭を悩ませる時間と向き合っている。さらにはTV報道などを観ている折にこみ上げてくるやり場のない怒りは、心を引き裂くようなダメージを受けているような気がする。対策措置の是非はもとより、この世界的な苦境にしてデマなど人を騙す行為のニュースなどを観ると甚だ心が痛む。昨日の地方版県内のニュースでも、「水道水へ・・・」といったデマとその対応をすべきと持ちかけるという詐欺に用心すべきと報じられていた。まったく悪質極まりない愚行に、またやり場のない怒りがこみ上げる。

嘘やデマの被害に遭う確率を減らすには、次の要点を見極めるとよいと笹原和俊氏の著書にあるというWeb記事を読んだ。又聞きとなるがその要点とは、「証拠」「情報源」「文脈」「読者」「目的」「完成度」であると云う。「証拠」は「根拠」とも置き換えられるであろう、その報じられた事態に「なぜ?」という疑問を常にぶつけてみること。「情報源」は「証拠」にも連なるが、「誰が?なんのために?」流した情報なのかと考えること。またTVのインタビューなどの編集も危険極まりないが「文脈」が無視された悪意ある情報の切り取り発信は特にご用心。そして自らも省みて「誰を対象に発信された記事か?」と情報の「読者」傾向を見定めること。そして詐欺的な「目的」ではないか?と疑問視することを忘れず、情報内容の常識さを見極めて「完成度」から嘘を見破ることも必要だということだろう。あなたは小欄に書いてあることを、「どう?」読んでますか?

スマホが身近になったゆえに
Web記事の悪意、TV番組制作編集への恣意
大量情報時代にあって、『徒然草』の「多くはみな嘘言なり」が響くのはなぜ?


tag :

家族を見つめる

2020-03-08
新型コロナ感染対策
家に籠りがちな日々にて
家族を見つめ直してみること

「正念場」とされる「ここ1・2週間」のうち、ほぼ1週間は経過したのであろうか。事態は沈静化どころか各都道府県での感染拡大は治まらず、以前は県知事が発表していた感染者確認を、市長や保健衛生関係の担当者が行う会見も報道を見る限り目立つようになった。日本地図に感染者数が示されるのもよく目にするが、既に都道府県ごとの感染者の有無が問題となるわけでもあるまい。ライブハウスにおけるクラスター、スポーツジムにおける濃厚接触者などが盛んに報じられるが、ライブハウスやスポーツジムが悪いわけではない。全世界で10万人とされる感染者のうち、その一部として僕ら個々人がこの感染症とどう向き合うかが問われている。今後のPCR検査が増加する上での観戦推移を注意深く見定めたい。

全国的な学校の休講措置やテレワークの推奨という状況で、家庭内に籠る家族が多いようだ。だが籠ることも叶わず、仕事場や児童クラブに身を置かねばならない親や子どもたちも少なくない。現況のこの国の「家族」の多様さがどのようの実情にあるのか?何よりそこに思いを馳せるべきであろう。このような不意の予想外(否、予想はしておかねばならなかったはずだが)の感染症の流行という事態に、政治・社会の実態や実情そして真価が図らずも炙り出されているように思えてならない。さらにいえば、個々人の社会への向き合い方が、皮肉にもあからさまに問われているのだろう。ここでこそ見直したいのが、自らの家族ではないだろうか。感染の状況から鑑みれば、夫婦関係は確実な「濃密接触者」であるのだ。その運命共同体の相方といかに語り合うか、親子関係なども含めて今こそ「家族」を問い直したい。

籠るゆえに話す機会が大切
相方を尊重し生きるためにも
感染症は、人類の「愛」を試しているのかもしれない。


tag :

境や枠組に護られるわけではない

2020-03-06
県ごとの感染者数の色別表示
国ごとも同様に赤玉の大きさによる表示も
どんな場合でも当事者意識を持ちつつ

既に病原体には接している、という意識を常に持つべきなのだろう。もともと日常生活での手洗いの励行は怠らなかったが、ここのところ手が荒れてしまうほどの回数を洗うようにしている。だがそれで手が赤切れになったりするのも、本末転倒の危険性がある。感染症と闘う「清潔」「衛生」とは、どんな状態がよいのかと考えさせられる。一昨日の夜、地元TV局のニュース放映中に速報が入り、宮崎県内でも初の陽性が確認された。メディアの報道はいづこの都道府県で何人かということを色分けし、感染し陽性反応が確認されると都道府県知事が会見を開いて発表している。感染症の性質として「地域性」が高いのは百も承知であるが(「クラスター(集団感染)」の発生自体が「地域性」とも考えられる)、どこかで「自分の住む県はまだ出ていない」という根拠のない安堵感を持っていた己を省みたりもする。

