県知事へ2年越したる懇願叶う

2017-10-17
和歌文学会開会の辞
県知事に依頼申し上げ
2年間で折ある毎に直接懇願して・・・

和歌文学会第63回大会を運営してみて、研究学会のあり方についても色々と考えた。古典研究を新しい時代にどう進めていくか?人文学への逆風の中で、文学研究においていかに社会的意義を見出すか?為政者が和歌を国家事業として認定していた平安朝とは違うものの、情報が溢れる時代であるからこそ、「ことばの力」に対して政治に関わる者が敏感でなくてはならないはずだ。こうした意味からも、古典系研究学会が「社会」にどのように開いていくか、という課題は喫緊のものではないかと思うのである。過去の和歌文学会では、12年前に東洋大学で開催された折はやはり一般公開もされ、総長である元閣僚の塩川正十郎氏が挨拶に登壇されて華々しい印象を持った。折しも「古今新古今の年」(それぞれの勅撰から1100年・800年)の記念大会でもあった。また京都の龍谷大学で開催された折は、大学の母体となる西本願寺所蔵の豊富な資料を展観でき、翌月曜日には国宝級の建物見学も為された。まさに私立大学はその「存在価値」の特色を前面に出して学会を開催している。

それならば、地方国立大学法人の場合はどうか?所属する大学が掲げるように、「地域から始めよう」という点が何より肝要なのではないかと思う。僕ら研究者にとっても「地域貢献」は重要な任務の一つであると認識している。幸い宮崎県は「若山牧水賞」を県を上げて制定しており、その他の諸行事も含めて短歌を大変大切にしている。県知事・副知事も短歌に理解があって、県庁内で伊藤一彦先生の短歌講座を開講したりして自身も歌を詠まれる。その牧水賞授賞式・祝賀会の席上などで2年ほど前から県知事には、今回の和歌文学会を開催するというお話を折をみて繰り返して来た。その結果、公開講演シンポジウムには公務のため副知事となったが、懇親会には知事がお見えになることになった。昨日は県庁の「文化振興課」を訪問し、知事・副知事への資料を渡し、和歌文学会の概要についてお知らせする機会を得た。それにしても居住する県の行政の長を、これほど身近に感じられるのも地方ならではの利点であろう。宮崎県は2020年に「国民文化祭」も控えており、さらなる文化振興とともに「短歌県」を名実ともに全国に示していく気運を創るべく、この和歌文学会もその契機になればと考えている。

過去63回を数える大会で
県知事が来訪したことはあったのだろうか?
まさしく自分が「この県」で生活していることを実感するのである。


関連記事
スポンサーサイト
tag :

孤軍奮闘のち仲間あり

2017-10-16
毎度休日も研究学会準備
事務局の仲間と励まし合って
夜は若手の短歌仲間と出逢う

いつから落ち着ける休日がないであろうか?ゆっくり小欄を書いて、朝食を楽しみ海にでも散歩に行って、砂浜で歌集を読んだり自らの歌を詠んだり。好きな店で美味しいものを食べ、親友と語り合う。そんな理想的な休日が、もうすぐ戻るだろうか。休日の大学研究棟は人影も少なく、何やらの資格試験会場となっている講義棟から御手洗いを探しにき紛れ来た壮年男性に、場所を教える言葉を交わす程度である。ひとり研究室、ひとり印刷室にいると、大河ドラマの合戦シーンで孤軍奮闘する武将に自らを重ねてしまう。だが現代には戦国時代とは違って高度な通信手段がある。スマホを利用して学会の事務局長である盟友に疑問点を投げかければ、休日にも関わらずありがたい回答が寄せられる。彼もまた院生などの援助もなく、学会事務局の大役を2年間も背負っているのだ。それからすれば、僕などは季節ものに過ぎない。台風や噴火の不安なども付き纏うが「なるようになる」とお互いに励まし合っている。

