FC2ブログ

70年代虚構の真実味

2020-08-11
映画『日本沈没』
マグニチュード8クラスの地震
津波と山間部から水が、さらに火山爆発など

70年代に小松左京『日本沈没』が話題となり、TVドラマや映画化が為された。地球を「ゆで卵」と喩えると、柔らかい「殻」の下に「白身」に当たるマントルという液体がゆっくりとした対流を続けており、その中心に「黄身」である「核」があるのだと云う。大陸の東端に位置するこの島国では、太平洋側を列島に沿うように海溝があって海側と大陸側がせめぎ合っている。そこにマントル対流の刺激を受けると大地震や地殻変動が起きるという構造である。本州では「富士川〜糸魚川ライン」で東西に陸地は分断され、また中部地方から西へと活断層が四国を経て熊本あたりまで伸びている。この地殻の特徴を考えるに、列島では地震や津波に火山噴火などの自然災害は、不可避であることは子どもでも十分に理解できることであった。

昨日、何気なくTVをつけると映画版『日本沈没』を放映しており、若かりし日の藤岡弘、さんが、いしだあゆみさんと恋人役で、思わず見入ってしまった。その虚構たる映画でこの列島で起きることは、この30年〜40年で明らかに現実のものとなった。もちろん大規模な地殻変動で、列島が沈むというまではいかない。だが地震も津波も火山も静かにしているわけではなく、さらには集中豪雨や台風という災害が加わった。映画では政府が為す術もなく、国連で海外移住の受け入れ先の国を要請しているのだが、消防も自衛隊の装備もまったく役に立たぬほどの自然災害が一気に列島を襲うのである。僕は関東に住んでいたせいもあり、子どもながらに大地震への警戒意識を強めた記憶があるが、あらためてSF的な虚構を単に「虚構」と捉えていいのか?という気持ちになった。今回の新型コロナ禍で、僕らは自分の身は自分で護らないと危ういことを体験している。映画では引き裂かれた恋人が、ともにシベリア鉄道のような列車に、お互いに知らずに乗って欧州を目指している場面で幕を閉じるのだが・・・。

何よりの先決課題は自然災害から国民の命を護ることだ
虚構を虚構で終わらせてしまう想像力の欠如は知性の低下
70年代は様々な意味で真実味のある時代であった。


関連記事
スポンサーサイト



tag :

今年も平和の鐘が鳴る

2020-08-10
「新型コロナウイルス感染症が自分の周囲で広がり始めるまで
 その怖さに気づかなかったように・・・」
(長崎市田上富久市長の2020年「長崎平和宣言」より)

今年もまた「平和の鐘」が打ち鳴らされ、午前11時02分長崎では平和の深い祈りが捧げられた。新型コロナウイルス感染拡大によって、平和記念式典に一般の人々の参列はなく関係者の方々のみ。しかし長崎の街では至るところで多くの人々が75年前の惨禍で命を落とした人々を哀悼し、その世界に類を見ない凄惨な過ちを二度と繰り返さぬよう祈りを捧げる。ニュース映像でもその光景が報道されたが、その街の人々の意識こそが長崎の「平和の鐘」の響きに含まれているものだ。既に8年前のことだが、初めて平和記念式典に参列した僕は、そんな長崎市内の空気とともに永遠の平和に何ができるかと誓った。生で間近で高校生らが打つ「平和の鐘」、その響きは僕を九州で仕事をさせようとする神の号令でもあった。

75年間という歳月が流れるが、未だに「核兵器廃絶」へ世界的な先導者となり得ていないこの国の情けなさをあらためて思う。もちろん多くの人々が、誠心誠意な努力を続けていることも知っている。だが広島も長崎も、当地に深い当事者意識と祈りと誓いが聳り立つのだが、国は表面的で空虚な言葉を垂れ流して意識の低いその場凌ぎを繰り返すだけだ。あらためてこの9日が、開催されていれば「東京五輪2020」の閉会式当日であると知った。その場は長崎にとって、この上もなく平和宣言を世界に発信する場であったように思う。だが華燭な祭典には、そのような真の平和の意識が伴ったのであろうか?。昨日の市長と国の責任者の言葉を比較すれば、その想像は容易につく。冒頭に記した市長の言葉で言えば、今もなお「その怖さに気づかない」ふりをしている国に、僕らは暮らしている。新型コロナを「戦火」に喩えるならば、また「繰り返される過ち」なのかもしれない。

