FC2ブログ

熱き三十一文字の闘いー第8回牧水短歌甲子園予選リーグ

2018-08-19
没後90年牧水生誕の地で
高校生たちの三十一文字の熱き闘い
心とことばの応酬ここにあり

「若ければわれらは哀し
泣きぬれてけふもうたふよ
恋ひ恋ふる歌」(若山牧水)

今年も若山牧水の生誕地である宮崎県日向市にて、熱き甲子園大会が始まった。高校生が熱くなるのは何も野球ばかりではない。短歌に心を載せその素晴らしさに対して舌戦を闘わす、まさに高度な文化的な闘いがこの日向の地で毎年展開している。今年は、北は北海道まで総勢53チームの応募があり、そこから予選を通過した12チームが昨日から始まった本戦に出場した。さすがに予選を通過しているだけあって、どのチームが出す歌も納得の読み応えある歌が多い。この日は1次リーグ12試合が行われたが、題詠は「涙」「贈」「恋」、いずれも青春時代の高校生が詠うには格好の題である。審査員は委員長の伊藤一彦先生を始め、俵万智さん・大口怜子さん・笹公人さんのお三方。また今年から進行役のフィールドアナウンサーは、この大会のOBOGが務めることになり、8回の歴史が新たな人間的関係を築きつつあるのがわかる。

朝9時過ぎから夕方6時近くまで、長時間にわたる闘いはどれも見応えがあった。また選手たちの舌戦とともに審判員お三方の評が実に的確かつ温かく、深い短歌の「読み」の学びとなる。高校生たちの闘いを味わいながら、観客席から自分なりの評を頭の中で描く。勝敗を始め審査員の方々がコメントした際には、自らの観点と評の観点を比較する。ここでは、そのいくつかを覚書として記しておこう。上句と下句が予定調和ではない。近過ぎても飛躍し過ぎてもよくない。短歌は場面と思い、三十一文字を使い切る。抽象をどれほど具体で表現できるか。比喩の質の奥深さが勝負。「恋」という題詠に正面から向きあう歌。古典的な要素を入れた歌に期待を覚える。

夜は高校生たちと交流会
各校のパフォーマンスに酔い痴れた
本日はいよいよ準決勝・決勝が開催される。


関連記事
スポンサーサイト
tag :

ありがたきマッサージローラー

2018-08-18
自らの力でマッサージ
筋トレの前後には必ず
円筒形を活かした物理

文を書くことは、書き終えた時点からが肝要。所謂「推敲」こそが「作成」よりも大切なわけで、まさに「文章を揉む」という慣用句によくイメージが表現されている。粗粗と書いた文章を客観的な眼で見直していく、ここで自分自身でその過誤や錯綜に気づき修正できる力が求められる。一般的に文章を書くと「添削」を乞うように考える向きも多いが、他者の語彙や語法で直されるのではなく、「自らの眼で直せる」ことこそ文章力であるといえる。学生のレポート等を読んでいると、「推敲」をしたかしないかは一目瞭然であり、その如何で評価は大きく左右される。物によっては、「きっと(担当者)はわからないだろう」という浅はかな思いが垣間見える。

どうやらトレーニングも、文章作成と同じことのようだ。例えば、筋トレを60分間したとすれば、その後に同じだけの時間のストレッチが必要だと云われている。なかなかそこまでは時間が取れない・取らないのが実情ではあるが、最近は自ずと身体がそれほどの時間を要求するようになってきた。何事も大きな作業を終えてからのケアこそが、肝要なのである。ストレッチとともに最近は通販で購入した「マッサージローラー」を愛用している。ゴム製の円筒形の代物であるが、表面に聊かの凹凸があり自前の回転力を活かして各部の筋肉を揉みほぐす効果がある。首筋から肩甲骨周り、腰の周辺に臀部、大腿部にハムストリングス、最後に脹脛まで全身を転がしていくこと20分ほど。使用するや否やで、かなり筋肉のほぐれ具合が左右される。ひとたび実行すると、やはりここまでやってこそ筋トレだと思えて来る。

