発問・解釈と表現・演技の往還

2017-06-20
解釈を進めるための「発問」
教師の手立てにあらず学ぶ子どもたちから問いを発すること
表現するための主体的な問いへ

県の教員研修として、本学部附属教育協働開発センターが共催するクラスを担当した。「国語科の授業づくりー発問から表現へ」といった内容として、教育方法を専門とする先生とのコラボレーション企画となった。午前中は教育方法の視点から「発問づくり」のワークショップ、小学校定番教材である「おおきなかぶ」「サラダでげんき」「注文の多い料理店」「ごんぎつね」などに関して、いかなる発問で学習が起動するかを班別活動で考えていった。元来「発問」とは「学習者の問い」なのであり「指導者」が自らの「答え」を持っていて「授業」を誘導する手段ではない。教材を構造的に捉える思考が主流ながら、文芸的に価値を見出す方向性なども紹介され、このワークショップを通じて「発問の仕方」というよりも、学習者の「問いの立て方」にも様々なものがあることが理解され、参加者は自らの教材研究を深め多様な視点をも持ち得るようになったようである。

昼休みを挟み午後からが僕の担当となる。午前中に扱った教材の中から「ごんぎつね」を採り上げて、「表現読みー伝え読みー群読劇」へと段階的に発展させるワークショップを展開した。冒頭の15分間はウォーミングアップとして、谷川俊太郎さんの「かっぱ」で声の準備、また俵万智さんの短歌の場面を1分30秒で考えて寸劇を4人で構成するなど。ことばの響きそのものの面白さと解釈が表現に連動していることを短時間で実感できる機会とした。その後、45分で構想・脚本づくり、45分で実際に音読して「表現読み」を班内で批評し合いながら構成していく。小学校の1校時分の時間で、教員自らが何ができるかを考える意図もある。休憩を挟んだ後は、実際の発表舞台を使用してリハーサル、この段階は「聴き手」を意識して音声表現と演技動作や演出とのバランスも考えていく。いよいよ全体発表となり、全5班によるこの場にしかない創作表現としての「ごんぎつね」が展開した。重要なのはこの後で、午前中の解釈の問題にも立ち返りながら、各班の群読劇について対話の時間をもった。ここでは参加者から「新たな解釈に気づいた」「こんなに教材を奥深く考えたことはない」といった感想も聞かれ、この日の成果を窺い知ることができた。

もちろん僕自身にも大きな発見が
ともに問いを立てて演じ表現することと往還する
教員も含むすべての授業参加者が楽しい国語教室へ向けて
スポンサーサイト
tag :

命ある声を子どもたちへ

2017-06-15
「声をあげる」ことの重要性
そしてプロの声を生で聴くこと
教えようとせずしておのづから学ぶということ

声優の渡辺菜生子さんをお迎えした、3日間にわたる附属小学校での鑑賞教室が終わった。各学年の子どもたちは活気に溢れ、我も我もと表現する楽しさを体験した。発声練習はあったものの、菜生子さんが特段何かを理屈で「教えた」という訳ではない。自らの存在そのもの、命のある声そのもので、子どもたちを前に絵本語りを実演した。そのいくつかの場面における台詞を表現する子どもたちは、発表が続くうちに次第に一人ひとりの個性的な「声」で演じるようになった。「声色」というものが、受け止める側に多様な影響を与えることを身体で学んだようだ。また、通常の授業では、「みんなとおなじ」でなければならないという暗黙の了解の中で発表せざるを得ない場合も多い。だが「表現」というのは自由であり、人の数だけ個性的な「表現」があることを楽しむことができた。これもまたプロの声優さんの相手の心まで届く声の賜物であると、実感することもできた。

「声は命」といってもよい。絵の中では「眼が命」であるならば、そこに心の動きを与えるのが「声」であろう。通常はアニメやナレーションを聞いていると気づかないが、声優さんの「声」は絶大に「命ある声」として僕たちに届けられている。僕たちが「ちびまる子ちゃん」の世界観を実にリアルなものとして受け入れていくのは、この二つの「眼」と「声」が相乗効果を発揮して「生きた人」のように思えるからであろう。「声」が「ことば」がリアリティを持つというのは、こういうことでもあり、実感できる「声」を出せるかどうかが高次元であることの証である。子どもたちが真の意味で「主体的」であったのは、「命の声」を聴いたからなのである。身近な日常生活に動画が氾濫し、現実と虚構の区別が曖昧になり過ぎている世の中にあって、「命ある声」により「ことばのリアリティ」を実感する体験が、いかに貴重かを僕自身が再確認する機会ともなった。

