若者たちよ!いざ牧水を語ろうー牧水没後90年企画

2018-02-19
県立図書館・大学附属図書館・牧水研究会 共催
若山牧水記念文学館 後援
牧水没後90年企画

今年は牧水没後90年にあたる。昨年暮れの牧水研究会で、「若者たちが牧水をどう読むか聞きたい」という発案があり、会長の伊藤一彦先生が県立図書館名誉館長であることと、僕が大学附属図書館運営委員であることから、三者の地域連携企画をしようということになりこの日を迎えた。プログラムは冒頭に伊藤一彦先生と僕の30分の対談から。今年の角川短歌新年号の「75人歌人競詠」に与えられた「世界で一番有名な歌」という題を契機に牧水歌の普遍性について語り合った。牧水の著名な「白鳥は哀しからずや・・・」の歌は芥川龍之介の『羅生門』とともに高校の全教科書に掲載されている「有名な歌」と伊藤先生が角川に記したコメント。この『角川短歌』には他にも4人の歌人の方々が、「白鳥」の歌を取り上げているのも特筆すべきことであろう。いずれも近現代短歌として牧水歌が新たなる普遍性・愛誦性を抱え込んでいるという点が、その理由ということになろう。先日、牧水賞を受賞された三枝浩樹さんも「精神と純潔、孤独と宥和を未分化のまま抱え込んでいる」と「白鳥」の歌の普遍性に言及している。また牧水歌が人の発する声を元に創られているゆえの愛誦性という点も大きく、文字依存の狭量な視野に陥っている現代の我々に「力動性」を持って警鐘を鳴らす普遍性がある点も評価できる。人生を語るのびやかさ・しなやかさという抒情の構造と関連させ、牧水歌の韻律性という点は今年没後90年を契機に新たに焦点を当てるべき論点であろう。

さてここからが重要で、宮崎大学の学生たち4名を交えての「いざ牧水を語ろう」となった。「牧水と私」という自己紹介に始まり、「牧水と恋」「牧水と故郷」「牧水と色彩」「牧水と作歌」というテーマに沿い約70分の語り合いが続いた。これらのテーマは僕のゼミの学生3名が卒論として扱ったものでもあり、そこに宮崎大学短歌会の学生1名を加えた4名ということである。一つ目のテーマである「牧水の恋」はやはり熱いものがあり、小枝子との情熱的な恋をしていた時の牧水と登壇した学生たちが近い年齢という点も面白い要素となった。この恋に関連した牧水歌には「かなし」「さびし」が含まれる場合が多く、その外在化によって人を突き動かす「何か」を一般化し「自然と人間」との関連を再考させられるのが牧水の歌であるという点が、語り合いの中から浮き彫りになってきた。会場には『文學界』で「牧水の恋」を連載している俵万智さんも市民として参加いただいていたので、急遽サプライズでコメントをいただくことに。「いざ唇を君」や「ああ接吻」という牧水の歌の学生たちの新鮮な読み方に共鳴して、牧水の本質を照らすコメントが重ねられた。また牧水が青春時代を過ごした延岡や、生まれ育った坪谷を詠んだ牧水歌のあり方では、絶ち難く「母」への慕情が関連していること。また色彩に関しては「青」という色の牧水歌における構造・機能のこと。さらには学生たちが作歌する際に、「意味」「感覚」重視となっている現況に対して「韻律」や「歌ことば」の面でも大変有効な示唆を与えてくれるのが牧水歌であることなどが語り合われた。その上で「人間と自然」の親和・融和という大きなテーマを含み込んだ歌が、宮崎の若者たちから生まれることを願い語る会は閉じられた。

第2部は「読書県を目指すための読書活動」
この内容に関しては後日あらためて個々に記したい
「若者たちよ!いざ懇親の宴へ」伊藤一彦先生・俵万智さんを囲み和やかな時が流れた。


関連記事
スポンサーサイト
tag :