事後のあり方に注目を!
ありし文章を、ありし身体を、揉みほぐすこと。
何事も「ありき」は誤魔化しに過ぎないとわかっているのだから。


関連記事
tag :

自分にうるさく食生活

2018-08-17
健康を常に意識する
食品バランスと食材選び
日常の生活が健康な身体を創り上げる

よく他の人からは、「ストイック(禁欲的)」そうであると云われる。生活上で自分なりにこだわる点が多々あるように見えるからかもしれない。だが、自分では「禁欲的」だとは思わない。それは食生活等にこだわりを持つことそのものが、自己の「欲求」であると思うゆえである。朝食としての「にんじん・りんごスムージー」を始めて既に、3年半になろうか。初代のミキサーは部品が壊れて引退となり、二世代目の頑丈な米国製が轟音とともに毎朝起動している。それ以外は概ね外食に頼りがちであるが、それだけにお店や食材を厳選しておく必要がある。最近は一層、食事の選択が体調に反映すると実感するようになった。

食材選びという意味では、市販のパンや加工食品などを注意深く拒むようにしている。添加物や保存料の含有とか、農薬の使用の程度などわかる範囲で把握する。朝のスムージー用のりんごに関しては、シーズンが来ると栽培環境に配慮した農園から、ある団体を通じて直接購入している。幸い宮崎の自宅周辺には、大手チェーン店ではない個人経営で食材を厳選していると考えてよい店が何軒もある。ここのところ近所の公共温泉で語り合う方々から、さらに様々なお店の情報を得ている。極端な物言いが許されるならば、食事選びにはその人の思考の深さが表れるように思う。その「深さ」とは、住んでいる地域の他の人々とどれほどに共感し合うかという次元のそれである。常連となって飲食店の方々と親しくなるのも、単なる社交辞令ではない。

食品選びは感情の安定さえ左右しないか
血流のよさが思考を穏やかにする
この自然の食材豊かな宮崎に生活する意味を活かして


関連記事
tag :

夏が来るたびあの日と同じ

2018-08-16
また今年も風が通り過ぎた
自らの命もまた薄氷の上で繋がれた
我ここにあり

73回目の終戦の日。「平和」を祈るとは何を思い何をすることなのか?戦没者慰霊式典や甲子園での正午の黙祷、国などが実行する全体に渡る行為は多々あれど個人としてどう考え何をするか。最近は、こんなことこそが大切ではないかと考えている。僕は数年前から、サザンオールスターズの「螢」と「平和の鐘が鳴る」という曲を聴きつつ、今ここにある「我」の命の尊さを実感するようにしている。理念でも観念でもなく、実感としていま「この命」があること。そのこと自体が当然のことではなく、多くの偶然や幸運に支えられてきたことを思うのである。

「ここにいるのは私一人じゃない、過去と未来が繋いだこの命」、先述したサザンの「平和の鐘が鳴る」の歌詞の一節である。自らの父母、そしてそれぞれの祖父祖母、さらには曽祖父曽祖母がどんな思いで「この命」を繋いで来たか。まさにその歴史の上に立って「我自身」の存在があり、また未来へと続くのである。短歌を創るようになって、「我」とは何か?と深く考えるようになった。この現実に生きる「我」が、創作主体としてどんなことばを紡ぎ出すか。そのような「個」があくまで尊重され続けなければならない。

「かの夏に掃射逃れし少年の繋いだ命われここにあり」
(『心の花』120年記念号自選3首の筆頭歌)
いまここにある「我」のいのち


関連記事
tag :