渡辺菜生子さんの人間味あふれる声
子どもたちに「命ある声」を
本日、18時14分〜UMKテレビ宮崎「スーパーN」にて鑑賞教室が報じられる予定である。

tag :

子どもたちは表現意欲の塊

2017-06-14
手を挙げて個々に演じる
我も我もと発表したいと
正解がないから表現してこそ・・・

昨日に引き続き附属小学校の鑑賞教室へ。この日の対象は低学年の子どもたちであるが、高中学年にも増して表現意欲に満ち満ちており、機会になるとほぼ全員が発表せんと手を挙げ「ハイ・ハイ」と声をあげている。これは鑑賞教室に限ったことではないが、思考よりもまずは身体が反応している印象である。特にこうした「声」のワークとなると尚更で、「文字」の領域を超えて「声」の世界に戻って生育しているのではと思うことしばしばである。こうした光景を眼にするたびに、元来子どもたちは「表現意欲」の塊なのだと実感する。自分から「何かを言いたい」、感じ取ったことを自分なりに「声」にしてみたいという、本能的な訴える力を子どもたちは備えているように思われる。冷静に見ると、さながら「孤」で生まれてきた人間が、「他」と繋がりを深めて社会生活を営む本能的な衝動なのではないかとさえ思うのである。

だが、こうした発表意欲は発達段階とともに減退し、中学校・高等学校へと進むとむしろ個の内に閉じ籠る傾向も強い。それもまた必然であるとすれば、やはり「学校」や「指導者」が適切に表現の大切さを説き続けるしかないだろう。しかも現代の子どもたちは、スマホなどが身近になったことでWeb上での情報受信や発信には、高い興味を示すことになった。Web上が「全世界」だと言えばそれまでだが、実際には使い方によって誠に閉塞的な「世界」だけで送受信を繰り返しいる場合も稀ではない。リアリティのある生の声による「ことば」に反応し自らも「ことば」を声にして返す、という人が他者とつながるための根本的な「対話」環境を、意識して醸成する努力が必要になっているのかもしれない。幸い附属小学校・中学校の児童生徒たちを観ていると、「表現意欲」が極端に減退することもなく、思考力を伴いつつ健全に成長している姿が随所に窺えてある種の安心感を覚える。

声優育成をしていると
リアリティのある表現が困難な若手もいると云う
人間にとって「声」とは「表現」とは何かと、あらためて考えさせられる日々である。
tag :

教員はエンターテイメント

2017-06-13
演じて伝える力
本気でなりきれる心
教員はエンターテイメントでなくては

学部附属小学校の鑑賞教室にどなたか招聘できないかと昨年来、担当の先生から依頼を受けていた。そこで、できれば子どもたちの視点が変わる楽しい教室ができる方がいいいと考え、あれこれと手配を進めていた。結果、今回は声優の渡辺菜生子さんにお出でいただくことになった。菜生子さんは、著名な「ちびまる子ちゃん」で「まる子ちゃん」の親友「たまちゃん」役を演じる実力派声優である。声優さんが絵本を利用して読み聞かせをすることも興味深く、2校時内の約70分の時間を、どんな展開をするかが楽しみであった。最初に自己紹介となるが、キャラクターの「声」を出すだけで、子どもたちからは驚きの反響。それは、「声優」という仕事への憧れも伴う「キャリア教育」としても貴重な時間となったことが確信できた。