今更ながら、広島・長崎こそが五輪開催地になるべきでは
「もし核兵器が使われてしまうまで、人類がその脅威に気づかなかったとしたら」
(前掲、田上市長「長崎平和宣言」より)
この比喩に至るだけでも長崎市長こそを政治家と呼ぶのだろう。


関連記事
tag :

美味しい地元産鯵寿司をいただいて

2020-08-09
土曜日の買い物
昼前後に行けば鯵寿司がある
妻と母と楽しいひととき

近所の親友に勧められ、ある店の「鯵寿司」が美味しいことを知った。夕方に買い物にいく習慣がついていたが、その寿司にあり着くには早い時間帯が望ましいらしく昼前後に店舗へと向かった。今回は2度目であるが当日朝製造の品物が並び、僕ら夫婦と母も「鯵寿司」を購入できた。さらには並びにあった「本まぐろ寿司」の艶があまりにもよいのでこちらも購入。帰宅してすぐ昼食にいただくと、双方ともたいそう美味しいかった。新型コロナの感染拡大で外食も限定したお店だけというのが実情、本心では多くのお店に足を運び支援したいのだが、こうした「お家ランチ」がありがたい日々だ。

牛豚鶏を問わず美味しい地元畜産業の成果である肉、新鮮な地元産野菜、さらには日向灘の海の幸の恵み、もちろん濃厚な味の牛乳など、日常の食材の豊かさは誠にありがたいのが宮崎の台所事情である。昨年、引っ越して来た父母も、その大きな理由は良質の食材が日常的に調達できることであった。長年の東京生活で便利な買物が通例になっていたが、母は特に便利さよりも「食材の質」にこだわりを持つようになったようだ。僕自身が宮崎に移住した時からそうだが、多くの品物で「地元産」を求める。調味料や出汁のいりこなどまで、「宮崎産」であることを確かめる。この土に海に空の太陽に、育てられた宮崎産の食品。もはや都会のスーパーなどでは決して買物ができない感覚を持ってしまうほど、恵まれた食材調達環境にある。

牛乳は大量生産ではない牧場の産品を
パンも地元地域の手作り店と馴染みに
鯵寿司が土曜日の楽しみになりつつある。


関連記事
tag :

二重写しの夏を生きるために

2020-08-08
「猫と女は、呼ぶと逃げ、呼ばないとすりよってくると言うが、
 運命もまた、こっちが冷たくしていると機嫌とりにやってきて、
 こっちがしつこく追いまわすと遠ざかってしまう。」
(寺山修司「さかさま世界史」より)

今朝は休日ゆえにややゆっくり寝て、起きて何気なくスマホを見ると「この暑さ(に信じがたいが)東京五輪の競歩が開催されていたはずだった」といった趣旨の見知らぬ人のSNS投稿を目にした。暦を確かめると「8月8日」、たぶん同じように夏の甲子園大会の開会式などが挙行されていたに違いない(正確に調べていませんが)。長年の心に沁みついた夏の風物詩「腹時計」は、例年の行事を記憶しており、それに加えて東京五輪2020の幻影が、この国の人々の脳裏にチラついている夏が進行している。夏の「行事」「祭り」はほとんどが中止となり、新型コロナウイルスと向き合う夏。今年の元旦には、誰がこのような「運命」を予想したであろうか。

冒頭に記した寺山修司の名言が卓越である。「猫と女」とあるのは「昭和」の時代を感じさせるが、現在なら「猫と思い人」として性差を問わず、「呼ぶと逃げ、呼ばないと・・・」と云うことであろう。『伊勢物語』を扱う講義などで「贈答歌」について考えることがあるが、「言い寄られたら(好きでも)まずは拒絶する」という返歌が「基本」というようなことの「なぜ?」を学生たちと議論することがある。この国は、執拗に「東京五輪」を追い回し過ぎたのであろうか。誘致決定過程の闇疑惑を含めて、五輪の「猫と神」はこの国から逃避してしまった。反対に「呼びたくもない」新型コロナは、じわじわと我々のそばに「すりよって」来ている。国の対応はこの上なくコロナに「冷たい」、ゆえに「機嫌とり」に来られてしまっている。よく「コロナとの戦い」という標語を見るが、どこか違うのではないかと思う。その存在を殲滅しようとする傲慢で我欲な発想が、むしろコロナを跳梁跋扈させるのではないか。感染拡大はこの「人間社会」が生み出すという運命、「コロナに向き合う」我々の社会の悪弊をコロナは変異しながら身に纏っているのではないだろうか。

