日本一の「読書県」へ向けて一歩

2017-11-08
短歌県のみならず
目指すは日本一の読書県
推進事業に向けて手を携えて

宮崎県を「短歌県」にしたいと、俵万智さんが地元紙連載で話題にしてからおおよそ1年になる。自らが関わっているせいもあるが、毎月随所で「短歌関係」のイベントが開催されており、事あるごとに知事もそのような目標を口にしている。先月開催した和歌文学会大会もそのような趣旨を前面に出し、懇親会でやはり知事が「短歌県」への思いをスピーチしてくれた。また意外と県内でも知られていないのが、宮崎が「日本一の読書県」を目指しているということである。先日も大学附属図書館運営委員会でこの話題を提供すると、ほとんどの先生方や職員さんはご存知なかった。目標というのは、まずその標題そのものを口うるさいほどに事あるごとに喧伝する必要性を感じる。それゆえに小欄でも常に「短歌県」については語って行きたいと思うのである。

さて、本学には教職大学院があり現職の県内教職員の研修機能としても期待されている場となっている。そこでは県教育委員会から「実務家教員」として、任期付で大学教員に赴任いただいている。この度、以前に実務家教員だった先生とのご縁もあって、県教育事務所主催の「読書推進協議会」における研修の講師を務めることになった。内容を詰める段階で、僕自身の考えもあって一方的な講演講話は避けて欲しいと懇願し、むしろ学生も参加したワークショップ形式を提案した。ゼミで行なっているプレゼンや音読・朗読・群読に読み聞かせ活動などを、学生が試験的に実演して、それが「読書推進」にどう繋がるかを現場の先生方とともに模索したいという構想である。例えば「読書感想文」などを「やらされている」感があっては、むしろ読書推進には逆効果なのである。学び手が相互に自らの表現で「本」について語ったり群読することによって、心から「本を読みたい」という思いは起動する。

この日は打ち合わせで内容を確認した
本番は9日(木)午後に開催予定
「短歌県」そして「読書県」に向けて、文化こそが混迷深き世界を救うはずである。


スポンサーサイト
tag :

県知事へ2年越したる懇願叶う

2017-10-17
和歌文学会開会の辞
県知事に依頼申し上げ
2年間で折ある毎に直接懇願して・・・

和歌文学会第63回大会を運営してみて、研究学会のあり方についても色々と考えた。古典研究を新しい時代にどう進めていくか?人文学への逆風の中で、文学研究においていかに社会的意義を見出すか?為政者が和歌を国家事業として認定していた平安朝とは違うものの、情報が溢れる時代であるからこそ、「ことばの力」に対して政治に関わる者が敏感でなくてはならないはずだ。こうした意味からも、古典系研究学会が「社会」にどのように開いていくか、という課題は喫緊のものではないかと思うのである。過去の和歌文学会では、12年前に東洋大学で開催された折はやはり一般公開もされ、総長である元閣僚の塩川正十郎氏が挨拶に登壇されて華々しい印象を持った。折しも「古今新古今の年」(それぞれの勅撰から1100年・800年)の記念大会でもあった。また京都の龍谷大学で開催された折は、大学の母体となる西本願寺所蔵の豊富な資料を展観でき、翌月曜日には国宝級の建物見学も為された。まさに私立大学はその「存在価値」の特色を前面に出して学会を開催している。

それならば、地方国立大学法人の場合はどうか?所属する大学が掲げるように、「地域から始めよう」という点が何より肝要なのではないかと思う。僕ら研究者にとっても「地域貢献」は重要な任務の一つであると認識している。幸い宮崎県は「若山牧水賞」を県を上げて制定しており、その他の諸行事も含めて短歌を大変大切にしている。県知事・副知事も短歌に理解があって、県庁内で伊藤一彦先生の短歌講座を開講したりして自身も歌を詠まれる。その牧水賞授賞式・祝賀会の席上などで2年ほど前から県知事には、今回の和歌文学会を開催するというお話を折をみて繰り返して来た。その結果、公開講演シンポジウムには公務のため副知事となったが、懇親会には知事がお見えになることになった。昨日は県庁の「文化振興課」を訪問し、知事・副知事への資料を渡し、和歌文学会の概要についてお知らせする機会を得た。それにしても居住する県の行政の長を、これほど身近に感じられるのも地方ならではの利点であろう。宮崎県は2020年に「国民文化祭」も控えており、さらなる文化振興とともに「短歌県」を名実ともに全国に示していく気運を創るべく、この和歌文学会もその契機になればと考えている。