怒りは己を貶めるー「癇癪考」

2018-02-18
どこかに潜む「癇癪の虫」
怒りや憎悪からは何も生まれない
怒れば顔は歪み、和めば顔は微笑み幸せを呼ぶ

漱石が「癇癪もち」であったのは有名な話であるが、それでもなお近代的自我の問題と格闘しながら、近代的小説を切り拓く道を先導した客観的な文体・筆致を確立したのはなぜだろうかなどとも考える。「癇癪持ち」とは辞書によれば、「ちょっとしたことでも激怒しやすい性質。怒りやすい性質。また、その発作。現代では多く『癇癪を起こす」という形で用いられる。」(『日本国語大辞典第二版』)とある。思うに漱石などは、外に向かって「怒り」を差し向けることで、自己矛盾の渦中に自らを陥れ、その喩えようのない自己嫌悪感を元に客観的な文章を書く原動力を醸成していたのかもしれないなどと勝手な予想もする。もしこの仮説がある程度妥当であるなら、「癇癪」」を好転させる”使い方”として価値のあることなのかもしれないなどとも考えた。

世間は「怒り」が大きく渦巻く「クレーム社会」となってしまった。些細なことにも腹を立て、企業にも学校にも病院にも「クレーム」が容赦なくぶつけられる。近現代的「自我」はその内実がかなり変容し、「怒り」を好転させることもできず「負の連鎖」しか導かない暗澹たる社会に向かってしまっているようで、情けない思いを抱くことを禁じ得ない。考えてみれば、一流アーチストやスポーツ選手は、「怒る」ことが自分にとって損であることを知っているように思う。言い訳なしの「一流」の境地では、「怒り」を顕にせず好転させる吸収消化活動が実に上手く作用しているのではないだろうか。たぶん彼らは「自己」への「怒り」を人一倍持っており、他者への「怒り」は目を瞑る寛大さがあるのではないだろうか。などと考えて、自らも終始「怒る」のはやめようなどと考える日々であった。

「馬鹿って言ったら自分が馬鹿」
小学校時代に流行った名言が思い返される
なごみまろびひろきそらとうみのごとくに。


関連記事
tag :

邂逅・思考・薫香

2018-02-17

なぜいまここで出逢えるのか?
なぜをくり返す際に見る光景があるか?
なぜこの香りに導かれるのか?

人は「出逢い」によって、その生き方が大きく左右される。学生時代に出逢う人・書物・嗜好などによって生きる志向が決まって来たりもする。この人と出逢ったからこそ、新たに見えてきた光景がある。「光景」と言えば、自分の「思考」を形成する際に、見ている定まった「それ」があるようにも思われる。季節によって多少位置は違うものの、太陽がここから昇りどのように一日が始まるかを、さながら知っているかのようである。空も雲も日々違うものであるが、基本的な光景というものは、そう簡単には変わるものではない。そしてまた、言葉で言い表し難い「香り」の妙が世の中には存在する。目にも見えず、他者に説明できない薫香に引き寄せられることもある。

物品は人の周囲にさながら存在し、その生きるための資材となり足跡にもなる。だが物理的なものだけではあまりに虚しく感じてしまうのが人生でもある。否、その物品には必ず思考が宿り、人との出逢い同様に生き方を左右する場合もある。これほどまでに写真が手軽にいつでも撮影される時代になり、刹那の場面をスマホなどに保存する生き方ができるようになったが、それだけでは叶わないことも多くあることを知るべきだろう。最近、視力の低下を自覚し眼鏡も新しくして矯正の度合いを上げたりもしたが、それは遠くの景色を習慣的に見ていないことに起因するのではということに気づいた。もしや研究や評論の思考も、これと同じ症状にはなっていないかと自らを戒めてみたりもする。幼少の頃から「匂い」には大きなこだわりがあり、その好き嫌いで行動が左右されることがある。元来が「犬」的な動物的本能を備えてるかもしれない、などと戯れ言を語ってみたくもなる。

邂逅の面白さ豊かさ絶妙さ
思考が形成される遠景を持ち続ける
薫香を確かめ導かれ好きになって・・・


関連記事
tag :