「本来なら行われていた」という時の「本来」とは?
近現代の人間本位な世紀を僕たちは変えるべきときなのだ
「運命」とはいえ、人の「欲」に塗り固められていることを忘れるべきではない。


関連記事
tag :

季節と学事暦のかかわり方

2020-08-07
まだ終わらない前期講義
梅雨明け十日からすぐに立秋へ
時節を問わない感染対策も続く

今朝は小欄を書こうと思い書斎の窓を開けると、足元にどこからともなく涼風が吹いた。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」という『古今和歌集』秋の巻頭歌を現実に体験する思いである。本日は暦の上では立秋、「梅雨明け十日」という成句があって晴天が続くということらしいが、たった「十日」の「夏」から既に「秋」になってしまうような本来の季節観からすると不条理な地球を生きなければならない。今朝の東の空は妙に朝焼けがオレンジ色に広がっていたが、繊細な心を持てば季節は正直に僕らの前に顔を出すということかもしれない。

通常であればこの時期は前期末の定期試験期間、半期を締め括り夏の現職教員対象の研修なども始まり夏期休暇へ向かう構えをする時節である。それにしても長年の教員生活で染み込んだ学事暦の心身へのへばりつき方は、かなり執拗なものがある。コロナ禍で俄かに湧き出るごとく「9月入学」が頭を擡げ即座に消えて行ったが、何より現場を支える教員のメンタル面が転換しようがないほど春夏秋冬と深い心身との相関関係があるようだ。世間はお盆の帰省云々と喧しいが、もとより急速なコロナ禍で4月に前期を始められず、お盆を跨いで今月3週までは前期授業+定期試験期間が続く。

遠隔講義でなんとか終盤まで遂げた気持ちと
日々の講義制作に費やす時間的に大きな負担を思う
暦と時節、この国では何に囚われて人々は生きているのであろう。


関連記事
tag :

家族が割かれる夏

2020-08-06
家族団欒の時節にあたり
容易に帰省もままならない社会
人間社会を分断していくウイルスの脅威

家族がいるお茶の間が好きだ。幼少の頃、アポロ11号の打ち上げの際だっただろうか、家族がテレビの前に全員集まり固唾を飲んで打ち上げの光景を観た。祖父母や叔母二人も同居していた家族、叔母の一人がカウントダウンする数字が減っていくのを「0になればロケットは月に打ち上がる」と教えてくれた。まさに「世紀の瞬間」を家族全員が集まって見守った時代。TVドラマなどを観ても家族愛が描かれ、ウルトラマン・ウルトラセブンを観れば、科学特捜隊や地球防衛軍の隊員たちのチームワークよろしき家族のような関係が羨ましく思えたものだ。世代を超えて家族が集まることには、歴史・社会・文化を継承する大きな意義があったように思う。

新型コロナウイルスの感染拡大で、お盆の帰省自粛の賛否が喧しい。都会から地方への移動によってさらなる感染拡大が懸念される一方で、既に感染第二波の炎上は同じ図式で日本全国を急襲した。TVで街の人の声が流れると「キャンペーンでの移動はよくて、なぜ帰省はいけないのか」と言った声も少なくないようだ。僕の場合は既に故郷・東京へ半年も足を運んでいない。これは宮崎に移住して最長記録だが、昨夏に何を予見したか父母が宮崎に移住していたことは幸いであった。それでもなお、東京在住の妹は宮崎訪問を我慢しており、隣県に住む姪も僕の家に来ることを自粛している。ましてや例年夏の恒例となった「いとこ会」など決してできる状況でもなく、開催が途切れてしまう。家族親戚と逢うのはお盆ならずとも、自らの存在そのものを考える貴重な機会だ。ウイルスはそんな人間の本質的な喜びを、悪辣にも奪うものとなっている。

家族で五輪を観る夏は夢に消え
心穏やかな日々はいつになったら来るのだろう
家族を大事にしなくなった人間への警句なのだろうか?


