鼎談「年齢の花ーそれぞれの年代の歌」神話のふるさと県民大学

2017-09-24
小島ゆかりさん・なおさん母娘
伊藤一彦さんによる年代の歌トーク
各年代の生き方が歌の表現に・・・

宮崎県は「神話のふるさと」として古事記・日本書紀編纂1300年(2012年〜2020年)に当たるこの8年間、県内では様々な関連学会やイベントが開催されている、今回は短歌関係ということもあり、特に来月の和歌文学会でもパネリストをお願いしている小島なおさんが、お母様のゆかりさんともども来宮するということもあって、事前から申し込みこの日がやって来た。鼎談では各「年代の歌」をテーマに、楽しく穏やかなトークが展開した。

前半は主に10代・20代の短歌に、小島なおさんがコメントをつけていく。「終電ののちのホームに見上げれば月はスケートリンクの匂い」(服部真里子)などに読めるように、「自然(月)」を扱いながら「感覚」で詠む歌が特徴的である。なおさん曰く「言葉へのフェチズム」が覗き見えて、「口語」の自由奔放な使用に「作者の息づかい」が読めると云う。それが30代ともなると、「三階のフィリピンパブの店員の肩の刺青「夢」の意味らし」(佐佐木定綱)や「すでに老いて父の広げる間取図のセキスイハイムの「キス」のみが見ゆ」(染野太朗)などに読めるような、実感や生活上の現実感が見え隠れするようになると云う。

また鼎談の席上、伊藤一彦さんの指摘もあって、小島なおさんの評論が一部紹介された。その生活において「ノイズレス」化が進み、若い世代の短歌に擬音語が減少しているのだと云う。茶の間のテレビよりはスマホ、友人との会話よりもWeb上のSNS、などによって情報を得て娯楽を楽しむ若者の「耳」と「音」を表現する感覚・感情の変化への指摘は卓越である。

さて、40代50代の歌は小島ゆかりさんのご担当。「木草弥や生ひ月といふ三月の死者の身体の木草がさわぐ」(本田一弘)など、3.11以後の福島を切実に捉える鎮魂歌など、「言葉」「風土」へのこだわりが増す。それでも感覚派として「世のなべて少女とならばおそろしき少女のむかで、少女のみみず」(水原紫苑)などもあり、歌が湧き出る「泉型」歌人と云う指摘。それに対して「細くかたく鋭いこんな革靴で一生歩いてゆくのか息子」(米川千嘉子)など就活の息子を詠む歌を挙げて、「樹木型」歌人といった類型の指摘にも話が及んだ。

そして、70代以上は伊藤一彦さんのご担当。「老年の品格などとは要らぬ事ただ生きるただそれだけの事」(清水房雄)などに読める、肯定的「アナーキー=無秩序」いわゆる「伸びやかに生きる」点に魅力があると云う。「キスうくる女優の眼鏡(グラス)とらるるを思ひつつめがねをはづす秋冷」(伊藤玲子)などありのままの自己批評が「ユーモア」として表現される。100歳以上の方の歌も、宮崎県で行なっている「老いて歌おう」には多数投歌される。歌を創ることによる「出逢い」と、歌を創ることで「歳をとるのも楽しみになる」と、人生を歌に生きる喜びが小島ゆかりさんから語られ、約2時間の鼎談は楽しいうちにお開きとなった。

母娘で短歌を語り合う楽しみ
ゆかりさん・なおさんの人間的な魅力にも触れた
まさに歌を創り語ることは、人生を語ることに等しい。


関連記事
スポンサーサイト
tag :

和歌文学会第63回大会公開講演ジンポジウム好評受付中!

