俳句と落語の共通点

2018-06-11
「囲いができたね」
「へえ〜」
小咄も余計な情報を極力削ぎ落とすこと・・・

先月も宮崎で独演会を開催した親友の落語家・金原亭馬治師匠が、「NHK俳句」にゲスト出演した。先月の段でも聊かその内容について話してくれてはいたが、実際に放送となりあらためて気付かされた点も多かった。冒頭に記した小咄は、ついつい「〈隣の空地に〉囲いができたね」などと〈  〉部分を入れてしまいがちだ。すると聞いたものは個々の内に、「隣」や「空地」のことを想像してしまい、肝心の「下げ」に集中しない場合があると云う。説明はせずに聞き手・読者の想像に委ねるという点で、俳句と落語には大きな共通点があると云うのだ。また所謂「比喩」に関していえば、何らかの「小道具(アイテム)」に託すというのも共通な方法。著名な「笠碁」という演目では、碁を打つ友人同士が「待った」に関して喧嘩となり、双方が二度と碁は打たないと豪語していたが、相手の家に「煙管入れ」を忘れてしまう。その心は「日常で必ず必要ではないが、なければ淋しくてたまらない」ものという趣旨が、双方の友人の存在と重なり合うのだと云うことだ。

「小道具(アイテム)」一つに「比喩」を込める、このあたりは短歌以上に俳句の読みの上で重要であるということになるだろう。また、講談と落語の違いについても師匠から実演を含めた紹介があった。講談は「よむ」ものでナレーションで話す、落語は「語る」もので登場人物に語らせる、といった違いがある。所謂、場面を説明していくか、それとも劇仕立てで再現するか、といった違いとなると云うわけだ。この点は「描写」を考える上で、大変参考になった。番組後半では馬治師匠自身の俳句「青あをと髪刈り上げて梅雨よ来い」が紹介され、選者の添削が施された。「梅雨よ来い青あをと髪刈り上げて」と結句を初句にに上げるだけで、大変引き締まった句になるものだ。これは短歌においても上の句と下の句を反転させる推敲が有効である場合があるのと共通している。選者の添削において、「犬猫と」とすれば作者が句の中に、「犬猫は」とすれば句の外に、といった助詞使用の指摘なども参考になった点である。

短歌ができない時には俳句を読んでみる
日本の短詩系と話芸・落語との交響
馬治師匠が僕に曰く「短歌は落語に出づらいですね」


スポンサーサイト
tag :

芸術稽古は歩いて巡って

2018-05-22
座って固着する思考回路
歩くことで動かす脳細胞
落語家さんの芸術稽古に学ぶ

地元・清武での独演会を終えて、親友の落語家さんがもう1泊自宅に滞在した。月曜日は通常午前中に講義はないが、附属小学校の先生に依頼した実地指導が2クラス合同であり、彼を家に置いたまま出校した。彼はこの日も夕刻に高座があり、どうやら新しい演目の掘り起こしを行なう企画会だと聞いた。そのため、僕の自宅に滞在する午前中から昼にかけてを、「家で稽古をさせてください」と言っていた。その稽古の様子を見たいと思いながらも、出校しなければならないことと、彼も人が見ているのでは稽古にならない様子もあり、僕自身の好奇心をひとまずは封印しておくことにした。

午前の要件を終えて、彼を空港まで送る時間になったので帰宅した。家の前まで車を走らせると、彼がそのあたりの道路をぐるぐると巡り歩き、何やら様々な表情をしている様子が見て取れた。彼も僕の車に気づき、僕も車庫に車を入れた。「それでは空港まで行きますか」となって、「稽古は十分にできた?」と聞くと、「ええ、このあたりでやってましたよ」と自宅前の路上を指差し、「変質者に思われなかったかな?徘徊してブツブツ言っていたから」と笑顔で答えてくれた。「そうか!稽古は座ってやらないんだね。」と僕が聞くと、「芸術の稽古は歩きながらがいいですよ」と、脳内が固着するごとく身体を静止させておいては稽古にならないと言うのである。かの牧水も「短歌ができない時は散歩」と自著『短歌作法』に記している。やはり芸術稽古は「動きながら」が得策のようだ。

