FC2ブログ

朗読研究会(詩歌)オンラインー『東北おんば訳石川啄木のうた』

2020-07-24
詩の朗読と『東北おんば訳石川啄木のうた』
さらに「牧水 酒の歌十首」朗読
オンラインゆえの多様な参加者の研究会

関西在住の懇意にする歌人の方が主催し、「朗読研究会」がオンライン開催された。詩人の新井高子さんをお迎えし、詩集『ベッドと織機』から代表作品を朗読いただく。生家が織機工場であったご自身の体験について、そこで働く女工さんの姿や交流についてリアルに内容が描写されている詩であった。生育環境で接する「音」が濃密に身体に沁み込んでいることや、子どもとして初めて出逢う大人である女工さんらとのやり取りが律動ある言葉で表現されている。下町で商売を営んでいた僕の生家とも共通するものがあって、幼少期の体験をこのようにリアルに描写する詩歌のあり方も模索できた。その後はやはり新井さんのご著書『東北おんば訳石川啄木のうた』を東北ご出身の「おんば」さんのネイティブな発声と新井さんの啄木のうたとの交響朗読を動画で拝見、新井さんの近現代詩や言葉に対する繊細な捉え方が印象的であった。

その後、僕が「牧水 酒の歌十首」を朗読。「かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆふぐれ」と朗読会の時間に合致した「酒好き」の歌から、「酒の毒しびれわたりしはらわたにあなここちよや沁む秋の風」あたりの好きな歌を十首選でお送りした。近現代短歌の朗読は近現代詩のそれに比べて、朗読もあまり為されず方法も確立していない。特に牧水の短歌は、律動性・愛誦性もあり声に出して読むのには適している。元来、牧水自身が「音読」する身体を活かした歌づくりをしていることも大きな要因である。新型コロナ対応で「飛沫」が抑制されるべき「新しい生活様式」の中で、「朗読」はどう生き続けたらよいのだろう?オンラインでの「朗読」では、何が伝わり何が不足するのであろうか?自宅の一室で声を出す「朗読」、「酒の歌」ということもあって、かなり自己陶酔の境地には至ることができた。いずれにしても詩歌に声で語る行為は不可欠であるという確信は得ることができたのだが・・・。

近現代のことばの生成の問題として
地方出身の啄木と牧水らが抱いた方言と東京ことばの境目
「国語」が機械的に作った「標準語」幻想を超えていけ。


スポンサーサイト



tag :

実技科目「国語」の側面開拓

2020-07-14
「実技・実験・実習」系科目の対面実施
対面でしか成し得ない「国語」の要素は何か?
生声・身体・〈教室〉の波動

多くの大学で同様の方針であろうが、「実技・実験・実習」科目においてはどうしても遠隔講義での実施が不可能とあって「一部対面」を行なっている。所謂「座学」に関しては遠隔講義が基本的に可能ということだが、その実施内容は暗中模索であるのが実情であろう。「国語」に関しては一般論としてすべてにおいて遠隔が可能なはずだが、敢えて「実技」の側面を探すならば「音読・朗読」などがあるのではないかと考えた。もちろん同時双方向オンラインシステムでも、「声」で読み上げることは可能である。実際に僕もWeb上の対談にて、「朗読」「表現読み」を実践している。だが演劇の舞台の多くがTV中継に向かないとの同じような理由で、「音読・朗読」はライブで実施しないと欠落する要素があるのではないかと考えている。

中高教員の経験から「国語」の授業において、俳優さんの「朗読CD」を使用することは、ほぼ効果が薄いのではないかと思う。教材の長さによっては特に高校などで「睡眠学習」になってしまい、下手をすると教員まで睡魔に襲われる。極端な想像をしてみればわかるが、CDなどの音源で楽曲を聴くのではなく桑田佳祐さんがその場に来てカラオケを歌ったらどんなに興奮するだろうか。現に桑田さんのラジオ番組で掛けられる楽曲のうち、「生歌」といって実際に桑田さんがギターで歌うことがあるが、ファンとして堪らない「生」な実感がある。TVやラジオでも「生中継」とは特別なもので、嘗ての巨星視聴率番組「8時だよ全員集合」は生放送だったという、今にして信じがたい「ライブ性」に支えられていた。もちろん歴史に刻まれた会場の「停電」などもあったが、懐中電灯を使用した志村けんさんの即興芸は今でも忘れられない。遠隔講義になって浮上したものとして「実技科目国語」の部分を洗い出す作業が、必要ではないのかと考えている。

〈教室〉は「生ライブ」の空間である
教師の声・児童生徒の声が交流する空間
「教室にもの読める聲のなつかしさ身にしみとほる山里すぎて」(若山牧水)


tag :