2017-09-23
10月21日(土)公開講演ジンポジウム(一般公開・要申込)
22日(日)研究発表・総会(会員のみ)
23日(月)実地踏査(牧水記念文学館・牧水生家・青島神社)

約2年ほど前、標記学会大会開催校への打診があり、それを引き受けさせていただくことになった。当初はまだ先のことと考えていたが、いよいよ開催はあと1ヶ月後となって緊張感も増してきた。その2年前に日向市で開催された「牧水短歌甲子園」の休憩時間、歌人の俵万智さんにこの大会のパネリストをお願いできないものかと、大学学部の後輩をよいことに唐突にお願いしたのも今はよい「思い出」である。その後、昨年4月に万智さんは宮崎市に移住され、新聞やトークなどで「短歌県みやざき」を合言葉にといった声を上げるようになった。それに乗じて「全国の和歌研究者、短歌県みやざきに集う!」を大会のテーマにしようと考え始めた。長年、宮崎で活躍する伊藤一彦さんをはじめ、若手歌人の小島なおさん、第20回牧水賞受賞者の内藤明さんの計4名の歌人の方々が、パネリストに名を連ねるシンポジウムを構想・計画することができた。

もちろん研究学会の大会であるから、「研究」を主眼とするのは言うまでもない。だが昨今の社会的な人文学軽視の風潮を鑑みるに、「なぜ古典和歌研究を行う必要があるのか?」という自明ながら大切な問いを、我々研究者が再考する必要があるように思われる。研究分野・方法の細分化が進み、昨今の和歌研究者で短歌実作をする人は稀となった。明治期の佐佐木信綱が典型なように、和歌や歌学を対象とする国文学者はそのまま、名高い実作者であるのは過去のものとなった。実に根本的な問いとして、「和歌」を対象に研究しているにも関わらず、「実作」をしないで深い「読み」ができるのか?という問いにも突き当たろう。短歌に関わるということは、即ち「やまとうた1300年」の歴史の中に身を置くことなのである。となれば、こうした機会に研究者と実作者との交流を促進する機会を設けるべきではないかと思うのである。和歌文学会としてはやや異色な講演シンポジウムになるが、それ即ち宮崎で開催する意味ではないかと思っている。

【一般公開】講演ジンポジウム「古典和歌と近現代短歌ー研究と実作ー」
 基調講演:伊藤一彦氏(歌人)「若山牧水のあくがれーその歌言葉と韻律の特色」
 パネリスト:伊藤一彦・俵万智(歌人)小島なお(歌人)内藤明(歌人・早稲田大学)
       永吉寛行(神奈川県立上南高等学校教頭)
    司会:兼築信行(早稲田大学)

10月21日(土)13:30〜17:00(受付開始12:30〜)
(会場)宮崎市民プラザ オルブライトホール(一般定員300名)
一般参加申込先:wakabunmiyazaki@gmail.com


関連記事
tag :

詩歌の〈授業〉と遊び心

2017-09-22
詩歌を読む己の感性
その共鳴を聴くには他者の器が必要となる
「詩歌を教えようとしない」授業へ

詩人の谷川俊太郎さんが80年代に出版された『詩の授業』という書籍の中で、竹内敏晴さんらと対談し「学校の教師は詩を教えようとしている。(詩は教えられるものではない。)」といった趣旨の発言をしている。長年の国語教育の反省からすれば、いわば「文学」には確固たる「主題」があって、その「作者の言いたいこと」を一つに集約し定めてまとめることを「授業」だと勘違いして来た実情がある。90年代以降の反省でだいぶこうした「詩の教え方」は改善されてきたが、今尚旧態依然な「教え方」に拘泥する授業が少なくないのも現実である。個々人が個々に生きている以上、詩歌の読み方も個々であるのが必然である。その表現に対して自己の経験を立ち上げなければ、情景も心情も想像することは決してできないゆえである。