短歌作りも「運動不足」になる勿れ
脳細胞の活性化は動いて動いて
人間として動物として生き物としての本能を、疎かにすべきではないのだろう。


tag :

主体的に詰め込めばよしー「金原亭馬治独演会」清武町

2018-05-21
ガールスカウト宮崎県第15団
45周年記念事業「金原亭馬治独演会」
ガールスカウト団員の一席に考える

約3年越し計画の独演会開催当日となった。もう3年も前のことだ、僕の大学公開講座にいらしてくれたガールスカウト世話人の方が、金原亭馬治師匠の落語に惚れ込み、ぜひ「記念事業」での独演会をお願いできないかというご依頼をいただいた。地域の方に僕自身が展開する人的資源を提供し、さらにその内容を地域の人々に還元することが実現して、公開講座の理念としてもありがたい展開であった。その交渉の過程で、世話人の方が「ぜひ団員の子どもにも落語をやらせたいのです」というご相談をいただいた。馬治師匠は関東で活躍するゆえ、頻繁に宮崎で稽古をつけてもらうわけにもいかない。(当初はそんなご要望もいただいていたのだが)相談を重ねるうちに、落語のCDなどの音源を使用して落語ができそうな子どもに覚えてもらいます、ということになった。それでもなお、世話人の方は子どもが本当に落語ができるようになるのか、不安で一杯のようであった。

さて昨日となり、午前中に記念式典に続き馬治師匠の「落語入門」で「牛褒め」、その後、前述した団員の中学生による一席の時間となった。演目は「時そば」、言わずと知れた落語の定番名作である。「そばぇ〜」と開口一番呼び込み声もよろしく、高座名「三日月亭こんぺいとう」さんは蕎麦屋と客との絶妙なやりとりをみるみる展開してくれた。ほとんど言葉に詰まることもなく、1月から覚えはじめたというが堂々たる一席であった。その後、馬治師匠から講評、蕎麦を食べる所作などをはじめとして公開稽古の一幕もあって、和やかな雰囲気のうちに記念事業の前半もお開きとなった。昼休みとなって馬治師匠が、「詰め込みがいけないわけではないですね」という趣旨のことを言った。「こんぺいとうさん」の好演に現れたように、発表機会があって聞く人との関係性が充実しており、「詰め込んで」いるうちに内容に興味を持つような過程であるならば、「詰め込み」もまたよしということであろう。小中学生のうちは頭も柔らかくなんでも吸収できる時期、問題は強制や抑圧的に「させる」からであり、落語のような音声言語も読書による文字言語も際限なく詰め込むべきではないのだろうか。「詰め込み」が「悪」なのではなく、それを扱う指導者の姿勢に問題があったということだ。

午後は独演会「子褒め」「片棒」「天狗裁き」
お仲入り前に「落語トーク」の聞き手を僕も務めた
大学の地元・清武町の方々に馬治師匠が豊かな笑いをもたらせてくれた。


tag :

「囲碁よろしく」はまぐり碁石の里で金原亭馬治落語会

2017-07-29

日向産はまぐり碁石
名物「碁縁釜飯」
その里で金原亭馬治落語会開催

日向が碁石の産地だと、ご存知であろうか?しかも日向灘で漁れる蛤を材料に、かなり上質な碁石が古来から製造されて来たと云う。いまその伝統工芸をもとに「はまぐり碁石の里」が活気を帯びて来ている。数ヶ月前には「碁縁釜飯」を発売して、日向駅などで発売開始イベントも開催された。近くにはサーフィン世界選手権の会場にもなる名所・小倉が浜もある好立地である。その里を会場に、親友である落語家・金原亭馬治さんの落語会が開催された。ちょうど昨年11月にやはり日向市「ひむか-Biz」プレイベントで落語会を開催したが、その折に馬治さんがこの地をはまぐり碁石の産地だと知って、急遽、ネタを「笠碁」にしたご縁もあって、今回の落語会が開催される運びとなった。