だがしかし、県内で陽性が確認されたことと、病原体が存在するか否かは別問題ではないかと思っていた部分もある。生活の様々な局面で、既に病原体に接しているという緊迫感をもって手洗いを励行する意識である。これほどに網の目のように、これほどに高速化した交通網を整備してきた近現代化においては、境や枠組によって感染症を防御できるわけはないと考える方が穏当ではないか。約10年前の「新型インフルエンザ」の際でもまさにそうであったが、「水際対策」に執心することの虚しさを禁じ得ない。その整備された流通の恩恵に、我々の日常は支えられているという皮肉。今回もトイレットペーパー不足のデマによる買い占めという愚行は、病原体の流通は何としてでも阻止したい気持ちで、紙商品の流通は絶え間なく順調であることを願う矛盾に満ちた庶民の行動に見える。元来が人為的に引かれた「県境」「国境」がそこにあるだけで、我々はその「越境」の恩恵の中で生きている。ゆえに「境」や「枠組」が僕らを防御してくれる、という発想自体が前近代的とも言えるのではないだろうか。

今あかときの鐘が響く
「この世間」に生きている自分
政治・社会そして近現代の矛盾が次々と暴かれている。


tag :

教育の質保証はどうなるのだろう?

2020-03-03
一斉休校に入る問題点は
子どもたちの居場所・親の休業補償
何より貴重な教育機会が失われることでは

首相の急な要請を受けてから週末のみの短期間を跨ぎ、全国の小中高校が一斉休校に入った。首相は、休校期間の子どもたちがどこでどのように過ごすのか、また親が仕事を休業したことへの賃金補償などに制度を創設して取り組むのだと言う。学童保育の拡充や学校教員の派遣、正規非正規を問わない休業補償などが言葉の上では語られている。学校という場に多くの子どもたちが一堂に会するゆえに「集団感染のリスクがある」から未然に防ぐと言うのだが、学童保育で集団が集まることとどれほどの違いがあるのだろうかと単純に疑問を感じる。教室での授業を中心とした活動と学童保育での活動内容を比較すれば、前者の方が感染リスクが少ないのではと考えるのは、現実的な判断ではないのだろうか?多くの共働き世帯が休業を余儀なくされることで、中には看護師に休業の割合が多いことで診療を縮小した病院もあると聞く。

概ねメディアなどが指摘する今回の休校措置への問題点は前述のようなことであるが、何より子どもたち当人たちから貴重な教育機会が失われたことへの保証はどうなるのだろうか?小学校6年生などが突然に「クラスで学ぶ最後の一日」を宣言されて、友人らとの時間を奪われたことは取り沙汰されるにしても、残りの約1ヶ月で学ぶべき目標や内容をいかに保証するか?ということが議論されることはほとんどないように思う。これは「思い出」とか節目の儀式ができないことへの感情的な問題ではなく、一定の時間量にこだわって教育の質を保証せよという現在の教育の方針にも大きく矛盾することであるように思われる。さらに言うならば、これが先の見えない事態であるからこそ一層深刻なのである。「授業」そのものに凝縮して考えるならば、年間の「振り返り」「まとめ」の部分が実施されない。その「授業」を眼の前にしたら指導主事なら必ず、異を唱えるであろう。日常から現場の「授業研究」などで指導要領に則した教育の質保証を考えている身として、何より教育機会が失われたことが最大の問題ではないかと思ってしまう。さらに言うなら、「そこ」にまったく考えが及ばない社会そのものが誠に危機的であると感じざるを得ない。

将来を担う子どもたちにとって
大きな損失となることをどう補うのか
今、社会そのものの質が試されている。


tag :

流言に動じない意志と生活

2020-03-02
いかに社会が流動的であっても
動ぜず冷静さを保つ意志と生活があれば
この国の良いところも悪いところも

当時小学生だった僕は、商店街の個人経営総合店「上代(かみしろ)」へ母とともに赴き、トイレットペーパーを2セット左右の手に持って帰宅した記憶がある。昭和48年、長嶋茂雄さんが引退する1年前、オイルショックによる紙不足への不安からこの国の巷の庶民は「買い溜め」に走ったのだった。小学生の記憶ながら確か買い出しは1回きり、2度目はなく特に紙が不足して個室内で苦労した記憶もない。その当時と比較すれば個人のスマホ所有などで、どれだけ情報化社会になったか計り知れないのだが、今回もまた同様の「買い溜め」傾向が生活用品大型量販店や大手の薬局などでも起こっている。昨日、まったく日常の買物のために量販店に行って、その光景を目の当たりにした。またテレビでは、マスク不足で店の前で奪い合い殴り合う客同士の映像が紹介されていた。我々の「時代(歴史)」からの学びは何か?と思ってしまう。

船が沈没しそうな局面に遭遇したとして、各国の乗客を海に飛び込ませる際に船長は何と声掛けをしたらよいか?という有名なジョークがある。米国人には「あなたは英雄です」、英国人には「紳士です」、独国人には「船の規則です」伊国人には「女性にモテます」そして仏国人には「何も言わない」と飛び込む行動を決断すると云うのだ。では日本人はといえば、「みんなが飛び込んでます」と言うのがオチとなる。命を左右する危機的な局面で、「みんな」が採っている判断を根拠にすると云う、日本人の横並び意識への皮肉である。今回はSNS等による個人での情報発信が旺盛な時代となって、流言の伝達・拡散が迅速で「みんな」がどうしているかが、いち早くわかるようになった。紙製品のみならず、水やインスタント食品の在庫も少な目な印象を持った。災害等への対策を考えるならば、水など1週間程度の備蓄は、日常から施しておきたいことだ。決して個々人が、流言に左右される「みんな」になってはいけないのである。多くの人たちが「みんな」と云う意識を持ちながらも、問題なのは個々人の生活が多様化していること。もちろん地域性も多様であり、全国一律に「一丸となって」対応や判断をすれば乗り越えられる実情ではないことを自覚すべきではないか。個々人の判断が理性的であるはずのこの国において、まずは違った考え方の隣人との差異を意識しながら確固たる「自己」失わないことである。