「染まずただよふ」時空にありたし

2018-02-16
牧水の著名な名歌
「染まずただよふ」の普遍性とは何か?
あらゆることにおいてそうありたいと思うとき・・・

先日の宮崎大学短歌会で、牧水歌の「白鳥は・・・」の歌の結句「染まずただよふ」を本歌取りとして使用した歌が出詠され話題をさらった。この結句が当該歌にある学生の日常生活の中の一場面と見事に融合して、様々な読みを許容した。「ただよふ」ものは「におい」と読めたが、旧仮名と新仮名が交じり合う効果もあってか、生活の一場面が実に普遍的なものに読めてくることに参加者が驚いたというのがその状況を一番説明しているだろう。同時にこの牧水歌があまりにも著名なだけに、「空の青海のあを」などの映像が想起されて、何気ない日常の背景になる効果も感じられ、あらためて牧水歌の力の絶大であることを感じる機会でもあった。

「染まずただよふ」生き方とは何か?家族・仕事・友人・組織などなどの所謂「社会」の中で生きている我々は、「ニュートラル」でいられるのはなかなか難しい。ゆえに「我欲」が生じた時、家族でも友人でも諍いになり、仕事でも組織でも迎合や阿ることの繰り返しで、なかなか「染まずただよふ」という境地に居続けることは簡単ではない。孤独を受け容れその痛みに耐えながらも、自らの信条を貫き通す。一見固い孤高な生き方のようではあるが、あくまで「染まずただよふ」のである。淀まず固まらず流れず着かず、誠に微妙な均衡の地点に柔らかくも落ち着いて「ただよふ」ごとき生き方。それを牧水は追い求め続けたのではあるまいか。

生きることの真空が見てくる
18日(日)に開催する宮崎県立図書館・宮崎大学附属図書館・牧水研究会共催
「若者たちよ!いざ牧水を語ろう」の序章として


関連記事
tag :

活かす空き時間

2018-02-15
為せば成る為さねば成らぬ
空き時間に何がどこまでできるか?
予想と現実と・・・

先週で試験期間も終わって、大学教員は採点や評価の時期となった。講義が定時にあるわけではないので、自らの時間活用計画で行動することができる。元来が「裁量性労働」であるゆえ、自己申告で出勤・退勤を決めることができるが、それだけに自己管理能力を問われるのだと思うことも多い。現在、仕事が捗るのは間違いなく午前中、頭の回転はもとより昼までの時間をいかに長く活用するかが焦点である。そして昼食後はむしろ活動的な計画にしておき、身体的に動く作業系に向いている。夕方の沈静化したあたりで再び雑事の思考系を入れて、その後の夕食と運動かリラクゼーションの時間というのが概ね1日の目的別使用方針である。

この日は、宮崎市内中心部まで所用があった。2ヶ所に出向き公の書類申請をしなければならず、昼過ぎから夕刻の会議までで2ヶ所に行けるかどうかやや迷った。役所の書類申請には混雑状況なども関係し、一概に予測も立ちにくい。とりあえずどうしても市内でないと手に入らない申請書類を優先したが、思いの外スムーズに申請が終わり、次の目的地での申請までも可能になった。どうやら地域出張所であったり、最近はコンビニでもこうした公共の書類が申請し印刷できるようだが、僕も何となく市役所まで行ってしまう世代である。コンビニでは高額の納付を含めて、あまり公共のものを”実行”したくない感覚がある。会議へ戻る帰途、コンビニで100円の珈琲を買う余裕まであり、「為せば成る」と呟きながら大学の駐車場に到着した。

時間の使い方再検討
「いま」を生きるを悟ることより
日々を濃密に生きてこそ人生は豊かになる。


関連記事
tag :