会場は「寄席スタイル」にて、来場者には「碁縁釜飯」や飲物が配布され、飲食しながら落語を楽しんでいただくという形式。劇場のような場所では、昨今なかなか飲食というわけにはいかないが、江戸時代からの寄席というものは、こうして食べて呑んで落語にも酔うというのが粋なスタイルであったわけである。この日は前座に金丼亭イチローさんが「牛褒め」を、たどたどしい噺の運びながら、与太郎噺ならではの展開に「開口一番」の役割は果たし得たようである。お待ちかね真打・馬治さんはまず「お見立て」、廓噺としての花魁と地方訛りの登場人物の描写が絶妙である。こうした落語を聞くと、方言とは「キャラクター」なのだとつくづく感じられる。とりにもう一席はもちろん十八番「笠碁」、頑固な意地の張り合いをする碁の友人同士の気持ちのやりとりが絶妙である。言葉と表情と所作だけで、人間の心がこれほど表現できるのかと、あらためて学ぶことが多かった宵の口であった。

終演後ははまぐり碁石の里社長らと交流会
地元で様々な地域の活動に取り組む人々とまた「碁縁」がつながった
「囲碁(以後)よろしく」と日向の夜は更けた
tag :

寄席での役割と聴衆の反応

2017-05-27
すべてはトリのために
聴衆を聴く気にさせる食い付き役も
高座に上がって聴衆の反応をみて決める

親友の落語家・金原亭馬治さんと、今後の打ち合わせ時間をもった。その場に某大学の先生方と学生さんが一人やって来た。講義の一環ということで、学生さんは寄席を初めて観に来たと云う。馬治さんも次第にこの日の感想などを学生さんから聞き出しつつも、寄席の構造について話が及んだ。開演前の前座さんの位置付け、中には「時間になっていないのに始まっているのか?」と怒った客もいたと云う。だが、この「前座」効果は確かにあって、内容を聞いてもらうことを前提にしていないところが重要だと云う。開演15分前に実演されていることで、玄人が見ればその日の聴衆がわかると云うのだ。反応や落語への造詣、その聴衆の雰囲気で本番に入った時の話のネタなどが決定されていく。最近は僕も、「説明会」などで開始時間前に何らかの話を始めておく試みをしている。学生たちの聴く姿勢を確認するためである。

聴くことを前提としない前座は、噺家の道を歩む上で究極の修行だろう。その後、番組に入り最初に高座に上がる噺家さんの役目は、聴かない姿勢から「聴衆を引き戻す」転換にあると云う。マクラを振って更に聴衆の反応を見ながら、その日に適したネタを決定する。その後は、お仲入りまで色物などもありつつ、次第に客の熱を上げていくことになるが、その後は一時冷やしていくことが求められると云う。1日の寄席の番組が、常に集中した「聴く姿勢」であると、結果的に聴衆は飽きてしまいと云うこと。これは小中学校の45分や50分授業でもそうであり、ましてや90分の大学講義では、ぜひとも意識したい要点であろう。「授業には常に集中しろ」という教師が吐きがちな警句では、学習者はむしろ「集中できない」ということだろう。その日に一番肝心なことは、トリの噺を集中して聴く姿勢なのである。

落語に学んで既に7年の月日が
構造に所作、そして個々の演ずる語り
誠にあらためて学びの多い夜も更け、馬治師匠は誕生日を迎えた。
tag :

短歌と落語の交差点

2017-03-17
口誦性から歌は始発し
落語はもちろん江戸からの話芸
滑稽・洒脱な狂歌と落語のことなど・・・

「床屋政談」とはよく言ったもので、散髪をしながら世間話をするのが通例である。昨今では10分程度で済ませてしまう廉価な「コンビニ」のごとき床屋も見かけるが、髪結処は「政談」をしてこその場所と江戸時代から相場は決まっている。この日も、現在の政治への不信感が募るという話題やWBC日本代表のことなど、批判的な立場からの「政談」が続いた。その後は母校の図書館に立ち寄り、聊かの資料収集。さらには親友の落語家・金原亭馬治氏と、ある支援者の方と酒宴の席を設けた。落語にも時事ネタは付き物であるが、床屋も落語家も「お客様」には様々な立場の人がいることを忘れないのが重要だと云う。野球の「贔屓チーム」に対しては「中立的」であるべきで、政治に対してもある立場からの批判は避けるべきであろう。だが、その境界線上で対話する相手に適応した皮肉や洒脱が、求められるということだろう。これはある意味で、「教員」もまた同じである。