「読解」は一定線内に収まるものであるが、「鑑賞」は多様であってよい。むしろ創作主体も予想もしない「読み」が現れることが、「文学」の楽しみでもある。まさに「読者」は「遊び心」を「楽しむ」のである。だがなかなか〈学校〉の〈授業〉では、「遊び心」を「楽しむ」ことはできず、むしろ〈教師〉の喜ぶ(であろう忖度を働かせた)「模範解答」という得体も知れず”つまらない”「読み」だけに収束しがちである。〈授業〉という表面上でこのような無理な拘束を受けるゆえに、日常性の中で抑えきれない感情が暴発し、よからぬ交友関係を招いたりする。TVニュースでも扱っていたが、SNS世代の昨今の若者は特に争い事を嫌い、たとえそう思ったとしても他者を批判せずにその場を無風に終わらせようとする傾向が強いと云う。SNSというある意味で「個」の思考がそのようであるからこそ、せめて詩歌の〈授業〉には「遊び心」が求められるのではあるまいか。

まずは教師が「ことばの力」に
正面から向き合うことであろう。
スマホにて「我」を無風に失へばいざ取り戻せ詩歌をよみて
関連記事
tag :

プレゼンと発表のあいだ

2017-09-21
図表を示し身体性も十分に活用するか
練りに練り上げた原稿を読み上げるか
果たしてどちらが効果的なのだろうか?

この国には、善かれ悪しかれ「原稿読み」による発表形式の文化があるように思う。国会をはじめ政治的な答弁はもちろん、式辞などの公的挨拶は紙にしたためておくことで儀礼的な重厚さが演出される。それのみならず宴席でのスピーチ、会議での発言、研究学会での発表に至るまで、多くが「原稿読み」という形式の口頭表現スタイルを採る。こうすることによって、政治的答弁は感情に左右されることなく、会議での発言も既定路線が守られ、研究学会での発表なら事前に図っておけば確実に時間内に終えることができる。原稿読みではなく場当たり的なものとなれば、ここに列記したことの裏返しの欠点が浮上して来る場合が多い。だからといって、「原稿読み」が最良のものとは、どうも考えづらいのである。

政治答弁に典型的なように、「原稿読み」をすると果たして当人が思ったことを弁じているのか疑わしく感じられてしまう。読み上げそのものが「棒読み」となり、感情が露出することはない。「官僚答弁」と揶揄されるのは、まさにそんな読み方の典型であろう。思うに、その「読み方」を育んでいるのが〈教室〉での「音読」ではないかと思うことがしばしばだ。小中高を通して発達段階が上がると、次第にこの「棒読み」は熟練して来る。いかに気怠く相手が”聞きたくないように読む”方法を身につける。などと学校教育の「音読」だけを悪者にしても仕方ない。ここには、日本語の「書き言葉」と「話し言葉」の無自覚な乖離があるようにいつも考える。文化的に転じてみれば、米国で行われる弁舌の訴える力は、まさにこの「棒読み」と対極にあるように思う。(最近は弁舌内容が野卑ではあるが)大統領スピーチからIT企業の新製品発表まで、実に効果的に訴える力がある。こんな視点から、「国語」の授業も改善される方向を模索すべきではないかと考えるのである。

聴衆の方を全くみないで発表し尽くす
アイコンタクト十分に身振り手振りも加える訴え
言語そのものが近現代に抱え込んだ矛盾を見直してみる時かもしれない。


関連記事
tag :

「男の人にはわからないゆえの女心」なのか?

2017-09-20
「おみなこころ」
「女心と秋の空」
「女に特有の気持ち」(『日本国語大辞典第二版』より)

世はすっかりジェンダーフリーな時代だが、「女心」などという語彙が使用されることは少なくない。特に「恋心」といった上で意味する場合が多く、桑田佳祐さんの曲の中にも「可愛い声でごめんと言って、振り向きもせず出て行くあなた」や「突然はいそれまでよ」といった唐突な心変わりを「女心」として描いている作品も目立つ。そうした歌詞の中で、「男」はたいていその「女心」を理解できず、「粋で優しい馬鹿」として描かれるのが桑田さんの男性観でもあると思うことがある。NHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」も大詰めを迎えているが、記憶を失った主人公・みね子の父親・実が、奥茨城の家で農業に従事するうちに妻である美代子をあらためて「好きだ」という場面があり、美代子も「そんな誠実で優しい実さんが好き」と言いつつも相変わらず「女心」はわかっていないと言う。だが「男の人にはわからないのが女心ね」と悟る場面があった。