一冊の絵本の読み聞かせが終わると、絵本の中のいくつかの場面を子どもたちが演じるワークショップとなった。ユニークなキャラクターの心のこもった言葉、それをいかに表現するか?〈教室〉での「音読」というのは、往往にして「文字」を「読む」ことから脱せず、「心」なき「音声化」になってしまうことが多い。それをいかに「生きたことば」「伝わることば」にするかが大きな課題だと最近は考えている。だが、菜生子さんの登場キャラクターの特徴を深く捉えた読み聞かせを聞いた後であるからか、子どもたちは実に生き生きした声で台詞を演じるように表現した。やはり優良な「見本」は、何にも代え難い教育効果を生むものである。さらには各担任の先生方も子どもたちから逆指名を受けて演じる場面があった。肝心なのはここで怯まない教員の姿なのだと実感した。すべての担任の先生から校長先生に至るまで、実に個性的に台詞を演じる光景は、この上なく微笑ましい教育の場であると豊かな気持ちでいっぱいになった。

やはり「本物」に「ライブ」で触れる経験
そして物怖じせず体験する前向きなこころ
教員もまた「見本」たる「エンターテイメント」たれ

tag :

意味は声が創るー「音読」と内言を重ねること

2017-06-05
心の内なる対話
自らの内なる他者
「音読」を意識化すること

一昨日は歌会前の午前中、県内のある高校で課外授業を担当した。そこである試みをするために、地元放送局のアナウンサーの方も招聘し、特別講師を務めていただいた。「ある試み」とは、高校生の「黙読」のあり方にイノベーションを起こすというもの。高校生の読解力の基本として、「黙読」のあり方に問題があるのではないか、という仮説を活動的に確かめて改革できないかと考えたことが発端である。その前提として「黙読」であっても内言としての声が心内に聴こえ、そこから意味を咀嚼する働きが生じると考えられるからである。また「読む」場合に限らず、今この小欄の文章を綴る僕自身のう内には、まさにこの文章が「声」となって、この「文字」と重なりながら「聴こえて」いる。たぶん同様に今現在、この文章をお読みいただいているあなたの心の内には、この「文字」が「声」となって意味を咀嚼している筈である。要は文章の意味は「声が創る」ということになる。

教材はまず小学校1年・4年・6年の説明文教材。「文字」テキストは提供せずに、アナウンサーの方に「伝える読み方」をしていただき、聴解した内容について4人一組で対話の時間を持ち、その内容を捉えて、全体に発表し共有する。事前にこれは「記憶のテストではない」ことを念を押して伝えておく。教材の段階が上がるごとに、聊か「聴き方」の要点を変えて、タイトルのキーワードに注目して聴くとか、序論と結論を音声で伝えてその内容に即した自己の体験を挙げていく活動を実施した。こうした段階を追うことで、高校生も参観した指導者も様々な弱点に気づく契機となっているようであった。最後に中学3年教材を使用し、アナウンサーの「伝え読み」を聴きながら自らも「文字テキスト」を読むという重ね読みを体験して、自らの「黙読」のあり方を自己検証してもらった。途中、教材の内容として「テレビの伝え方」があったことで、アナウンサーの方から放送現場に即した興味深い体験談も聞けて、メディア講座としても有効な内容となった。もとより「自分」というメディアの使い方を工夫することで、「黙読」たる内言は豊かになる筈なのである。

具体例は崇高ではなく日常的でよい
他者に説明できる情報にするための構造化
小中学校で出来上がってしまった固定観念を超えるために
tag :

音読・朗読は暴力にもなる

2017-04-08
読まない自由聞かない自由のない朗読
〈教室〉での音読・朗読は決して好む者ばかりにあらず
浴びせ・読ませ・聞かせる行為は暴力にもなり得る

「音読・朗読」に興味を持ち研究を始めて、かれこれ15年ほどになるだろうか。前提として、僕自身は誠に「朗読」が好きであるということをまず述べておこう。好きであるがゆえに、むしろ教員として独善的に〈教室〉で「音読・朗読」することが、学習者にとっては嫌悪感を抱く、ある種の「暴力」的な行為になってはいないかという懸念から、この分野の研究を開始したといってもよい。拙著にも記したエピソードであるが、新任教員だった頃、授業中に生徒たちの私語が止まず、「うるさい!」と感情的に暴力的な教師の権威に依存した言葉を〈教室〉全体に浴びせたことがある。その際に「お前の方がうるさいよ」と言って、真剣な眼差しで立ち上がった男子生徒が1人いた。僕が暴力的に放った言葉は、学ぶ者にとっては不快以外の何物でもなかったのだ。日常生活でもそうであるが、言葉・声は十分に「暴力」になる可能性があるのだ。この体験から僕は、「教室の声」に関して深く考えるようになった。