この日は本来、市内の「歌碑巡りの旅」に参加する予定であった。若手を中心とする「とくとく短歌会」が主催で、宮崎大学短歌会のメンバーも「若手歌人」として解説者に名を連ねていた。彼らの奮闘ぶりとともに、より広く短歌を愛好する方々と出会えればと思い楽しみにしていた。何とか前日14日に学会準備の目処をつけて参加したいと思っていた。何よりそれこそお忙しい伊藤一彦先生も、ご参加されるわけである。だがしかし、前述のようにこの日も準備作業をしなければ、学会当日までの予定を消化することができないと判断し、前日の夜に歌碑巡りは断念した。せめて企画に尽力した方々を労いつつ学生たちの参加の様子を知りたいと思い、夕刻から打ち上げ会場へと向かった。其処では宮崎での短歌活動を、いかに学生たちの世代に引き継いでいくかという意味深い話題が展開し、3年後の国民文化祭に向けて様々な夢構想が思い描かれる開かれた豊かな仲間の集まりであった。こうした話題に再び勇気が溢れ、1週間後へ向けて英気を養うことができた。

宮崎のよさを挙げるならば
自然でも食材でも伝統文化でもなく
まずは何より「人」を筆頭に挙げるべきという思いを新たにした。


関連記事
tag :

地域の古典籍資料

2017-10-15
古典研究の醍醐味
古典籍資料を紐解くこと
地域の時空を遡りゆく

古典系研究学会の一つのあり方として、古典籍の展観の実施がある。大学附属図書館に目玉となる資料がある場合には、当館の展示室にそれらが陳列されることが多い。こうした貴重書の所蔵が公開されることをはじめとして、研究学会の開催は「大学を(研究仲間に)見せる」ためのものでもある、という趣旨があるという話を聞いたことがある。2年間ほど計画し実行してきた今回の和歌文学会では、交通事情の芳しくない本学大学キャンパスを会場としない。宮崎空港や宮崎駅にバスターミナルから、公共交通機関を利用しても便利な「市民プラザ(市役所に隣接)」で開催する。平成初頭頃の郊外キャンパス移転をした大学にとって、こうした開催を余儀なくされるケースは少なくない。そこで今回は、「大学を見せる」というよりも「宮崎を見せる」という視点で臨もうという意志を固めて、これまでの準備を進めてきた訳である。開会の辞は県知事に依頼し、若山牧水や「短歌県」としての活動を講演やシンポジウムテーマの起点に据えた。それこそが地域貢献を旨とする地方国立大学法人のあり方としても、重要ではないかと思う次第である。

迂遠したが、では古典籍資料展観はどうするか?当初は県立図書館にも依頼し、貴重書をお借りする許可も得ていた。当館としては展示ケースによる展示を希望したが、なかなかその調達が物理的予算的に覚束なく、それが簡単なことではないと頓挫してしまった。このたびは断念するしかないと思っていると、市内の大学に在勤の研究者仲間(研究分野は異にする)が声を掛けてくれて、まさに地域に貴重な未調査資料があることを教えてくれた。この夏期休暇中に所蔵先を訪れ、その際には仲間の研究者も同行してくれて、貸出とともに展示ケースなしの展観許可を得た。資料の中身を知るうちに、今まで表面的にしか知らなかった地域の特性が知られてきて、僕自身も大変惹きつけられるように勉強になっている。延いては広く中近世期のこの南九州と和歌・短歌との関わりが見えてきそうな気がしている。展観資料の内容は、当日のお楽しみとしておくが、和歌文学会会員諸氏の中で、興味を持ち調査などに身を乗り出す方がいれば幸いだと考えている。

地域と繋がるとは人と繋がること
様々な厚情に感謝の日々である
あと1週間、思いを込めて「宮崎を見せる」事業を完遂したい。



関連記事
tag :

開催まであと1週間!!!「和歌文学会第63回大会」

2017-10-14
俵万智さんの登壇は2005年以来12年ぶり
宮崎県では初開催ー様々な縁の果てにいま
「全国の和歌研究者 短歌県みやざきに集う!」


もう2年以上も前のことである。僕が学部時代に日本文学専修の助手であった先輩から、「和歌文学会」の大会を宮崎で開催できないか?というお話をいただいた。先輩は研究学会の中で開催校を決定していく委員の長を務めており、学部の頃から「万葉集研究会」「古今集研究会」で親しくお付き合いのあった縁で、この大役を僕に配していただいた。研究学会においては他の分野のそれを含めて「平(ひら)」の委員は務めていたものの、「大会開催」の任を果たして担えるかと不安もあったが、折しも「宮崎県には短歌がある」と自分の中でも新たな出逢いとして次第に野望が膨らみ始めた頃でもあり、ありがたくお受けすることにした。そして最初に何をしたかと言えば、俵万智さんを大会シンポジウムのパネリストに招聘しようと動き始めたことだ。2年前、2015年の「牧水短歌甲子園」の会場で、休憩時間に廊下を移動する万智さんにご挨拶し、歩きながらもそのお願いの趣旨を伝えたのが懐かしい。それはまだ万智さんが宮崎に移住される前のことであった。