考えてみれば男にはわからないゆえ「女心」だというのも、理論的には妥当ではある。また冒頭に引いた成句「女心と秋の風」は、元来は「『男心に秋の風』を言いかえたもの」(日本国語大辞典第二版)であるとされている。となれば「心変わり」しやすいのは「女」に限らず、従来から「男」もそうであった訳であり、「女心」「男心」も語彙史を通底してみれば、ジェンダーフリーであるといってよいようである。古典和歌から近現代短歌に至るまで、「忍ぶ恋」や「叶わぬ恋」「切ない恋」を主題としているのは、こんな男女問わない「恋心」の本質に起因しているのであろう。牧水も激しく悲痛で簡単には叶わない小枝子との恋を経験することによって、その歌の境地を高めたといっても過言ではない。その後は牧水を一生かけて支援し続けた喜志子を妻としたことで、その後の歌人としての功績も積み上げられたことだろう。牧水の歌を考えることは、自然や旅や酒のみならず、こうした「恋心」においても様々な「学び」がある。そしてたぶん牧水もやはり、「女心」はわからなかったのではないかと推測しておく。

「わからない」ところがあっても
自分らしくあり好きな同士でいられるということ
「ひよっこ」は劇的変化ではなく、人間の微妙な心の機微を描く秀逸さがあってよい。


関連記事
tag :

坪谷にひびくしみる瀬の音ー第67回牧水祭

2017-09-19
「溪の瀬のおとはいよいよ澄みゆき夜もふかめどいづくぞやわがこころは」
(若山牧水『みなかみ』より)
日向市東郷町坪谷にて牧水祭挙行

台風18号は宮崎・大分にも傷跡を残し列島を縦断していった。被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。一転、18日は台風一過の快晴を望むなか1日延期となったが、「第67回牧水祭」が坪谷の生家前で挙行された。日向市の十屋市長のご挨拶から始まり、教育長をはじめ牧水顕彰会の方々が参列し、夫婦歌碑に献酒がおこなわれてゆく。前日の予定では伊藤一彦さんと対談予定であったこともあって、小生も「代表献酒」の一人として牧水の刻まれた歌に酒を献じた。「をとめ子のかなしき心持つ妻を四人子の母とおもふかなしさ」が牧水の歌。「うてばひびくいのちのしらべしらべあひて世にありがたき二人なりしを」が妻の喜志子の歌。個人的には牧水歌の「おもふかなしさ」の一句がいつもこころに響くので、ここにたっぷりと酒を染み込ませ、牧水の魂と対話をした気持ちとなった。

その後、前日に懇談の席をご一緒させていただいた、牧水のお孫さん・榎本篁子(えのもと むらこ)さんらとともに生家へ。牧水が生まれ落ちたという縁側、土間からの上がり口などに座り写真撮影。通常は一般公開をしていない二階まで上げていただき牧水を偲んだ。伊藤一彦さんのこの歌はこの納戸で詠んだといった解説もあって、牧水の坪谷への帰郷時の心境が深く想像できた。この点はまた稿を改めて論じたい。今回の対談で語ろうと思っていたことは、この坪谷という土地の「瀬の音」である。生家の眼前には坪谷川が極端に湾曲しており、山から流れ来る急流に瀬音も激しい。牧水が幼少の頃から育つ過程で、常にこの瀬音を耳にしてそのリズムが身体化されていたのではないかと想像できる。冒頭の歌は坪谷帰郷時のものだが、「瀬のおと」が澄みゆく中で、自らのあてどないこころを見つめ直していると読むことができる。牧水が「聲」(聴覚)にこだわるのは、こんな生家の環境に起因していると考えたい。

牧水の産声も聞いたであろう生家前の栴檀の樹
この生家を起点とし牧水は人生という壮大な旅を続けた
牧水・喜志子の夫婦関係にも思いを馳せ宮崎市への帰路についた。


関連記事
tag :