声を「浴びせる」だけが「暴力」ではない。「浴びせる」があるなら学習者側は強制的に「聞かされる」側に立つ。また学習者が受身で読みたくない状況下で、強制的に「読ませる」行為もまた同じ。だがしかし往々にして〈教室〉では、この「暴力」こそが「教育」なのだと、すり替えられる傾向が強い。したがって学習者は教師の権威に逆らえないがために、その意味内容に興味を持つわけでもない教材を、”無駄に”大きな声で、感銘を受けていない内容にさも感銘を受けたかのように昂揚した調子で、声に出すことを強制される。やや誇張した物言いをしたが、程度の差こそあれ、こうした「暴力的」音読・朗読を強制してしまっている〈教室〉は多い。何よりそのことを「教育」だと思い込んで疑わず、実践している指導者に自覚がないことも問題である。特に内容的なことに判断力のない幼児の段階から、こうした「暴力」を浴びてしまうと、その内容に疑いを持たなくなり身体に刷り込まれてしまうという怖さがある。昨日のWeb記事で読んだが、選挙運動中の街宣車からの名前連呼は、その候補者の信任如何を問わず「投票してしまう」行為に繋がるという関西学院大学の「社会心理学」関係の研究報告が報じられていた。それを心理学では、「単純接触効果」と呼ぶのだと教えられた。

「声に出す」ことに対しての無自覚が横行している
僕たちはメディアの「連呼」にも注意しなければなるまい
「暴力」を「教育」や「正義」に置き換える、愚かな思考を憂えるばかりである。

tag :

「音読」は自他に向けて放つ

2017-02-24
音読は誰に向かって為されるか?
他者に伝えるとともに己に聴かせている
自らに語りかける声を聴いて連繋思考が起動する

芸術家派遣事業最終日。もう慣れ親しんだ道すがら日向市まで快適な運転。親しみを覚えてきた小学校1年生の子どもたちの顔と声。この日は、僕がまずは1コマの授業、その後は『スイミー』を教材にした担任の先生の授業が実践され、その後に授業研究会が持たれた。この日のテーマは、「対象に語りかける」こと。山村暮鳥「雲」を教材にするが、やはり「文字」は使用しない。その大きな理由は、詩を「読んで欲しくはない」からである。詩は語りの声の訴えであることを自覚し、自他の声を聴くことを意識化する必要がある。この自他への「聴く」意識がないと、いくら「音読」をしても「文字」を「音」にしただけで、「意味」いわば「思考」が起動しない。考えなくとも単純な「音読」は、できてしまうことが問題である。最初にお互いに「おはよう」の挨拶をして、その声を聴き合う。そしてまた、その「おはよう」を「こわく」「かなしく」「すばらしく」「にじ色」「あか色」など、様々な表情を声に与えることで、この日の準備運動とした。その後は、窓から空の雲に向けて「おーい 雲よ」と呼びかけて動作や表情も使うように指示する。純粋無垢な1年生たちの声が、日向のやや曇った大空に向けて気持ちよく放たれた。

後半は、俵万智さんの歌「うちの子は甘えんぼうでぐうたらで先生なんとかしてくださいよ」を使用し、4人1組で活動。一人が「お母さん役」二人が「子ども役」あと1人が「先生役」となって、この短歌の場面を再現する。「お母さん」の言葉を聴いて「子どもたち」は、「甘えんぼう」や「ぐうたら」を動作化して表現する。下の句になると「お母さん」が、先生に手を合わせて懇願するような動作をしながら声で訴える。中にはその後の「先生」の言葉を創作し「返歌」(さすがに1年生なので五・七・五・七・七にはなっていなかったが)する児童も現れた。短歌の場面再現とその言葉が対象に投げかけられていることを体感するワークショップである。班別に練習していると、次第に手拍子をとる児童たちが現れて、短歌に韻律があることを理屈ではなく体感しているようだ。このあたりはやはり「文字」ではなく、「音(声)」でこの3日間で実践してきた成果が現れたと自己評価できる。最後に「たんか」にこれから親しんでくださいと訴え、「わかやま ぼくすい」の名を出すと、さすがは日向市の小学校児童だ、保育園の遠足で牧水公園に行ったことがある子どもたちも多勢いて、誠に嬉しい気持ちになった。