前述した文章に2名の人物が登場したが、ここにも旧交を温めるご縁がある。俵万智さんは僕の学部専修の1年先輩で、その当時のご友人らとは僕自身も親しい方々が多い。当然ながら万智さんが学部生時代の専修助手は、前述の先輩である。お話に聞くところによると、学部所属でない佐佐木幸綱先生に卒論をご担当していただくために、先輩は助手として万智さんの卒論をコピーして複製本を作成した思い出があると云う。既に万智さんご自身が様々な場で語っているが、テーマは「短歌連作論」ということ。なんと今回の公開講演シンポジウムでは、この先輩に司会者をお願いしている。当の万智さんは、現在宮崎にお住まいである。この偶然と言おうか、縁と言えばよいのか、誠に人と人と「和歌・短歌」の関係が面白い。ちょうど干支で一回り12年前は「古今新古今の年」(古今集撰集から1100年・新古今撰集から800年)の記念大会であったが、その折はやはり俵万智さんがパネリストとして登壇されていた。折しも僕自身は現職教員ながらの大学院生(博士後期課程)であって、博士論文に向けての研究発表を当学会で行なったという思い出もある。その会場は東洋大学、その地は当大学の附属校出身である僕の思い出の土地でもあった。などという個人的に誠に奇遇・奇縁の重なった和歌文学会宮崎大会開催まで、あと1週間となった。

公開講演ジンポジウム
「古典和歌と近現代短歌ー研究と実作ー」

一般の方の来聴大歓迎!!!


2017年10月21日(土)13:30〜17:00
           (開場12:30)

会場:宮崎市民プラザ・オルブライトホール(入場無料)


基調講演「若山牧水のあくがれーその歌言葉と韻律の特色」
伊藤一彦氏(歌人・若山牧水記念文学館艦長)
パネリスト:伊藤一彦氏・俵万智氏(歌人)小島なお氏(歌人)
内藤明氏(歌人・早稲田大学)永吉寛行氏(神奈川県立上溝南高校教頭)
司会:兼築信行氏(早稲田大学)
      

開催まであと1週間!!!「和歌文学会第63回大会」 の続きを読む

関連記事
tag :

究竟な父の背中

2017-10-13
「誰しも同じ、持ち時間は24時間
 それをいかに働いて活かすか」
やはり究竟(屈強)であった父の言葉に励まされ・・・

私事めいたことはあまり小欄には書くべきではないと思うが、現状を表現するには欠かせないと思うので敢えて書き記しておきたいことがある。和歌文学会大会の開催が近づき、この数ヶ月間で憂えて来たことは、大会運営には直接関わらないことで心身が揺さぶられることである。数日前にも新燃岳が6年ぶりに噴火したという報を聞き、以前の噴火のように大規模なものとなったら、降灰などで大会に訪れる会員のみなさんに諸々の影響が出やしないかなどと心配になる。そんな最中10日ほど前であろうか、父が腰を骨折したと母からの電話で知った。変わらず現役で建築業を営む父は、現場作業に関わり資材運びで転倒したらしい。幸い神経を痛めたりということはないが、自宅で安静にしていて十分な歩行はできない状態だと云う。本来なら週末などを利用して上京し見舞うべきだろうが、今の僕にその余裕はなかった。こうした時において、あまりにも1200Kmの距離は遠い。