初任者だったあの夏

2018-08-15
甲子園のスタンドで引率教員
汗と青春の教員時代
ゼミの卒業生もいま・・・

朝から日中は積み残している仕事に追われており、なかなか甲子園などを観る余裕もない。世間のお盆休みを尻目に、ひたすら短歌に関係することと向き合っている。だがふとそんな自分を客観的に見ると、実は望んでいたあり方なのではないかと胸を撫で下ろすような気分にもなる。その客観的になるための契機として、今年の3月に卒業したゼミ生たちが他県からの者も含めて集合する機会に恵まれた。各赴任先で初任者として子どもたちと向き合い奮闘している話を聞くと、教員養成を旨とする学部教員として教師冥利につきる。ゼミから巣立った学生たちが、それぞれに何人もの子どもたちのために力を尽くしている。その個々の子どもたちの豊かな成長こそが、明るい未来を創ると思うゆえである。

かくいう僕にも初任者の時代があった。野球好きな僕にとって、初任校が甲子園に出場できる強豪校であったのは運命的なものであった。赴任早々の春の選抜大会、そして東東京大会を勝ち抜いて再び夏の熱きアルプススタンド応援席へ。野球部が勝ち進めば進むほど、夏休みは応援団引率の仕事で埋まった。研究者となるか現場教員となるかと迷っていた僕にとって、野球部の汗の臭いと甲子園へ行けるという体験は、現場の楽しさ面白さという意味で後者に大きく舵を切る要因となった。赴任した頃がまさに勤務校の黄金時代であったといってよいだろう、毎年のように甲子園まで駒を進め、赴任して数年後には全国優勝の栄誉に立ち会うことができた。そんなお祭り的な学校のあり方に、僕はすっかり「国語教員」として文学に向き合うことをしばし忘れていた。がむしゃらな20代といえばそれまで、大学時代の青春の延長のような初任者時代。あの若さでしか体験できない世界を、僕はくぐり抜けて今に到るのである。

現場に立った逞しい顔
彼らの教員人生もまた動き出している
「自分とは何か?」生きるとはこの問題意識の連続なのである。


関連記事
tag :

海の幸で健康!!

2018-08-14
サザン新譜「海のOh,Yeah!!」特典ケース
地元では、わかめうどんに刺身定食
「海の幸」ありがたき栄養をいただきます!!

ベスト盤ではあるがサザンの新譜「海のOh,Yeah!!」には、毎日のようにこころを持って行かれている。嬉しいことに収められた曲は、僕自身が感じていた「ベスト」も多く、選ぶ基準が一致していたことにある種の喜びも感じられる。アルバムの中で聞いていた曲は、前後の曲との共鳴性があるもので、ついつい1曲が終わるとアルバム内の次の曲のイントロが脳裏に流れたりするものだが、この「海の」が意識しない回想効果のようなものもあるように思う。この「海の」の初回盤購入特典として、以前のベスト盤「海のYeah!!」とともに収納できる「海の幸ケース」を手に入れた。全面が魚などの写真で構成されており、もちろん貝類を使用したエロさも忘れていない。こんな「海の幸」に、まずは栄養をいただいている。

さて実際の食事はいかがかと、この日は「海の幸」にこだわってみた。昼食は馴染みのうどん屋で「わかめうどん」、出し汁はイリコと昆布でまさに「海の成分」が豊富に含まれている。食品として海藻の摂取は大変重要であるゆえ、ありがたい「海の幸」の補給手段である。夕食は地元の公共温泉のレストランに出向き「刺身定食」、まさに「海の幸」を存分に摂り身体にも恵みをいただいた。こころにとっても「海」は、何か郷愁を覚え原点回帰を促してくれる効果がある。潮騒に打ち寄せる波、その地球規模の循環の一端を肌で感じることができるからだろう。これに似たような効果が、サザンの曲にある。忘れていた「あの日」を思い出させてくれる音楽、「海」は限りない幸せをもたらせてくれるものだ。

「SEA SIDE WOMAN BLUES」
「私の世紀末カルテ」
「神の島遥か国」こんな曲も収められた只者ではないアルバムである。


関連記事
tag :