過去63回を数える大会で
県知事が来訪したことはあったのだろうか?
まさしく自分が「この県」で生活していることを実感するのである。


tag :

地域の古典籍資料

2017-10-15
古典研究の醍醐味
古典籍資料を紐解くこと
地域の時空を遡りゆく

古典系研究学会の一つのあり方として、古典籍の展観の実施がある。大学附属図書館に目玉となる資料がある場合には、当館の展示室にそれらが陳列されることが多い。こうした貴重書の所蔵が公開されることをはじめとして、研究学会の開催は「大学を(研究仲間に)見せる」ためのものでもある、という趣旨があるという話を聞いたことがある。2年間ほど計画し実行してきた今回の和歌文学会では、交通事情の芳しくない本学大学キャンパスを会場としない。宮崎空港や宮崎駅にバスターミナルから、公共交通機関を利用しても便利な「市民プラザ(市役所に隣接)」で開催する。平成初頭頃の郊外キャンパス移転をした大学にとって、こうした開催を余儀なくされるケースは少なくない。そこで今回は、「大学を見せる」というよりも「宮崎を見せる」という視点で臨もうという意志を固めて、これまでの準備を進めてきた訳である。開会の辞は県知事に依頼し、若山牧水や「短歌県」としての活動を講演やシンポジウムテーマの起点に据えた。それこそが地域貢献を旨とする地方国立大学法人のあり方としても、重要ではないかと思う次第である。

迂遠したが、では古典籍資料展観はどうするか?当初は県立図書館にも依頼し、貴重書をお借りする許可も得ていた。当館としては展示ケースによる展示を希望したが、なかなかその調達が物理的予算的に覚束なく、それが簡単なことではないと頓挫してしまった。このたびは断念するしかないと思っていると、市内の大学に在勤の研究者仲間(研究分野は異にする)が声を掛けてくれて、まさに地域に貴重な未調査資料があることを教えてくれた。この夏期休暇中に所蔵先を訪れ、その際には仲間の研究者も同行してくれて、貸出とともに展示ケースなしの展観許可を得た。資料の中身を知るうちに、今まで表面的にしか知らなかった地域の特性が知られてきて、僕自身も大変惹きつけられるように勉強になっている。延いては広く中近世期のこの南九州と和歌・短歌との関わりが見えてきそうな気がしている。展観資料の内容は、当日のお楽しみとしておくが、和歌文学会会員諸氏の中で、興味を持ち調査などに身を乗り出す方がいれば幸いだと考えている。

地域と繋がるとは人と繋がること
様々な厚情に感謝の日々である
あと1週間、思いを込めて「宮崎を見せる」事業を完遂したい。



tag :

ひむかともだち街道

2017-07-31

「語り」を閑かな住宅街で
そしてふたたび宵の口は日向市へ
ひむかともだち街道の往還

宮崎に移住して出逢った人々も、だいぶ多くなって来た。その個々の出逢い一つひとつを、心より大切にしたいと思う。この日は、フリーアナウンサー薗田潤子さんの「語り」を、閑静な住宅街にある音楽ホールに聞きに行った。薗田さんとは来宮2年目に、地元MRTラジオ宮崎「サンデーラジオ大学」に出演させていただいて以来、何かと交流させていただいている。落ち着いた語り口、「朗読」として「読む」のではなく、小説の内容を「語る」のだという流儀を貫き、実に内容を聴かせる声がホールに響く。登場人物の会話が「生きた」ものであるのは、少々「落語」の会話にも通じて、「音読」で文学を享受する形態としての原体的な要素を感じさせる。原典の句読点よりも「語る文体」を重視するのも、アナウンサーとしての伝える力である。