「音読嫌い」をつくる教室

2020-06-23
「音読をする意味がわからない」
小中高と過ごした多くの学生に沁みついた感覚
だから一人でも多く意義を理解した教師を養成する

学部2年生配当の遠隔講義で、Zoomで実施した渡辺知明さんとの対談を観ての講義レポートを課題とした。学生からは「短歌の音読がこれほど多様であるとは思っていなかった」「音読をして解釈等を話し合い、その後にまた音読をするので理解しやすかった」などの好意的な意見も多かった一方で、「これを観た上でも学校で音読する意味は見出せなかった」という意見があった。後者の意見を持つ学生からは「渡辺さんや先生のような音読なら意味があるが、多くの学校の先生方は音読を意味を考えずにやっている」という自身の教育経験から発する嫌悪感が根底にあるようだ。確かに県内で多くの学校に授業研究に行くのだが、小中高校と発達段階が進むにつれて「音読」は「頽廃的」になって行く現実が見える。

道具は誤った使用法を採れば、できるものもできなくなる。薬を誤った適用・用法で使用すれば副作用に見舞われ病は治癒しないどころか、身体の別の部分が悪化する。小学校低学年のうちは乳幼児期から音声言語で育って来た身体性・精神性を維持しているゆえに、音読には疑いも持たずに前向きに取り組む。だが小学校なら4年生の終わり頃、中学生になると2年生の夏頃、そこを境に「音読は頽廃的」になってしまう。こうした教育経験を多くの教員志望の学生たちも経験して来るという現実がこの講義で毎年のように痛感させられる。国語教育の研究でも実践でも避けられてしまうが、最大の問題を抱えた分野が「音読」なのではないかと思われる。今回実施した渡辺さんとの対談はYouTube上で公開しその中でも紹介しているが、両者の同時期に発刊された著書で世に問い掛けている。学生の中には「〈学校〉のすべての先生方に『音読の意義』を啓蒙するのは絶望的だ」とまで言い切り、いかに「音読」経験で苦しんで来たかを窺わせる意見を持つ者もいた。このような事態に遭遇し、やはりあらゆる機会を通じて「音読」について語り啓蒙していかねばならないと決意を新たにする。それほど「文字」のみに蝕まれてしまった100年以上の歴史を、我々は生きているのだ。

宮崎に定着する家庭学習課題「読み聲」
意義をわかるように目的を付した改良版を提唱したい
まずは眼の前の教員の卵たちには「音読」の意義を十分に体験的に説いておきたい。


tag :

「聲で思考する」Zoom対談

2020-06-01
Zoom対談を実施
「聲で思考する」実践を展開
牧水の時代に遡及する聲の対話

既に小欄に予告したが、渡辺知明さんとZoomで対談する日となった。奇しくも5月晦日、大学で遠隔授業を始めた月の締め括りとして多様な思考を整理し、見えない未来を模索する貴重な機会となった。自宅の部屋にあるPCを起動しZoomを起ち上げ、渡辺さんの会議室が開かれるのを待機する。画面にはもちろん自分自身も常に映し出されるわけであるが、宮崎の自宅にいながらにして仮想空間とはいえライブ対談を実現できる己の置かれた立場を見つめる。部屋の採光具合とか背景のクローゼット扉の具合などが必要以上に気になる。窓からは梅雨入りして雨に濡れる緑が見えるが、PC画面の上に存在する小さな「穴」に写された自分が語っているという濃淡・実想の対立・葛藤の中にしばし置かれる経験となる。

ある人との出逢いによって、渡辺さんも若山牧水の短歌の表現読みをするようになったと云う。渡辺さんの研究会例会に伺ったのは、2013年2月23日(宮崎に赴任する4月の直前)で原宿・表参道あたりの会場であったと記憶する。その7年前の当日にいらしていた方々も含めて、何人かがこの日もZoomで傍聴いただいた。対談はまさにこの丸7年間、相互にどんな研究が進んだのかを炙り出す機会ともなる。元来が古典和歌研究をしつつ「聲の国語教育」の分野があって宮崎に採用・赴任することになった僕である。その宮崎で衝撃的に出会い直し惚れ込んだのが若山牧水、その牧水短歌を「聲で思考」することを渡辺さんらと相対化して実践できたのも何か深い因縁を感じざるを得ない。僕は牧水を通じて明治以降の「聲」がいかに変遷し現在はどんな位置にあるかを解き明かす旅の途中なのである。渡辺さんが対談で紹介してくれた拙著のあとがき末文「僕自身の『聲で思考する』研究は、まだ始まったばかりである」が、再び宮崎の雨の新緑に潤った午後であった。