牧水の繋ぐ縁よいまここにあり

2017-09-18
牧水のお孫さん曾孫さん
日向の地に出逢い楽しき懇談
牧水の命日にこれ以上なきありがたき御縁を

牧水祭は台風18号のために1日延期となったが、そのために日向を訪れている牧水のお孫さん曾孫さんらと懇親する席に、伊藤一彦さんとともに出席した。ホテルのロビーでお孫さんの榎本篁子さんと対面すると、その視線はまさに「牧水の眼差し」が感じられた。柔和で温厚なお人柄、何か自分が牧水の歌に惚れ込んでいるわけが、理屈ではなく腑に落ちた不思議な感覚に見舞われた。その上、榎本さんは「この台風の中、遠いところを」と我々の日向来訪を気遣ってくれている。そんな人と人を繋ぐ思い遣りが、牧水の血統の中で受け継がれているものかと、懇談を進めるうちに更に深い感慨を覚えた。

榎本さんには、小生の出身地・東京は田端のお話もした。それは実家のすぐ近くに、明治時代には歌人の太田瑞穂が住んでいたゆえである。その太田邸には、牧水の妻となった太田喜志子が身を寄せていたのである。榎本篁子さんからすれば、祖母にあたり喜志子は昭和43年まで存命であったから、記憶の中にたくさんの思い出があると云う。まさに牧水とその歌人としての人生を支えた喜志子の出逢いは、小生の故郷である田端なのである。田端文士村記念館の地図入りパンフレットも持参し、太田瑞穂邸と実家との位置関係などもお話することができた。ましてや小生が生を受けた産科医院のある路地や、幼馴染と遊んだ路地裏は、瑞穂邸のすぐ近くなのである。

牧水先生の繋ぐありがたき御縁
いま日向の地に自分がいることの理由
今日は1日延期となった牧水祭に臨席し献酒し御礼を捧げよう。


関連記事
tag :

自然と対話するこころ

2017-09-17
増水し文明の象徴たる車を呑み込まんとす
「現代」がなんでもかんでも万能だと思う傲り
南国で台風に直面してわかったこと

台風18号が接近している。台風本体の接近以前に、太平洋上の秋雨前線が極度に刺激され、16日の未明から朝にかけての降雨は経験したことのないほど激しかった。自宅前の道路は冠水し駐車場にも水が流れ込んだ。幸い自宅駐車場は、基礎部分ほどの高さの傾斜を経て庭に連なるゆえ、その最高位まで車を上げて庭へ尻を入れる形にしておいたので難を逃れた。昼前に風雨も小康状態になったので街へと用を済ませに行くと、道路端で水を被り動けなくなった車を何台か目にした。明日は我が身と警戒を強め自然の「水」と、どう付き合うかという点をあれこれと思案した。ここのところ都市部での短時間豪雨などのニュースをはじめとして、人間の「水」に対する傲慢さがむしろ危うさを招いているような気もする。洪水・土砂崩れなどは我々に大きな警告をしているのだろう。しっかりと「自然」と対話するこころを持つべきである。

夜は近所の親友宅にお招きいただいて、美味しい料理をいただきながらしばし楽しく過ごした。親友は「うちは避難所やから」などと笑って、彼の友だち夫妻や子どもたちも集まっていた。子どもたちの無邪気な笑顔や美味しく食べる姿を見ていてすっかり癒されつつも、今朝方の増水について各人が体験した状況などを紹介しあった。通常では平然と走っている道路が通れなかったこと、近所の河が氾濫危険水域を超えた等々、やはり地元の方々との情報交換は貴重である。何よりこうした際には、助け合える「仲間」がいるかいないかが大変重要であろう。「台風はまだ接近してこないのか」などと次第に気勢も上がり、やはり食事と酒の力の偉大さを思う宵の口であった。

もちろん台風本体はこれから
牧水祭は18日に延期となって
伊藤一彦さんそして牧水のお孫さんらとともに歌碑祭に出席する。


関連記事
tag :