その後は、まさに「ひむかともだち街道」を北上、一昨日に引き続き日向市へと向かった。親友の落語家・金原亭馬治さんが数日間、日向に滞在していたので、その最終日の夜を再び日向の美味しい店でともに過ごした。もちろん「ひむか-Biz」センター長の長友さん、そして一昨日にお世話になった「はまぐり碁石の里」社長・黒木さんとともに、楽しい宵の口となった。会社は元来、「黒木碁石店」が母体であり今年で創業100年目を迎えると云う。現在ではドライブイン・レストラン事業に加えて、食品加工・製造も行なっており、オリジナルドレッシングも発売している。様々な場面でこの「碁縁釜飯」を、県内外の多くの方に食べてもらいたいと日向発の夢は広がる。馬治さんともどもこうした地域創生に、少しでも協力できたらと思いつつ、さらに日向市に親しみが湧いた。

日向は牧水の故郷
来月は牧水短歌甲子園の熱戦も
再来月は牧水祭で伊藤一彦先生との対談も予定されている

tag :

都会暮らしと地方生活ー朝ドラ「ひよっこ」の設定に思う

2017-04-16
NHK朝ドラ「ひよっこ」
昭和39年東京五輪の年の奥茨城と東京
都会「暮らし」地方「生活」

新年度の朝ドラが始まって2週間、珍しく最初からその内容を日々追いかけている。まだまだあくまで序章のような内容ながら、既に何度か心に響く場面があった。たぶん、一般的にはそれほど感銘を受ける場面ではないのだろうが、そこに「自己」を起ち上げて解釈すると涙腺が緩む結果に至っている。昭和39年の奥茨城と東京、稲作農家の主人が東京で単身、五輪へ向けた建築などの出稼ぎで家計を支えている。生まれ育った郷の土の香りを愛して農耕生活に従事したい地方生活に反して、物騒で一極集中のインフラ整備が急速に進む東京がある。稲作や夫人の内職のみでは生計が立てられない地方生活の状況が浮き彫りにされつつ、「幸福」とは何かというテーマが貫かれているようだ。50年以上前のこの国の問題であるが、それはまさしく「現在」もまったく変わらない課題である。この国の政治・社会は、この個々の幸福に関わる大きな問題を、長きにわたり放置してきたことがわかる。

出稼ぎの主人が、東京で出会う洋食屋。丁寧な手作り感ある調理によって出される料理の美味さに主人は感激し、郷の家族らにも食べさせたいと感激する。その様子を見ていた店の女将が、カツサンドを土産に持たせるという場面があった。1軒の街の洋食屋さんが、個々のお客の「今」に最大限寄り添う姿として描かれていた。嘗て「昭和」には東京でも、このような人情ある個人店がたくさん存在していた。国が「経済的地位」のみを指標に躍起になって「経済」を回し、「都市」=「幸福」という幻想を生み出し続けてきた。生まれも育ちも東京下町の小生であるが、そんな「経済」の空吹かしの中、より「人情」ある店舗や人との付き合いを選択して生きてきたような気がする。そしてこの4年間、初めて「地方生活」を始めた。其処には嘗て東京で小生が探し続けていた「幸福」があることを実感している。3年後には、また五輪が開催されることになっている。きっとまた東京は撹拌され、「生活」する場からはかけ離れた場所へ向かってしまうのではと懸念する。まさに日々を「暮らす」痛々しいまでに形式的な倨傲の集積が其処にあるような気がしてならない。

いい加減に「経済的地位」だけの「幸福感」から脱するべき
少子高齢化で一極集中都市はどうなって行くのか?
現在の僕には、料理屋さんも産直市場もパン屋さんも笑顔で出迎えてくれる「生活」がある。
tag :