「洒脱」とは、「俗気がぬけて、さっぱりしていること。あかぬけしていること。さっぱりしていて、嫌みのないこと。また、そのさま。」(『日本国語大辞典第二版』より)とある。「聞くもの」を微妙にくすぐりながら、粋な計らいある会話ができる境地であろう。落語にはよくマクラに、狂歌がふられることがある。「傾城の恋はまことの恋ならず金持って来いが本当のコイなり」などは廓噺のマクラになる狂歌で、僕も嘗て一席でふったことがある。「風刺画」に見られるような滑稽さとともに訴える力が必要である。この日は短歌の口誦性・愛誦性と話芸としての落語のあり方などについて、僕の『短歌往来』掲載評論にも基づき様々な懇談に及んだ。ともに口誦性があるからこその効果や、「文字」として遺らないゆえの存在価値が江戸からの明治初頭まではあったわけで、あらためてその共通点などを考えるよい機会となった。

こうした関係から、僕の「短歌」主題のひとつである「落語」
口誦性と朗誦性についてさらに追究してみたい
酒の肴になる懇談もまた「後に遺らない」洒脱である。
tag :

落語構造と表現する学び

2016-11-19
「まえおき・まくら・本題」
自ら声で表現して構造を学ぶ
プレゼンや「授業」そのものに通ずる表現形式

金原亭馬治師匠、2016宮崎の最終日。雨模様の中、毎度ながら地元で名物のうどんを食し、この日は県立宮崎南高校へと向かった。宮崎南高校は、現在大河ドラマ『真田丸』で主役を務める堺雅人さんや、巨人軍コーチとしてグランド上に倒れた木村拓也さんの母校である。地元の県立高校の中でも、受験熱の高い名門校といえるであろう。今回は、2年生理系の1クラス25名を対象に「落語ワークショップ」を開催した。担当の先生がこれに連なる授業として、村上春樹の小説を教材にして、「語り」「まくら・本題の構造」「一人称視点」などの文学的理論を基盤に据えた学習を展開していた。僕自身も火曜日にその前提となる研究授業を参観させていただいていた。こうした「理論的理解」に及びことができるのは、やはり小中学校では難しく高校であるからだろう。入門の講釈も一席の内容理解も、深いところまで及んでいた印象であった。

馬治師匠の一席の後に、「文字原稿」を配布し班別に担当箇所を分担する。「まくら」の部分をはじめとして「牛褒め」という古典落語に登場する「与太郎」や「おとっつぁん」「おじさん」をペアの中で役割を決めて、まずは原稿の「音読」を繰り返して音声化の練習。1班あたりの担当箇所はそれほど長いわけではないので、高校生なら比較的短時間で「読める」ようになる。次第に原稿を左手に持ち、右手では身振り手振りの所作をするように馬治師匠の指導が入る。「与太郎」を中心とする滑稽な会話を、生徒たちは楽しそうに「演じ」始める。練習時間20分、その後最終リハーサル5分を取り全体発表の時間とする。噺の中に登場する「与太郎」などの人物呼称は、すべて生徒たちの実名で行う。「おい!与太郎!」という部分なら「おい!佳文!」という具合である。その現実感と噺の世界が融合した時、実に楽しい表現が展開する。馬治師匠をはじめとして、参観者からは大きな笑いが起こり、生徒たちも活き活きとその表現に興じた。だが参観者を含めて、眼前のリアルな表現よりも手元の文字原稿を追う人が多かったことには、「やはり」という僕自身の気づきがあった。最後の僕からの講評で「みんさんは、文字が好きですね」と問いかけると高校生は意味深に考えるような表情を浮かべた。まさにこれが「現代人」の大きな課題なのである。客観的に外側から「文字依存」の自分を高校生にも顧みてほしい。会の最後は、南高校の卒業生である「ひむかーBiz」センター長である長友慎治さんから、後輩へ贈る言葉。「宮崎を旅立ち広い世界を見聞してきたら、いつか宮崎に帰ってきて欲しい」という体験的なキャリア教育とも言える内容で、会はめでたくお開きとなった。

馬治師匠は宮崎空港から帰京の途に
僕は次なる仕事の担当会議へ
反省も多々あれど「落語」で宮崎を元気にする活動は、また来年も続く。
tag :