宮崎大学短歌会〈卒業特別編〉歌会&納会

2018-02-14
1年間の活動を振り返り
今日もまた歌をよみ合う
新歓準備や次なる目標へ向けて・・・

宮崎大学短歌会の〈卒業特別編〉歌会と納会を開催した。今回は、宮崎市の繁華街中心部にある宮崎大学「まちなかキャンパス」を会場とした。人通りのあるアーケード街に所在し、多目的なセミナールームを備えた施設で、図書館などとも違って飲食なども可である。この場所を利用して歌会を実施すれば市民の方々との交流も可能で、今後の可能性をあれこれと模索する。小中高生との短歌を通した交流や高齢者の方々との年代を超えた歌会など、活動の幅を広げることができる。また申請すれば前のアーケード下の路上でイベントも可能で、「まちなか短歌甲子園」なども考案してもよいかもしれない。現在の宮崎大学木花キャンパスは自然に恵まれた環境であるが、「まちなか」における市民の方々と学生の交流が絶たれたことが大きな問題でもあった。次年度の活動でぜひともこの施設を活用し、地域活性化・地域定着事業の意義を孕んだ内容を短歌会で実行していきたいものである。

試験期間も終わり今年度最終回の歌会は「自由題」で、様々な素材の歌が並んだ。無記名10首の歌にも自ずと個性が表れてきて、互いに誰の歌か予想がつくようにもなってきた。素材としても「卒論」「飛行機」「財布」「ミサンガ」「徹夜」「感謝の挽歌」「インスタ映え」「参考書」「方言」「におい」など多岐に渡った。試験や卒論提出の後ゆえ、それが素材になるのも学生らしい。また「ミサンガ」(糸を編み込んで手首や足首に巻き続けると願いが叶うというもの)や「インスタ映え」の歌があったのも若者ならではかもしれない。また聴覚や嗅覚を題材にとった歌もあって、若者の感覚から発した心の有り様があれこれと読めて面白かった。会場担当の大学事務の方が帰り際に言っていたが、(学生が)互いに遠慮のない意見の応酬がある。昨今の若者は「さとり世代」などとも言われ、対面して意見や考えを言い合うのを苦手とする者も多いが、短歌を対話の対象にすることで、自由で活発な意見交換が為されるのは学生の成長にも間違いなく有効である。年度内には「九州大学短歌会」と合同チームで、「大学短歌バトル」にも出場する。この1年間の短歌会の成長を喜び、歌会の後は納会会場へ場所をかえて喜びの盃に酔った。

下級生から卒業生に心温まる寄せ書きと記念品
教師になる彼らは職員室でこの品を使おうと喜んだ
この熱心で短歌好きな若者たちと語り合えることに、僕自身も深く感謝したい。

関連記事
tag :

「充実」とはこれか!

2018-02-13
「中にすきまなく一杯に満ちること。
 内容が十分備わって豊かなこと。」
(『日本国語大辞典第二版』より)

「充実してました」などと平然と日常的に使用する語彙であるが、果たしてどんな基準で「充実」と言えるのであろうか?そんなことを考えた。例えば、1日にどれだけのことができるかと、朝方に予定を立てる。それは「できるか」ではなく、往々にして「したいか」であったりする。時にその「したいか」を盛り過ぎて、結局はできるものもできなくなったりする場合が多い。この日は、まず「最低限これをやろう」という内容を決めて、しかもそれを午前中に終わらせると自らに〆切を課した。単なる〆切ではなく、終えたら次なる目標をこなす「ご褒美付き」にしたことが良かった。やや説明的に記したが、午前中に喫緊の仕事を研究室でこなし、昼過ぎから祝日スケジュールのジムのトレーニングに赴いたのだ。時間はこのように使うべきだと、自らが自らに見本を示したような感覚であった。

ジムの後もその足で、夕食の素材を買いに産直市場へ。先日、日向市で購入した「へべす餃子」を、野菜とともに鍋にしようという算段である。帰宅して出汁を鍋に仕込み、白米の炊飯をセットする。自家用車のガソリンがなくなりかけていたので、休日特売日であるガソリンスタンドへ。ついでにキャンペーン期間であったので、高価な撥水洗車を半額以下で実行。寒さに手がかじかみながらも、自家用車を綺麗に拭き上げる。その足でホームセンターへ行き、歯磨き用品などを買い足し帰宅。あとは野菜を切って鍋で餃子とともに煮込むだけである。まだ早い宵の口、寒さにはやはり温泉がいいと、いつもの処へと向かって温もる。帰宅して寝床に入り、歌集を読みながら就寝という幸せな時間が流れた。こうして書き連ねても、自らの充実度が反芻される。