COC+配信授業創ります

2017-03-04
「短歌県みやざき」ことばの力講座
若山牧水と「みやざき百人一首」を読む
「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」として

文部科学省が、平成27年度から実施する、大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的として「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(以上、文科省HPの説明文言を参考とした)の一講座を担当することになった。改組で新設された地域資源創成学部における産業や起業に関する講座が多い中で、「公務員・教員ユニット」の講座として教育学部からは数講座目となる。宮崎に学びこの「地」の良さを実感し、その「知」をもって地域の教育界に定着し貢献する人材を育成する大学カリキュラムの一環ということになろうか。この事業にはもちろん本学以外の大学も参加しており、いずれは宮崎県の多くの大学が参加する構想であると云う。地方紙面を見れば、宮崎県は高校生の県内での就職率が日本一”低い”ことが問題視されており、この状況をいかに改善するかが県全体の課題でもある。

さて、宮崎の魅力を十分に実感するには如何なる内容とするか?もちろん、ここのところ様々な場で標榜している「短歌県」への取り組みを、より多くの大学生に知ってもらうことである。若山牧水の短歌に詠まれた宮崎の自然、それが人のこころと如何に響き合うのか。『短歌往来3月号』(ながらみ書房)の評論にも書いたが、牧水の歌を声に出して響かせることと、地元宮崎の自然が対話的関係を結ぶことで、その味わいは何倍にも深くなると考えている。現にオープンキャンパスなどの対外行事で牧水歌を朗読すると、聴衆における浸透度の高さが窺える。牧水歌に詠まれた宮崎の海山に日の照る光景は、いまを生きる我々県民でも「いつか見たことのある光景」なのである。全県的にこのような自然が豊富に存在し温暖で食料自給率の高い県は、全国的にも魅力的であろう。その様々な名所名物を百人の現代歌人が一首ずつ歌にしたのが、『みやざき百人一首』である。講座ではその歌についても考えながら、宮崎の魅力をことばの力で再発見する内容を展開したいと構想している。授業はWeb配信形式で作製し、3コマ程度の対面授業を設定する。次年度後期科目として、秋から配信が開始される予定である。

「短歌」が「社会」にできること
地方であるからこそ豊かな自然とことばの力を実感できる
牧水の故郷・日向市とのイベント連携なども視野に入れながら。
tag :

江戸情緒に出会い直す新年

2017-01-03
お江戸日本橋
呉服問屋であった百貨店の華麗
人形町の食べ歩き歓楽に興じる

正月に「正月らしさ」を探すのが難しくなっているかもしれない。ファーストフードを中心に店舗は休業することもなく、人々はそれらの食事を疑いもなく受け入れるべく行列ができている。朝8時に箱根駅伝が大手町をスタートする。約20分後には通過する沿道に出て、母校のランナーに声援を送る。中継ではなく生で観戦するとそのスピード感に驚くが、誠に一瞬にして母校の臙脂の襷が僕の眼前を駆け抜けた。その後は、正月情緒を求めるべく今年は「お江戸日本橋」へと出向いた。

呉服問屋であった老舗百貨店には、ショーウインドに華麗な呉服が展示されている。正面入口前には大きな松の装飾、福袋売りの喧騒もなく穏やかな売り場に安心感を覚える。その後は江戸時代に歓楽街であった人形町へ。鯛焼き・人形焼そして今半の「すき焼き饅」などを食べ歩きしつつ、甘酒横丁で甘酒を。背中に幼な児を背負った女将さんが盛んに「甘酒はいかが」と呼び込む姿に、妙な江戸情緒を覚えたりもする。女将さんはもとより背負われた幼な児も、逞しく粋に育つであろう。

かくして江戸情緒のお正月
そして両親も暖かい宮崎へと向かう
新年の空港を降りた際の空気の美味しさはまた格別。

tag :