だが昨日になって受診しコルセットが完成して装着すると、だいぶ歩けるようになったと妹からのメールで知り、胸を撫で下ろす思いであった。しかも妹が止めたにも関わらず、父はその足で建築現場に向かったというのだ。研究室でそのメール文面を読んだ時、何か言葉にはならずして胸が熱くなった。幼少の頃から自営業ゆえ、自宅で父の働きぶりを目の当たりにして来た。「夜なべ」と言って仕事が深夜まで及ぶこともしばしばで、冒頭に記したような言葉を仕事場を訪ねる僕に言って聞かせた。この10日間ほどはかなり自分自身の不甲斐なさに苛立っていたようだが、それは「仕事」が気になる「プロフェッショナル」な精神に起因するものと確かめられた。夜になって父に電話をすると、1週間前と見違えるほど元気な声であった。若い頃から幾たびも辛い仕事を乗り越えてきた父であったが、またまさに父らしく究竟であった。どんなに辛くとも、どんな悪条件に見舞われても「プロ」の矜持は失うこと勿れ。あらためて父から学んだのであった。

志望通りの私立大学に進学させてもらったこと
その後も紆余曲折の果てに歩む研究者としての道を支援してくれたこと
この和歌文学会大会を穏やかな気持ちで完遂することが、僕の父への恩返しなのかもしれない。


関連記事
tag :

小さな苛立ちに注意

2017-10-12
東名高速での悲惨な死傷事故
SA内での小さな苛立ちに端を発す
苛立ちを穏やかに落ち着かせるには・・・

東名高速で娘さん二人をワゴン車に乗せたご夫婦の死亡事故について、テレビなどでその原因究明が為されている。それらの報道によると、SA(サービスエリア)内で通行を妨げるように停車していた車に対して、ワゴン車に乗っていた夫がひと声の注意をしたところ、停車していた車の苛立った運転手が高速道路上でこのワゴンを追走した。その後、ワゴン車を追い越し前に出て進路を塞ぎ、とうとう高速道路内の追越車線で停車し後ろのワゴンも止まらざるを得なくなった。100Km上の速度で車が走る高速道路内でしかも夜間に停車すること自体が常識を逸脱しているが、苛立った運転手は車から降りて、ワゴン車のご夫婦に所謂「因縁をつけに」車外に出た。ご夫婦も車外に引き出され、そこへ後ろから大型トラックが追突。ご夫婦の命が奪われたという経緯だと云う。

この車を運転していた男は逮捕されたが、なぜ小さな苛立ちを抑え切れなかったのかと思う。しかもSA内で非常識な行動をしていたのは、この男の方である。良心から注意した夫が妻ともども娘の前で命を落とすという悲劇を生んだ。誰しもが、苛立ちや憎しみの感情がないわけではない。だがそれを他者と話したり何らかの方法で表現することで、消化(消火)し社会の中でも理性を保ち、遂には自らの心身を護ることになるのではないのだろうか。最終的に苛立ちや憎しみは、自らを壊してしまうことを考えるべきかもしれない。運転中の苛立ちというのは、日常茶飯事である。理性的にとは思いながら、つい自己嫌悪になるほどの感情に至る場合がないことはない。

つい先日も、僕が左折ウインカーを出そうとしたら謝って照明操作のバーを前方に押してしまい、たぶんライトが意図せずパッシングされてしまったのであろう。前方を走っていた軽自動車が急加速して、その先の一時停止も無視して僕の車の前方から逃げ去るように猛スピードで遂には見えなくなった。その軽自動車の運転手は「煽られた」と誤解したのだが、まさにまったく意図もしない誤解であるにも関わらず、「煽られたくない」という気持ちから道路上での危険な運転に至ったことを経験し、その車に申し訳ない気持ちやら、この運転心理は何か?と問題意識を持ったという経験もした。

どんな場面でも冷静に穏やかでありたい
苛立ちの多くはことばによって解消できるはずだ
まずは誤解を招かぬようレバー操作一つにも注意を傾けたい。



関連記事
tag :