大学の自販機でミネラルウォーターを買えば
スロット番号が4桁揃ってもう1本の幸運もあり
眼前のことに集中すれば自ずと幸運はやって来るものである。


関連記事
tag :

あの頃のプロ野球はいづこへー宮崎キャンプ60年記念OB戦観戦

2018-02-12
長嶋茂雄監督対野村克也監督
高橋由・篠塚・松井・王・中畑・原・・・投手・桑田
自らの青春が宮崎に蘇る

昨日は心の花宮崎歌会のことを記したが、一昨日のことでもう一つ記したいのがこれ。自宅から徒歩20分ほどで、巨人軍が宮崎キャンプを張っている球場に行くことができる。これもまた一つの縁で、東京の実家から後楽園球場までは自転車で20分ほどであった。父が猛烈な長嶋ファンであったこともあって、幼少の頃から野球中継をよく目にした。もちろん必然的に巨人ファンとなり、野球に夢中だった中学生の頃はよく友達と後楽園球場で巨人戦を観戦した。以後、概ね2000年前後までは、所謂”巨人ファン”として職場などでも有名な存在であった。中学生だった頃に王貞治さんの714本・715本のベーブルースを超える本塁打を球場の外野席で目の当たりにした。またその年の日本シリーズ、確か「対阪急ブレーブス」だったと思うが、巨人軍が宿舎にしていた旅館の玄関先へ行って、王さんに握手をしてもらったことがある。他にも当時の多摩川グランドなどでも多くの選手に生で会うことで深い親しみを覚えていた。

一昨日は午前中から雨で試合の開催が危ぶまれたが、1時間ほど遅れて試合が開始された。冒頭に記したスタメンには、懐かしき心が踊らされた。V9時代の選手から長嶋監督時代の選手まで、まさにそれは僕自身の”巨人ファン史”そのものである。先発の桑田真澄さんの投球は、裕に120Km台を記録する。高橋由現監督は相変わらず初球から必ず振り、松井秀喜さんの下半身の座った構えからの鋭い打球も健在。篠塚さん・中畑さん・原さんら、長嶋監督が敢行した所謂「地獄の伊豆秋季キャンプ」世代にはやや歳を感じざるを得なかったが、役者揃いであることに変わりはなかった。そして何より感激したのが王さんの一本足の構え、さすがに球を捉えるには厳しかったが、その打席内での動作のルーテインが昔と何ら変わらなかった。僕はOB戦を観戦に行ったのではなく、自らの青春を観に行ったような感覚になった。それだけに残念だったのが、巨人軍が引退したばかりの30代(場合によると20代)の選手をメンバーに入れて、その選手が現役時代の実績を超えてこのOB戦という場で活躍するという展開そのものに、僕が2000年前後で巨人ファンから降りた理由までもが明確になった。それを見届けんがために、僕はキャンプ至近の地にいま住んでいるのかもしれない。

あの熱い野球への視線をもう一度
試合に熱さを覚えるのは今やメジャーになってしまった
だからこそ長嶋さんの「我が巨人軍は永久に不滅です」を反芻するのであるが・・・


関連記事
tag :

翌月の歌会までを生きるということー第320回心の花宮崎歌会

2018-02-11
詠草に並ぶ挽歌と
黙祷を捧げて偲ぶ
お世話になった思いを胸に

先月の宮崎歌会新年会から1ヶ月もの間、日々をどのように生き歌を詠み命を繋いで来たであろうか。以前から毎月の自己の観測点として歌会のありがたさを感じてはいたが、翌月にまた普通にみなさんと会えることの意義を、この日は心の底から噛み締めた歌会となった。先月、心の花宮崎歌会で事務局長を務めていた方が急逝された。12月の歌会にはお見えになり、新年会にはいらしておらず、その直後の急な訃報に僕も通夜に駆けつけずにはいられなかった。遺影に面してしか感謝のことばが述べられない現実に接し、もっともっと日常からありがとうございますを繰り返し伝えておくべきだったと悔やまれた。感謝を伝えたいと思ったら、人間その場その時しかないのだとあらためて痛感している。まさに「今」しか、人は生きられないのである。伝えること、ことばにすること、そして歌にすることそのものが「生きる」ということである。