「やってみる」図書館へ

2016-12-16
「調べる・わかる・やってみる」
新しい図書館のかたちが模索されている
静かに本を読む空間から活動的な空間へと

本学附属図書館を会場にして、図書館協会の講演会が開催された。都留文科大学で図書館学を担当する日向先生に、遠路遥々お越しいただき貴重な話をいただいた。地方国立大学の図書館は如何にあるべきか?そして地方公共図書館の役割とは?本学にとっても宮崎県の各公共図書館にとっても大変意義深い内容であった。ご講演の趣旨としては、大学でも公共でも図書館が「やってみる」ことのできる空間にすることが肝要であると云う。全国で話題になっている図書館には、キッチンやライブスタジオなどを併設しているところもあり、図書館で調べたレシピで仲間と調理をしたり、CDやDVDで音楽を楽しんだら、すぐさま自分たちで演奏を楽しむといった活動的な空間になっている。大学図書館もより開放的にすべきで、外から見える空間で学生はもちろん地域の住民の方々なども参加するイベントを開催し、相互に気付きのある空間に演出していくことが必要であると云うのだ。まさに「図書館」の概念は今、大きく変革されようとしている。

地域との密着という意味では、僕も公開講座を担当して3年となる。昨年からは大学附属図書館視聴覚室を会場としているが、さらに開放的な場所で開催すべきという思いを新たにした。別な目的で図書館に来ている学生が公開講座の内容を覗き込めたり、あるいは宮崎市中心部の繁華街に講座をライブ中継してもいい。先日、テレビ報道で知ったのだが、中心部アーケード商店街の活性化の一環として、大学サテライトを新設し公開講座なども実施できるようにすると云う。現在はネットを介して、ライブ中継も実に手軽に行われるようになった。本学キャンパスは宮崎市郊外ゆえに、市内中心部からは15Kmほどの距離がある。それを埋めるためにも図書館の「やってみる」空間を常時、市内中心部でライブ中継するなどの工夫が求められる。「学び」は多様な人々が集まってこそ活性化する。予想もしない異質な反応から、新たな発見が生まれる。スマホの爆発的な普及により過剰な個別化を生んだ社会に、人間性を回復させる意味でも「やってみる」図書館は有効ではあるまいか。

声を基盤にしたライブは
まさしく「やってみる」に相性がよろしい
「静粛」を一部に確保しながらも、図書館はより開放的な場を目指す時代となった。

tag :

野分のまたの日こそ

2016-09-21
「野の草を分けて吹き通る風」の意
「野分のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ」(枕草子)
立春から二百十日、二百二十日前後に吹く暴風のこと。

台風上陸通過の不安な一夜が明け、また朝が来た。宮崎県では概ね日の出時刻には、台風本体の雨雲も東に抜け、雲間から薄日も差し始めるようであった。だがしかし、県内では浸水被害が深刻で、広く町が冠水してしまった地域もあった。県内市内の多くの小中学校は、既に先週末の段階で休校を決定しており、僕の教育実習視察の日程も順延となった。さて、冒頭に記したように古典では「台風」の暴風のことを「野分」といった。まさに「野の草を分ける」からである。暴風が吹き荒れた一夜の後に、僕も自宅周辺の点検に入った。まずは小欄執筆をしている二階の書斎の雨戸を解放すると庭が見えるのだが、そこにあるスチール製の倉庫の戸が外れて、中にあった物が外に散乱し、倉庫自体が歪むように右斜めに傾いている。この様子には聊か驚きを隠せなかった。

家の外塀に沿っては、かなりの落ち葉などが散乱している。それがまた側溝を塞ぎ、水の流れを阻害する可能性があるので、早速にその多くを掃いて集めた。さらには側溝の蓋の穴部分が土や苔で塞がれているのも気になり、しばしその穴を開放する作業。昨夜の冠水状態を見るに、まずは一軒一軒が自宅前を整備するのも義務ではないかと思ったゆえの行動である。ゴミ出しをするとお隣の奥様と町会長さんが、何やら話をしている。何となくその会話に近づき、情報を共有させてもらった。この住宅街は造成時に、なるべく自宅周辺に草木を植えようという合意があって、それで多くの家が樹木を豊かに植えているのだと云う。僕の家も前の家主さんが、綺麗に一つ葉の小柴垣や玄関脇には植木を造園していた。僕自身もなかなか日常的にその植木を手入れする暇もなく、植木屋さんに年2回ほど委託して剪定を行っている。どうやら町全体でも、居住者が高齢化し植木の手入れがままならない家が増えて来たのだと云う。まさに小さなコニュニティーの中でも高齢化社会の余波が確実に迫っているということ。県全体でも若返りのために移住者誘致を働きかけているが、地方社会にとってこうした日常は、今後の大きな課題であろう。