異なる違うことを恐れない
自己の情報の精査を大切に
各国の社会の問題点がウイルスによって炙り出されると云う皮肉。


tag :

文化・娯楽そして教育

2020-02-28
「不要不急の外出」
「多くの人が集まる処」
「臨時休校」社会の構造を読むならば

本年のアカデミー賞各賞に輝いた韓国映画「パラサイト」は、「ネタバレ禁止」が厳格に示されているのであからさまに書けないが、韓国社会に限らず世界各国の社会構造の諸問題を普遍的に浮き彫りにした名作ということになるだろう。その衝撃の展開に、僕たちは多くを学ばねばなるまい。比較文学研究の手法からすると、異質な点ばかりを指摘するのではなく、共通性や普遍性がいかに見えるかを考えることで初めて違いも認識されるものだ。現状の新型コロナの社会的状況の報道でも、隣国である韓国の急速な感染拡大が取り沙汰され、「日本はまだそれほどではない」という安心感を助長しているようにも見える。だが、検査体制の違いや社会的習慣の違いを認識するとともに、感染拡大の要因の緻密な精査を各国共通の普遍的な視点から考えるべきではないか。韓国やイタリアの対応は、この国の大きな学びであるはずだ。

イベント・ライブ・スポーツなどは筆頭に中止か無観客となり、そして昨日は全国の小中高校への1ヶ月近くに渡る「休校要請」が為された。文化・娯楽・教育は止めても「社会は混乱しない」という認識があると受け止めていいのだろうか?この延長で考えるならば、終息が難しい状況を仮定すると、東京五輪も難しくなるという前提にもなりかねない。また子どもたちのいる多くの家庭において、1ヶ月にわたる臨時休校の措置は大きな生活上の負担となるに違いない。学校側としても中高教員をしていた身として考えると、年度末のこの時期に生徒たちの登校がないのは、次年度までも波及する困惑の因子が山積みとなる。一方、社会における経済活動は継続されたまま、停滞感のイメージがなきよう見せているようにも思えてならない。こうした社会情勢の中で、いつも多くの負担を強いられるのは「半地下の家族」なのである。現実の社会構造にどれほどの理解と敬意があるか?非常時の対応にこそ、その国の現在が見えている。

9年前に学んだことは?
11年前にも似たような社会が見えた
学びが活かされない先の見えない年度末である。


tag :

葛藤の中のジム

2020-02-25
市中は感染対策とエチケットと
されど免疫力を高める運動をすべく
栄養に妥協せず闘える身体を創る

ある県で電車内でマスクなしで咳をしていた乗客が近くにいたと云う理由で、緊急停止ボタンが押される事例があったと報道で知った。電車内という密室空間での咳やくしゃみはウィルスを撒き散らすことがTV番組で紹介され、「咳エチケット」という言葉さえも使用されている。くしゃみも「爆発力」があり、確か1.5〜2mほどは唾液や鼻汁などの粘液を含んで飛散するらしい。新型ウィルスにあらずしても、風邪などを他者に移してしまう可能性は自制すべきなのは社会慣習としても大切なことだ。この時季には花粉の飛散も始まり、くしゃみや咳(鼻や喉の粘膜への花粉の刺激による)も他の季節よりも多くなりがちである。かくいう僕もジムに行くと、どうも床のパンチカーペットの埃に反応してか、くしゃみを連発することがよくある。

この世情であるが、ジムにトレーニングに赴いた。ウエイトトレーニングのマシンなど、不特定多数の人々が手で接触し、汗や呼吸も普通の場所より頻繁で体液が飛散する可能性は高い。だが、元来は健康を創るための施設に行くことが阻害されるというのも矛盾があると思い、予定通りのパーソナルトレーニングを行なった。集団が密室で長時間の活動を行うことで感染のリスクが高まることは、国内外の事例を見ても明らかだろう。それゆえに個々の意識とエチケットなどが、日常以上に求められるはずだ。タオルを持参でくしゃみなどの防御、そしてアルコールティッシュ持参による手指消毒、水分補給の際のボトルなどの扱いも慎重でありたい。だが、考えてみればそのいずれもが日常的に行動すべきことでもある。栄養補給と免疫力の問題も含めて、風邪を引きやすいかどうかは日常の行動が左右するのではないか。ジムへ行きながらも、公衆衛生の様々な現在を考えさせられた。

帰宅して野菜と肉の鍋物
身体の健康を維持するための日常
市民として生きる僕たちの行動のあり方


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>