関連記事
tag :

「かの夏」を思いて過ごす

2020-08-05
「かの夏に掃射逃れし少年のつないだ命われここにあり」
(自選短歌)
今年も「かの夏」を想像して生きる

基礎教育科目「日本の恋歌ー和歌短歌と歌謡曲」も大詰め14回目の講義を収録し配信をした。受講者から提出される多様な課題の質が回を追うごとに上昇し、毎回書かれている内容を読む時間が大学教員として至福の時間である。コロナ禍で講義開始が1ヶ月遅くなったこともあり、今年は「この8月」に講義の大詰めが来ているのも運命的な意味があるように思う。横浜のクルーズ船が問題視された2月、3月ごろから激しく新型コロナウイルスが炎上をしはじめ、北海道など一部で炎上度合いが増し、ある時期に「押さえ込んだ」という政府見解も哀れに、実情は都市部から再び地方に蔓延する感染拡大。日本地図が都市部から次第に「過去最高」を示す「赤色」が飛び火するように拡大している。

この感染拡大の地理的・時間的距離感は1945年(昭和20年)、まさに「かの夏」に載せてみると類同性が見出せやしないかと思っている。3月の東京大空襲、その後は宮崎にも空襲が波及し(3月18日に大空襲の記録がある)、6月までは沖縄で壮絶・凄惨を極めた地上戦が続き6月23日の組織的戦闘の終結に至る。無謀無策な戦いとわかっていても講じられる手立てもなく追い込まれていき、8月6日・9日の広島・長崎への原爆投下に至らしめる。「かの夏」を生きた人々も決して未来に希望を失ったわけではなかったろうが、「国」の凝り固まった体質が多くの人々を犠牲に至らしめた。僕らは75年が経過した今、3月から「先の見えない」時間を生きている。現実を直視し見直すべき政策を撤退する勇気・英断も為されず、「感染」という「空襲」が日本地図上を「赤色」に染め続けている。「かの夏」にもどれほど多くの愛し合う人たちが、悲惨な状況下で引き裂かれて行ったことだろう。75年前の現実から何も学べない「体質」が、今は僕たちの生命を何よりも脅かしている。この期に及び「ミサイル防衛議論」に躍起になっている人間たちの顔色は、黒ずんでいるばかりにしか見えない。

「過去」は「美しい物語」だけではない
「かの夏」を生きた恋人たちを短歌と「蛍」(サザンオールスターズ)に想像する
父が機銃掃射を被弾していたら、僕は今、存在していなかったことを噛み締め。


関連記事
tag :

「うしろには夢がない」寺山修司の触発されることば

2020-08-04
「自叙伝などは、何べんでも書き直し(消し直し)ができるし、過去の体験なども、 再生をかぎりなくくりかえすことができる。
できないのは、次第に輪郭を失ってゆく『私』そのものの規定である。」
(寺山修司「黄金時代」ー『寺山修司名言集』PARCO出版2003より)

「今」小欄の一文字一文字を打ち込んでいる”とき”は順次「過去」になり続けている。既に何秒か前に打った「今」は、明らかな「過去」である。それが嫌だと思えば、パソコン上でいつでもいかようにも「消し直し」をすることができる。だが「今」は、それをせずに書き進めることにしよう。なぜなら「ふりむくな ふりむくな うしろには夢がない」という言葉に背中を押されるからである。小欄に言葉を紡ぐことは、過去や思い出に絡め取られるためではなく、「今」から前に輝く「夢」を見るためである。「私」そのものは多面体で形式的な「輪郭」はあるが、その「規定」は難しい。

寺山修司の短歌を読んで、その総体的な仕事のあり方に大変興味を抱き何冊かの資料を入手した。冒頭に引用した「名言」をはじめ、多ジャンルを横断的に表現し続けた奇才・天才のことばには、触発され魂を揺さぶられる思いがする。「書く」という行為そのものが「過去」であり「思い出」のようであるが、寺山にとってそれは「経験」ではなく「物語(ストーリー)」なのだと云う。「過ぎ去ったことなどはみな、比喩にすぎない」とさえ言う。また「実際に起こらなかったことを思い出にすることもできるものなのです。」とも。このあたりの名言に、短歌を考え直す大きな材料が散りばめられている。