かくして3日間のワークショップが終了
担任の先生の授業後の研究会でも「音読」について活発な議論が
そのあたりについては、またあらためて。
tag :

遊んでこそ気持ちがわかる

2017-02-22
相手の気持ちを受け止めるには
表情と身振りそして音を聞くこと
そしていかに遊ぶかを大切に・・・

昨日に続き芸術家派遣事業の2日目。日向市に向かう道すがらの高速道路で、急に視界が開け海が眼前に広がる橋がある。雲間から指す朝陽が海面に反射して美しく輝いており、まさに名の如く「ひゅうが(ひむか)」を実感できる瞬間である。この日は、宮崎は都城を拠点とする「劇団こふく」主宰の永山智行さんをアーティストとしてお迎えし、演劇的身体ワークショップを実践した。冒頭で永山さんが「PLAY」と大きく板書すると、子どもたちも1字ずつアルファベット読みを始める。そして一言「演劇」という意味のこのことばには「あそび」という意味もあるんだよと、「今日はみんなであそぼう」と小ホールで活動が開始された。円になって跳んで左右へ、向き合った相手と「イエィ!」、黙ったままホール一杯に図形を作り最後には漢字の「川」ができた。歩き回ってなるべく多くの人と熱い握手、次は出会った人の踵など指定された場所に触れて止まる。

こうしてアップが終わると、二人一組で相手のゆっくりした動きを「鏡」のように真似る、もちろん表情も独創的なものを創る。次にやはり二人組で車役と運転手役になり、肩を叩くと走りもう一度叩くと止まる、左右に操縦しないと壁などにぶつかってしまう。次第に車役が目を閉じて行うと難易度が上がる。さらに二人組ならではの合言葉を創り、目をつぶってバラバラにされた中からパートナー捜しをする。その後はしばらく、ある組の創った「かめかめ」ということばしか使用してはならず、その「かめかめ星人」の日曜日を相手に演じて見せ、見た側はどんな1日だったかをことば(日本語)で説明する。ここで前半終了となった。

後半の開始は、「お母さん役」と「子ども役」になって「かって。」「だめ。」をおとなしくから次第に激しく演ずることから。ことばには「はなしことば」と「かきことば」があることも紹介され、気持ちが大きくなると身体が付いてくることを実感する。「はなしことば」では「どんな音を出してどんな動きをしているか」が大切だと説かれる。再び二人組が向かい合い「ありがとう」のことばを交わすのだが、「音の大小」「高低」「間(ま)」をつけて言い合う。その後は「やわらかい」「かたい」「泥のような」「風のような」「黒い」「白い」「紫色の」などの「ありがとう」のことばが交わされる。「音が変わると相手に伝わることが変わるよ」と永山さん。それは次第に「ありがとう」ということばでは言えないそれ以上の気持ちを伝えることにつながると云う。何を言うかではなく、どのように言うかが大切であるとうこと。最後に、たにかわしゅんたろうさんの「わたし」の詩を五人一組となり、他者の気持ちになって表現する発表をして、全90分のプログラムが終了した。

小学校1年生の子どもたちの身体は解放され
〈教室〉にいるとは思えない豊かな表情
「教師も昔はあそんでいましたよね」永山さんが別れ際に僕に告げた。
tag :

小学校1年生の笑顔と出会う

2017-02-21
小中一貫校へ芸術体験授業へ
文字を使用しない国語授業に挑戦
「筆箱は使いません」と担任の先生の指示で始まる

この3年間ほど関わっている芸術家派遣事業で、日向市の小中一貫校を訪れた。今回は3日間のプログラムであるが、初日と最終日は僕が「授業者」として小学校1年生に「音読・朗読」の授業を実践する計画である。初日は「たにかわしゅんたろう」さんの詩を、いかに「文字」に依存しないで音読し暗誦するかといったテーマの内容を設定した。教室に出向くと、人懐こい元気な笑顔が僕を出迎えてくれた。この出会いの瞬間こそ、まさにコニュニケーションの始まり始まり。「おはようございます」と元気に言葉を交わして、黒板の前で準備を始める。こうした休み時間には、まずは一人ひとりに挨拶をする気持ちが重要だ。人見知りもしない笑顔が、僕に興味を持った視線を向けてくれている。まずなるべく個々の子どもたちの目を見て、「おはよう」の言葉を返していく。