閑かにこころを見つめて

2018-08-13
お盆休みの大学構内
いつもより穏やかな時間が流れる
「閑かさや」の中でなにを見つめるか

「閑か」という漢字があるが、その構成要素通りに「門」に「木」が掛けられており、建物がひっそりとしずまりかえっているという語源説がある。漢字には造形性があり、単に意味ばかりでなく書かれた「形」が表現するものがある。「しずか」というやまとことばを書き表すにも、「静」と「閑」があって使い分けるのが穏当ではないかと思う。となると「静」の語源も気になるところだが、「争い」(とりあい)をやめて「青く」(すみわたった)雑音のない状態になること、と手元の『漢字源』(改訂新版・学研)にある。このように考えるだけでも、「音声」と「文字」という言語四要素のうちの二つが、相互に補い合い深い意味を成すことがわかる。

「閑か」な大学構内で、さらに研究室は「静か」ということになろうか。とはいえ、本学の構内は地域の土地と塀や門で区切られているわけではなく、丘陵一帯の敷地内は自然や造形された街と一体化している。駐車場も広く自然も多いキャンパスは、どこか海外の大学を思わせる。鳥の声も蝉時雨などの音声にも恵まれ、樹々も含めて季節感が豊かである。学生たちがほとんど来ないキャンパスでは、より一層こうした環境が意識される。何より講義や会議もなく、研究室に自分のペースで居られることが貴重だ。自ずと普段は考えられない深層まで、目が向けたくなるものだ。このまろやかな時間が、あらためて自らのこころを解きほぐすのである。

夕刻から比較的静かな街へ
こころふれあう穏やかな時間
「生きているということ いま生きているということ」(谷川俊太郎「生きる」)


関連記事
tag :

山に見つめられて

2018-08-12
「山の日」になにを願おう
蝉時雨は次第に虫の音に・・・
立秋も過ぎて風の音と樹々の香りも

耳を澄ませば聞こえないこともないが、一時期よりすっかり蝉の鳴き声が減った。その代わりというわけではないが、夜になると庭の地上のあたりから何らかの生き物の鳴く声が聞こえる。蝉の鳴き声もそうだが、鳴き方でその種類を判別するほど精緻に聞いているかというと、喧騒に追われる日常ではいかに聞き流しているかがわかる。「ミンミンゼミは午前中、ニイニイゼミは主に午前中と夕方、ヒグラシは早朝と夕方、アブラゼミは昼から夕方、ツクツクボウシは主に午前中と夕方」であると『平成ニッポン生活便利帳』に教わった。庭に鳴く生き物の種類も気になるが、鳥の鳴く音を含めて「自然にあって生かされている」人間存在そのものを、もっと自覚してもよいのではないかと思う。

雨が降る大地への恵み、その後の草の芳香に気持ちが深く和らぐ。土があり雨水が浸み込み、大地は呼吸をしている。その自然の中で鳥たちも虫たちも、自らの「生」を全うしている。恐らくは人間だけがその自然にあらがい家に籠り、自らの身を脆弱にして来てしまったのであろう。「安全・快適」を旗印にした近代化の波は、逞しい生き物たちと人間との距離を大きく隔ててしまったのかもしれない。地域で親しい知人が、新米が獲れたと自宅まで持って来ていただいた。この土地で生き、その土地に実る米を食べる。立秋直後に「実りの秋」を実感できるのも、この風土ならではだろう。

山は僕たちを見つめている
真に「親和的」とはなんであろうか?
「近代化」と名乗る愚弄な争いの歴史を、僕たちは注意深く拒む必要がある。


関連記事
tag :