「いみじうあはれにをかしけれ」とはいかず
清掃や事後処理に半日を要した
だがしかし、住む場所への思い遣りが持てる心こそ「あはれにをかしけれ」なのだろう。
tag :

緊急地震速報とこころの輪

2016-04-15
あのこんにゃくを握り潰したような音が
久しぶりにスマホから鳴り響いた
緊急地震速報そして多くのみなさまからの連絡

近所の馴染みの店で、夕食を取っている時のことだ。いつものように店主ご夫婦と談笑していると、「あの音」が久しぶりに僕のスマホから店内に鳴り響いた。みなさんが「何っ?」と声を上げる中、僕の身体は3.11以後数ヶ月で得た感覚が再び起動し、席を立ち店の戸を開けようと身構えた。その何秒か後に、照明器具が聊かの音を立てて揺れるのをみんなが静観した。僕は直後にスマホでTwitterを立ち上げて情報収集。これも5年前の3月11日14時46分直後にとった行動と同様である。その時スマホ画面に映し出された「震度7 震源地:熊本」の表示を思わず僕は大声で読み上げた。店の奥様が即座にテレビのチャンネルをNHKに変更すると、熊本局の固定カメラが大きな揺れで振り回されながら市内の様子を、ブレた映像で伝えていた。九州山地を挟んで東西の反対側の熊本で、予想もしなかった大地震が起きたのだ。数分の後、店の中は落ち着きを取り戻し、店主は居住する土地の地盤がかなり良質であることに安堵し感謝するごとき言葉を繰り返した。そうこう深刻な話をしていると、僕のスマホに東京の母からの電話が鳴り響いた。

その後は、新潟の従姉妹、北海道の中学校野球部での親友、各地の教え子、東京のお店の常連仲間の方々などからメールやSNS上で、心配をする気遣いのメッセージが相次いだ。当面、Twitterにおいて僕自身が無事であるという旨の書き込みを表明し、できる範囲で個々のお気遣いに返信をした。同時にゼミで熊本方面に実家のある学生や、熊本で教員として頑張っている卒業生に僕はメールをした。更には阿蘇に住む友人など、頭に浮かんだ熊本在住者にでき得る限り連絡をつけた。NHKの報道を見ていても、未だ被害状況は十分に把握できなかったが、メールやメッセージをした何人かの方々からは、返信が届き無事が確認された。微細な安堵感を覚えながら、あらためて地震の恐怖を感じた僕は、同時に親族親戚をはじめ親友たると思える方々のお気遣いが存分に感じられたことに、心から感謝した。更にはこの懇意にする店主ご夫妻が、「いざという時は、うちに食料はある」と言ってくれたり、地震や津波の折にこの街はどのように対応できるかといった話になったことに限りない心強さを覚えた。もちろん更なる高台にある大学キャンパスは「避難所」に指定されているわけで、そんな折には地域住民の方々への対応を僕自身も考えなければならないなどと、様々な地域の対応に想像を巡らした。その後も余震が続き、自宅へ帰って寝床へ入ってもまた、緊急地震速報が再び鳴り響き、安易に安眠できない一夜を過ごし今に至る。

母も「その店にいるなら安心」と太鼓判
自然の大地は必ず動く、それゆえに矮小な人間はどう対応したらよいか
人と人とがつながり合って強固で柔軟な「こころの輪(和)」を築いておくことしかあるまい。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>