その謙虚さぞやがてかがやく

2017-10-11
毎月の結社誌に掲載される歌
「これぞ」と思ったものが選ばれていないことしばしば
自分の姑息な作意や技巧に溺れてはいないか・・・

月初めになると所属する短歌結社から『心の花』誌が届く。前々月末に締切の歌稿で8首の歌を出している中から、ほぼ半分の4首ほどが掲載される。もちろんよい歌が並んでいれば5首採られることもあり、各選者が「特選」とすれば8首に近い数が掲載されることもある。毎月届いた際に封筒を開けて雑誌を取り出し、自らの歌がどのように採られているかを見る折は、一種独特の気持ちになるものだ。自分なりには「自信作」と思っていたものが採られていなかったり、予想外にさっとできた歌が採られていたり。先月号で佐佐木幸綱先生の「今月の15首」に採っていただいた歌は、まさに自分では「大穴」な感じであったが、同じ歌を見る人が見ればやはり、それなりに高い評価をしていたという伏線がある。などと考えるならば、まずはやはり「歌が読める」(よい歌と評価できる)ことが重要であり、幸綱先生のことばをお借りするならば、「自分の歌が読める」ことが誠に重要であると云うことになる。

「教育」とは本来は謙虚に一人ひとりの子どもたちに向き合う仕事である筈だが、往々にして教師というのは「自惚れ」やすいものだと思うことも多い。授業でも自分の思いを子どもたちに押し付けるだけの権力を持ち得るだけに、その傲慢に気付かず生活上においても権威主義的な態度になっている例も少なくない。それだけに自らの言動において、常に謙虚で客観的な視点が求められるものだと自戒を込めて痛感する。教師であればこそ「自らの言動を自ら読め」なくてはなるまい。さもないと自惚れた姑息さを、優れたものと勘違いしかねない。これは誠に危うく、慎むべきことであろう。短歌に向き合うと、こうした意味でも自らの傲慢さや表現力のなさを痛切に感じとることが日常的になる。「伝わるだろう」という思い込みでは、多くの人の共感は得られない。毎月の歌会や結社誌は、痛切にこうした謙虚さへ眼を向けることを教えてくれる。そう簡単には「自らの歌は読めない」ものである。「教師」は特に・・・・・

短歌表現をしない人生なんて
傲慢さは何で検証し改善したらよいのだろう
掲載された歌とされない歌を今日も「自ら読む」謙虚さがやがて輝きとなる。

関連記事
tag :

0.001の美学ー体操新時代の破格

2017-10-10
白井健三が床と跳馬で金
村上茉愛が床で日本女子63年ぶりの金
世界体操選手権に破格な新時代選手の台頭が見える

白井健三が世界体操選手権で、床に続き跳馬でも金メダルを獲得した。2位選手との差は「0.001」という微妙なものとはいえ、インタビューで「その差こそが(練習などで積み上げて来た)自分のこだわりだと思います。」といった趣旨のコメントをしていて大変感心した。器械体操の採点のあり方は一般の方にはほとんど理解しづらいだろうが、技の高度化に伴ってこうした微細な差が勝負を分けるほどの精密さの上に成り立っていることは想像がつくであろう。高校時代に器械体操の経験がある僕にとって、白井の技の難度の高さはまさに破格である。一応、どんな技をどのようにしているかは、経験から十分に理解できる。だがそれを実現できていることが誠に驚きなのである。

中学校までの野球から高校で器械体操に転向した僕にとって、それは身体作りからして大きな自己改革の試みでもあった。中学校から体操をして来た同級生たちに負けじと、どちらかというと理論派の僕は、ロシアの体操教本が翻訳された書物を買い込んでよく読んでいた。その中には基本的なことから高度の技まで、イラスト図解で丁寧な解説が施されていた。多分その時代のその教本にも、白井健三が現在実現している技の可能性は示されていたように思う。だが初心者なりにそれは理論上で可能なだけであって、人間技として実現できるなどとは思っていなかった。だがそれからの歳月において、もちろん高度で科学的な運動分析や練習方法の導入もあろうが、理論は明らかに現実のものとなっている。また「63年ぶり」が物語るように、村上の女子床での金メダルも誠に破格な偉業である。あれほどのパワフルさとバネを兼ね備えた床演技は、これまでの日本女子では到底考えらえない次元だと感じられる。

何事も理論上と諦めないことだ
為せば成る為さねばならぬ何事も
自己の身”体”を究極に”操”る動作の実に美しいことよ。


関連記事
tag :