最初は「おならうた」絵本の読み語りから。「いもくって ぷ ・・・・」という調子の繰り返しであるが、次第に子どもたちから笑いがこぼれる。その後、黒板にまずは「文字表記」を一通り貼るのだが、「ぷ」「ぼ」「す」といった「おなら」の擬音語部分を一旦は貼るが、「それは文字ではないよね」と言って剥がしていく。そのカードが紙と印刷された「文字」であることを強調する。そこで「パンパン、パー」と手拍子2拍に手を広げる体操を、この「詩」のリズムを体感させる。その後は「みんなの感じるおならの音」を再現すべく「いもくって」を全員で音読した後に一人ずつ声を出してオリジナルな擬音語を発声していく。これで机間巡視をしながら、全員と必ず1度は目を合わせて交流する。2つ目の詩は「かっぱ」(ことばあそびうた)。「かっぱ」のぬいぐるみを見せ、「ラッパ」の玩具を見せ、「なっぱ」の実物を見せる。すると子どもたちは、その言葉の共通点に気づき始める。さらに「現物」を見せながら詩を音読していく。なかなか舌が回らない様子ではあったが、次第に「ことばあそび」の楽しさを味わえるようになる。最後は「わかんない」という子ども向けの詩。「みかん」「やかん」「じかん」をやはり実物(「じかん」は時計を指す)を見せながら言葉の共通点を見つけていく。袋の中に隠したものは何か?と質問を投げかけると「缶」とその押韻に子どもたちは気づいている様子だ。そして僕と交互に1行ずつ詩を音読して、見事に一つの詩を朗読し終えた。ここに「わかんない」の詩を紹介しておこう。

「わかんない
 たにかわしゅんたろう

 わかんないけど
 みかんがあるさ
 ひとつおたべよ
 めがさめる

 わかんないけど
 やかんがあるさ
 ばんちゃいっぱい
 ひとやすみ

 わかないけど
 じかんがあるさ
 いそがばまわれ
 またあした」

授業終了後も何人かの子どもたちが近くまで来て、「こんなことばにもきづいた」とその例を伝えに来てくれた。まさに「授業者」として至福の時間である。本日は、演出家の方による演劇的ワークショップが予定されている。
tag :

あらためまして聞き手を意識

2017-01-13
教科書の音読
聞き手を意識して読むとは?
「結論」は言わずに伝えるということ

コミュニケーション育成を目的とした芸術家派遣事業の3日間が進行している。友人である役者さん・ギタリストさんのお二人を東京からお迎えしての事業も3年目となる。今回は特別活動ではなく「国語」の教科授業として、小規模校を訪れている。4年生4名を対象に「ごんぎつね」、6年生4名を対象に「やまなし」を教材とした導入授業を設定した。役者の朗読とギタリストの繊細な響きに載った「音」の共演によって、子どもたちの「音読」は変わるだろうか?従来から指摘してきたことではあるが、〈教室〉の「音読」には目的や聞き手への意識が明確に示されていない場合が多い。「表現」するということは、何より「聞き手」を意識しないと始まらないことを、あらためて再認識する機会となる。

昨今盛んに実践される能動的活動型授業においては、導入で「できない」ことを学習者が自覚することが肝要である。今現在の自らの能力では解決不可能であることを悟ってこそ、その後の学習が意欲を持ち能動的な発見へと導かれる。役者さんも常に「私の読み方と同じようにしなくてもよい」「間違って読んでも場面に即したものであればよい」といった要点を丁寧に伝えながら、授業を進行させてくれた。〈教室〉ではただ「声」にするだけの「音読」から、聞き手を意識した「音読」にすることが実に難しい。素朴で当然と思われることを実践することこそが、一番難しいのである。そしてまた教材は、決して「結論」を述べてはいない。読み手が自らの中で読んで聞き手に伝えようとしてこそ、教材に初めて命が吹き込まれるということであろう。

あらためて「表現」の奥行を実感する
子どもたちに変化が見え始める
本日は3日間の集大成として4年生・6年生合同の発表授業となる。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>