自然のことゆえ穏やかに

2017-09-16
台風18号の屈折した進路
三連休の宮崎を直撃の様相
17日に予定されていた牧水祭も18日へと延期

1週間以上前なら台風18号が、九州方面に来るとは予想だにしなかった。当初は大陸方面に向かうと予想されており、この連休への直撃は避けられたと安堵していた。17日(日)は牧水の命日で生家・記念文学館のある日向市東郷町坪谷で歌碑祭(朗詠・献酒)や偲ぶ会が開催される予定であった。今回は館長の伊藤一彦先生と対談することになっていて、先月その資料も提出し準備は整っていた。ところが一転、14日(木)となって台風の進路予想がちょうど17日に宮崎方面を向いてしまったゆえ、記念文学館の方から連絡をいただき歌碑祭の18日への延期、偲ぶ会(対談・懇親会)は中止ということになってしまった。

思い入れのある牧水ゆえに、とりわけ対談そのものを楽しみにしていたので、通常ならば悔恨の極みのような心境になるが、このたびは不思議とあっさりとこの事態を受け入れられた。それは何よりも牧水の歌には自然と親和性を詠うものが多く、自然とは抗うものではないという思想めいたものを小生が感得していたからである。台風に対して怒ったり憂えたりしてどうなるのであろう?自然はいつも尊大で、たかが人間が「圧力」をかければ思い通りになるものではない。元来、この縦に長い列島に根付いた文化はまさしく自然との共生であった。四季をはじめとする天象に眼を向けて歌にすることで、「共生」を図ろうとして来た。牧水の歌には、こうして古典とも通底している面が多々見られるのである。

抗えば人事が絡み自滅する
圧力で追い込めば暴発する
今朝方の増水には驚きながらも、穏やかに冷静にありたいといつも思う。


関連記事
tag :

学校には人生があるー「先生」として生きること

2017-09-15
学生時代の教育実習
初めて「先生」と呼ばれ続ける日々
教育実習一斉指導事後研究会の挨拶から

「先生方」お疲れさまでした!もうこの「先生」と呼ばれることにも十分に慣れたことでしょう。この教育実習の初日に私は「みなさんの身体の中で唯一〈声〉だけが、子どもたちの身体に入り込みこころまで届くものです。」という話をしました。ということは子どもたちの〈声〉もみなさんの身体と心にたくさん届いたことでしょう。昨日の朝、一斉指導に来てみなさんの顔つきが非常に引き締まっていることに驚きました。それは子どもたちの〈声〉が〈ことば〉が、みなさんを「先生」にしたとも言えます。今此処にいる全員が「先生」、ゆえに全員が対等で希望の未来を考え合う仲間です。それが「教師」の魅力ということでしょう。

「学校」には、「人生」があり個々の「物語」があります。私自身も自らが通学している頃から「教師」になってからも「学校」に行くのが大好きでした。その理由は、この「人生=物語」があるからです。みなさんにも新しい「物語」がこの3週間でできました。「人生」とは葛藤と後悔の連続でもあります。昨日と今日の一斉指導授業を創るまでには悩み苦しみ、そして悔しさを滲ませて授業後に涙を見せる方を何人も教室で見ました。そんな際にも一度は「自分は駄目なんだ」と思える勇気も必要です。同時にその「駄目」をことばで分析してこそ、初めて明日へと伸びる力になるはずです。「教育」とは、先人が命がけで積み上げて来た「文化」を「ことば」で伝承し次の世代へと手渡すことです。向き合う人々の幸せを願って取り組む、かけがえのない人間的な営みです。

最後に牧水の歌を
「眼を上げよもの思ふなかれ秋ぞ立ついざみづからを新しくせよ」
この貴重な体験を持って「新しい自分」として大学へと帰って来てください。

この3週間、熱心に指導いただいた附属小学校の先生方に、
大学一同になり代って心より御礼申し上げます、ありがとうございました。


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>