忘るるなこの海原に抱かれゐて

2017-10-09
宮崎に生きること
身近な自然と対話できること
喧騒に忘れかけていた大らかさを取り戻すこと

宮崎での就職が決まって移住してきた頃、よく「なんで宮崎なんかに来てしまったのですか?」という問いかけを多くの方にされた。どちらかというと大変喜んで、宮崎が好きで移住してきただけに、むしろこの地に住む方々にそのよさをこちらから語る機会が多かった。先日も地元MRT宮崎放送の「明日が見えるラジオ」という番組に生出演させていただいたが、「4年間を過ごして宮崎はどうですか?」と問われ、やはり「食材に恵まれた自然の豊かさが素晴らしい」と返答し、さらには「宮崎には短歌があります」と牧水のことや短歌活動の充実度の話に持っていく流れとなった。「自然と牧水」を身近に考えられることは、やはり僕自身にとっての大きな宮崎の魅力なのであり、年々それが今後のライフワークではないかと思うようになって来た。

そんな宮崎の地で、長年お世話になって来た和歌文学会の大会が開催できることは、学会や恩師への恩返しの意味が個人的には大きい。そんな気持ちで自らを支えて、約2年ほど前から計画を練り始め、この数ヶ月間は自らの労力の大半を大会運営に傾けて来た。夏季休暇中もほとんど休むことなく、途中で何度も息切れしそうにもなった。いざ実際の運営となると思うようにいかないことも多く、落胆した気持ちを再び擡げるには大きな力を要することも実感した。その大会もいよいよ2週間前となった。相変わらずこの連休も大会運営事務に時間を費やすが、その一つ一つが「おもてなし」に関わると思い細部に神経を行き届かせている。ふと精神の飽和状態を感じ取ったので、夕刻に近い時間になったが青島の海に車を走らせた。先月の台風による流木が未だ放置された海岸であるが、その海風に吹かれ荒波を見つめると再び身体の奥に力が湧いて来た。そのまま親友の店先に顔を出し、美味い魚を食べようという話になり、まさしく「海の命」をいただいて明日への英気を養った。

牧水恃みし檳榔樹の蔭
青島はやはり不思議な力を持っている
海あり美味ありよき友のあり


関連記事
tag :

光る歌・自立する歌ー歌会に出詠するということ

2017-10-08
連作中の個々の歌の役割
説明的いわば詞書的な要素もあるうちで
歌会に出詠する際に選ぶべきものとは・・・

第316回「心の花宮崎歌会」が昨晩開催された。毎回40人以上の方々が歌を出し、参加者は東京歌会に次いで全国でも有数の規模である。これほどの出詠があると多様な歌があって、毎回諸々とその”読み”に考えさせられる。わかりやすい歌もあれば、どうしてもわからない歌もある。そんな混沌とした中からも様々な”読み”に対する意見が交わされ、その対話に参加して学ぶことは計り知れない。だが、どうしても気になるのは自らの歌の行方である。互選票が入るや否や、そしてどのように読まれるのか?どうもそのことに神経を遣い過ぎてしまい、他の方の歌において積極的な意見を出し切れていないのではないか。またこうした姿勢から、どうしても”構えた歌”を出してしまうことが多く、その結果「わからない」対象になってはいないか。昨日の出詠も、過剰な推敲の果てに状況の捉え所なき点ばかりが目立ってしまった、と反省しきりである。

連作を創ることは、短歌を詠む上で重要なのは言うまでもない。その連作の中でも、スター的存在というか「光る歌」が求められるということが、懇親会の席上で伊藤一彦先生からご指摘があった。「光る」ということは、「自立」していることでもある。そして連作の「モチーフ」たる横軸に貫かれており、目玉の「素材」を狩り取り、その「私(創作者)」としての「心」に発し「場面状況」に適した「韻律」に載せる、と理論上ではこういうことになろう。ここ最近、僕の場合は月に3回の出詠機会がある。「心の花宮崎歌会」の1回に加えて、「宮崎大学短歌会」の例会2回である。どうやらこの学生たちとの歌会の方には、あまり構えずに学生たちの年代に触発された歌を出すせいか、思いの外うまくいくことが多いように思っている。『心の花9月号』で「今月の15首」に選んでいただいた歌はまさしくそれで、「宮崎歌会」参加の方々からすれば意外な歌であったかもしれない。

構えず素直に1首を磨く(小欄での即詠を褒めていただいたりも)
再びこの混沌たる模索から立ち上がり
歌の果てしない道を旅してゆく


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>