編集確認後にYouTube投稿へ
遠隔が成し得た地方在住研究者の生き方
ありがたきご縁、僕はまた新たな研究の形として次の著書へと向ける。


tag :

「パフォーマンス」にあらずー「聲」の学問

2020-05-30
聲にして読み解かれていく
オンライン講義でも『万葉集』を双方向音読
「パフォーマンス」と卑下してみる勿れ

5月31日(日)14時〜コトバ理論の実践研究家である渡辺知明さんとZoom対談をすることになった。SNS上のやりとりを通じて急遽決定したものだが、遠隔講義を始めとして「オンライン上の声」にも焦点が当てられる社会的状況下で、これ以上ない好機だと感謝の念に堪えない。この日は遠隔講義を終えた後、渡辺さんとZoomで打ち合わせの時間を持った。宮崎に赴任する直前に研究会例会に伺った際のことを回顧しつつ、最近は渡辺さんが若山牧水の短歌の表現にも深い興味を覚えていることの奇縁を感じることになった。牧水短歌の朗誦性に関して僕は既に何本かの評論を書いているが、その観点からすると渡辺さんが牧水短歌に惚れたのも必然なのかもしれない。牧水の短歌創作そのものに「聲」が引き剝がし難く関わっているのだ。核心については、当日の対談にとっておきたいと思うのでこのぐらいで。

和漢比較文学研究をしていた僕が音声表現に向き合い、自らも朗読家として幾度となく発表機会に参画してきた。10年ほど前になろうか、「”パフォーマンス”ばかりしていないで本道の研究をさらに進めよ」といった趣旨の忠告をある方面からいただいたことがある。だが中高教員であった僕は日々、生徒とともに教材を考えるための「音声」を実践している。〈教室〉でのライブ感は待った無しであり、その年その日にいる生徒らの授業は一生でそこだけである。「聲で共鳴」してこそ教材作品が十分に味わえる責務が果たせると思ってきた。教員養成系学部に赴任できたのも、2012年に出版した『声で思考する国語教育』(ひつじ書房)のお陰だと思っている。宮崎でも、当地に従来から定着してきた「読み声」課題のさらなる向上を目指す仕事もある。さらには牧水短歌に出会い直し「短歌と聲」について歌壇で今語るべき課題に向き合うことができている。「パフォーマンス」の語義は、本来「特に身体を用いて表現を行なう芸術形態をいう。」(『日本国語大辞典第二版』)とある。芸術として文学として「聲」を追究してこそ、和歌短歌が学問的にも解き明かされていくことを証明する機が熟したと言えるのかもしれない。

対談は録画の上でYouTubeに掲載される
渡辺さんの牧水短歌の表現読みが楽しみだ!
日々、埋蔵されている好機を逃さないことである。


tag :

演じられる文学のちから

2019-06-19
「理解しなければ演じられない」
否、「演じて理解が進む」ことも多い
文学を演じて学ぶということ

県研修センターとの共催である教員研修を担当した。小学校教員を対象とする研修で、今年で3年目となる。午前中は「教育方法」を専門とする先生が「発問」に関するワークショップを行い、小学校定番教材の解釈を深める時間となった。「物語」を学び合う〈教室〉を創るということは、「やさしくてできる」子どもを増やすことであり、子どもの間で教え合う環境にすること。「物語」の教師によって決められたテーマを”当てる”のではなく、他者との違いに気づき自らの考え方の傾向を知ることが肝要だという説には賛同できる。本当に「できる」ということは、他者にも的確に比喩を用いて「伝えられる」ことである。他者に伝わらない学びで止まるのは、真の理解が為されていないのに等しいというわけである。具体的な場面・状況を想像できる文学教材こそが、思考を活性化し深い学びに通ずるのである。何も「説明文」教材だけが論理的思考に導く訳ではない。

午後からが僕の担当となり、まず詩歌を使った声のウォーミングアップ。谷川俊太郎「かっぱ」で口先を滑らかにほどき、「みじかびのきゃぷりきとればすぎちょびれすぎかきすらのはっぱふみふみ」をイメージで動作しながら声にしてみる。その後は俵万智さんの「『寒いね』と話しかければ・・・」の短歌を声で伝え、グループで前後の場面や会話を創作して表現するワークへ。様々な解釈が具体的な寸劇となり、この短歌の普遍的な「あたたかさ」が可視化されてくる。この日は、県内の演劇に関係する方々に参加いただいていた。ここで課題とした宮沢賢治「注文の多い料理店」の群読を昼休みから即興で創っていただいたのを披露する。「他者の発した声を引き取ってこそ自らの声が出せる」という役者さんたちの弁には、学校の音読・朗読を「生きた声」にする秘訣が隠されている。その後は、約1時間で班別に群読劇を創作し全体で2幕の発表へ。最後に振り返りをすることで、教材解釈にも大きく貢献できる機会となった。

演じて場面が想像し描けるか
表情も豊かにすれば場面に即した声が出せる
となれば、演劇と短歌の相性も高いことを再認識できる。


tag :

暗唱は無意味なのか?