今月の詠草には、多くの挽歌が並んだ。通夜に参列し「思い」を持っていながら、なかなか歌にできなかった己を恥じた。あらためて「抒情」とは何であるかと、昨夜の歌会から今朝に至り考え続けている。遭遇するあらゆる事実を受け止める心の襞を、繊細に柔和に偏りなく研ぎ澄ますにはどうしたらよいか?もとより心のあり様が、理屈と説明的なのではないか?あるがままをことばにするのが歌の原点であるとすれば、あまりに技巧的な小手先の発想に委ね偏っていないか?そしてまた鎮魂はことばによって成されるという言霊の歴史を「研究」として知っていたものの、むしろ自らは忌み避けてはいなかったか?人麻呂・業平・貫之・定家・西行・牧水・啄木に至るまで、「抒情」とは「自らの生」に正面から向き合うことであろう。さらに「生」と真摯に向き合うには、必然たる「死」を受け止めない限りできる所業ではないのだ。

得票の多かった歌に詠まれた「波」
人の命はもとより「波動」から
あらためて謹んで故人のご冥福をお祈りしたい。


関連記事
tag :

伝わる表現力とは?ー具体を他者の立場で語ること

2018-02-10
絵本が伝える世界
場面を切り出して演じる力
説明ではなく具体的な言動を他者の立場で・・・

昨日に引き続き、日向市の小学校でワークショップ2日目。朝ごとに、南九州自動車道から見える日向灘の海面の表情が豊かだ。小学校へ向かう道にも慣れて、日向市内の道すがらも順調。学校に到着し校長室で挨拶を終えて、いざワークショップを実施する小ホールへ。子どもたちが整列して教室からやって来る。僕のことを見つけると、みんながみんな嬉しそうな表情を受かべてくれるのが嬉しい。こうした飛び込み授業で大切なのは、自らが愛称らしきものを名乗り子どもたちが呼びやすくすること。僕の場合は迷わず「なかよしせんせい」である。「みんななかよしげんきなこ」など、幼稚園や保育園でもお馴染みな言葉の響きに、子どもたちは敏感に反応する。この日は1冊の絵本の読み語りをして、その場面場面を子どもたちに演じてもらうことに挑戦してもらった。

絵本をどう読むか?「読み聞かせ」という語彙は適切ではないと以前から考えていて、現在新たな語彙を考案中である。どうも「聞かせ」という語感が「上から押し付ける」ような感じを受ける。子どもたちは「聞く」と同時に、自らも絵本の内容を脳内で「読み」そして「語る」のである。そしてまた読み手も声に出して「読み」、聞き手の反応を「聞き」そして受け止めて自らの「語り」を変化させるのである。なかなか上手い語彙が見つからないが現状では「読み聞き語り」という三位一体が実態に近いのではないかと思っている。さて絵本の聞きどころになると、子どもたちの集中度が自ずと高まる。その絵本の世界に入り込むような感覚になっていることが、目を見てわかるようになる。その後、ページ場面ごとに分担し2人1組になって絵本の登場人物を演じる練習へ。絵本の「文字」を「読む」のではなく、その場面をリアルに再現するのである。発表までには絵本を見なくても、セリフと所作ができるように配慮して声かけをする。もちろん、絵本にない台詞や反応を挿入してもよく、また表情や動作をつけると台詞の「言い方」が変わることを指導の要点とする。

19名の子どもたちが織り成す絵本世界
ませた母親役の表情や子どもの真意を語るような台詞が発せられる
作品は自らが演じてこそ真に理解できるということである。


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>