今年もまた8月が来た
あなたは75年間のうち、どれほどをどのように生きてきたか
せめて「物語」を語り継ぎながら「夢」を見たいものである。


関連記事
tag :

新しい歌会様式で新しい発見

2020-08-03
Zoomを利用して広い地域の方々と
世代も超えて様々な素材の歌が
暫くは新しい歌会様式で

コロナ禍に加えてここ連日の猛暑、平日よりやや遅く起床し恒例の朝のトレーニングと散歩。「やや」はせいぜい誤差1時間であるが、早朝から太陽熱は容赦なく人体を攻め立てる。そのまま朝食となったが、牛乳のみ飲んでいたからか身体に熱が溜まったような状態を自覚した。コロナ禍によって体調管理に敏感になっており、身体の微妙な変化でも気になる。常に自己の心身の内面と向き合うことは、よいことであるとは思うが、聊か難儀であることも確かである。炎熱とコロナの二重苦、となれば家で適温に調整してできることに臨むしかない。この日は懇意にする歌人の方に結社を超えた歌会にお誘いいただき、午後2時間ほどをZoom画面に向き合った。

参加者の世代も背景も様々で詠草にも多様な歌が並んだ。「蝉」「花火」「風鈴」などの夏定番のものから、「能」「マント」「薄(すすき)」など深読みを求めるものまで。またコロナ禍で特徴的に表出した「オンライン授業」など、世相が反映した歌も。また「(電車の)車両」など公共交通の歌などに、現状の社会を重ねて読んでしまう「コロナ読み」といった傾向も見られ様々に勉強になった。素材として特筆すべきは「メアリー・マローン」の固有名詞を詠んだ歌、この名前は「世界で初めて臨床報告されたチフス菌の健康保菌者。(無症状感染者)」であると云う。家政婦として料理が評判であった彼女が雇われる家から、次々と感染者が出るという事例が繰り返されたという事実があるらしい。コロナ禍でも若者の無症状感染者がウイルスを拡散させているという指摘がある中、我々はこうした「歴史」に真摯に向き合わねばならないであろう。

自宅で世界観を拡げるための工夫
ありがたきかなZoomの普及
短歌とともにこの世相をいかに歴史に刻み付けるか


関連記事
tag :

疫病終息祈願をせめて

2020-08-02
県内で続く感染拡大
そして全国で何も手を施されることなく
早期終息へ「南無大師遍照金剛」

母方の祖母から学んだことは多いが、願いを叶えたい時、苦境に立たされた時、穏やかな心になりたい時には、「南無大師遍照金剛」を3回唱えるとよいと幼少の頃から教わっていた。首都圏在住であった僕は私立中学校受験を経験し、その際に進学塾で実施する「日曜テスト」を受けに行く前の晩には、寝る前に高得点を祈っていたことが思い返される。野球で打席に入る前、器械体操で演技に入る前、そして大学受験で各科目の試験が始まる前に実行すると、不思議と気持ちが落ち着いた。それぞれの結果は様々であったが、思い通りになってもならなくとも、それこそが自らの「運命」ではないかと考えられるようになっていた。邂逅・岐路・運命、自力では如何ともし難いもののようであるが、心の向け方で開ける道がある。そこに純潔な心があるか、望みを叶えようとする敬虔で深い思い、信仰といった領域ではなく、人の生きる歩みそのものを祖母からは学んだのだと思う。

宮崎県内での感染拡大が深刻度を増す中、「早期終息」へ心を向け自らの歩む道に光が欲しくなり大師祈願に赴いた。宮崎県内では延岡に、立像としては日本一の大きさを誇る「今山大師」がある。その縁起を遡ると江戸時代に延岡地方で疫病が流行したため、終息への祈りを込めて弘法大師を祀ったのが始まりだと云う。立像は昭和30年代の建立だが、小高い丘の上から延岡市内を見下ろし、遠く高野山の方向を見つめていらっしゃるのだと知る。自家用車の往復、そして境内でも他の参拝者に会うこともなく、人との接触なしに参詣を成すことができた。

新しい8月、思いも新たに
心を洗い清め前に進む勇気を
どこからか祖母の唱える声が聞こえる。


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>