笑いのツボはどこにあるかー落語の対話性

2016-11-18
どこでどの程度笑うか?
聞き手の思考が浮かび上がる
落語の対話性から学ぶこと・・・

金原亭馬治師匠、宮崎での3日目。芸術家派遣活動として大学からほど近い木花中学校での「落語教室」開催となった。各学年ごとに「落語入門」で所作の紹介や落語が「想像力」に依存した伝統芸能であることを説き、その後の一席、最後に質問を受け付けるという流れを3回繰り返していただいた。中学生というのは、学年ごとに心身の発達が著しい時期である。僕が中学校教員だった頃のことを思い出してみても、それぞれの学年に応じて柔軟な対応が必要であったと記憶に深く刻まれている。個々を尊重しつつ学級をまとめるのには、教師として様々な苦労があったと振り返ることができる。この日の「落語教室」でも、それが実によく見て取れる流れとなった。小学生のようなあどけなさの残る中1、心身が大きく変化しつつある中2、そして既に「大人」へと足を踏み入れている中3。同時にそれは「落語」というものが、実に「聞き手」によって変化する「いきもの」であるかを痛感する機会ともなった。それぞれの笑いのツボや程度の記録からは、興味ある結果が出るのではないかと思われる。

夜は僕の公開講座「朗読で味わいを深める日本文学」で「古典落語の響き」を開催。平日19時からの開演となったが満員御礼。馬治師匠も昼の「落語教室」で喉に脂が乗ってきたのか、好調な語り口で合計3席の演目を披露してくれた。1席目「真田小僧」では幼少の子どもと父の関係が滑稽に語り出された。「親子酒」では大人になった息子と父の似たような酒飲みという性癖を露呈する関係が見事に描かれていた。「お仲入り」の後には母と子の関係を描く人情噺「景清」、これには「笑い」のみならず、ホロリと涙腺が緩む場面もあって奥深い公開講座となった。僕が教育学部所属ということもあって、「親子関係」をテーマにした3席を師匠は設定してくれたのだ。馬治師匠と話していると、やはりお客様の「笑いのツボ」を「マクラ」などの際に探りを入れて、それがその日の語り口に反映してくるのだいう。年齢や職業に生活環境が違う多様なお客様の場合でも、「マクラ」で個々の方々との「対話」があるということ。よくよく考えてみると、学校の「教師」はこうした「対話」に無頓着なことが多い。「聞かせる」のではなく「聞く気にさせる」ということに「学校」は、「教師」はもっと配慮すべきであろう。とりわけ「大学教員」こそ、今まさに落語の「対話性」が求められているはずだ。

公開講座後はゼミ生たちと馬治師匠との対話
「教師」を目指す学生だからこそ必要な「笑い」と「人情」を学ぶ
かくして馬治師匠の宮崎も最終日へ。
tag :

中学生に古典落語で「笑い」を

2016-11-17
頭の中で想像するから笑える
中学生から出された質問の数々
「いつ落語家になろうと?」等々・・・

金原亭馬治師匠、宮崎での2日目。共同研究の一環として、附属中学校でのワークショップを開催した。当初、全校を対象に体育館でという案を中学校側から提示していただいたが、やはり落語の場合は、500人近い中学生が舞台の上の落語家を遠目に見ながらというのは無理がある(特に学校体育館という状況では)と判断し、学年ごとに「武道場」での開催ということになった。師匠には3回も高座に上がっていただくことになり、聊か骨を折っていただくことにも相成った。中学校1年生から、回を追うごとに学年が上がっていく。「学校」という空間で生徒たちは「整列」すると自然に「硬直」した身体になってしまう。「体育座り」はその象徴的な姿勢であるが、まずは僕の「前説」で、少しでもその「身体」をほぐすように努める。それでも尚、中学校1年生などは師匠が入場してきても「拍手」をすることにも気が行かず、僕が「桜」として拍手をして導かなければならないほどの「硬直」が顕然としていることが印象的であった。「国語」などでは「豊かな感性を養う」などと目標に掲げてはいるが、「学校」はやはり根本的な「構え」を見直さなければならないのかもしれない。