牧水が引き継いだ古典由来の音楽性

2018-08-11
宮崎日日新聞「没後90年特集」
伊藤一彦先生「人も自然も親和的な関係」
「世代を超えて愛される国民的歌人」

宮崎日日新聞8月10日付13面にカラー版記事として「牧水没後90年」特集が掲載された。先週より担当記者の方からのインタビューや記事内容の確認などを繰り返していたが、大変立派な紙面に掲載いただいて誠に光栄至極である。「没後90年記念事業」として行われる9月の一連のイベント案内も同時に掲載され、9月17日の90年目のご命日に向けて、県内の気運を高めるのに一役を買うことができたのも嬉しい。記事の右半分は伊藤一彦先生のインタビュー記事で、「人と自然が親和的な関係をどうつくるか、というのが牧水の世界観、人生観だったと思います。」というくだりが印象的である。現在の社会や世界的情勢を鑑みても、牧水が生きた時代に自らの歌で「あらがうよう」な姿勢を頑なに続けた姿勢を読みとるべきと、大変示唆的な見解が示されている。

近年になって多発する災害についても、「自然との関係は対立ではなく自然によって生かされている」という牧水の観点を指摘する伊藤先生のご発言は、現在の社会に生きる牧水の歌に大きな社会的価値があることを考えさせられる。こうして宮崎日日新聞が、県内出身の国民的歌人を讃えて大きく紙面を費やす信条を示すところにも、「みやざき」という社会の幸福度が高いという一要素が顕れているのだと思われる。同時に牧水出身地の日向市をはじめ、県全体でも市長や知事をはじめとして牧水を理解し愛好が深いということは、県内の人文学研究者として誠にありがたいことだと切に思う。記事にもあるように牧水の生きた明治から大正の時代は、「富国強兵を志向し、自然を開発すべき対象と見る西欧文化が席巻」したわけである。明治150年という節目の今年は、様々に歪曲を繰り返して来た「近現代」を広い視点から見直すべき年ではないのか。それゆえに、牧水が引き継いだ「やまとうた」の古典性を、僕らは奥深くその歌に読むべきなのである。

ゆったりした古典の音楽性
声の文化の豊かな時間性・共感性
今月の牧水短歌甲子園をはじめ、9月のイベントが今から楽しみである。


関連記事
tag :

うるさくありたい理由

2018-08-10
細かい言動への指摘
「うるさい」ゆえに育つ学生
「情けは人のためならず」・・・

「情けは人のためならず」という諺も、「親切にするとその人のためにならない」などと真意が曲解されることで有名である。元来の意味は「他人への親切は、その相手のためのみならず、やがてはよい報いとなって自らへ返って来る」ということである。こうした諺が巷間で曲解される理由は様々であろうが、概して曲げられる状況が生活の中でよくあることなのではないかと思う。結局、親切にしたところで当事者はその思いやりがわからない。当事者自らが自覚して生活をしないと、むしろ一つの親切が仇になる場合さえあるという事態が多いのだろう。最近、卒業生や学生たちと話していて驚いたのは、夏休みの宿題などはほとんど親が関わって”親切にもやってしまう”のだそうだ。まさしく曲解版「情けは子のためならず」というわけである。

僕のゼミ指導にあたり学生たちの評判は、「厳しい」と言われていると聞いたことがある。確かに、卒論の内容を詰める段でも、日常のゼミの指摘でも、結構なところで厳格に行なっているつもりである。また学生の生活上においても、いわゆる躾の面で意識して口うるさく言うようにしている。「報告・連絡・相談」を的確に行なうこと、時間の厳守、社会的な礼儀を欠かないこと、そして品位ある言動をとること等である。少なくとも教員採用試験合格を目指している学生にとって、月並みな「対策」だけでは二次試験まで突破することは難しいと思っている。要するに4年間を通して、「生活を変える」ことが求められているのではないだろうか。付け焼き刃ではなく、当事者が教員として「生きられる」自覚を育てるということである。

本人が自覚するためにはどうしたらよいか?
「うるさい」「厳しい」と思ううちは自覚がないということ
常に「なぜこの人はこう言っているのか?」を考えられる人でありたい。


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>