2019-06-18
目的なき「暗唱」に嫌気が差す
覚えるのが学びと勘違いした教育経験
名歌名句を身体化している意義とは?

今回は短歌ではなく、俳句を教材とする。次の初句に「七五」を続けることができますか?「古池や・・・」「閑かさや・・・」「春の海・・・」「菜の花や・・・」「雪とけて・・・」「痩せ蛙・・・」、さてあなたはいくつ言えますか?という声のワークを、国語専攻の大学2年生に唐突に講義の最初に実施してみた。句によって差があったり個人差もあろうと予想していたが、期待を裏切って多くの学生がスラスラと言える状況ではなかった。専攻を異にする学生や高校生・中学生にも試したくなる衝動を個人的に覚えたが、当該の音読・暗唱活動は小学校3年生の国語授業としてゼミ生が教育実習で行ったものである。たぶん、小学校3年生ならある程度の句はスラスラと言えるのではないかと期待する。だが発達段階が上がるにつれ、その「身体化」は形骸化し「文化」としての価値を失ってしまう。名言や諺なども含めて、言語文化の世代的断絶はこの国の人口減少超高齢化とともに急速に進行していると言わざるを得ない。

「覚える」「暗記する」ことが「学力」とされる旧態な意識が、未だに教育現場に貼り付いて離れないようだ。中学校・高等学校と上がるにつけても、教師は「暗唱できる」ことに無条件に意味を当て嵌め、強制的に「暗唱テスト」などを繰り返す。強制された結果、生徒らは意義を見出すことなく難行苦行たる「暗唱テスト」をそのば凌ぎで済ませる。僕も現場にいた時に、そのような光景を眼にしたが、「覚えられない」という成句なら何度でも生徒たちは「テスト前」に顰めっ面で繰り返す。目的を示されない難行苦行は、どこか〈教室〉の音読にも類似しており、その活動そのものが豊かな文学の学びをもつまらないものにしてしまう。「蛙」や「蟬」を見たら、聴覚が起動してある光景と結びつく。海面の状態をオノマトペで表現したり、壮大な天体の共演を美しいと感じる。春の到来を喜ぶ子どもたちとか弱小な動物を無条件に応援する優しいこころ。前述の初句の後に関して意義ある「暗誦」ができれば、そんな言語文化の豊かさの中に自らの生活を発見することができるのだ。「親しむ」「楽しむ」という語は踊り上がるが、学ぶ側はその「めあて」に至っていない点を改善すべきと、学生たちを見ていて切に思うのである。

好きな楽曲を自然と身体化するように
「暗誦」の意義を再考してみよう
教育が見失ってきたものが、紛れもなく現在の社会を構成しているのだ。


tag :

教材の再読と音声表眼への誤解

2019-01-24
教科書教材は1度読んで終わりか?
音声表現することは成果ではなく過程
解釈・批評・編集から表現をしてテクストへ帰る

定番教材が定番教材足り得る理由は何であろうか?中学校2年生の教科書に掲載されている『走れメロス』は、既に50年以上の長きにわたる教材としての歴史を持つ。世相の変化とともに中学生の受け止め方も多様であろうが、3世代近くに及び「定番」であることをあらためて考えてみる必要もあろう。もとより教材とは、学習する際に一度読んで終わりなのだろうか?否、年齢とともに再読することで初めて「読書」として位置付けられるものと考えたい。ゆえにあらためて高校入試などが近づく中学校3年生で学ぶ意義もあろうかと思う。「葛藤」「自己変革」「信実」などのテーマ性を、いかに自らの「生きる」と重ね合わせるか。箱根駅伝の映像の背後で若い女性が『メロス』を朗読するCMがあった気がするが、そのマッチングから新たな読みさえも予感させるものであった。その映像はもちろん「二次創作」であるが、音声表現とリアルな映像との交響・交錯が織り成すものに、「人の世の歩み」を深く感じさせた。