師匠の「落語入門」トークは、「落語とはどんな芸能か」といった点からわかりやすく入り、幾つかの「所作」の紹介、「蕎麦の食べ方」などについては希望者を前に出して真似をさせ、会場の同級生たちも次第に砕けた気分になってくる。その後、中学生でも存分に笑える演目で一席。学年ごとに「笑い」のツボが微妙にズレることが観察できて、「言語感覚」という視点からの研究対象として大変興味深かった。何より師匠が繰り返し中学生に伝えたのは、「想像力」ということ。映像全盛の時代にあって「声」を聴いて場面を想像する力を育てるのは、誠に重要なことだ。そして各学年の生徒から様々な質問が出た中で、「いつ落語家を目指しましたか?」といった「進路選択」の質問が共通したのも偶然ではあるまい。また「落語は現代を題材にしたものもありますか?」という質問に師匠は、「あたしは古典落語を旨とする一門ですが、『古典』もできた当時は「新作」だったんです。それが面白いので語りに語り継がれて、いまは『古典』になっているんです。」というお答えに、「古典」のあり方を考えさせる内容が盛り込まれて、「国語」という観点でも大変意義ある会になった。

「笑う門には福来たる」
教師を含めてもっと「学校」に「笑顔」がなければなるまい
このくにの社会から「笑い」が少なくなったゆえに、「落語の力」を若い人たちへ。
tag :

金原亭馬治落語会「営業トークは落語で身につく」

2016-11-16
「マクラ」で相手が聞く構えがあるかを窺い
一人ひとりの眼を見て訴えかける
本題に入れば「物語」世界の中で存分に語るということ

数えること3年目、宮崎に落語家・金原亭馬治師匠が今年も来てくれた。過去2年はおもに小学校を中心にワークショップを行い、子どもたちに笑いを提供し「伝える」ことの大切さを訴えてきた。今年は来年1月に開所する「ひむかBizセンター」のプレイベントとして「落語会&トークセッション」を開催する運びとなった。それも宮崎県出身で東京でお勤めであった長友慎治さんが、公募で当該センター長に就任することになったご縁からである。長友さんんとも、馬治師匠を通してちょうど昨年の今時分、大学近辺で酒宴をともにして以来の友人であった。「土地の縁とは人の縁なり」と短歌にあるが、こうした人の繋がりがこの地方では温かく実に温かく存在している。それはこの日の観客のみなさんからも存分に感じ取ることができた。僕が所属する短歌会の方で日向市在住の方もわざわざ足を運んでくれたし、お開き後に玄関口でみなさんをお送りする際の笑顔や握手を求められる姿に、これぞ「人情」といったものを深く感じ入った。これが僕をして「いま生きるなら地方」と思わせる温かい要因である。

さて馬治師匠も大サービスで前半の噺を2席は「子ほめ」に「片棒」、後半は「笠碁」。お仲入り前には、僕が聞き手となり「営業トークは落語で身につく」を約20分ほど。まずは「相手を聞く気にさせる」コツが馬治師匠から披露された。「先ほどやった最初の噺であたしはみなさんのことを落語が聞けるか試しました」と笑わせつつ、「マクラ」で一人ひとりの眼を見ながら会場と「対話」していくコミュニケーションをとっていたとの弁。約150名から入った観客のみなさんを落語世界へ、馬治の世界へと引き込むことの大切さを説いた。無駄な洒落や聴衆に迎合した話題をふることなく、むしろ観客のみなさんに「突っ込み」も入れながら「くすぐる」ような感覚が、古典落語を旨とする馬治師匠の持ち味でもある。営業のみならず、相手を「聞く気にさせる」ということは「学校の授業」でも同様に肝心なことだ。「聞かせる」のと「聞き気にさせる」のでは、雲泥の差であることを授業者は知るべきであろう。トークの中でも「学校の先生は話が説明的でくどい」ということを僕自身が馬治師匠に入門した際に指摘されたことを、あらためて確認する流れとなった。相手の心を動かすのはこれに尽きるのである。同時に僕自身もトークセッションの聞き手として「多弁は無用」であることを再認識する機会となった。

最低限の表現で聞き手を前のめりにすること
短歌の表現にも通じる内容となって牧水先生ゆかりの地に花を添える
「日向の中小企業を笑いで元気にする」に貢献できればと、また来年の再会を願う宵の口。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>