〈教室〉で朗読・群読・群読劇を実践するにあたり、大きな誤解が横行しているように思う。解釈や批評が高度に成されていないと、こうした音声表現は「できない」という誤解である。この考え方を突き詰めると、初読の際にも「音読」は不可能となってしまう。古文などはいつまで経っても音声表現化はできない。ちょうど古典学習で「〈古典文法〉を知らないと解釈はできない」という教師側の傲慢な思い込みから「古典嫌い」の学習者を多く”養成”している悪循環に似ている。されば、教材テクストはどこへ行ってしまうのだろうか?知識偏重で「教える」ことのできる権威的立場の指導者こそが、「国語」をつまらなく嫌悪されるものにしている訳である。学習そのものには円環性があり、「読む→解釈→批評→編集→表現」を一方通行ではなく常に振り返り、縦横無尽な相互通行をもって行うことで「主体的・対話的で深い」はようやく保証されるのではないか。指導者の思い込みや偏向を矯正することこそ、喫緊の課題でもあるように思われる。

語り手の変容と自由間接話法
『走れメロス』を〈声〉で読むこと
現場での音声表現を考えて既に16年が経過する。


tag :

楽しく音読すればそれもよし

2018-09-27
小学校低学年
音読好きな子どもたち
まずは楽しくあれこれ言わずとも

附属学校との共同研究、この日は小学校で研究授業が実施された。テーマ(めあて)は、教材文に繰り返し出てくる文を「声と動き」で表現するというもの。登場人物の発話を、場面状況を捉えて適切に声と動きにするわけである。小学校も低学年の子どもたちというものは、声に出して表現することが大好きである。未だ音声言語で育ってきた過程の習性が抜け切れておらず、高学年や中学生などよりむしろ豊かに声を出すことができる。この日の授業でも2年生の子どもたちは、教材文を楽しむように元気に声を出してその場面を再現しようとしていた。まずは「楽しむ」ことに、僕自身も大賛成である。

低学年は同時に学習習慣・態度を身につける時期でもあるゆえ、「静かに聞く」ということを〈教室〉空間では求めている場合も多い。その結果、自由で豊かなはずの「表現」を抑制してしまうこともある。この均衡というのは指導する教師として難しいところであるが、「楽しむ」ことを貫くためにはそれなりの「勇気」も必要となる。授業内の「発表」や「表現」によく「型」を作り、その通りに当て嵌めてことば流し込むという実践もよく目にする。だがどうしてもその光景は、「作られた(作為的・虚偽的)」なことばとして響いてしまう。先日の九州国語教育学会でも、「発表者の方を教室内の全員が身体を向けて注目する」といった態度が「嘘くさい」と評する研究発表があった。誠に同感でありつつ、意義のある「演じる」表現を創る〈教室〉にこそ豊かな感性が育つとも思った。

リアルな作為・虚偽がありつつ
虚構の中での「演じる」を抑制する矛盾
大仰にいえば、日本社会の悪弊がこんなところにも顔を覗かせているのである。


tag :

身体性のない表現なんて

2018-08-08
文字を文字として読む
実感のない空虚なことば
ことばの基底には人間の身体性あり

〈教室〉での「音読・朗読」に関する書籍を出版した際に、謹呈した多くの方々からご意見をいただいた。その際に「僕は黙読派です。」と主張する方がいて、今でもそれが気になっている。一つに「黙読派」と「音読派」という派閥に、しかも二項対立に分かれるものなのか?抑も、現代社会においては大勢が「黙読派」であって、「音読派」というのは”大人”では存在しないのではないか?という反動的な疑問も伴ってのことだ。かく言う僕自身も、「黙読」の効用は重視しており、こうして今、文章を書いたり推敲したりする際には「黙読」を活用している。だが「黙読」のみに偏ってしまい、「音読」のできない人がいると実感する体験もしたことがある。

それはある分野の専門の研究者の方が、提供された散文を「音読」してくださいと言われて行った際の、あまりにも「音読」にならない「音読」に愕然としたという経験である。当該の文章に関しては専門の散文であろうに、なぜこんなに悲惨な「音読」しかできないのか?とまた新たな疑問が僕の中に浮上した瞬間であった。「黙読派」と意識して偏るならまだしも、「音読」ができない身体性でもその分野の研究はしているという大きな発見であった訳である。「学校」という制度の中で、中学校・高等学校と進むにつれて、「音読」ができる身体性をむしろその「制度」が削いでしまうという現実がある。「文字」を「文字」でしか捉えない偏狭な思考こそ、崇高だというような大きな誤解。学生たちが創る身体性十分な表現を見ると、大きな安堵を覚えるのは僕だけであろうか。

動作化・表情・接触のある身体表現
声の高低・緩急・多様の使い分けを自覚する
身体性のない表現なんて・・・


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>